吉田義男のニュース

バックトス代名詞の鎌田実氏「魅せるプレーで日本は遅れてる」

NEWSポストセブン / 2015年08月19日07時00分

阪神タイガース時代は吉田義男と鉄壁の二遊間を組み華麗な守備で活躍し、日本で初めて「バックトス」を導入した二塁手・鎌田実氏(76)。鎌田氏が、今のプロ野球界にもの申す。もっとプロ野球は観客を沸かせるべき、というのが鎌田氏の考えだ。 * * * 最近ようやく、プロ野球でも華麗な守備に注目が集まるようになりました。でも僕からいわせればまだまだ。かつてそうしたプレ [全文を読む]

阪神甲子園球場 OB選手との新コラボメニュー発表

PR TIMES / 2013年06月27日16時03分

吉田義男の冷製鱧天すだちおろしうどん」、「木戸克彦の泉州水なすの浅漬け」、「九州男児 真弓明信のうまかもん弁当」、「猛虎の要 矢野の中華風牛肉弁当」等の販売を開始します。阪神甲子園球場では、交流戦終了後の6月28日(金)から2013年シーズン終了まで(CS、日本シリーズも含む)、更なるタイガースの躍進を期待し、昭和、平成の両世代優勝メンバーを中心に阪神タ [全文を読む]

【プロ野球】ささやき、背面投法、目くらまし……。昭和プロ野球、驚きの“王貞治”対策

デイリーニュースオンライン / 2016年11月15日17時05分

遊撃手の吉田義男をベース上に配置。王の打席中、吉田に腕をぶんぶん振らせて、王の目をくらませようとしたのだという。 “ムッシュ”こと吉田義男が語り続ける「すべらない話」。これが王対策の中で最も馬鹿馬鹿しいものに違いない……! 文=落合初春(おちあい・もとはる) 【関連記事】 [全文を読む]

鎌田実のバックハンドトス 吉田義男が相棒だから生まれた

NEWSポストセブン / 2015年03月31日16時00分

史上最高の遊撃手と評価される「牛若丸」吉田義男氏とのコンビは、「ノックだけでカネを取れる」と称えられた。三塁の三宅秀史氏とともに形成した内野は「鉄壁の内野陣」と呼ばれた。現在は中学生もふくめたアマチュアへの指導も手がける鎌田氏が、日本で初めてバックハンドトスを繰り出したときのことを語った。 * * * 僕が阪神に入団した時には、4年先輩の吉田義男さんはすで [全文を読む]

金田正一の苦手は吉田義男のみ 桑田真澄は和田、宮本、井端

NEWSポストセブン / 2014年01月19日16時00分

──2人にはイヤだった打者がいるのでしょうか? 金田:ワシは吉田義男1人だ。アイツはチビのうえに、バットを短く持って前屈みに立つからストライクゾーンなんかない。ワシが150キロ超の球を投げたら、全部ホップして浮いてしまうから、全部ボールになってしまう。仕方ないからカーブを投げるんだが、吉田はこれを待っていやがってコツンと当ててくるんだよ。 桑田:僕も同様 [全文を読む]

吉田義男氏 金銭感覚シビアで煙草のフィルターに名前書いた

NEWSポストセブン / 2013年03月02日16時00分

今回は、阪神元監督の吉田義男氏がタバコにまで自分の名前を書いていたという伝説を真面目に検証してみた。 1985年の球団初の日本一を達成した吉田義男・元阪神監督の伝説。金銭感覚はかなりシビアで有名だったようだ。 かつて試合中でも、監督、コーチや選手たちがベンチでタバコをプカプカやっていた時代があった。そのためそれぞれのタバコやケースがベンチに並ぶのだが、元虎 [全文を読む]

【プロ野球】「阪神野手×歴代新人王=レジェンド」の方程式。歴代・新人王を獲った阪神野手の将来は前途洋々!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月02日16時05分

結果、新人盗塁記録としては歴代4位にランクインする39盗塁を挙げ、阪神の選手としては吉田義男以来45年ぶりの盗塁王を獲得。 この活躍ぶりは記者投票にもしっかり反映され、2位の阿部慎之助(巨人)に118票という大差をつけての新人王受賞となった。 ■堅実な守備で新人王もキャッチ ■久慈照嘉(1991年ドラフト2位) 新人王受賞年:1992年 新人王受賞年の成 [全文を読む]

斎藤、杉内、松坂 エース番号18が期待はずれのイメージに

NEWSポストセブン / 2016年12月06日11時00分

「1996年オフに西武の清原和博がFA宣言をした時、阪神の吉田義男監督が“縦じまのユニフォームを横じまにしてでも獲得したい”とラブコールを送ると、巨人の長嶋監督は“清原君が西武時代につけていた『3』をあげてもいい”と口説いた逸話があります」(球団関係者) 通算317勝をあげ、近鉄の背番号「1」をパ・リーグ初の永久欠番とした鈴木啓示氏も、監督時代の1995 [全文を読む]

【プロ野球】何年ぶり? 12球団の「日本一ごぶさたランキング」! そして42年間「○○していない」球団は?

デイリーニュースオンライン / 2016年11月15日16時05分

広島東洋カープ 32年間ごぶさた 1984年:古葉竹識監督/MVP:長嶋清幸 阪神タイガース 31年間ごぶさた 1985年:吉田義男監督/MVP:バース オリックス・バファローズ 20年間ごぶさた 1996年:仰木彬監督/MVP:ニール 横浜DeNAベイスターズ 18年間ごぶさた 1998年(横浜ベイスターズ):権藤博監督/MVP:鈴木尚典 東京ヤクルト [全文を読む]

「知って見る」のと「知らずに見る」のとでは、面白さが段違い!新刊書籍『眠れないほど面白い野球の見方』(著者:楠 淳生)3月28日(月)発売!

DreamNews / 2016年03月28日09時00分

特に、解説の吉田義男氏や福本豊氏らとの常識の枠にとらわれない、“伝説の掛け合い”は有名。30年以上にわたる経験から、伝える側次第で野球の見え方、面白さが変わることを痛感。新たな実況スタイルを探究し、大阪経済大学大学院にて「スポーツアナウンスにおける予測実況と累積実況の提案」(中村健二准教授)の修士学位論文も発表している。─────■ プレスに関するお問い合 [全文を読む]

長嶋茂雄が“清原逮捕”で漏らしていた慟哭肉声!(2)ミスターが惚れ込んだ野球選手としての才能

アサ芸プラス / 2016年03月05日17時56分

「96年オフに西武からFA宣言した際に、清原の獲得については、地元で吉田義男監督が率いていた阪神と、少年時代から憧れた長嶋監督の巨人との一騎打ちとなりました。当時、吉田監督は『縦じまを横じまに変えてでも‥‥』と言うほど本気で清原を欲しがった。しかし、最終的には交渉の場で『僕の胸に飛び込んできなさい』と熱烈にアピールした長嶋監督の名文句が決め手となり、清原は [全文を読む]

プロ野球キャンプ ホテルの部屋割で序列あり費用は1億円超

NEWSポストセブン / 2016年02月09日07時00分

「監督時代の吉田義男さんは口癖のように“春のキャンプがシーズンを決めるんや”といっていました。この時期のチーム作りはペナントレースの行方を大きく左右する。そのためよそに劣らない、質の高いキャンプをする必要があるのです。 そのためにはどうしてもカネがかかる。もちろん、フロントは練習を充実させるため、赤字になってでもバックアップしようとするのですが、球団にとっ [全文を読む]

【プロ野球】巨人・高橋、阪神・金本…長期政権にするための絶対条件とは?

デイリーニュースオンライン / 2016年01月03日16時00分

西本幸雄 大毎・1960年(1年+11年+8年) 川上哲治 巨人・1961年(14年) 古葉竹識 広島・1975年(11年+3年) 藤田元司 巨人・1981年(3年+4年) 広岡達朗 西武・1982年(4年+4年) 吉田義男 阪神・1985年(3年+5年) 森 祇晶 西武・1986年(9年+2年) 阿南準郎 広島・1986年(3年) 権藤 博 横浜・19 [全文を読む]

巨人高橋、阪神金本両新監督 現役時代と同じ背番号に潜む罠

NEWSポストセブン / 2015年11月14日16時00分

日本一からわずか2年で吉田義男監督が解任された後を引き継いだ村山氏は、チームを浮上させることができず6位、5位で阪神暗黒期のゴングを鳴らしてしまった。山本氏も、FA流出で弱体化していた広島を立て直すことができず、5年間Bクラス。2005年に最下位に終わり辞任した。 高橋監督と同じく「引退即監督」の道を歩み、現役時代と同じ背番号で監督人生をスタートしたパ・リ [全文を読む]

暗黒時代の阪神 メジャーの大物や西本幸雄氏に監督打診した

NEWSポストセブン / 2015年10月13日11時00分

結局、三好社長と昵懇の仲だったOBの吉田義男監督の3度目の登板となったのですが、事態は好転しませんでした。 ※週刊ポスト2015年10月16・23日号 [全文を読む]

村山実ら50名のサイン入り阪神優勝記念写真 古書店で50万円

NEWSポストセブン / 2015年10月12日16時00分

村山実、バッキー、吉田義男などの顔が並ぶ。 撮影■伊藤勝 ※週刊ポスト2015年10月16・23日号 [全文を読む]

阪神黄金の内野陣 捕手のサインを見てその都度守備位置変更

NEWSポストセブン / 2015年10月12日07時00分

セカンド・鎌田(実)、ショート・ヨッさん(吉田義男)、サード・三宅(秀史)の守備はシートノックで金がとれるといわれたほど。 この内野手たちはキャッチャーのサインを見て守備位置を変えたために、ヒット性のゴロもさばき、味方も驚くような守備を見せてくれた。僕の精密機械といわれたコントロールと、この守備陣はすごくマッチしていましたね。マウンドにあがると完投、完封し [全文を読む]

退任の和田監督 福留復調、藤浪育成で「阪神屈指の名将」評

NEWSポストセブン / 2015年10月11日16時00分

1985年に日本一になった時の監督、吉田義男氏でも達成できなかった記録だ。 「のべ26人の監督中の4人ですから、阪神の球団史に残る名将ですよ。選手起用にしても、ベテラン重用と批判されることもありましたが、我慢して使ったおかげで福留孝介は復調。かといって、同じくメジャー帰りの西岡剛にはレギュラーを確約しないなど柔軟な姿勢を見せた。今成亮太、上本博紀、大和とい [全文を読む]

阪神80年で前祝い、球団史上唯一の“85年日本一”トリビア

週プレNEWS / 2015年09月16日06時00分

【秘】トリビア2 優勝は吉田監督より安藤前監督のおかげ!? 85年の日本一といえば吉田義男監督の手柄。それはもちろんそうなのだが、前年まで指揮を執っていた安藤統男(もとお)監督の“遺産”も大きかった。 例えば、来日1年目の序盤に解雇寸前だったバースを辛抱強く使い続け、実力を証明したこと。脚に故障を抱えていた岡田を一時的に外野で起用して回復を優先させたこと [全文を読む]

甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ ~球団創設80周年記念~ 「タイガース2015年の足跡と虎の背番号列伝」

@Press / 2015年09月07日15時45分

11 村山実 選手(サイン色紙) 23 吉田義男 選手(監督時代のユニフォーム(背番号は81)) 6 藤田平 選手(ダイヤモンドグラブ賞トロフィー) 6 金本知憲 選手(バット、ユニフォーム) 8 山内一弘 選手(バット) 19 小林繁 選手(サイン色紙) 19 中西清起 選手(グローブ) 24 遠井吾郎 選手(スパイク) 24 桧山進次郎選手(ユニフォ [全文を読む]

フォーカス