鈴木敏文のニュース

接客に大切なコミュニケーションは新しい需要を創造させる『鈴木敏文がやっている「お客様心理」の読み方―――セブンイレブンがなぜダントツなのか理由がわかる本』著者伊敷豊が1月19日キンドルでリリース

DreamNews / 2016年01月22日18時00分

株式会社クリエイターズギルド(本社:東京都千代田区、代表取締役:熊切康知 http://www.cguild.com)が、キンドルストア電子書籍『鈴木敏文がやっている「お客様心理」の読み方 ―――セブンイレブンがなぜダントツなのか理由がわかる本』著者伊敷豊(こう書房社)が、1月19日にリリースいたしました。株式会社クリエイターズギルド(本社:東京都千代田区 [全文を読む]

鈴木体制崩壊でも変わらない...セブン-イレブンのブラック体質は「自衛隊人脈」が支えていた! トップ直属の特殊部隊も

リテラ / 2016年06月04日22時30分

米国発祥のコンビニエンスストアという業態を日本に導入し、日本を代表する小売りチェーンに育て上げ、24年間、その権力をほしいままにした会長兼最高経営責任者(CEO)の鈴木敏文氏は退任して名誉顧問に退くことになった。 加盟店オーナー家族を自殺に追い込むほどの"悪魔のフランチャイズ"ピンハネシステムでのボロ儲け、1656億円もの広告宣伝費(2015年)を大量投入 [全文を読む]

セブン銀行は大反対されていた。711鈴木会長自ら語った衝撃の事実

まぐまぐニュース! / 2016年03月07日03時00分

そんな常人では思いつかないサービスで世間を驚かせたセブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼CEO。そして今度はさまざまな専門店と手を組み、セブンイレブンの店舗で受け取りや返品可能なサービスも開始しました。無料メルマガ『がんばれ建設~建設業専門の業績アップの秘策』では、そんなバイタリティ溢れる鈴木会長にスポットをあて、新たなことに挑戦する際の心構えにつ [全文を読む]

セブン&アイ 創業家回帰で鈴木敏文カラーが消えた

NEWSポストセブン / 2017年05月03日16時00分

創業者の伊藤雅俊・名誉会長と大番頭でカリスマ経営者だった鈴木敏文・前会長の“お家騒動”に揺れたセブン&アイ・ホールディングス。結果は、創業家の完勝だった。後藤俊夫・日本経済大学大学院特任教授が言う。 「社長人事を強行しようとして伊藤家の反感を買い、鈴木さんは退任に追い込まれた。鈴木さんのなかには『自分は伊藤オーナーから全権委任されている』という思い込みがあ [全文を読む]

力を持つ「創業家」6選 経営トップの座にふさわしいのは?

ZUU online / 2017年04月30日11時30分

「流通の神様」とまで呼ばれたカリスマ経営者の鈴木敏文氏に対し、社長の人事を巡って創業者である伊藤雅俊名誉会長が真っ向から対立、鈴木氏をまさかの会長退任に追い込んだのだ。2017年4月19日に創業家出身の伊藤順朗取締役が執行役員から常務執行役員に昇格する一方で、約25年にわたって同社を率いてきた鈴木敏文名誉顧問の次男である鈴木康弘取締役は、4月30日付で退任 [全文を読む]

セブン&アイ、「鈴木敏文派」幹部や次男が退任で鈴木色一掃…創業家御曹司へのパワーシフト

Business Journal / 2017年04月28日06時00分

2016年5月、25年にわたってグループの経営を率いてきた鈴木敏文氏が会長を退き、コンビニエンスストア事業子会社のセブン-イレブン・ジャパン社長だった井阪隆一氏が社長に就任した。このトップ交代は「セブンの乱」と呼ばれたが、陰で創業者の伊藤雅俊氏の意向が働いたとの声が多い。 この「セブンの乱」の勝者と敗者で、はっきりと明暗が分かれた。 セブン&アイHDは4月 [全文を読む]

大量閉鎖のイトーヨーカドー、懐かしの鳩マーク復活で再起できるか

まぐまぐニュース! / 2017年04月05日04時30分

セブンイレブンを手がけるきっかけは、デニーズの誘致で鈴木敏文氏(現セブン&アイHD名誉顧問)が渡米したことです。デニーズに業務提携を申し込むために渡米した鈴木氏はいたるところで「セブンイレブン」を目にしました。米国のセブンイレブンは日本でも繁盛すると考えました。鈴木氏は伊藤雅俊氏を説得し、1973年に米国サウスランド社とライセンス契約を締結、翌年に日本1 [全文を読む]

なぜ、私の決断はブレないか?一瞬に「よい」「悪い」がわかる方法

プレジデントオンライン / 2017年01月26日09時15分

※本連載は書籍『わがセブン秘録』(鈴木敏文著 取材・構成=勝見明)からの抜粋です。 (セブン&アイ・ホールディングス名誉顧問 鈴木敏文=文) [全文を読む]

なぜコンビニ、セブン銀行、セブンプレミアムを思いつけたか?

プレジデントオンライン / 2017年01月20日09時15分

※本連載は書籍『わがセブン秘録』(鈴木敏文著 取材・構成=勝見明)からの抜粋です。 (セブン&アイ・ホールディングス名誉顧問 鈴木敏文=文) [全文を読む]

私が60年にわたる現役生活に終止符を打った理由

プレジデントオンライン / 2017年01月10日09時15分

※本連載は書籍『わがセブン秘録』(鈴木敏文著 取材・構成=勝見明)からの抜粋です。 (セブン&アイ・ホールディングス名誉顧問 鈴木敏文=文) [全文を読む]

セブン&アイ、鈴木敏文路線を全面否定…容赦ないヨーカ堂&百貨店縮小、負の遺物を一斉整理か

Business Journal / 2017年01月05日06時00分

オムニチャネル(インターネットとリアル店舗の融合)を推進してきた鈴木敏文前会長(現名誉顧問)の二男、鈴木康弘取締役が年末に退任することになったからだ。井阪隆一氏が社長になり、居場所がなくなったことが原因と社内ではみられている。 一方、16年12月19日付で、グループ創業者で現名誉会長の伊藤雅俊氏の二男、伊藤順朗取締役が常務に昇格する。新設する経営推進室でグ [全文を読む]

セブン&アイと出光興産 創業家の沈黙を読み違えた理由

NEWSポストセブン / 2016年12月24日07時00分

セブン&アイでは、鈴木敏文名誉顧問(前会長)の次男・鈴木康弘取締役が、12月30日付で退任する見通しだ。その一方で、創業者である伊藤雅俊名誉会長の次男・伊藤順朗執行役員が19日付で常務執行役員に昇格する。社長人事に始まった一連の騒動は、創業家が“カリスマ経営者一族”から主導権を取り戻す構図で収束しそうだ。 なぜ出光家、伊藤家は動いたのか。ファミリービジネ [全文を読む]

セブン&アイ、迫られる分裂…「お荷物」ニッセン&そごう・西武、容赦なきリストラ断行へ

Business Journal / 2016年08月29日06時00分

「コンビニの帝王」の座から去った鈴木敏文氏は名誉顧問となり、本社から新しいオフィス(ホテルニューオータニ・オフィス棟)に移った。創業者の伊藤雅俊名誉会長と対立して退任に追い込まれた鈴木氏は「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」という、枯れた心境ではなさそうだ。 複数のメディアとの単独インタビューに応じ「資本と経営の分離は当たり前のことだ」と創業家に対する批判を [全文を読む]

助けられない舛添氏ら団塊世代 一方、石原・森氏は人望あり

NEWSポストセブン / 2016年07月02日07時00分

内紛の末に会長の座を追われたセブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文・名誉顧問(1932年)、燃費データ不正問題への対応に追われるスズキの鈴木修・会長(1930年)など、「プレ団塊世代」の経営者たちも苦汁をなめた。 それでも団塊エリートとは違い、彼らがいまなお尊敬を集めているのはなぜなのか。経済ジャーナリストの片山修氏が語る。 「鈴木敏文氏らは戦争を知って [全文を読む]

カリスマ・孫正義と柳井正は、後継者を育てることなど不可能である…鈴木敏文の失敗

Business Journal / 2016年06月29日06時00分

ソフトバンクグループは株主総会前日の6月21日、副社長で次期社長候補だったニケシュ・アローラ氏の退任を発表し、株主ならずとも世間から唐突な感じを持たれた。 2014年、米グーグルに在職していたアローラ氏に孫正義社長がほれ込み、契約時のボーナスも含めて約165億円を支払い入社させ、さらに15年度も約80億円に上る巨額報酬が支払われ話題となった。「2年間で24 [全文を読む]

セコムと大戸屋、社内クーデターで泥沼内紛!サンリオ、功労者辞任で創業者の20代・孫を役員抜擢

Business Journal / 2016年06月21日06時00分

創業者の伊藤雅俊氏と“カリスマ経営者”鈴木敏文氏の対立で揺れたセブン&アイ・ホールディングスの株主総会が5月26日に開催された。 人事議案への賛成率は井阪隆一社長が87.95%、創業家出身の伊藤順朗取締役執行役員が88.36%、鈴木氏の次男の鈴木康弘取締役執行役員が88.31%だった。セブン&アイに君臨してきた鈴木氏の、会長兼最高経営責任者(CEO)退任に [全文を読む]

セブンイレブン元会長も実践。夢から逆算する「今すべきこと」仕事術

まぐまぐニュース! / 2016年06月14日05時00分

そんな前沢さんがご自身の無料メルマガ『販促メルマガ』で、セブンイレブンの元会長・鈴木敏文氏が実践して大きな成果を上げた「未来の夢から逆算する仕事術」を紹介しています。 未来から逆算する 僕は本職が販促プランナーで、顧問先の売上げを上げるお手伝いが仕事です。顧問依頼先は成長がストップしたとか、売上げが落ち続けているとかのケースが多い。そこでさまざまな策を練っ [全文を読む]

セブンイレブン鈴木前会長の「引退表明」をどう見るべきか

Forbes JAPAN / 2016年06月04日14時00分

ついにセブン&アイ・ホールディングス会長の鈴木敏文は4月7日、「引退表明」をした。この騒動をどう見るべきか。個人的な話で恐縮だが、私は2015年10月にレオス・キャピタルワークスの社長に返り咲いた。そもそも当社は私が03年に創業した会社で、そのときも社長だった。08年にリーマン・ショックがあり、結果的に現在の親会社に私の持分をほぼタダで売却し、責任を取って [全文を読む]

セブンイレブンが「おでんは9月に最も売れる」と気づいた理由

まぐまぐニュース! / 2016年05月18日19時30分

しかしセブンイレブンを業界一に育て上げた鈴木敏文氏の「常識を疑う戦術」で、今では夏でもおでんは売られ、9月に一番の売上を記録するほどとなりました。TV番組への出演、監修なども行う店舗経営コンサルタント・佐藤昌司さんが発行する無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』では、「逆転の発想」がサービスの差別化を図る上でいかに大切かについて [全文を読む]

鈴木敏文氏告白「親族が後を継ぐことには基本的に反対」

NEWSポストセブン / 2016年04月19日16時00分

緊急記者会見で鈴木敏文・セブン&アイ・ホールディングス会長が退任を発表したのは4月7日のこと。その理由は、鈴木氏が提案した子会社のセブン-イレブン・ジャパンの井阪隆一社長を退任させる人事案が取締役会で否決されたことと説明したが、限られた会見時間の中での説明には数々の疑問が残った。 日本最大の流通グループ、セブン&アイを率いるカリスマの電撃退任の背景には、「 [全文を読む]

フォーカス