福武總一郎のニュース

2012年モンブラン国際文化賞を福武總一郎氏が受賞!

PR TIMES / 2012年07月31日18時06分

本年度は、瀬戸内国際芸術祭のプロデュースをはじめ、ベネッセアートサイト直島を手掛けるなど地方をアートによって活性化させてきた福武總一郎氏(ベネッセホールディングス取締役会長)が受賞しました。 当アワードは、あらゆる芸術の分野において、若い才能の開花に尽力支援されている人物に対し、その栄誉を称えて贈られる賞で、1992年に設立。毎年1回、世界各国よりそれぞれ [全文を読む]

~第55回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展参加アーティストを対象に~ 第10回ベネッセ賞はアンリ・サラ氏に決定

PR TIMES / 2013年11月26日13時04分

記念すべき第10回の審査は、5月末のヴェルニサージュ期間中に4人の審査員(審査員:三木あき子氏、シェイカ・フール・アル・カーシィミ氏、キム・ソンジュン氏、ポーラ・トッピラ氏)によるプレ選考、および後日ベネッセホールディングス会長・福武總一郎も含めた最終選考により、アンリ・サラ氏を受賞者に決定しました。受賞者のサラ氏には、今後のベネッセアートサイト直島にお [全文を読む]

高齢実力者がずっと実権を握り続けるキヤノンと富士フイルムとセコム

Business Journal / 2017年01月29日06時00分

創業家出身で最高顧問の福武總一郎氏の意向とされる。 [全文を読む]

世界の富豪たちが「安藤建築」に託す夢

Forbes JAPAN / 2017年01月13日10時00分

その意味では、私が建築を手がけた直島(香川県)のベネッセハウスミュージアムの実現も、施主であるベネッセコーポレーションの福武總一郎氏の勇気といえるでしょう。どんなプロジェクトも、クライアントに勇気があって、前に進めようという気持ちがあるかどうかにかかっているのです。これまで私は、サントリーの佐治敬三氏、アサヒビールの樋口廣太郎氏、セゾングループの堤清二氏、 [全文を読む]

北川フラム×大竹伸朗、“瀬戸芸”を通じ出会った両氏のアートの島への想い【対談1/2】

FASHION HEADLINE / 2016年11月15日20時00分

直島では福武總一郎氏によりベネッセハウスが建てられ、アートで島を復興させようという動きが生まれ、瀬戸芸を始めるきっかけになりました。私が直島へ初めて来たのは1998年頃、大竹さんの「シップヤードワークス」がすでにありました。●90年代初頭に宇和島へ移住し、アーティスト活動を続けていた大竹伸朗氏。瀬戸内海との出合いには、どのような経緯があったのでしょうか。大 [全文を読む]

ベネッセ、経営危機的状況突入へ…会員激減&赤字拡大、脱却図ったDM商法へ逆戻り

Business Journal / 2016年08月26日06時00分

2年前の14年6月、創業家出身で最高顧問の福武總一郎氏はビジネスモデルをデジタル教材に転換するため、プロ経営者の原田氏を社長に招聘した。しかし、同年7月に発覚した顧客情報漏洩事件の影響をモロに受け、15年3月期の最終損益は107億円の赤字。続く16年同期は82億円の赤字と2期連続で赤字を計上した。 [全文を読む]

赤字転落でも報酬約1億円増のベネッセ社長、増益でも6千万減のカルビー会長

Business Journal / 2016年07月11日06時00分

原田氏本人は「経営トップとして責任を取った」と言うが、実は創業家出身の福武總一郎最高顧問が、自ら招聘した原田氏を切ったといわれている。 原田氏は「プロ経営者」と呼ばれており、日本マクドナルドホールディングスを経営再建したことになっている。福武氏に請われて14年6月にベネッセの社長に就任したが、就任直後の7月に2895万件の個人情報が流出した。「事件のインパ [全文を読む]

ユニクロ柳井、ドンキ安田、ベネッセ福武も税逃れ! タックスヘイブンなければ教育の完全無償化が可能なのに

リテラ / 2016年05月11日09時30分

さらに、福武總一郎ベネッセホールディングス最高顧問とその妻にいたっては、保有する自社株1361万株を、ニュージーランドの自らの資産管理会社に譲渡。さらに総一郎氏は自らの住所も岡山市からニュージーランドに移していた。 これらの驚愕すべき租税回避行為を明らかにしたのは9日付「しんぶん赤旗」だ。 記事によれば、オランダは「資本参加免税」制度があり、同制度では、 [全文を読む]

松谷化学工業、「瀬戸内国際芸術祭2016」に協賛

DreamNews / 2016年01月27日17時00分

" (「瀬戸内国際芸術祭2016」公式HPより) 会期: 春 ― 2016年3月20日(日・春分の日)-4月17日(日) 29日間 夏 ― 2016年7月18日(月・海の日)-9月4日(日) 49日間 秋 ― 2016年10月8日(土)-11月6日(日) 30日間 -- 会期総計: 108日間 開催地: 直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島、沙 [全文を読む]

最新版「日本の大富豪」星座別ランキング!1位は楽天三木谷会長のあの星座

WooRis / 2015年12月30日20時00分

サントリーHD会長の佐治信忠氏、mixi(ミクシィ)会長の笠原健治氏、ベネッセHD最高顧問の福武總一郎氏などがいらっしゃいます。射手座は普遍的な愛、世界の平和など高い理想を持っている方が多いようです。■4位:蟹座(5人)(合計資産総額=84.7億ドル)5人がランクインし、合計資産総額“84.7億ドル”で第4位となったのは、“蟹座”です。森トラスト社長の森章 [全文を読む]

ベネッセ、本当の危機 会員減少が止まらず深刻化 ライバルの草刈り場に

Business Journal / 2015年06月14日06時00分

創業者の福武總一郎氏が、ダブレット通信教育を柱に据えたビジネスモデルに転換させるために「プロ経営者」の原田氏を招聘した。原田氏は「脱DM」の方針を掲げ、学習相談などに気軽に訪れることができる店舗「エリアベネッセ」などを展開する戦略を打ち出したが、期待されたほどの効果はなかった。 ベネッセはDMの効果的な活用で通信教育最大手に躍進した過去を持ち、DMによる勧 [全文を読む]

赤字転落、会員激減…ベネッセ、“過去を全否定”改革 現場大混乱も原田社長の想定内

Business Journal / 2015年01月20日06時00分

ベネッセの構造改革は、ベネッセHDオーナーの福武總一郎氏から原田氏が託された最優先の経営課題だった。●塗り替わる通信教育業界の勢力図 ベネッセHDは55年1月、福武哲彦氏が岡山市で福武書店を設立、中学生向けの書籍発行を始めたのがルーツだ。86年に家業を引き継いだ總一郎氏は、小中高生向け通信添削講座「進研ゼミ」に経営の軸足を移し、大成功を収めた。今や、幼児教 [全文を読む]

仏老舗百貨店ボンマルシェが見た日本“伝統と伝統が惹かれ合う”【パリ特集】

FASHION HEADLINE / 2014年12月10日15時00分

今回、3階のエキシビジョンスペースでは、安藤氏や福武總一郎氏がベネッセアートサイト直島というプロジェクトの意義について語るムービーを、フォトグラファーのガブリエル・デ・ラ・シャペル(Gabrie de la Chapell)氏とビデオグラファーのクエンティン・ラベイル氏(Quentin Labeil)に特別に製作してもらいました。エコールブール国立工芸学校 [全文を読む]

ベネッセアートサイト直島が海外賞受賞 “アートに浸れる島”直島に海外から熱視線

NewSphere / 2014年12月07日11時00分

直島が現在の姿になったきっかけは、ベネッセホールディングスの最高顧問である福武總一郎氏が、1987年に島の南側を購入したことに始まる。福武氏の要請を受けて、建築家の安藤忠雄氏が20年間をかけてホテルや美術館の設計を手がけた。また、ベネッセは、ヴェネチア・ビエンナーレでベネッセ賞を設立。受賞者はベネッセアートサイト直島のために作品を作るよう依頼される(CN [全文を読む]

ベネッセ流出事件の責任者・福武前会長、巨額資産節税のため海外逃避 配当金で芸術活動

Business Journal / 2014年08月27日01時00分

●福武元会長が築いた一大教育コンツェルン こうした情報セキュリティに対して甘い体制は、ベネッセHDの“中興の祖”と呼ばれる福武總一郎・現最高顧問が社長、会長として経営の舵取りを担っていた時期につくられた。福武氏は1945年12月、ベネッセHDの前身である福武書店の創業者、福武哲彦氏の長男として岡山市に生まれた。早稲田大学理工学部卒業後、日製産業、日本生産性 [全文を読む]

仏ボンマルシェが日本特集。安藤忠雄・直島展やsacai、ビームス、ハンズなど出店

FASHION HEADLINE / 2014年07月08日16時48分

ベネッセアートサイト直島代表の福武總一郎氏は「現代美術は人を元気にするパワーを持っている。あるものを壊すのでは無く、あるものを活かしながら無いものを作るということや年をとればとるほどしあわせであること、公益資本主義などを発信したい」と語った。 [全文を読む]

ベネッセ新社長の原田泳幸氏を「天才には程遠い」と大前氏

NEWSポストセブン / 2014年04月25日16時00分

まず、ベネッセは社外取締役を務める日本マクドナルドホールディングスの原田泳幸会長を6月21日付で会長兼社長に迎え、福島保社長は代表権のある副会長に、福武總一郎会長は最高顧問に退くという。しかし、なぜ原田氏なのか? 原田氏は、アップルコンピュータジャパン社長から日本マクドナルドのCEO(最高経営責任者)になって8期連続で既存店売上高を伸ばし、経済メディアな [全文を読む]

フォーカス