勝野洋のニュース

四季折々の豊かな風景を見ながら食す、幸せ溢れる懐石料理!

ぐるなび / 2015年06月23日15時10分

6月19日放送の「ぴったんこカン・カン」(TBS系、毎週金曜午後7時56分)では、「勝野洋&キャシー中島 おしどり夫婦と行く娘結婚直前バタバタツアー」と題して、俳優の勝野洋さん、タレントのキャシー中島さん、番組司会の安住紳一郎さんが「日本料理『みゆき』」(東京都文京区)を訪れた。 地下鉄江戸川橋駅から徒歩10分ほどの場所にある同店は、ホテル椿山荘東京の広大 [全文を読む]

勝野一家も長年通う、季節の素材を生かした串揚げ料理店!

ぐるなび / 2015年06月23日15時10分

6月19日放送の「ぴったんこカン・カン」(TBS系、毎週金曜午後7時56分)では、「勝野洋&キャシー中島 おしどり夫婦と行く娘結婚直前バタバタツアー」と題して、俳優の勝野洋さん、タレントのキャシー中島さん、女優の勝野雅奈恵さん、番組司会の安住紳一郎さんが「知仙(チセン)」(東京都港区)を訪れた。 東京メトロ六本木駅からすぐの場所にある同店は、鎌倉の禅寺を模 [全文を読む]

勝野洋 自分のイメージで演じたいため誰かを参考にはしない

NEWSポストセブン / 2015年05月15日07時00分

大学在学中にモデルとして活動を始め、ひょんなことから『太陽にほえろ!』のテキサス刑事役に抜擢され人気者になった勝野洋は、天職なのか迷いながら俳優を続けていた。俳優としての自分を認められるようになったきっかけ、セリフに感じる言葉の力について勝野が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏の連載『役者は言葉でできている』からお届けする。 * * * 勝野洋 [全文を読む]

勝野洋 いつ剣の仕事来てもいいように木刀を毎日振っている

NEWSポストセブン / 2015年05月06日16時00分

役者デビューからしばらくドラマで現代の好青年を演じ人気を集めた勝野洋だが、『風の隼人』への出演から時代劇にも活躍の場を広げ、今ではアクションも殺陣も本格的に演じられる俳優として知られている。殺陣を教わった東映京都撮影所での思い出について勝野が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏の連載『役者は言葉でできている』からお届けする。 * * * 1970 [全文を読む]

勝野洋 演技から生き方まで影響を受けた竜雷太の大きな存在

NEWSポストセブン / 2015年04月26日16時00分

テレビシリーズ『太陽にほえろ!』に刑事役に抜擢されたものの、演技のことをほとんどわからなかった俳優の勝野洋を指導したのは、劇中でも先輩刑事として後輩を指導していた「ゴリさん」こと竜雷太だった。役者として、人として大きな影響を受けた竜について語った勝野の言葉を映画史・時代劇研究家の春日太一氏が綴った連載『役者は言葉で出来ている』からお届けする。 * * * [全文を読む]

勝野洋 『太陽にほえろ!』現場で学んだ露口茂の間の使い方

NEWSポストセブン / 2015年04月19日07時00分

映画やテレビドラマ、舞台などで幅広く活躍する俳優の勝野洋が芸能の世界へ入ったのは、アルバイトで始めたモデルの仕事だった。役者になるつもりがないまま出演した人気刑事ドラマ『太陽にほえろ!』に出演するうち、少しずつ芝居をすることに目覚めていった当時のことを勝野が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏による連載『役者は言葉で出来ている』からお届けする。 [全文を読む]

勝野洋・キャシー中島夫妻 長女の死後に勝野は脱・亭主関白

NEWSポストセブン / 2013年01月15日07時00分

おしどり夫婦として知られる、勝野洋・キャシー中島夫妻はどのように愛を育んできたのだろうか? 2009年7月、モデル・ジュエリーデザイナーとして活躍していた長女・七奈美さん(享年29)が、肺がんのため亡くなった。大切な娘を失い家族は悲しみを乗り越えようと必死だった。 キャシー:とくにどうやって乗り越えようとかっていう話はしなかったですね。心はみんなひとつでし [全文を読む]

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

だが、怪我の巧妙か、ショーケンの殉職シーンは高視聴率を取ったばかりか、以後、ジーパン(松田優作)、テキサス(勝野洋)、ボン(宮内淳)、スコッチ(沖雅也)……と、新人刑事が殉職する度に新しいメンバーが加入して、ドラマのマンネリ化を防ぐという副産物をもたらす。そして気が付けば、14年間ものロングランになったのである。 ちなみに、同ドラマの最高視聴率は、前の回で [全文を読む]

第18回「王者日テレの歴史」(前編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月10日20時00分

ショーケン(萩原健一)が『傷だらけの天使』に『前略おふくろ様』、松田優作が『俺たちの勲章』に『探偵物語』、勝野洋が『俺たちの朝』、沖雅也が『俺たちは天使だ!』――等々。 中でも、最も印象に残るのは、やはりあのドラマだろう。■『傷だらけの天使』という伝説 1974年10月5日。時の総理・田中角栄が退陣する原因となる『文藝春秋』11月号が発売される4日前、伝説 [全文を読む]

舘ひろし×神田正輝の熱い人間ドラマ第2弾放送!

Smartザテレビジョン / 2017年02月08日11時45分

ほか、栗山千明、高島礼子、中村玉緒、竹中直人、勝野洋、神田穣、平泉成らが出演。 ■ 舘ひろしコメント パート2のお話を頂き、大変うれしく、身が引き締まる思いです。今回も原案の金子成人先生らしく骨太の人間らしさ溢れる作品です。定年を間近に控えた尾関辰郎が、どう刑事人生の終わりを迎えるのか自分自身も楽しみにしています。 ■ 神田正輝コメント 昨年の放送が大き [全文を読む]

娘をがんで亡くしたキャシー中島「悲しみに浸ると楽なんです」

NEWSポストセブン / 2016年12月06日16時00分

1979年に俳優の勝野洋(67才)と結婚し、1男2女をもうけた。長女の七奈美さん(享年29)と次女の雅奈恵(34才)は母の血を受け継いで1998年にペアで写真集を発売。その後七奈美さんはモデルやジュエリーデザイナーとして、雅奈恵は女優として才能を発揮する。 そんな順風満帆な勝野家だったが、2009年2月、七奈美さんに肺がんが見つかり、同年7月7日にこの世を [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「草刈正雄」(3)仕事以外は何にもしたくないんです

アサ芸プラス / 2016年10月23日09時57分

勝野洋と諏訪太朗、この2人くらいしかいませんね。テリー 続く3人目に、僕が入るんじゃないかっていうね(笑)。こんな、日本でいちばんカッコいいと言われた男が、本当に意外で。草刈 そうですね。よく「お前は女性にモテただろう?」って聞かれるけど、そもそも僕は、昔から人とのコミュニケーションがものすごく苦手なんですよ。だからファッションモデルをやってた頃、カメラマ [全文を読む]

“もっとJumbo Knitプロジェクト” 日本最大の手あみイベント「CLOVER Knit-Out」開催

PR TIMES / 2016年10月17日09時19分

■洋輔さんトークショー15日(土)は、俳優の勝野洋さんとタレントのキャシー中島さんを両親に持つ、手芸家の洋輔さんが登場。日本におけるハワイアンキルトの第一人者であるお母様の影響から自然と手芸に興味を持つようになったという洋輔さんは、登場されるなりワークショップの様子を眺めて「僕も参加したいな!」と興味深々のご様子。ニットの楽しさは、編み始めてから”あれを作 [全文を読む]

紫外線カットが低いクルマの弱点はココ~車内でも日焼けで白内障、皮膚がんのリスクが......

ヘルスプレス / 2016年05月28日22時27分

家族会議の末、夫の勝野洋さんからも「そんな傷はママにとってチャームポイントになるよ」と励まされて手術に臨んだそうだ。 基底細胞皮膚がん(Basal Cell Carcinoma)は皮膚がんのなかでも最も多く、悪性度は比較的低い。基底細胞腫(Basalioma)とも称され、局所破壊性なので転移も稀である。早期手術を施せば治癒し、生命予後は良好だ。 中島さんは [全文を読む]

80年代黄金ヒロインたち 辻沢杏子

アサ芸プラス / 2012年04月13日10時54分

おすみは仲間の自害で怖くなり、江戸城を逃げ出して初恋の相手である町医者・中条源四郎(勝野洋)のもとへ駆け込む。そこで思いを遂げ、初めてのヌードを見せることになる。 ここで際立つのは、デビュー時よりかなり細身になったとはいえ、ツンと上を向いた乳房の美しさだ。ピントを奥まで合わせたり、照明をまんべんなく当てて影を作らないなど、独特の映像美学で知られる鈴木則文の [全文を読む]

フォーカス