大島洋平のニュース

大矢氏、サヨナラ負けの中日に「大野がやられたのは痛手」

2 / 2017年05月14日17時35分

中日は初回に大島洋平の犠飛で幸先良く先制する。先発した吉見一起は2回に内野ゴロの間に1点を失ったが、粘りのピッチングでヤクルト打線を封じていく。一方、吉見を援護したい打線だったが、毎回のようにランナーを出すもあと一本が出ず。 試合は1-1のまま試合は進み、中日は9回、ヤクルトの守護神・秋吉亮から先頭の京田陽太がセンター前ヒット、続く亀沢恭平の犠打で得点圏 [全文を読む]

3・4月の月間MVPが決定!オリックスから金子&T-岡田がW受賞

2 / 2017年05月09日13時19分

【パ・投手】金子千尋(オリックス) ☆初受賞 【パ・打者】T-岡田(オリックス) ☆4度目 【セ・投手】メッセンジャー(阪神) ☆2度目 【セ・打者】大島洋平(中日) ☆初受賞 ▼ パ・リーグ投手部門 ・金子千尋(オリックス) 成績:5試(37回) 4勝0敗 奪三振23 防1.70 ☆リーグ最多の2完投。 ☆リーグ最多タイの4勝。 ☆防御率1.70はリー [全文を読む]

【プロ野球】下剋上ペナント開幕!?波乱含みのスタート。パ・リーグ上位戦線異常あり!

2 / 2017年04月14日16時05分

■打率 1位:鳥谷敬(阪神) 打率.467 2位:大島洋平(中日) 打率.462 3位:田中広輔(広島) 打率.395 ■本塁打 1位:阿部慎之助(巨人) 4本塁打 2位:糸井嘉男(阪神) 3本塁打 3位:エルドレッド(広島)2本塁打 3位:梶谷隆幸(DeNA) 2本塁打 3位:ロペス(DeNA) 2本塁打 3位:北條史也(神) 2本塁打 ■打点 1位: [全文を読む]

地元出身の選手が多い球団は?

2 / 2017年02月25日17時00分

日本通算歴代最多となる402セーブをマークする岩瀬仁紀を始め、11年リーグMVPの浅尾拓也、昨季開幕から31試合連続無失点の日本新記録を樹立した田島慎二、今季から3年契約を結んだ大島洋平といったチームの中心選手が愛知県出身。 昨年10月に行われたドラフトでも5位の藤嶋健人、6位の丸山泰資が愛知県出身の選手と、ドラフトで地元の選手を獲得する傾向がある。浅尾、 [全文を読む]

【プロ野球】《裏タイトル・野手編》今年の二塁打王、三塁打王は? 気になる「裏タイトル」獲得者は誰だ!?

2 / 2016年12月13日17時05分

【三塁打王】 大島洋平(中日):9三塁打 丸佳浩(広島)/鈴木誠也(広島):8三塁打 運にも左右される三塁打王は、大島洋平(中日)が獲得。丸佳浩(広島)はここでも2位に食い込み、万能感が漂う結果に。 【最多四球】 山田哲人(ヤクルト):97四球 筒香嘉智(DeNA):87四球 丸佳浩(広島):84四球 今年は昨年3位(81四球)の山田が、相手バッテリーの [全文を読む]

【プロ野球】《中日&オリックス敢闘賞》セ、パの最下位球団、投打で奮闘したのは誰だ!?

2 / 2016年09月28日17時05分

大島洋平 141試合:打率.294/3本塁打/27打点/26盗塁 昨季は打率.260とやや低調だったものの、今季は持ち直し、リードオフマンとして存在感を発揮した大島洋平。7月20日の広島戦(マツダスタジアム)ではサイクルヒットも記録。“御家騒動”で怒り心頭の中日ファンはこの快挙を思い出して気持ちを落ち着けてほしい。 26盗塁に対して12盗塁死は少し問題だ [全文を読む]

【プロ野球】開幕スタメンは後半戦開幕に生き残れた? 開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較《セ・リーグ編》

2 / 2016年08月02日17時05分

■中日 ≪開幕オーダー≫ 1 中 大島洋平 2 二 荒木雅博 3 遊 遠藤一星 4 一 ビシエド 5 右 平田良介 6 左 藤井淳志 7 三 高橋周平 8 捕 桂依央利 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 中 大島洋平 ◎ 2 二 エルナンデス 3 右 平田良介 ○ 4 一 ビシエド ◎ 5 左 ナニータ 6 三 福田永将 7 遊 堂上直倫 8 捕 桂依央利 ◎ [全文を読む]

【プロ野球】地味だけど大記録…2000年以降のサイクル安打達成者たち

2 / 2016年07月26日17時05分

7月20日、マツダスタジアムで行われた広島対中日の一戦で、中日の大島洋平がサイクル安打を達成した。 初回、今季初登板の大瀬良大地からライトスタンドに超低空の弾丸本塁打を放つと、2回には左中間に二塁打。4回には九里亜蓮の代わり端を叩いて左中間を破る三塁打、6回にはショート後方へテキサスヒットを放ち、4打席で達成する“ストレート・サイクル安打”をやってのけた。 [全文を読む]

5月の月間MVPが決定!楽天・則本が2度目の受賞、中日は打者部門で2カ月連続

1 / 2017年06月07日13時15分

☆昨年3、4月度以来2度目の受賞で、中日からの受賞は3、4月度の大島洋平選手に続いて2カ月連続。 [全文を読む]

【6月6日プロ野球全試合結果】巨人が球団ワーストに並ぶ11連敗、広島は貯金が今季最多13、ソフトバンク・柳田悠岐がサヨナラ打

1 / 2017年06月06日22時44分

6回表には、2死三塁の好機で、現在セ・リーグ首位打者の大島洋平外野手が適時打を放って2-0。8回表には、平田良介外野手が今季第6号のソロ本塁打を放ち、3-0とリードを広げた。投げては、又吉が9回8奪三振で自身初の完封勝利。敗れたロッテは、打線が4安打と沈黙。先発の石川歩投手は8回を投げて3失点とまずまずの投球を見せたが、打線の援護がなく今季6敗目(0勝)を [全文を読む]

フォーカス