長野里美のニュース

鴻上尚史、新作舞台!「サバイバーズ・ギルト&シェイム」この秋(11月11日~12月4日)紀伊國屋ホールにて上演!

@Press / 2016年11月09日12時30分

同じく劇団「第三舞台」で看板女優として活躍し、オンエア中の大河ドラマ「真田丸」の「おこう」役で注目を集める長野里美。 以上の多彩なキャストで「抱腹絶倒の爆笑悲劇」をお届けします。 ●舞台「サバイバーズ・ギルト&シェイム」あらすじ・イントロダクション● 未来、戦争が起こり、戦場から故郷に帰ってきた若い男が、両親に「僕、死んじゃったよ」と陽気に微笑む所から物語 [全文を読む]

「真田丸」病弱卒業のおこうが女子会トーク!

Smartザテレビジョン / 2016年06月13日10時34分

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)の舞台の一つとなっている群馬・沼田市で、おこう役の長野里美、吉野太夫役の中島亜梨沙、歴史好きアイドル・小栗さくら出演のトークイベントが行われた。 イベントが行われた沼田市は、「真田丸」では大泉洋が演じている真田信幸、そして吉田羊演じる小松姫(稲)らが暮らした沼田城のあった場所で、信幸の子・信吉や小松姫の墓所があるなど、 [全文を読む]

「真田丸」で注目を集めた遅咲きの演技派女優にドラマ関係者が熱視線

アサ芸プラス / 2016年12月31日17時59分

真田信繁の父・昌幸を演じた草刈正雄も、その演技力の高さが改めて評価された一人です」(テレビ誌記者) そうしたなか、業界内で注目度急上昇なのが、大泉演じる信之の妻・こうを演じた長野里美だという。 長野は、早稲田大学出身で2012年に解散した「劇団第三舞台」の元・看板女優。“小劇場の女王”と称されるほど演技力には定評があったが、これまでドラマや映画ではそれほど [全文を読む]

きり(長澤まさみ)、予想以上のガッツリキスでついに報われる! 名言「黙れ、小童!」も飛び出した『真田丸』第49話「前夜」レビュー!!

おたぽる / 2016年12月13日23時00分

信之を必死に止めつつ、最後には折れた稲、信之の気持ちを察して動くおこう(長野里美)、そしていつまでも達者な松(木村佳乃)と、江戸・真田家の女性たちがそれぞれ“らしい”活躍を見せてくれたのはうれしい。 決意を固めたお兄ちゃんも久しぶりに格好良かったし、何よりまさかの「黙れ、小童!」返しが炸裂したシーンは、『真田丸』を序盤から見続けてきた視聴者にしか伝わらない [全文を読む]

NHKが総力を挙げた(多分)“真田丸”が火を噴く! 日の本一の兵・幸村が超絶格好良かった『真田丸』第45話「完封」レビュー!!

おたぽる / 2016年11月17日18時00分

おこうさん(長野里美)の内助の功ぶりも頼もしい。それにしても随分と信州そばを推すなぁ……。 緊張が走ったのはきり(長澤まさみ)と茶々(竹内結子)が知り合い、そして茶々がきりを自身の侍女とするシーン。『真田丸』の2大ヒロイン(?)がついに邂逅、幸村を巡って鞘当があったりするのかしら……という興味もあるが、きりが茶々と行動をともにすれば、カメラを大坂城上層部に [全文を読む]

「真田丸」信幸の息子役に広田亮平&大山真志!

Smartザテレビジョン / 2016年09月11日10時00分

信幸の長男・信吉の母はおこう(長野里美)。大坂の陣では病身の父に代わって出陣して、夏の陣の翌年には沼田藩3万石を信幸から受け継ぐ。 演じる広田は、'96年生まれの19歳。子役として、'03年の連続テレビ小説「こころ」(NHK総合ほか)に朝倉優太(うーたん)役、'06年の大河ドラマ「功名が辻」(NHK総合ほか)に豊臣秀頼(幼少期)役で出演した。 信幸の次男 [全文を読む]

山本涼介 舞台初主演作が決定!共演は南沢奈央

Smartザテレビジョン / 2016年09月04日05時00分

共演は伊礼彼方、片桐仁、大高洋夫、長野里美。作・演出を務める鴻上はワークショップを経て、山本を「じつにエネルギッシュで真面目、これからを期待させる」と評価。山本も「心強い共演者の皆さんの胸を借り、一度として同じステージのないナマモノの魅力を楽しみながら、精一杯演じたい」と意気込む。 【山本涼介コメント】「仮面ライダー」という、大きな船に乗っていたこの一年。 [全文を読む]

「真田丸」寺島進らが“ダブルヘッダー”イベント!

Smartザテレビジョン / 2016年08月07日11時15分

第二部「雁金編」には、おこう役の長野里美と真田の家臣・河原綱家役の大野泰広が登壇。 長野は、放送前に真田町(長野・上田市)を訪ねたと言い、「『真田丸』に出演することになったので、この地に立ち寄りました、と話したら、すこぶる親切にしてくださいました」と明かした。 また、大野は、どんなシーンでおこうと共演したいかとの質問に「ストレスのたまった、おこうさんの部 [全文を読む]

「真田丸」有働アナが“ゴッドマザー”に弟子入り!?

Smartザテレビジョン / 2016年07月23日22時00分

こう役の長野里美、真田信尹役の栗原英雄、矢沢三十郎頼幸役・迫田孝也という真田家の面々が草笛を囲んだ。 とりといえば、放送当初から大泉洋演じる信幸の声だけが聞こえないという小ネタで話題に。さらに、その死が描かれた7月3日の放送では、有働由美子アナによる死去を告げるナレーションを打ち消して起き上がると、“ナレ死キャンセル”という言葉がネット上に躍った。最後は信 [全文を読む]

「真田丸」謎の美女・吉野太夫を直撃!

Smartザテレビジョン / 2016年06月28日05時00分

おこうを演じる長野里美、歴史好きアイドルの小栗さくらと共に“女子会”として、「真田丸」撮影の裏側や妄想トークに花を咲かせた。作中、その妖艶さで豊臣秀吉(小日向文世)や真田昌幸(草刈正雄)をとりこにした吉野太夫は、過去2回の登場ながら存在感を放ち、元宝塚の娘役スターという中島自身の経歴と共に注目を集めている。イベント終了後、長野、小栗と共に、沼田市で開催中の [全文を読む]

「真田丸」あの“病弱妻”と真田の城を巡る!

Smartザテレビジョン / 2016年06月23日07時00分

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合)で長野里美演じる病弱妻・おこうが、信幸(大泉洋)との離縁を経て“元気になった”と話題だ。そんな長野が、群馬・沼田市で行われたトークイベントに登場。撮影の裏話あり、立ち回りありとパワフルにイベントを盛り上げた。 Smartザテレビジョンでは、トークイベント前日から群馬入りし、真田家ゆかりの地を巡る長野に密着した。 まず長野が [全文を読む]

「真田丸」“病弱妻”が小松姫の墓へ!

Smartザテレビジョン / 2016年06月23日07時00分

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合)で、おこうを演じる長野里美が、群馬で真田家ゆかりの地を巡った。Smartザテレビジョンでは、その様子に密着。後編では、沼田市で真田信幸の正室・小松姫と、信幸の子・信吉の墓参りをした長野に、彼らへの思いを聞いた。 【「真田丸」あの“病弱妻”と真田の城を巡る! より続く】 まずやって来たのは、信幸の子で二代目沼田藩主・信吉の墓 [全文を読む]

「真田丸」“踊る病弱妻”を直撃!

Smartザテレビジョン / 2016年05月18日05時00分

そんな、こう役の長野里美を直撃し、個性的な真田家の面々の中でも特に“濃い”役柄と、信幸との離縁について聞いた。――最初、こうはどのような役柄だと説明を受けましたか?プロデューサー陣からは、「信幸を支えて真田家を盛り立てようと、病弱ながらも頑張っている女性を演じてください」と言われました。三谷(幸喜)さんは「病弱なんだけど少し自分に酔っている、悲劇のヒロイン [全文を読む]

あれ、長澤まさみ・きりが可愛い……? 茶々と秀吉の怖さが際立った『真田丸』第19話ざっくりレビュー!

おたぽる / 2016年05月17日20時00分

何だかんだで夫婦仲が良かっただけに、気がつけばいつもゴホゴホしている病弱な嫁・こう(長野里美)はどうなるのか。そして苦労性な信幸は、とうとう家庭でも苦労を重ねてしまうことになりそうだが、どうなるのか。ボヤく信幸を演じる大泉の演技は、大好物なので期待したいし、「じゃがではござらん!」級の名言が再び飛び出してくれそう。 腹黒さがどんどんにじみ出てきて、家康が家 [全文を読む]

視聴率も絶好調!目が離せない大河ドラマ『真田丸』大ヒットの要因を探る!

日本タレント名鑑 / 2016年04月07日13時55分

草笛光子さんや、高畑淳子さん、木村佳乃さん、近藤正臣さん、遠藤憲一さんなど、そうそうたるメンツを配しながらも、信幸の妻役に舞台で有名な長野里美さん、数々のドラマに出演されている迫田孝也さんを信繁の右腕・矢沢三十郎頼幸(のちの矢沢頼康)に。木村佳乃さん演じる信幸 (信之)の姉・松の夫に声優の高木渉さんを起用するなど、要役に新しい風を入れるあたりが心にくいで [全文を読む]

『真田丸』信幸の病弱妻大げさ“ゴホゴホ”咳の裏側

WEB女性自身 / 2016年02月19日06時00分

私などに構わず、どうぞお家の名に恥じぬよいお働き 、ゴホッ、ゴホッ 》 NHK大河ドラマ『真田丸』で、信幸(大泉洋)の妻・こう役の長野里美(54)が夫に向かって言う決めゼリフだ。彼女は劇団「第三舞台」の元看板女優で、 小劇場の女王 と呼ばれていた。今回は三谷の指名で、大河に初出演した。 「三谷さんの舞台に2年続けて出させていただいたご縁で、去年、『大河ドラ [全文を読む]

初笑いは三谷幸喜のステージ2本立てで!舞台初挑戦の竹内結子とイモトアヤコがその魅力を語る

PR TIMES / 2014年12月29日12時10分

2015年の幕開けは、初笑いにふさわしい三谷幸喜のステージ2本立てでお楽しみを! 「新春 三谷幸喜スペシャル 三谷幸喜『君となら』&『ショーガール』」はWOWOWライブにて 2015年1月1日(木・祝)夜7:00放送 『君となら』 作・演出:三谷幸喜 出演者:竹内結子、草刈正雄、イモトアヤコ、長野里美、長谷川朝晴、木津誠之、小林勝也 『ショーガール』 脚本 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】竹内結子が告白。初舞台の稽古中に「毎晩悪夢を見て、イモトアヤコに相談した」。

TechinsightJapan / 2014年08月08日17時00分

会見とゲネプロには他に、草刈正雄、長野里美、長谷川朝晴、木津誠之、小林勝也が出席した。 『君となら』は、嘘が嘘を呼び、そこから生まれる笑いが満載のお茶の間ホーム・コメディ。1995年と1997年に上演された作品だが、キャストを一新し、今回初めて三谷自身が満を持して演出する。東京公演はパルコ劇場にて8月9日~9月15日、大阪公演はシアター・ドラマシティにて [全文を読む]

フォーカス