武田勝頼のニュース

マーベラス×DMMGAMESが送る本格アイドル育成ゲーム『天歌統一ぷろじぇくと』 キャラ紹介動画第2弾でADVシーンの乳揺れ(?)をチェック!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月20日17時00分

今回動画に登場するのは「武田信玄」と「武田勝頼」。史実と違い姉妹という設定の二人ですが、二人の体型の違いからくるLive2D®のしなやかな動きの差を比べてみると面白いかも!? ■キャラクター紹介動画第二弾「武田家」の公開についてURL: 『天歌統一ぷろじぇくと』ではLive2D®を採用しすべてのキャラクターがアドベンチャーシーンでキャラクターデザインのテイ [全文を読む]

マーベラス×DMM GAMESが送る本格アイドル育成ゲーム『天歌統一ぷろじぇくと』 キャラ紹介動画第2弾でADVシーンの乳揺れ(?)をチェック!

PR TIMES / 2017年01月20日17時35分

今回動画に登場するのは「武田信玄」と「武田勝頼」。史実と違い姉妹という設定の二人ですが、二人の体型の違いからくるLive2D(R)のしなやかな動きの差を比べてみると面白いかも!?[画像1: https://prtimes.jp/i/2581/1797/resize/d2581-1797-485064-0.jpg ][画像2: https://prtimes [全文を読む]

『真田丸』第2話をマニアック解説。武田勝頼の最期は民家で雑魚寝?

まぐまぐニュース! / 2016年01月17日13時00分

まあ、詳しい事を知りたい方は拙著『東国武将たちの戦国史』第9章をお読み下さい(宣伝御免)!ちなみに『甲陽軍鑑』によれば、勝頼一行が最後の夜を過ごしたのは普通の民家、主従十数人での雑魚寝だったらしい(;_;) 《今週のワンポイントイラスト》 1回目の放送後、はかなくて美しい様子から「悲劇のヒロイン…!」と話題を独占した武田勝頼。ドラマでは描かれませんが、 [全文を読む]

「祝!黙れ小童」「超高速!本能寺」 NHK『真田丸』回顧録が楽しすぎ

しらべぇ / 2016年12月20日09時00分

真田丸回顧録がおもしろいんだけど、仮装大会in名護屋城で堪えきれず画面を慌てて閉じた@職場— る− (@kodama0hikari) 2016年12月19日真田丸の公式ホームページで回顧録を見ているんだけど、「美人薄命!武田勝頼、死す」とあって笑いを禁じ得ない。いや、確かに平岳大さん演じる武田勝頼は凛々しかったけれど。#真田丸— Kaiser Matthi [全文を読む]

【真田丸】数万の軍勢すら敵わなかった「女たちの交渉能力」

しらべぇ / 2016年12月04日10時00分

たとえば武田勝頼の母である「諏訪御料人」の本名は、あれだけドラマチックな人生を送ったにもかかわらず今も不明のまま。小説を書く上ではそれでは困るので、新田次郎は「湖衣姫」、井上靖は「由布姫」と命名した。これらは史料に基づくことではない。名が記録に残らないということは、その人物が何も権限を与えられていなかったという意味。武田支配下では、女性は低く見られていたの [全文を読む]

“泣ける”「真田丸」 涙の名場面をプレーバック!

Smartザテレビジョン / 2016年09月04日12時00分

ハンカチを用意して放送を待とう!■ 武田勝頼の散り際に“泣けた”の声が多数第2話(1/17放送)放送では、家臣の離反や裏切りに遭いながらも、真田家に生き延びるための道筋をつけるなど、優しく、気高く生きた武田勝頼を平岳大が熱演。哀愁ただよう勝頼には「滅びないでほしいと思った」(石川在住、48歳女性)など多数。■ 暗殺をもくろむ昌幸と室賀の囲碁対局にドキドキ「 [全文を読む]

視聴率も絶好調!目が離せない大河ドラマ『真田丸』大ヒットの要因を探る!

日本タレント名鑑 / 2016年04月07日13時55分

たとえば序盤で自害し舞台から去った武田勝頼。武田信玄の息子で、滅亡時の武田当主でありますが、実はつなぎ(陣代)であったという説もあります。今までは、甲斐の虎と呼ばれる父・信玄と比較され、「無能」「凡庸」といった描かれ方が多かったのですが、近年新府城の発掘調査から研究が進み、敵方の娘である夫人を最後まで伴うなど、その人間としての魅力が語られるようになり、今ま [全文を読む]

ネット検索で急上昇。「真田丸」で注目の小山田茂誠役の高木渉ってどんな人?

WEB女性自身 / 2016年01月26日16時00分

信繁の姉、松(木村佳乃)の夫として第1回から登場し、岩殿城に向かう武田勝頼(平岳大)を笹子峠で追い返す、この日の 山場 で熱演。泣き崩れながら絶叫する高木の演技が注目された。その初回放送の直後、「高木渉」の名前はインターネットの検索ワードとして急上昇。『真田丸』公式サイトの登場人物紹介ではクリック数1位を記録、とこれには局側もびっくりだという。さらに、24 [全文を読む]

西郷どんは4日後に戦争突入。歴史上の人物は40歳頃ナニしてた?

まぐまぐニュース! / 2017年04月18日17時57分

翌1575年には長篠の戦いで武田勝頼を撃破。40代の信長は覇道を突き進んで、天下一統目前の1582年、48歳で本能寺の変を迎え、生涯を終えます。 ◎豊臣秀吉(1537年-1598年9月18日) 戦国一の出世頭、太閤秀吉は遅咲きの印象がありますが、40歳の1577年には、信長から命ぜられた中国攻めの端緒となる播磨平定に道筋をつけて、信長から褒められています [全文を読む]

脱・下請け。プラスチックメーカーを変えた3つの人脈~本多プラス

プレジデントオンライン / 2017年03月13日09時15分

戦国時代、長篠の戦いで武田勝頼率いる騎馬隊に対峙した織田信長・徳川家康連合軍が陣を置いた丘の上に、主要工場を構えるプラスチック成型メーカー「本多プラス」の本社がある。 以前、本多プラスは文具メーカーの下請け仕事がほとんどで、売り上げの大部分は修正液容器の生産だったという。しかし3代目で現社長の本多孝充氏が入社したのを期にデザインに注力。取引先を化粧品や医薬 [全文を読む]

今でも“『真田丸』ロス中……”という人にオススメ、『信長の忍び』原作者:重野なおきの『真田魂』をみんなで読もう

おたぽる / 2017年02月09日20時00分

その後、昌幸と山手殿(『真田丸』では高畑淳子が演じていた薫にあたる)の婚約~村松殿(木村佳乃が演じていた松)、信幸、信繁の誕生~武田信玄の死~そして長篠の戦で武田勝頼が大敗を喫してしまう――といったエピソードが第1巻では描かれている。 真田幸隆はかなり優秀な武将だったらしく、歴史小説では幸隆・昌幸・信幸&信繁の三代を括った作品も多いほど。昌幸がなぜそこまで [全文を読む]

戦国の女傑、加藤清正を退却させたエリート「おんな城主」

NEWSポストセブン / 2017年01月29日16時00分

ところが、天正3年(1575年)5月21日の長篠・設楽原(したらがはら)の戦いで武田勝頼が大敗すると力関係が逆転。今度は織田軍が岩村城を攻めて落城させた。虎繁と岩村御前は織田軍から「赦免する」といわれたが、それは2人をおびき出すための罠で、生け捕られた後に逆さ磔で処刑された。 「その際、岩村御前は『援軍を寄越さないから武田軍に降伏するしかなかった。叔母の [全文を読む]

美少女軍勢RPG「戦国の神刃姫X(センゴクブレイドルエックス)」イベント「凶敵武将襲来!!」開催!名将召喚リニューアル!

PR TIMES / 2017年01月06日17時40分

『手形』はなんと、交換所でUR「武田勝頼」など、豪華報酬と交換することができます!さらに!稀に「黄金凶敵武将」が出現!「黄金凶敵武将」を倒すと、多くの武勲が手に入ります!・武勲20000達成でSR巻物「秘伝之書」、・武勲50000達成でUR巻物「極意之書」を獲得出来ます!期間:1月6日(金)~1月12日(木)13:00まで■名将召喚リニューアル![画像3: [全文を読む]

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」放送まであと少し! 『井伊直虎ぴあ』(ぴあMOOK)発売 ~ゆかりの地・人物・歴地・人間関係 この一冊ですべてわかる~

PR TIMES / 2017年01月04日10時24分

[表: https://prtimes.jp/data/corp/11710/table/334_1.jpg ] [画像1: https://prtimes.jp/i/11710/334/resize/d11710-334-487647-0.jpg ] 【商品概要】 『井伊直虎ぴあ』(ぴあMOOK) 出版:ぴあ株式会社 発売日:2016年12月31日 定 [全文を読む]

【おんな城主直虎】主人公・直虎にじつは男だった可能性が浮上!

しらべぇ / 2016年12月25日10時00分

後継者に選ばれたのは、勇猛果敢だが戦略眼に欠けた武田勝頼だった。こうして武田は滅亡の道へ向かうのだが、一度織田を裏切ったおつやの方は元の鞘に収まることを許されず、甥の手で処刑された。また、九州には立花誾千代という人物も。「雷神」と呼ばれた立花道雪の一人娘で、やはり「男子の後継者がいない」ため城主になった女性だ。「おんな城主」は決して突飛な作り話などではなく [全文を読む]

真田丸 一番の仕掛けは「毎回、最終回を見せていた」演出

NEWSポストセブン / 2016年12月21日07時00分

【その1】 やっぱり後半にもあった「ちょっと出俳優陣」 以前、このコラムでは「『真田丸』上半期ほぼ一話にしか出なかったがいい味を出していた」ということで、武田勝頼(平岳大)、織田信長(吉田剛太郎)、明智光秀(岩下尚史)、秀吉の妹旭姫(清水ミチコ)などの名前を挙げさせてもらったが、後半、それも最終回にちらっと面白い顔ぶれが登場した。 幸村がいよいよ徳川本陣 [全文を読む]

伊達政宗、織田&徳川vs武田など戦国武将名残の楽しいPA

NEWSポストセブン / 2016年11月20日16時00分

長篠城を巡り、織田・徳川の連合軍と武田勝頼軍が合戦を交えた『長篠・設楽原の戦い』をモチーフに開設した長篠設楽原PA。 「上りは武田軍、下りは織田・徳川軍のイメージで、敷地内を見渡せる物見櫓や馬防柵も再現されています。いたるところに両軍の家紋が施されていて、それを探すのも楽しいですよ」(舛木さん) 塩スープに赤みそをトッピングした『信長赤味噌らーめん』(8 [全文を読む]

真田丸『第43話』裏解説。「籠城」作戦は本当に愚策といえるのか?

まぐまぐニュース! / 2016年10月30日22時00分

旅行代金 5,500 円 コース番号 03339-098 でお問い合わせ下さい ★『図解・戦国の城がいちばんよくわかる本』 KK ベストセラーズから発売中 ★『復元イラストで見る「東国の城」の進化と歴史』河出書房新社から発売中 ★『真田丸』がより一層楽しめる4コマ漫画、『ふぅ〜ん、真田丸』発売中 今週の『真田丸』SNS反応【編集部まとめ】 武田勝頼様・北 [全文を読む]

織田信長はやっぱり最強?「勝てる自信がある」と答えた人は

しらべぇ / 2016年09月04日05時30分

それをきっかけに武田家中で離反が相次ぎ、最終的に武田勝頼は孤立してしまった。これは「合戦による勝利」ではなく「謀略による勝利」である。「強い敵とは戦わない」を発展させると、「敵を弱くしてから戦う」発想になる。当時の人々から見ても、織田軍の兵は弱かったらしい。「尾張兵5人は甲州兵1人と同等」とまで言われていたほど。だが、結果として尾張兵は甲州兵を駆逐した。信 [全文を読む]

真田丸 平岳大、清水ミチコら出番少ない役者の演技も高評価

NEWSポストセブン / 2016年07月06日07時00分

エントリーナンバー1は、「武田勝頼」。第1話、主人公の幼少時代が描かれず、いきなり武田滅亡から始まるとは正直意表を突かれたが、真田昌幸(草刈正雄)らがなんとか救おうと奔走したのに、勝頼は結局家臣に裏切られて果てる。演じた平岳大はそれまで感じの悪いエリートを演じることが多かったが、ここでは滅びゆく名門の跡取りの悲哀を静かににじませる熱演だった。 エントリー [全文を読む]

フォーカス