山中浩史のニュース

【ヤクルト】“がまだせ熊本” 山中浩史が故郷での凱旋登板にかける思い

文春オンライン / 2017年04月18日11時00分

「がまだせシート」に込めた山中浩史の思い 神宮球場のバックスクリーンには、熊本県のゆるキャラ・くまモン人形を手にした女性ファン2人組が映し出されている。恥ずかしそうにカメラに向かって手を振る女性ファンの姿とともに、画面には「山中浩史がまだせシート」と表示されている。以前からヤクルトでは、「もっと多くのファンに神宮球場に来て応援してほしい」という願いを込めて [全文を読む]

【ヤクルト】対ホークスの思い出は山田哲人の3連続ホームラン

文春オンライン / 2017年06月07日18時00分

あっ、山中浩史のお礼を申し上げるのを忘れていました。プロで1勝もマークしていなかったとはいえ、あれだけの逸材を提供してくださったホークス関係者には感謝の言葉しかありません。うちの高津臣吾コーチ(現二軍監)の下、見事に才能が開花しました。その一方で、交換相手の日高亮が、早々に現役引退してしまったのは残念でなりません。 そうそう、地下鉄・唐人町駅からヤフオク [全文を読む]

燕・山中、故郷に錦を飾りたい! 18日の予告先発

ベースボールキング / 2017年04月17日15時14分

14日から行われたDeNAとの3連戦を1勝2敗の負け越しで終えたヤクルトは、熊本県藤崎台球場で行われる巨人戦に、山中浩史を先発に立てる。 山中は熊本県出身で、アマチュア時代も必由館高校、九州東海大学、Honda熊本とすべて熊本で過ごした。 神宮球場の年間シートを“復興シート”として自費で購入し、昨オフには復興支援の野球教室に参加するなど、熊本愛も強い。さ [全文を読む]

【プロ野球】《裏タイトル・投手編》今年の最多登板、最多投球回数は? 裏タイトル獲得者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月14日17時05分

【最多与死球】 山中浩史(ヤクルト):与死球9 藤浪晋太郎(阪神)/青柳晃洋(阪神)/バルデス(中日)/ジョーダン(中日):与四球8 果敢に内角を突く“こわい投手”の勲章。前年までは藤浪晋太郎(阪神)が2年連続でトップだったが、今季急浮上したのは燕のサブマリン・山中浩史(ヤクルト)。独特のインステップアンダースローで内角を厳しく突いた。阪神のルーキー・青 [全文を読む]

【プロ野球】KANSHAしてます! 神宮球場で目撃したヤクルトナインの感謝の気持ち

デイリーニュースオンライン / 2016年08月22日16時05分

■試合後の山中浩史 8月13日の巨人戦、山中浩史(=写真)が7回1失点の好投を見せた。ヒーローインタビューは山中とホームランを放った女房役の捕手・西田明央だ。 山中は「結果が出てよかった」と語り、続けて、西田に対して「いつも、ありがとう」と、奥さんに感謝するようなセリフをサラッと言ってのけた。 ヒーローインタビューで感謝の言葉を述べることはよくある。それ [全文を読む]

【ヤクルト】伊藤智仁のここだけの話 近藤一樹の活躍の陰にルーキあり

文春オンライン / 2017年06月05日11時00分

――開幕ローテーションを任せた6投手のうち、小川泰弘、山中浩史が故障離脱。オーレンドルフが要調整ということで、3投手がファームに。この抜けた穴を埋めるのは? 伊藤 館山昌平、由規、原樹理、星知弥かな? あとは、ブキャナンにもう少し間隔を詰めて投げてもらうか。由規については、最低10日ぐらいの間隔は必要かなと思っています。17日の巨人戦、6月1日のオリック [全文を読む]

ヤクルト・原樹理が緊急登板、山中の代役として阪神戦へ 19日の予告先発

ベースボールキング / 2017年05月18日18時00分

19日は本来山中浩史が先発する予定だったが、脚の状態が悪くなり18日に出場登録を抹消されていた。 原の前回登板は10日の広島戦で、この時はリリーフとして登板し2回1失点。前回先発は4月27日の中日戦で、5回2失点で負け投手になっていた。 【パ・リーグ】 日本ハム(浦野博司)-オリックス(山田修義) <札幌ドーム 18時00分> 西武(菊池雄星)-ソフトバ [全文を読む]

ヤクルトが4選手を入れ替え、中日はアラウホを抹消 17日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年05月17日15時13分

<5月17日の公示情報> ※再登録=5月27日以降 ■東京ヤクルトスワローズ -登録- 11 由規/投手 43 村中恭兵/投手 =抹消= 68 山中浩史/投手 64 榎本葵/外野手 ■中日ドラゴンズ -登録- 57 小川龍也/投手 =抹消= 49 アラウホ/投手 [全文を読む]

【5月10日プロ野球全試合結果】阪神は6連勝でストップ、DeNA・平良拳太郎がプロ初勝利、ソフトバンク・今宮健太がサヨナラ打

サイクルスタイル / 2017年05月10日22時51分

敗れたヤクルトは、先発の山中浩史投手が5回5失点と誤算だった。■DeNA、平良拳太郎が嬉しいプロ初勝利…筒香嘉智は今季第3号DeNAは5月10日、ナゴヤドームで中日と対戦。先発・平良拳太郎投手が好投しプロ入り初勝利を挙げ、3-1で勝利した。DeNAは0-0で迎えた4回表、走者満塁の好機を作ると、倉本寿彦内野手が適時打を放って幸先よく2点を先制。続く5回表に [全文を読む]

広島、丸佳浩の決勝弾でヤクルトとの乱打戦を制す…鈴木誠也は2発含む3安打5打点

サイクルスタイル / 2017年05月10日22時08分

敗れたヤクルトは、先発の山中浩史投手が5回5失点と誤算だった。 [全文を読む]

フォーカス