綿引勝彦のニュース

綿引勝彦『天までとどけ』で共演した子どもたちについて語る

NEWSポストセブン / 2014年02月22日16時00分

劇団民芸出身で、ヤクザや刑事など怖い印象の役が多かった俳優の綿引勝彦氏は、1990年代にドラマ『天までとどけ』で大家族の父親役を演じたことで、親しみやすいイメージを獲得した。みんなのお父さんとなった綿引氏が「天までとどけ」で多くの子役たちと共演した思い出について語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一がつづる。 * * * 綿引勝彦は1980年代までの [全文を読む]

俳優・綿引勝彦 歌手がいつのまにか芝居が上達する理由を解説

NEWSポストセブン / 2014年02月15日16時00分

TBS系の1990年代の昼ドラマ『天までとどけ』シリーズで大家族の頼れるお父さんを演じていたことから、若い世代には”良いお父さん”のイメージが強い俳優の綿引勝彦氏は、かつては悪役で活躍した。綿引が若いころに出会った先輩俳優について思い出しながら、歌手でも芝居が上手くなる人がいるのはなぜなのかについて語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる。( [全文を読む]

浅田次郎作品、いよいよWOWOWでドラマ化!「連続ドラマW きんぴか」60秒予告編をWEBで公開!!

PR TIMES / 2015年12月27日10時10分

昭和任侠を絵に描いたような昔かたぎで不器用なヤクザに中井貴一、政治家が犯した収賄の罪をかぶった元政治家秘書にユースケ・サンタマリア、安保法案に反旗を翻し単身クーデターを起こした元自衛官にピエール瀧、3人の悪党を束ねる老刑事に綿引勝彦、そして、ヤクザと恋に落ちる伝説の看護師に飯島直子という豪華なキャストが揃いました。 金よりも、出世よりも“筋”を通して生き [全文を読む]

YG所属俳優 大和孔太、連続ドラマレギュラー出演決定!!

スポーツソウルメディアジャパン / 2015年12月05日10時00分

昭和任侠を絵に描いたような昔かたぎで不器用なヤクザに中井貴一、政権に反旗を翻した元自衛官にピエール瀧、政治家の罪をかぶった元政治家秘書にユースケ・サンタマリア、3人の悪党を束ねる元刑事に綿引勝彦、そして、ヤクザと恋に落ちる伝説の看護師に飯島直子という豪華なキャストがそろう。大和は、阪口健太(中井貴一)のかつての親分であった若頭・田之倉五郎松(岩松了)を、心 [全文を読む]

【TBSオンデマンド】「湯けむりバスツアー 桜庭さやかの事件簿7」本日5月24日(火)よる11:00より見逃し配信スタート!

PR TIMES / 2016年05月24日15時15分

[画像: http://prtimes.jp/i/3065/643/resize/d3065-643-862736-1.jpg ]作品紹介湯けむりバスツアー 桜庭さやかの事件簿7【出演者】萬田久子、葛山信吾、内山理名、河相我聞、和田聰宏、川野直輝、小野真弓、河西健司、中西良太、田代さやか、小柳友貴美、池田光咲、永嶋柊吾、綿引勝彦、中村育二、田中隆三、市川 [全文を読む]

平成25年度文化庁芸術祭参加 テレビ未来遺産 ドラマ特別企画『こうのとりのゆりかご~「赤ちゃんポスト」の6年間と救われた92の命の未来~』11月27日(水)よる11:00より見逃し配信スタート!!

PR TIMES / 2013年11月27日14時19分

見逃した方も、もういちど見たい方も、ぜひTBSオンデマンドでお楽しみください!こうのとりのゆりかご~「赤ちゃんポスト」の6年間と救われた92の命の未来~【出演】薬師丸ひろ子、綿引勝彦、堀内敬子、江口のりこ、安藤サクラ、南明奈、緋田康人、宇梶剛士、渡部秀、波瑠、杉咲花、有村架純、徳永えり、清水くるみ、吉田羊、光石研、富田靖子、佐々木蔵之介【脚本】松本美弥子【 [全文を読む]

林遣都&藤井美菜&秦基博、デビュー10年の3人がターニングポイントを告白!

Movie Walker / 2017年03月04日15時14分

この日、風邪を患った綿引勝彦は欠席となった。 林、藤井、秦はデビュー10年を迎えた。劇中でも人生のターニングポイントが描かれるが、本作の主題歌ともなった「アイ」は秦にとっての、ターニングポイントのひとつだ言う。 “10周年”という縁ある3人がターニングポイントとなる出来事を発表することとなると、林は「スカウトでこの世界に入った」と述懐。修学旅行中の山手線で [全文を読む]

『十津川警部シリーズ』から渡瀬と伊東が降板!惜しむ声続々

しらべぇ / 2016年08月26日20時30分

十津川役は三橋達也が演じ、亀井役は綿引勝彦を経て愛川欽也が長年担当していた。その後、両者の降板をうけ、高橋英樹と高田純次にそれぞれバトンタッチされている。TBS版は1992年にスタートしたものだが、渋い演技をみせる渡瀬と伊東の息はピッタリ。十津川警部シリーズときけば2人の顔が思い浮かべる人が多く、イメージが定着していた。渡瀬の体調不良や両者の高齢化が原因と [全文を読む]

中山麻聖、賀来千香子のアドリブに思わずドキッ!?

Smartザテレビジョン / 2016年07月20日06時00分

――賀来千香子さんをはじめ、中村俊介さん、綿引勝彦さん、高橋英樹さんなどベテラン俳優の方々との共演はいかがでしたか? 賀来さんとは今回初共演だったんですが、すごく優しく、仲良くしていただきました。ベテランの皆さんと並んだ時は、すごく緊張していたんですが、何だか夢の中のような不思議な感覚でしたね。 そして、現場では「ここはもっとこうした方がやりやすいよね」 [全文を読む]

【WOWOW】土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW きんぴか」中井貴一&飯島直子の“大人のラブシーン”場面写真を公開

PR TIMES / 2016年02月08日09時20分

そして、政治家が犯した収賄の罪をかぶった元政治家秘書にユースケ・サンタマリア、安保法案に反旗を翻し単身クーデターを起こした元自衛官にピエール瀧、ヤクザと恋に落ちる伝説の看護師に飯島直子、さらに、3人の悪党を束ねる老刑事に綿引勝彦という豪華なキャストが揃った。中井貴一演じるヤクザ・阪口健太は、敵対する組織の組長を射殺し、13年の務めを終えて出所したが、組に見 [全文を読む]

浅田次郎×WOWOWついに実現!土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW きんぴか」 原作者の浅田次郎からドラマ化へのコメントが到着!「映像化は難しいだろうなとは思っています。」

PR TIMES / 2016年01月15日14時17分

昭和任侠を絵に描いたような昔かたぎで不器用なヤクザに中井貴一、政治家が犯した収賄の罪をかぶった元政治家秘書にユースケ・サンタマリア、安保法案に反旗を翻し単身クーデターを起こした元自衛官にピエール瀧、ヤクザと恋に落ちる伝説の看護師に飯島直子、そして、3人の悪党を束ねる老刑事に綿引勝彦という豪華なキャストが揃いました。 金よりも、出世よりも“筋”を通して生き [全文を読む]

富山のご当地アイドル・ビエノロッシが全国ネット登場

Smartザテレビジョン / 2015年06月23日21時33分

さらに、松岡凛子は京本政樹、綿引勝彦といったベテラン勢と共に舞台にも出演した。舞台について松岡は「柴田理恵さんの娘役・おかよとして出演させていただきました。金庫に閉じ込められてしまい、助けを求める場面がありました。本格的な演技は初めてだったので戸惑いや緊張もすごくありましたが、本番では楽しく役を演じることができました! でも、演じているときは必死だったので [全文を読む]

コロッケ司会番組に京本政樹・おのののからが出演

Smartザテレビジョン / 2015年06月23日19時30分

「鼠小僧外伝・政吉最後の大仕事」では、京本政樹演じる錠前破りの天才・鼠小僧の政吉と綿引勝彦演じる奉行所同心・中村右京の対決物語を。劇中では政吉の子分・コロ助(コロッケ)とホリ吉(ホリ)のものまね合戦も繰り広げられる。 「探せ!あの町この街 ごきげん印」ではコロッケと京本が海の幸を堪能。黒部の漁協が地元の魚を知ってもらうために開いた「魚の駅」を訪れ、富山名 [全文を読む]

“人情ドラマ”最終回で高橋克典のとびきりの笑顔!?

Smartザテレビジョン / 2015年06月03日22時14分

最終回のストーリーは、元京都府警捜査一課刑事の中山大蔵(綿引勝彦)の娘・智美(小宮有紗)が何者かに射殺される事件が発生。殺害には特殊な改造銃が使われており、捜査一課はかつて中山が逮捕した人物の中に犯人がいるとみて捜査を開始する。 現役時代の中山は取り調べの強引さから“鬼の中山”と恐れられていたことから、中山への恨みが事件の引き金になったと誰もが思っていた [全文を読む]

中居正広「V6坂本くん、長野くんにお年玉もらった」

Smartザテレビジョン / 2015年01月14日17時47分

1月24日(土)にフジ系で放送されるSPドラマ「土曜プレミアム『新ナニワ金融道』」のヒット祈願が1月14日に東京・豊川稲荷東京別院で行われ、中居正広(SMAP)、蓮佛美沙子、綿引勝彦、桜庭ななみ、菊池風磨(Sexy Zone)、梶原善が出席した。 同作は、金融会社・帝国金融で働く灰原(中居)と借金をした人との人間模様を描いた人気シリーズが10年ぶりに復活し [全文を読む]

DEEP、松本利夫(MATSU from EXILE)主演の映画「晴れのち晴れ、ときどき晴れ」主題歌に決定

okmusic UP's / 2013年09月18日17時00分

松本利夫(MATSU from EXILE)をはじめ、出演者は注目度急上昇中の若手実力派女優・宮﨑香蓮、白石美帆、綿引勝彦、多岐川裕美など。監督には人気シリーズを多く手がける内片輝、そして、脚本には大ヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系)の脚本家・八津弘幸。笑って泣いて、あなたもきっと元気になれるハートフルエンターテインメントに仕上がっている。 そんな同映画 [全文を読む]

フォーカス