岩下志麻のニュース

「極妻」岩下志麻 当初は戸惑いと葛藤があったことを明かす

6 / 2014年12月01日11時00分

とりわけ印象的だったのは、初代から計8作登場した岩下志麻。今でこそ「岩下志麻なくして、極妻なし」といわれるほどの当たり役となったが、当初は戸惑いがあったと明かす。 「ピストルを撃たなきゃいけないし、背中に刺青をいれなくてはいけない。これまで演じてきたものとはまるで違う世界の女性像ですし、最初はとても躊躇しました。ですが信頼する五社英雄監督の『これまで岩下志 [全文を読む]

ブチ切れる萩原健一、怒鳴りつける岩下志麻……NHK BS『鴨川食堂』現場の地獄絵図

3 / 2016年04月01日18時00分

「実は、岩下志麻さんも、連続ドラマの出演は2006年に放送された『花嫁は厄年ッ!』(TBS系)以来、10年ぶりだったんです。岩下さんは75歳とあって、やたらと照明の当たり具合を気にされていました。若手の照明さんに『今、どこに当ててるのよ!』と怒鳴ることもしょっちゅうでしたね。現場は、ショーケンさんと岩下さんのベテランに終始気を使っていました。主役の忽那さ [全文を読む]

岩下志麻 「極妻」での思い出深いエピソードは取っ組み合い

3 / 2014年12月05日07時00分

シリーズ累計15本のなかでも、とりわけ印象的なのは初代から計8作登場した岩下志麻。 出演した8作の中でも、第1作で妹を演じたかたせ梨乃と取っ組み合いをしたシーンは、特に想い出深いと語る。 「本番はやっぱり、お互い全力でぶつかりあいました。叩いたり、髪を引っ張ったり本気でやり合ったので、髪の毛は抜けるし、着物はびりびりに破けるし。撮り終えた時にはゼェゼェして [全文を読む]

時代劇研究家・春日太一氏が選ぶ「心震える大河ドラマ」TOP5

2 / 2016年08月21日07時00分

また、壮絶な愛憎のドラマを見せる母親役の岩下志麻、器量人として育てる父親役の北大路欣也、支え続ける家臣役の西郷輝彦と三浦友和、荒武者役で初の本格的な役者出演となるいかりや長介、終生のライバル・最上義光役の原田芳雄、そして天下人としてその前に立ちはだかる秀吉役の勝新太郎……多彩なキャスティングが完璧に決まった」【2位『武田信玄』(1988年)】主演/中井貴 [全文を読む]

相棒、刑事のまなざし…最近イマイチな刑事ドラマ、ときにグッと面白くさせる要素とは?

2 / 2013年12月15日01時00分

が、ちょっと前に岩下志麻が出ると新聞のラテ欄にあったもので、引き寄せられるように観てみた。 岩下は演技力ではなく迫力の人なのだと改めて痛感。女優ライト(白く紗がかかるような、飛ばし気味のヤツ)に守られて、美しさは保たれていたものの、違和感が大きい。「あれ、この人こんなに演技が下手くそだったかしら?」と驚いた。芝居くさい、舞台チックな回だったので、これはこれ [全文を読む]

哀川翔、松方弘樹さんからの“洗礼”を明かす 「目の前にボトルを置かれ『さあ、飲め』と…」

1 / 2017年06月06日21時13分

「『揺れているのがすごく気になった』と岩下志麻さんに怒られました。酔っ払っちゃって揺れちゃうの。『1本飲め』と言われても飲めないよね。まだ20代でしたが…」と当時を懐かしんだ。 松方さんの豪快な印象が強く残っているため「亡くなったというのは信じられない」という哀川。「周りから『具合が悪くなった』と聞いた時も、なかなか会う機会がなかったのですが、まさか…とい [全文を読む]

たけし、高橋英樹ら 松方弘樹さん偲ぶ会で“豪快伝説”語る

1 / 2017年06月06日19時43分

次の日に全員のシーンを撮影してたら岩下志麻さんに怒られました。酔っ払って揺れちゃってたんですよね。それでも松方さんは軽く飲んでいたし、多分あの日は寝てないと思う」。 千葉真一 「後輩だけど彼は日本の財産、役者の財産ですよ。もちろん寂しさ、悲しさはあります。役者としてはもちろん、酒の飲み方を教えてくれたのも彼でした。『最後まで飲み続けろ、ベロベロになって本音 [全文を読む]

神木隆之介の「将棋」だけじゃない!? 役にドハマリして“マジ”になっちゃった役者たち

1 / 2017年04月01日19時00分

岩下志麻は『極道の妻たち』シリーズに出演した際、役柄になりきってしまい、新幹線で騒いでいた子どもにドスを効かせた言葉遣いで怒ってしまったそうです。当時は本物の極道が岩下を見かけると、深々と礼をしたといいますから、相当なオーラを放っていたのは確かでしょう」(同) 役柄への入り込みは、役者にとっては名物エピソードであり、ある意味、勲章であるのは確かだろう。 [全文を読む]

“ #老後貧困 ”の心配をなくす、お金の貯まる暮らし方。

1 / 2017年03月01日17時28分

ちょっと心持を変えるだけて“貯まる暮らし方”が実現します! [画像2: https://prtimes.jp/i/9728/258/resize/d9728-258-519019-2.jpg ] [画像3: https://prtimes.jp/i/9728/258/resize/d9728-258-901116-0.jpg ] 別冊家庭画報『ときめき20 [全文を読む]

「芸能界の都市伝説」これが真相だ!<女優のギョーテン篇「大竹しのぶはヤケドする役で本当に顔面が腫れた」>

1 / 2017年02月27日05時57分

これに負けないのが岩下志麻で、代表作の「鬼畜」78年、松竹)では、こんなエピソードを残す。〈役に没頭するあまり、夫の愛人の子を演じた子役の首を窒息死させる寸前まで絞めた〉 撮影が終了したあとも、その子役は岩下に近づかなかったそうである。 続いて女優の酔態を2つ。まず意外にも宮崎あおいが酒豪らしく、芸能界で横綱級の松方弘樹にも酒勝負を挑んだ。「ふだんは飲ま [全文を読む]

フォーカス