鈴木慶一のニュース

【矢野顕子主演映画】新宿バルト9最終上映前夜、1月26日(木)に本編出演者の鈴木慶一がついに登壇決定!

PR TIMES / 2017年01月23日17時13分

最終前夜の1月26日(木)19:30~の上映回に、本編出演者でもあるミュージシャンの鈴木慶一さんにもご登壇いただけることになりました。 ‘76年7月25日、アルバム『JAPANESE GIRL』でソロデビューした矢野顕子は、オリジナル・アルバムを含め数々の作品を世に放ち ソロワークは勿論のこと、様々なミュージシャンとのセッションも含め、長きに渡りライブ活動 [全文を読む]

鈴木慶一と高橋幸宏によるTHE BEATNIKS、30周年記念BOXのリリースが決定

okmusic UP's / 2015年09月30日17時00分

1985年にY.M.O.散開後の高橋幸宏と鈴木慶一(ムーンライダーズ)により設立されたT・E・N・Tレーベルの30周年を記念して、初のTHE BEATNIKSのボックスセットが発売される。 【その他の画像】THE BEATNIKS今作は、80年代のミュージックシーンを牽引した伝説的レーベルより、時代を象徴するアーティストのボックス企画商品。各レーベルに残さ [全文を読む]

鈴木慶一×KERAによる“No Lie-Sense”が単独ライブ開催決定

okmusic UP's / 2014年03月02日13時00分

鈴木慶一とKERAのユニット、No Lie-Senseが初のワンマンショウを5月10日に東京キネマ倶楽部で開催する。【その他の画像】No Lie-Sense昨年11月、復活した新生ナゴムレコードの第1弾としてデビューアルバム『First Suicide Note』リリース後タワーレコードのインストアや、新宿ロフトでのナゴムレコード・イベント、1月の渋谷O- [全文を読む]

夢の島『WORLD HAPPINESS 2013』第6弾はsalyu × salyu&鈴木慶一は新バンドで出演

okmusic UP's / 2013年07月05日12時40分

また、2008年の第1回ではCaptain HATE and The Seasick Sailors名義で、2009年と2010年にはムーンライダーズ、2011年と2012年には高橋幸宏と共にTHE BEATNIKS名義とフル出場を続ける鈴木慶一が、新バンドControversial Spark(コントロバーシャル・スパーク)として参加することが決定。メン [全文を読む]

映画祭「Switch Movie Fes. 2013」に映画「聖☆おにいさん」の音楽を担当した鈴木慶一&白井良明が降臨!

okmusic UP's / 2013年04月22日00時42分

スペシャルゲストとして、本作の音楽を担当された鈴木慶一、白井良明の両氏が登場し、映画を彩る楽曲制作秘話など語った。以下は鈴木慶一、白井良明によるトーク内容。 Q:まず映画の感想 鈴木:映画は非常に淡々としていて、いい作品。 イエスとブッタという、題材として難しいところもあるが、日常が流れていく感じがとてもよかった。 白井:そんな中にもスペクタクルな部分もあ [全文を読む]

ハルメンズX、ニューアルバム『35世紀』に鈴木慶一&でんぱ組メンバー参加

okmusic UP's / 2016年08月20日21時30分

参加アーティストには、でんぱ組.incから古川未鈴&夢眠ねむ、80年代にハルメンズのディレクターをつとめた鈴木慶一(ムーンライダーズ)、ハルメンズの子孫を自認するアーバンギャルド、ハルメンズ的感覚を共有する直枝政広(カーネーション)、ハルメンズがデビューのきっかけとなった野宮真貴の他、テンテンコ(ex BiS)、リアル3区、AZUMA HITOMIなど才能 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】鈴木慶一とKERAならではの妙味 『ミュータント集団就職』MVがじわじわくる

TechinsightJapan / 2016年04月26日21時20分

鈴木慶一(64)とKERA(53)によるユニット・No Lie-Senseが新曲『ミュータント集団就職(突然変異でこの世は一回り)』のミュージックビデオを公開した。ユニットを組む際に「さほど意味のない音楽」をやろうと約束した2人だけにかなり個性的な楽曲だが、よく聴いていると深い意味が隠れていそうだ。 1975年に結成したロックバンド・ムーンライダーズの中心 [全文を読む]

THE BEATNIKSが「バカ田大学祭ライブ」で新曲披露。さらに矢野顕子が初の共演で「あの」曲を演奏!!

PR TIMES / 2017年05月03日23時45分

オープニング映像が流れ、高橋幸宏と鈴木慶一がフロントに立つと会場の興奮はマックスに達した。今回は、メンバーに砂原良徳、ゴンドウトモヒコを迎えてのステージ。この会場で初めて披露される久しぶりの新曲「鼻もちならないブルーのスカーフ、グレーの腕章」の冒頭を歌ったところで高橋幸宏はドラムセットに移動。スクリーンには今回のイベントを意識したように漫画のコマ割りの中に [全文を読む]

矢野顕子の歴史的カバー・アルバム「SUPER FOLK SONG」が初のアナログレコード化決定!同タイトルを冠した映像作品は残り2日間の劇場上映。2夜連続で豪華ゲスト登壇も決定!

PR TIMES / 2017年01月25日19時28分

明日、1月26日(木)のセミ・ファイナル上映は、ミュージシャンで、この映画にも出演された鈴木慶一さん。明後日1月27日(金)のファイナルは、タレントで、矢野顕子のモノマネでこの人の右に出るものはいない清水ミチコさんが登壇。ラスト2日間に豪華ゲスト登壇が決定、上映に花を添えることになった。 矢野顕子本人は勿論のこと『画・音が非常に素晴らしい音楽映画!』と各地 [全文を読む]

日本のフォーク、ロックの礎を築いた伝説のレーベルのドキュメント 大瀧詠一、細野晴臣、あがた森魚、鈴木慶一、高田渡、小室等…。『ベルウッドの軌跡』全国の一般書店でも販売開始!

PR TIMES / 2016年03月01日10時00分

輝かしい一時代を築いた大瀧詠一、細野晴臣、あがた森魚、鈴木慶一、高田渡、小室等などの作品や活動をドキュメントタッチで追い、このレーベルの歩みや業界にもたらした大きな功績を語っています。『ベルウッドの軌跡』[画像: http://prtimes.jp/i/5875/1103/resize/d5875-1103-635050-1.jpg ]著者:奥和宏本体価格 [全文を読む]

日本のフォーク、ロックの礎を築いた伝説のレーベルのドキュメント『ベルウッドの軌跡』刊行!大瀧詠一、細野晴臣、あがた森魚、鈴木慶一、高田渡、小室等…。輝かしい才能が集った70年代の音楽制作現場!

PR TIMES / 2015年12月07日11時01分

主なアーティストとしては、高田渡、小室等、あがた森魚、大瀧詠一、細野晴臣、鈴木慶一、遠藤賢司などが在籍。そして、ベルウッドで活躍したミュージシャンの中には、その後も日本の音楽シーンを牽引し続けている方々も多数おります。本書では、独特の香りを放つ上記の主なミュージシャンの作品群や活動をドキュメントタッチで追い、このレーベル歩みやの業界にもたらした大きな功績を [全文を読む]

『WORLD HAPPINESS 2013』タイムテーブルを発表 トリはThe おそ松くんズ

okmusic UP's / 2013年07月26日12時18分

又、鈴木慶一の新バンド、Controversial Sparkや高橋幸宏といったワーハピ・レギュラー陣が2番手、3番手と早々に登場する。 ワーハピはセンター・ステージ、レフト・ステージとアーティストが交互に登場するが通例だが、清水ミチコと矢野顕子が続けてセンター・ステージに出演するのにも注目。今春、開催された『矢野顕子、忌野清志郎を歌う』ツアーの最終日・渋 [全文を読む]

『WORLD HAPPINESS 2013』謎のバンド・The おそ松くんズの全貌を発表 坂本龍一、小山田圭吾、奥田民生ら13人の大所帯

okmusic UP's / 2013年07月12日12時31分

そんな中、今回発表されたThe おそ松くんズのメンバーは、坂本龍一、小山田圭吾、鈴木茂、小坂忠、小原礼、Dr. kyOn、佐橋佳幸、高橋幸宏、奥田民生、矢野顕子、鈴木慶一、大貫妙子、ゴンドウトモヒコの13人の大所帯であることをアナウンス。さらに、アンドモアとなってるので、今後もメンバーが増える可能性もありそうだ。 The おそ松くんズのメンバーの殆どが今年 [全文を読む]

東京『WORLD HAPPINESS 2012』第5弾でTHE BEATNIKS、木村カエラら3組

リッスンジャパン / 2012年05月15日12時00分

木村カエラ - アーティスト情報昨年に続いて出演が決定した高橋幸宏と鈴木慶一によるユニット・THE BEATNIKSだが、高橋幸宏は2008年の第1回からpupaのメンバーとし3年連続出場しており昨年にはTHE BEATNIKSとしても出演。また、鈴木慶一は2008年の第1回に曽我部恵一とのユニット・Captain HATE and The Seasick [全文を読む]

バカ田大学祭ライブ・ビジュアル解禁!いよいよ一般発売&講師からコメントなのだ!

PR TIMES / 2017年03月25日11時17分

鈴木慶一(THE BEATNIKS)私、鈴木慶一の最終学歴はバカ田大学です。 数年前に数十年かかりましたが、卒業証書をいただきました。 そして、バカ歩き省に振り付け師として 勤務中です。が、省には秘密で、ばかだ大学を 設立。バカ田の隣です。 現在、バカ田大学に、姉妹校としての許可を申請中。 申請が認められ次第、ばかだ大学総長に就任予定。 ばかだ大学は、馬鹿 [全文を読む]

ムーンライダーズ、『ワーハピ』で活動休止の休止スタート!

okmusic UP's / 2016年08月28日21時00分

鈴木慶一の「活動休止の休止スタート!」でファン感涙の懐かしいナンバーを次々に演奏。この日は鈴木慶一の誕生日。盟友である高橋幸宏がバースデーケーキを持って現れ『9月の海はクラゲの海(1986)』を共に歌い。ラストナンバーの『BEATITUDE(1996)』では高橋はドラムを叩き、40分8曲のステージを終えた。 ムーンライダーズは10月よりスタートさせる全国ツ [全文を読む]

「ムジカ・ピッコリーノ」のメロトロン号の仲間たちがフジロックに出演

okmusic UP's / 2016年07月25日19時00分

【その他の画像】鈴木慶一フジロック初日の7月22日朝。まだうっすらと白い霧に包まれたピラミッド・ガーデンに登場したのは、リヒャルト船長(鈴木慶一,Gu)、アリーナ(齋藤アリーナ,Vo)、エリオット(戸松恵哉,Vo)、ポンジョルノ(ASA-CHANG,Ds)、ゴーシュ(徳澤青弦,Vc)、ゴンドリー(ゴンドウトモヒコ,Euph)ら、お馴染みの出演者たち。 番 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】川本真琴が“自作の絵”を巡り、狩野英孝と論争。「ちっっ」とプチキレる。

TechinsightJapan / 2015年04月16日16時55分

Controversial Sparkを結成した、ムーンライダーズの鈴木慶一はライブ後の1月14日に、『鈴木慶一(keiichi_suzuki) ツイッター』で川本真琴とのツーショットを投稿して「ナイスなバンドサウンド」と評している。“川本真琴withゴロニャンず”のサウンドは大御所ミュージシャンにも認められているのだ。 そんな川本真琴に“画伯”の資質が [全文を読む]

東京『WORLD HAPPINESS 2014』、第1弾アーティストは細野晴臣、No Lie-Senseら6組

okmusic UP's / 2014年03月04日12時00分

第1弾アーティストとして明らかになったのは、第1回の開催から連続出演となる細野晴臣や、鈴木慶一とKERAの新ユニットのNo Lie-Senseら豪華6組。 都心からほど近く、会場のそばには広大な森林も広がり、野外フェスとしての雰囲気も申し分ない「WORLD HAPPINESS」。レジャーシートを広げ子供から大人までのんびりと楽しめるフェスとして人気を集めて [全文を読む]

大貫妙子トリビュートアルバム収録楽曲発表&40周年記念ライヴ開催決定!

okmusic UP's / 2013年11月10日16時00分

THE BEATNIKS(高橋幸宏+鈴木慶一)の「LABYRINTH」。透明感のある歌声を持つやくしまるえつこはポップセンスあふれる「ピーターラビットとわたし」。ピアノと二胡のシンプルなアレンジが映える宮沢和史 「夏色の服」。コーラスワークが素晴らしい新生KIRINJIの「黒のクレール」。寺尾紗穂による「Rain」。…など、それぞれのアーティストが存分に [全文を読む]

フォーカス