佐久間正英のニュース

音楽家・プロデューサーの佐久間正英さん追悼番組 「佐久間正英 追悼プロデュース作品集」 スペースシャワーTVにて1月24日(金)21:00から放送

PR TIMES / 2014年01月23日09時23分

日本を代表する音楽家・プロデューサーとして知られる佐久間正英さんに追悼の意を表し、 追悼番組を放送 スペースシャワーTVにて、日本を代表する音楽家・プロデューサーとして知られる佐久間正英さんの追悼番組「佐久間正英 追悼プロデュース作品集」を1月24日(金)21:00から放送致します。 音楽家、そして名プロデューサーとして知られる佐久間正英さんが1月16日に [全文を読む]

佐久間正英が遺したもう一つのプロジェクト「blue et bleu」が初の音源化

okmusic UP's / 2014年12月12日11時00分

今年2014年の1月、日本のポップス界を牽引した偉大な音楽プロデューサー、佐久間正英が亡くなり、早一年が経とうとしている。そうしたなか、彼の音楽ユニット「blue et bleu」の楽曲が初音源化される。【その他の画像】佐久間正英BOØWY、ブルーハーツ、GLAY、JUDY AND MARY、エレファントカシマシ、黒夢、くるりなど数々のロックバンドを手がけ [全文を読む]

稀代の音楽プロデューサー・佐久間正英、ヒット曲満載の作品集『SAKUMA DROPS』発売決定

okmusic UP's / 2013年12月26日10時00分

日本のロック・ポップスシーンを牽引してきた音楽プロデューサー・佐久間正英のコンピレーション・アルバム『SAKUMA DROPS』が、来年3月5日に発売される。【その他の画像】佐久間正英同作にはJUDY AND MARY「そばかす」、GLAY「HOWEVER」、エレファントカシマシ「今宵の月のように」、NiNa「Happy Tomorrow」、175R「空に [全文を読む]

佐久間正英、アルバム『SAKUMA DROPS』収録の新曲が本日より配信スタート!

okmusic UP's / 2014年02月19日14時00分

2014年1月16日に惜しくも逝去された佐久間正英氏がプロデュースした作品の中から、自身が選曲・監修したコンピレーションアルバム『SAKUMA DROPS』に収録される新曲「Last Days」が、アルバム発売に先駆けて本日2月19日より先行配信を開始した。 【その他の画像】佐久間正英コンピレーションアルバム『SAKUMA DROPS』はBOØWY「Dre [全文を読む]

佐久間正英、渾身の遺作「Last Days」のMV完成&収録アーティストからのコメント到着!

okmusic UP's / 2014年03月02日00時00分

3月5日にリリースされる、佐久間正英がプロデュースした作品の中から自身が選曲・監修したコンピレーションアルバム『SAKUMA DROPS』に収録される新曲「Last Days」のミュージックビデオが完成した。 【その他の画像】佐久間正英同作はBOØWY「Dreamin'」、JUDY AND MARY「そばかす」、GLAY「HOWEVER」、エレファントカシ [全文を読む]

音楽プロデューサーの佐久間正英が死去

okmusic UP's / 2014年01月21日13時00分

音楽プロデューサーとして数多くのバンドやアーティストを手がけてきた佐久間正英が1月16日に亡くなっていたことが、TwitterやFacebookのアカウントを通して息子の音哉によって明らかになった。【その他の画像】佐久間正英日本のロックの黎明期に四人囃子やPLASTICSのメンバーとして活躍し、その後は音楽プロデューサーとしてBOOWY、ザ・ブルーハーツ、 [全文を読む]

ジュディマリ、GLAY…伝説の音楽P、故・佐久間正英は、なぜ絶大な信頼を得たのか?

Business Journal / 2014年01月22日20時00分

いま、大手中小問わず企業から引く手あまたのコスト削減のプロが、アイドル、牛丼から最新の企業動向まで、硬軟問わずあの「儲けのカラクリ」を暴露! そこにはある共通点が見えてくる!? 音楽プロデューサーの佐久間正英さんが亡くなった。61歳だった。日本音楽史に残るプロデュース業については多くを語る必要はないだろう。 一つひとつの曲に合うドラムの音があり、そしてその [全文を読む]

京都精華大学 ポピュラーカルチャー学部が誕生 - 音楽とファッションの2コースで構成!ミュージシャン、プロデューサーの佐久間正英 氏ら一流のクリエイターが教員に就任 -

@Press / 2012年04月25日14時00分

1.就任予定教員について 音楽コースでは、BOOWY、GLAY、JUDY AND MARYなど、日本を代表するロックバンドのプロデュースを手掛けてきた佐久間正英 氏、ジューシィ・フルーツや小泉今日子など数多くのアーティストをプロデュースする他、音楽評論でも活躍する近田春夫 氏、「虹の都へ」「ベステンダンク」などのヒット作品を持つミュージシャン、プロデューサ [全文を読む]

名プロデューサー佐久間正英が最後に目を掛けた「乃木坂46」生田絵梨花の才能

アサ芸プラス / 2015年01月19日18時00分

また、有名な話ですが、BOOWYやGLAYのプロデューサーを務めた佐久間正英さんが父親の従兄弟。幼い頃に会っただけという間柄でしたが、一昨年、乃木坂の楽曲で初共演をしました。日本を代表するプロデューサーと直に接した経験はとても大きかったでしょうね」(レコード会社社員) 2013年8月に末期ガンであることを公表し、昨年1月に亡くなった佐久間氏。遺作となった「 [全文を読む]

故佐久間正英氏プロデュース曲も収録 Avaivartika、初のフルアルバム『Phantom』をリリース

okmusic UP's / 2014年05月12日17時08分

今回ネット限定でリリースされた1stフルアルバム『Phantom』は、今年1月に逝去した音楽プロデューサー佐久間正英氏がプロデュースした「Phantom」「Bye Bye Earth」の2曲を含む、全12曲を収録し、これまでの彼らの楽曲を総括したファーストにしてベスト的内容のフルアルバムとなっている。 本アルバムは現在、ライヴ・ミュージック・ストリーミン [全文を読む]

佐久間正英、遺作『SAKUMA DROPS』収録の新曲が本日より配信開始

Entame Plex / 2014年02月20日14時04分

先月16日に急逝した音楽プロデューサーの佐久間正英氏(享年61歳)の遺作となったコンピレーションアルバム『SAKUMA DROPS』に収録される新曲「Last Days」が、3月5日のアルバム発売に先駆けて本日19日より先行配信がスタートした。 同曲のレコーディングは昨年12月13日に横浜のランドマークスタジオにて行われ、入院先の病院からスタジオに入った佐 [全文を読む]

佐久間正英、遺作『SAKUMA DROPS』収録の新曲が本日より配信開始

Entame Plex / 2014年02月19日22時37分

先月16日に急逝した音楽プロデューサーの佐久間正英氏(享年61歳)の遺作となったコンピレーションアルバム『SAKUMA DROPS』に収録される新曲「Last Days」が、3月5日のアルバム発売に先駆けて本日19日より先行配信がスタートした。 同曲のレコーディングは昨年12月13日に横浜のランドマークスタジオにて行われ、入院先の病院からスタジオに入った佐 [全文を読む]

“アニサマ”9年目は“FLAG NINE”をテーマに3Days開催!

リッスンジャパン / 2013年03月29日09時00分

そして毎年恒例のライブのテーマソングは、ゴダイゴのあの名曲を新たにアレンジした「The Galaxy Express 999」(作詞:奈良橋陽子・山川啓介/作曲:タケカワユキヒデ/編曲:佐久間正英)に決定しており、イベントに先駆けて「アニメロ」各サイト(スマートフォン/携帯対応)での先行配信や、テーマソングPVとして公式パンフレットへの収録を予定していると [全文を読む]

【シゴトを知ろう】レコーディングエンジニア 編

マイナビ進学U17 / 2016年12月26日12時01分

その後は先輩の紹介で一口坂スタジオに移り、その2年後に佐久間正英氏のスタジオへ。そして今はフリーランスのレコーディングエンジニアとして活動しています。Q5. 専門学校では何を学びましたか?電気工学や機械用語など、基本的なレコーディングの知識と技術を学びました。一番勉強になるのはやはり現場なので、1日でも早くその世界に飛び込んだ方が良いと思うのですが、学校は [全文を読む]

『ベース・マガジン』の人気連載が、待望の書籍化 トップ・ベーシストたちが愛器への想いを語り尽くす。

PR TIMES / 2016年07月13日13時39分

《書籍》MY DEAR BASS ベーシストが愛してやまぬ“この1本”編:ベース・マガジン編集部定価:2,376 円(本体2,200円+税)仕様:B5判/208ページ発売:7月25日書籍詳細 http://www.rittor-music.co.jp/books/16213002.html●CONTENTS掲載予定ベーシスト:亀田誠治、JIRO、KenKe [全文を読む]

ROLLY、70年代の日本のロックを再トリビュート!

okmusic UP's / 2016年06月16日13時00分

■アルバム『ROLLY'S ROCK THEATER~70年代の日本のロックがROLLYに与えた偉大なる影響とその光と影~』2016年8月10日発売KICS-3396/¥3,000+税<収録曲>01.燃えろいい女[ツイスト](作詞・作曲:世良公則)02.1978[ROLLY](作詞・作曲:ROLLY)03.てぃーんず ぶるーす[原田 真二](作詞:松本隆/ [全文を読む]

上半期写真集女王 乃木坂46・生田絵梨花の魅力を今さら入門

しらべぇ / 2016年06月01日17時30分

ドイツのデュッセルドルフで5歳までいたとか、親戚が音楽プロデューサーの故・佐久間正英だとか、そういった家柄の部分もスゴい。普通、なかなかそこまで揃ってないですよね。本人の見た目の透明感も凄まじく、『自分みたいな汚い生き物が、こんな清楚な女の子と手を繋いでいいのか』と、握手会に参加したヲタクの9割は思っているんじゃないでしょうか笑 顔の小ささ、細さ、目の異様 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】大島優子 乃木坂46生田絵梨花と初対面「志は一緒だった」

TechinsightJapan / 2016年05月16日21時25分

生田絵梨花と言えばピアノが得意で、2014年1月16日に他界した音楽プロデューサー・佐久間正英さんとは親戚関係にあり一緒にレコーディングしたこともある。彼女が音楽に興味が深いことは知られており、それをアイドル活動でも活かしている。ただ、大島による「志は一緒だった」が意味するところはアイドルとしての志か、女優を目指す志か気になるところだ。 生田はこれまでド [全文を読む]

プラスチックスの『WELCOME PLASTICS』が示したものは、それまで世界になかったバンドグルーブ

okmusic UP's / 2016年05月11日18時00分

当初は中西俊夫(Gu&Vo)、佐藤チカ(Vo)、立花ハジメ(Gu)の他にベース、ドラム、キーボードとコーラスがいたというが、上記3名以外が辞めたところへ、佐久間正英(Key)が参加。さらに作詞家の島武実がリズムボックス担当として加わって今も知れ渡るメンバーが揃った。そんなプラスチックスの1stアルバム『WELCOME PLASTICS』。まず、恐縮ながら個 [全文を読む]

乃木坂46・生田絵梨花、大食いで“お嬢様キャラ”完全崩壊! 後輩・欅坂46メンバー密告で不仲を懸念する声も?

おたぽる / 2016年05月11日12時00分

「生田といえば、ドイツのデュッセルドルフで生まれ育ち、GLAYやL’Arc~en~Ciel、氷室京介など、錚々たるロックアーティストたちのプロデューサーとして知られる佐久間正英を親戚にもち、幼少期から習ってきたクラシックバレエやクラシックピアノの腕前は折り紙付きということで、お嬢様キャラとして注目を集めていたのですが、冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ? [全文を読む]

フォーカス