歌川広重のニュース

世界125か国へ美味しい日本茶をお届け可能!老舗日本茶販売店が国際パッケージ日本茶の発売開始

DreamNews / 2015年04月13日11時00分

創業42年の老舗日本茶販売の株式会社牧ノ原(茨城県水戸市 代表取締役:五條 史男 以下:当社)はこのたび日本茶通信販売サイト「お礼.com」にて日本らしい情景を描いた葛飾北斎、歌川広重の絵画のパッケージに日本茶を詰めた「The・にっぽんのお茶」を2015年4月13日発売開始しました。http://www.orei-ocha.com/promo/nihong [全文を読む]

初摺(しょずり)ならではの濃密な色彩に感動!至高の浮世絵を堪能できる「広重ビビッド」展

サライ.jp / 2017年03月15日11時30分

歌川広重《名所江戸百景 水道橋駿河台》〔1857年 原安三郎コレクション蔵〕前期展示初摺のあとで何度か出される「後摺(あとずり)」では、線がぼやけ、摺色も減らされます。ことに評判が高い絵は、後摺が数多く出されました。したがって現存する初摺のものはきわめて少なく、たいへん貴重です。また、シリーズで何点も連作が出される名所絵などは、シリーズ全作品が揃っている [全文を読む]

年末年始の帰省で時間が空いたら、浮世絵鑑賞はいかが?東京駅に「動く浮世絵」(歌川広重「名所江戸百景 する賀てふ」東京駅グランスタ版)登場!

PR TIMES / 2016年12月26日16時35分

新進気鋭の浮世絵動画作家「瀬川三十七」と「トコナツ歩兵団」が企画・制作展示期間:2016年12月26日(月)~2017年1月9日(月)全国各地のオモシロ企画を発信する面白企画創造集団「トコナツ歩兵団」(団長・渡部祐介、株式会社マイロックチョコレーツ 代表取締役)は、 JR東日本東京駅構内エキナカ商業施設「グランスタ」、及び改札外の「グランスタ丸の内」の年末 [全文を読む]

浮世絵デザインの「ヱビスビール」--現在の三越の姿も描かれた“冨士三十六景”

えん食べ / 2015年05月30日17時00分

サッポロ『ヱビスビール』から、三越限定お中元ギフト商品として「歌川広重画 ヱビスビール」が6月15日頃より順次発売される。価格は12本入り3,240円(税込)から。 この商品は、浮世絵が描かれたヱビスビールの詰め合わせ。缶の前面に歌川広重の「冨士三十六景 東都駿河町」がデザインされている。中味は通常のヱビスビールと同じで、アルコール度数は5%。 「冨士三十 [全文を読む]

三越限定お中元ギフト「〈サッポロ〉歌川広重画 ヱビスビール」発売

PR TIMES / 2015年05月20日11時07分

~昨年のお歳暮に続き、浮世絵のデザイン缶第2弾~ サッポロホールディングス(株)のグループ企業であるサッポロビール(株)は、三越限定お中元ギフト商品「〈サッポロ〉歌川広重画 ヱビスビール」を発売することとなり、2015年6月15日頃から順次お届けします。 この商品は、100年以上の歴史をもちプレミアムビールの先駆けとして愛され続けるヱビスビールとのコラボで [全文を読む]

国内世界遺産の検索人気ランキング2017年版をGoogleが発表!

TABIZINE / 2017年06月03日12時00分

2位:山梨 河口湖|歌川広重の富士三十六景にも登場 河口湖も山中湖同様、富士山にまつわる文化遺産の構成資産です。富士五湖の中でも早くから人気があった観光地。そしてやはり釣り場としても有名で、ブラックバスやマスなどが狙えるそうです。絶叫マシーンが目白押しの富士急ハイランドもすぐそばです。歌川広重の富士三十六景の一つ「甲斐御坂越(かいみさかごえ)」に描かれた [全文を読む]

歌川広重の浮世絵ラベル!三越伊勢丹限定ヱビスビール

Walkerplus / 2017年05月12日17時51分

プレミアムビールの先駆けとして100年以上の歴史を持つヱビスビールに、歌川広重作画「富士三十六景 駿河薩タ之海上(するがさったのかいじょう)」の浮世絵をあしらった商品だ。波濤の彼方に富士を描いた粋な浮世絵をあしらった涼を誘うデザインはお中元にうってつけだ。 暑い夏には歌川広重の名作を眺めながら、格別なひとときを過ごしてみては。【ウォーカープラス編集部/国分 [全文を読む]

東京国立博物館 限定ギフト「〈サッポロ〉富士三十六景 駿河薩タ之海上 ヱビスビール」発売 ~波濤の彼方に富士を描いた、粋な浮世絵をあしらった三越伊勢丹限定お中元ギフト~

PR TIMES / 2017年05月12日10時00分

デザインは、歌川広重作画「富士三十六景 駿河薩タ之海上(するがさったのかいじょう)」の浮世絵をあしらいました。波濤の彼方に富士を描いた、粋な浮世絵をあしらったデザインがいっそう涼を誘います。暑い夏には涼を誘う歌川広重の名作を眺めながら、格別なひとときをお楽しみください。 (注1)静岡市の薩峠の岩盤、波しぶきの間に望む富士山、大空を群れ飛ぶ千鳥、勇壮な構図 [全文を読む]

気分は弥次さん喜多さん!「東海道五十三次」歩き旅の名物スポット4つ

サライ.jp / 2017年02月15日17時00分

かつての様子は、歌川広重の浮世絵『東海道五十三次 日本橋』で垣間見ることができる。朝焼けの中、日本橋を通るのは、参勤交代の大名行列だ。江戸に繰り広げられたであろう情景を思い浮かべながら歩くのもまた、街道歩きの醍醐味である。 歌川広重 東海道五十三次 日本橋「一見、何も残っていないような都会の喧騒の中にも、歴史的に重要な史跡を見ることができます。普段素通りし [全文を読む]

4年に一度のお菓子の祭典が三重県伊勢市で初開催!!「お伊勢さん菓子博2017」~前売券好評発売中~

PR TIMES / 2017年01月26日11時17分

<「お伊勢さん菓子博2017」公式WEBサイト>http://www.kashihaku-mie.jp/●三重県内の菓子職人100人以上の技術の結晶!歌川広重の浮世絵「伊勢参宮宮川の渡し」をモチーフにした巨大工芸菓子を展示[画像2: https://prtimes.jp/i/19410/7/resize/d19410-7-259896-13.jpg ] 広 [全文を読む]

歌川広重の浮世絵や昭和初期の松戸の町並みなど、松戸市立博物館の館蔵品がジグソーパズルに!

PR TIMES / 2016年07月12日13時22分

オリジナルのジグソーパズル6種類を一挙製作・販売開始松戸市立博物館では、歌川広重の浮世絵や昭和初期の松戸の町並みなど、館蔵品をもとにした6種類のジグソーパズルを新しく製作しました。館内のミュージアムショップでのみ販売しているレアな品物で、パズルを楽しみながら作った後は、自宅で絵画代わりに展示することもできます。松戸市立博物館で貴重なパズルを手に入れませんか [全文を読む]

初摺を中心に名画の魅力に迫る!『浮世絵・歌川広重「名所江戸百景」~昔と今~』TBSチャンネル1で6月3日(金)テレビ初放送!

PR TIMES / 2016年06月02日12時18分

株式会社TBSテレビ(本社:東京都港区、代表取締役社長:武田信二、以下TBS)が運営するCS放送「TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画」では、『浮世絵・歌川広重「名所江戸百景」~昔と今~』を6月3日(金)午後8時30分からテレビ初独占放送する。 [画像: http://prtimes.jp/i/3065/646/resize/d3065-646-68 [全文を読む]

東海道五十三次にも描かれた400年愛されつづけている味、静岡市・元祖 丁子屋(ちょうじや)の「とろろ汁」を堪能しよう!

GOTRIP! / 2015年08月03日03時24分

歌川広重の「東海道五十三次」にも登場する、とろろ汁の老舗「元祖 丁子屋(ちょうじや)」 「東海道五十三次」と言えば、誰もが知る歌川広重の傑作と言われる作品群。そんな作品群の1つに東海道20番目の宿場町だった丸子宿(まりこじゅく)を描いた作品があります。その浮世絵は、「名物とろろ汁」の立て看板がある茶屋で二人の旅人がとろろ汁をかきこんでいる姿を描いており [全文を読む]

GWにぜひ!歌川広重が描いた浮世絵をたどって旅行に出てみませんか?

Woman Insight / 2015年04月14日08時00分

浮世絵・風景画において比類なき天才性を発揮した、歌川広重(うたがわひろしげ)。 “天才”といわれるゆえんを紐解くには、広重の描いた地を再訪すれば一目瞭然。その才能にあらためて驚嘆するといいます。 『和樂』5月号では、広重晩年の傑作『六十余州名所図会(ろくじゅうよしゅうめいずえ)』や『名所江戸百景(めいしょえどひゃっけい)』などから7か所を選び、その周辺の観 [全文を読む]

奇抜で大胆で魅力的!あれもこれもすごすぎる「浮世絵」の奇跡の技法を徹底解説!

Woman Insight / 2015年04月06日22時00分

◆リアルを超えた自然表現 歌川広重の風景画では多彩な趣向と技巧が凝らされていますが、自然をわかりやすく描く方法においても、群を抜いた技を見せています。 自然をそのまま写生しながら、そこに印象的な気象や人を描き加え、詩情あふれる情景をつくり上げています。 広重の風景がを見ると、誰もがつい郷愁を覚え、人の心に染み入るような印象を受けるのは、写実を超えたわかり [全文を読む]

番号どおりに塗るだけ!誰でも描ける本格塗り絵絵画「ヌリナビ」! 「ゴッホ」、「ルドン」、「広重」、3作品の発売を開始

PR TIMES / 2013年07月17日09時18分

四度目の発売となる今回は、初夏の爽やかな夜の始まりを感じる「ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ/夜のカフェテラス」、女性に圧倒的な人気を誇る「オディロン・ルドン/青い花瓶のアネモネとリラ」、世界に評価され続ける浮世絵三大巨匠のひとり「歌川広重/名所江戸百景 隅田川水神の森真崎」と、ヌリナビシリーズにさらに幅を持たせてくれる3作品が揃いました。 【ヌリナビの特徴 [全文を読む]

江戸の人気浮世絵師たちが豪華饗宴!幻の平木コレクション名品展

サライ.jp / 2017年05月24日21時00分

六大浮世絵師と呼ばれる、鈴木春信・鳥居清長・喜多川歌麿・東洲斎写楽・葛飾北斎・歌川広重の作品を中心に、4つのテーマ「美人画」「役者絵」「風景画」「花鳥画」で紹介します。 重要美術品 歌川国政《市川鰕蔵の暫》〔寛政8年(1796) 公益財団法人 平木浮世絵財団蔵〕 本展の見どころを、佐野美術館・広報グループの深沢香奈さんにうかがいました。 「“美人画”は、例 [全文を読む]

【浮世絵】知られざる「北斎の東海道五十三次」が集結!展覧会「てくてく東海道-北斎と旅する五十三次-」

サライ.jp / 2017年05月21日11時30分

こう聞いて、まっさきに思い浮かべるのは歌川広重の「東海道五十三次」でしょうか。ゴッホなど西洋の画家に好まれたというエピソードも一因となり、世界的に有名になった浮世絵です。しかし、広重がこのテーマに挑む30年も前に、葛飾北斎が東海道五十三次を描いていることは意外と知られていません。北斎は、享和から文化年間(1801~18)の中頃にかけて、7種の東海道五十三次 [全文を読む]

【今週の対決】太田記念美術館の「浮世絵動物園」に注目!

WEB女性自身 / 2017年05月15日06時00分

葛飾北斎、歌川広重、河鍋曉斎といった絵師たちが、その個性を動物の描写に発揮している。 展覧会のチラシなどに描かれた象は歌川芳豊の作品で、両国での見世物興行の際に制作されたものだそう。マラッカからやってきた日本初上陸の象は約10年ほど国内を巡回し、ご利益ある動物として愛されたのだとか。着物の柄などファッションに取り入れられた動物画も登場。4部構成と充実した内 [全文を読む]

ちょうど見ごろ、江東区亀戸天神の藤まつり

ガジェット通信 / 2017年05月04日02時40分

ただし亀戸天神社では藤が名物で、歌川広重の浮世絵『亀戸天神境内』でも藤と境内中央の橋が描かれています。 先週あたりから盛りを迎えつつありましたが、5月1日に赴いたところ、ちょうどいい感じに咲いていました。まずは写真をどうぞ。 曇りがちの天候でしたが、結構な人出でした。 ■中央部分は9分咲き ほぼ満開と言ってもよい状況ですが、中央の棚にある房の長い藤は先端が [全文を読む]

フォーカス