山崎豊子のニュース

トーハン 店頭活性化プロジェクト 雑誌『ダ・ヴィンチ』×「WOWOW」連動フェア&キャンペーン スタート ~第1弾「連続ドラマW 沈まぬ太陽」放送記念「山崎豊子」フェアを開催~

DreamNews / 2016年04月25日16時00分

企画第1弾は「連続ドラマW 沈まぬ太陽」放送記念「山崎豊子」フェアを実施。ドラマの原作となる『沈まぬ太陽』(新潮文庫)は、未曽有の航空機墜落事故という悲劇の裏で信念を貫き巨大組織に生きる人々を描いた、作家・山崎豊子氏の代表作です。本ドラマは、WOWOW開局25周年記念作品で、上川隆也、渡部篤郎など豪華キャストが出演します。またアフリカや中東ロケなどドラマ [全文を読む]

東野圭吾、宮部みゆきに山崎豊子!原作を読んで欲しい日本ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年12月01日10時58分

あなたも原田いずみの猛毒に振り回されてみてはいかがでしょう? 白い巨塔(山崎豊子) そして最後に紹介させて頂きたい作品は、名作「白い巨塔」。1966年の映画化の後、1967年、1978年、1990年、2003年と、何度もドラマ化された不朽の名作です。財前五郎と里見脩二という対照的な医者を描き、医学界の腐敗を鋭く追及した、山崎豊子さんの長編社会派小説が原作で [全文を読む]

WOWOW×『ダ・ヴィンチ』連動フェア&キャンペーンスタート!第1弾は「山崎豊子フェア」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月28日17時30分

【人気連載マンガ】ネットで話題!! とある書店のコミック売り場から、マンガ愛をふんだんにこめた日報をお届け! 企画第1弾は連続ドラマW「沈まぬ太陽」放送記念として、「山崎豊子フェア」を開催。ドラマの原作となる『沈まぬ太陽』は、未曽有の航空機墜落事故という悲劇の裏で信念を貫き巨大組織に生きる人々を描いた、山崎の代表作だ。ドラマには、上川隆也、渡部篤郎など豪 [全文を読む]

ドラマ化不可能とされてきた山崎豊子の傑作小説『沈まぬ太陽』が上川隆也主演で遂にTVドラマ化!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年05月06日17時30分

長年テレビドラマ化不可能とされてきた、山崎豊子の傑作小説『沈まぬ太陽』が遂にテレビドラマ化されることが決定した。WOWOW開局25周年記念として、2016年5月8日(日)から「連続ドラマW沈まぬ太陽」が放送される。 【人気連載マンガ】アニマルサラリーマンたちの、シュールで、世知辛い、資本主義会社員デイズなショートコメディ♪ 原作『沈まぬ太陽』は、単行本・文 [全文を読む]

山崎豊子さんが生前残した言葉「人の3倍も5倍も努力しなさい」

NEWSポストセブン / 2013年12月19日07時01分

1993年には私財を投じて山崎豊子文化財団を設立。『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』の戦争3部作の印税を運営費にあて、中国残留孤児の子弟の支援に力を注いだ。 山崎さんの甥で山崎豊子文化財団事務局長の山崎定樹さんが言う。 「日頃から『人の3倍も5倍も努力しなさい』と言われていました。彼女自身も本当に努力を積み重ねていて、死ぬ間際まで『書きたい』とつぶや [全文を読む]

故・山崎豊子さんの意外な一面「恋愛はロマンチックに」

WEB女性自身 / 2013年10月11日07時00分

9月29日、壮大なテーマ、入念な取材、綿密な構成の長編小説を次々と発表し、つねに第一線を走り続けてきた国民的作家の山崎豊子さん(88)が亡くなった。圧倒的なスケールで社会の問題をえぐるように描く作風は、ときに物議を醸したが、作品は幅広く支持され軒並みベストセラーに。「90歳を過ぎても書いていただく予定でしたが、今年の夏は暑すぎましたーー」と話すのは、山崎さ [全文を読む]

上川隆也、山崎豊子作品の役づくりは「ノープランでした」

Movie Walker / 2016年06月27日12時55分

果たして、その真意とは?「白い巨塔」などで知られる山崎豊子の最高傑作と言われる小説を初めてドラマ化した本作。上川が演じるのは、“空の安全”を軽視した結果、未曽有の飛行機墜落事故を起こした航空会社に勤務する主人公・恩地元だ。信念を貫き巨大組織に立ち向かっていく恩地を、上川は「決して特別な人間ではない」と話す。「恩地は、僕の隣人として住んでいても違和感がない人 [全文を読む]

上川隆也、20年ぶりの山崎豊子作品に「演じがいのある役にまためぐり会えた」

Movie Walker / 2016年04月20日20時17分

山崎豊子の大ベストセラーを初めて連続TVドラマ化する連続ドラマW「沈まぬ太陽」の第一話完成披露試写会が有楽町朝日ホールで開催され、上川隆也、夏川結衣、檀れい、板尾創路、小泉孝太郎、草刈民代、若村麻由美、國村隼、渡部篤郎が登壇。「大地の子」以来、約20年ぶりに山崎作品での主演を担うこととなった上川が「演じがいのある役にまためぐり会えた」と感無量の面持ちを見せ [全文を読む]

上川隆也が“ドラマ化不可”の「沈まぬ太陽」で主演!

Smartザテレビジョン / 2015年12月18日08時34分

「テレビドラマ化不可能」とされてきた山崎豊子の最高傑作を初めてテレビドラマ化する本作は未曽有の航空機墜落事故という悲劇の裏で信念を貫き巨大組織で生きる者たちの姿を描く。連続ドラマWシリーズ過去最長となる全20話で構成し、アフリカ・中東での海外ロケなどかつてない規模での製作に挑む。主人公・恩地元を演じるのは山崎作品をテレビドラマ化した「大地の子」('95年、 [全文を読む]

星新一、山崎豊子、沢木耕太郎から今野敏、伊坂幸太郎まで2,500冊 eBookJapanが大手文芸出版社・新潮社電子書籍の配信を開始!

PR TIMES / 2014年06月19日14時19分

【昭和時代の名作】松本清張:『砂の器』(上・下)『点と線』『Dの複合』『ゼロの焦点』『黒革の手帳』(上・下)『或る「小倉日記」伝―傑作短編集(一)』(芥川賞受賞作)ほか井上靖:『蒼き狼(新潮文庫)』『あすなろ物語(新潮文庫)』『後白河院(新潮文庫)』ほか大江健三郎:『死者の奢り・飼育(新潮文庫)』(芥川賞受賞作)『性的人間(新潮文庫)』『「雨の木」を聴く女 [全文を読む]

山崎豊子氏遺作は戦争しない軍隊・自衛隊を描いた未完の大作

NEWSポストセブン / 2014年03月14日07時00分

【書籍紹介】『約束の海』山崎豊子/新潮社/1785円 1989年、元海軍少尉を父に持つ海上自衛隊員の花巻朔太郎は、潜水艦「くにしお」の船務士として、日々日本近海の警戒監視訓練を行なっていた。 ある日、「くにしお」が遊漁船と衝突、30名もの犠牲者が出る大事故に。過熱するマスコミの報道により〈国民の間に自衛隊のありようを巡るさまざまな論議を巻き起こした〉。花巻 [全文を読む]

山崎豊子さん “生涯作家”貫いた陰に「結婚31年夫の遺言」

WEB女性自身 / 2013年10月13日07時00分

9月29日、作家・山崎豊子さんが呼吸不全のため亡くなった。享年88。週刊新潮に連載中の『約束の海』はすでに第一部20話を書き上げていたという。彼女の才能を見出した名物編集者・斎藤十一氏(享年86)から「あなたはペンと紙を持って棺に入るべき人だ」と言われた通りの最期だった。そんな山崎さんが引退を決意したことがあった。中国残留孤児についての取材を重ねた末、91 [全文を読む]

山崎豊子さん 体力落ち口述筆記になっても遺作を書き上げた

NEWSポストセブン / 2013年10月04日16時00分

9月29日、作家の山崎豊子さん(享年88)が心不全のために亡くなった。膨大な取材と実地調査に基づいた社会派の長編小説を相次いで発表。大学病院の腐敗を描いた『白い巨塔』や、日航機墜落事故を題材にした『沈まぬ太陽』など、作品が世に出るごとに大きな反響を呼び、その多くがドラマや映画となった。 「山崎さんは、1作品書き上げるたびに“もう作家をやめる”と言っていまし [全文を読む]

日本のテレビ初潜入! 松嶋菜々子がパリの新設ディオールに

Smartザテレビジョン / 2017年04月13日19時49分

4月15日(土)、16日(日)の二夜連続で放送される土曜プレミアム「山崎豊子ドラマスペシャル 女の勲章」(土曜夜9:00-11:25、日曜夜9:00-11:24、フジテレビ系)の放送を目前に控え、15日(土)朝10時45分から「山崎豊子原作ドラマ『女の勲章』今年一番の傑作すべて見せます直前SP」が放送される。 主演の松嶋菜々子は海外ロケでパリを訪問、原作に [全文を読む]

ハリー杉山「モデル時代は挫折のみ…」夢だったドラマデビューがかなう!

Smartザテレビジョン / 2017年04月06日19時05分

ハリーが出演するのは、松嶋菜々子主演で、4月15日(土)、16日(日)に2夜連続で放送される「山崎豊子ドラマスペシャル 女の勲章」(フジテレビ系)と、4月17日(月)スタートの相葉雅紀主演“月9”ドラマ「貴族探偵」(フジテレビ系)の2作だ。 「―女の勲章」では、パリ在住のデザイナーと契約を結ぶため日本からやってきた、松嶋演じる大庭式子の滞在中の世話をする [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

社会派ドラマとは、例えば松本清張や山崎豊子といった有名作家たちの小説を原作とする重厚なドラマである。1970年代以前は、その種の連ドラは散見されたが、連ドラの主要ターゲットが若者層に移った80年代以降、それらは2時間ドラマの単発枠でしか見られなくなっていた。ところが――21世紀に入り、再び連ドラとして復活したのである。但し、21世紀流にアレンジされており、 [全文を読む]

「連続ドラマW 沈まぬ太陽」ギャラクシー賞2016年9月度月間賞を受賞

PR TIMES / 2016年10月20日11時15分

「沈まぬ太陽」は、山崎豊子の同名小説を初めてテレビドラマ化した作品で、未曽有の航空機墜落事故という悲劇の裏で信念を貫いて巨大組織に生きる者たちを描いたドラマです。本作は、2016年に開局25周年を迎えたWOWOWの25周年記念番組として、連続ドラマWでは過去最長となる全20話で構成し、アフリカ・中東での海外ロケなどかつてない規模での製作に挑みました。 主 [全文を読む]

上川隆也が大作「沈まぬ太陽」で愚直な主人公を熱演!

Smartザテレビジョン / 2016年05月08日15時00分

本ドラマは山崎豊子の傑作小説を初めてテレビドラマ化したもの。未曽有の航空機墜落事故という悲劇の裏で信念を貫き巨大組織で生きる者たちを、アフリカ・中東での海外ロケを織り交ぜ、WOWOW史上最大のスケール・全20話で描く。 脚本は大河ドラマ「軍師官兵衛」('14年NHK総合ほか)後、初となる前川洋一、演出は「連続ドラマW 下町ロケット」('11年、WOWOW [全文を読む]

「WOWOW開局25周年記念」ラインナップ発表

PR TIMES / 2016年01月14日11時47分

【お問い合わせ先】(マスコミ関係)広報部 TEL03(4330)8080( I R 関係)IR 経理部 TEL03(4330)8089<「WOWOW開局25周年記念」ラインナップ>■連続ドラマW「沈まぬ太陽」(全20 話)春スタート予定[画像2: http://prtimes.jp/i/1355/3041/resize/d1355-3041-471256- [全文を読む]

どこにも出かけてくない冬こそ一気に読みたい長編小説 4選

IGNITE / 2015年02月20日14時00分

■大地の子 山崎豊子 山崎豊子さんの小説は、ドラマ化や映画化された作品も多数ありますが、原作は読んだことがないという人も少なくないのでは。 彼女の作品は、社会問題や戦争の悲惨さを扱ったものが多くあり、「大地の子」も中国残留孤児の半生を描いた物語。ドラマ化されているので、耳にしたこともおそらくあるでしょう。 上・中・下の3巻からなる長編小説なので、一気に読 [全文を読む]

フォーカス