山田尚子のニュース

松岡茉優&山田尚子監督が『聲の形』名シーンを発表!「本能をくすぐることが目標」

Movie Walker / 2016年09月16日13時12分

監督を担ったのは、TVアニメ「けいおん!」で初監督を務めた青春映画の名手で、京都アニメーションに所属する山田尚子。思春期の心を抉り出すような原作をアニメ化する上で、大切にしたこととは?また声優を務めた松岡茉優には、鮮やかな印象を残したシーンについて感想を聞いた。本作は、ガキ大将だった少年・将也と聴覚障害を持つ少女・硝子が、ぶつかり合いながらも過去の傷や今の [全文を読む]

京アニ『聲の形』声優に松岡茉優を抜擢したワケとは?山田尚子監督が告白

Movie Walker / 2016年09月15日10時44分

山田尚子監督と松岡を直撃し、お互いに「ワクワクしっぱなしだった!」というアフレコを振り返ってもらった。本作は、ガキ大将だった将也と、聴覚障害を持つ硝子が、ぶつかり合いながらも様々な経験を通して成長していく姿を描く青春ストーリー。山田監督は、「将也の少年時代を松岡さんに演じてほしい」と熱望したという。「私は、松岡さんの出ていらしたドラマが大好きで。松岡さんの [全文を読む]

『君の名は。』V5達成で累計111億! 初登場『闇金ウシジマ』、白石麻衣のキスにファン絶叫!? 【週末映画興行成績】

おたぽる / 2016年09月27日20時00分

そしてやはりというべきか、山田尚子監督の美貌に世の男性は釘付けになり「聲の形の監督ってあんな若いんだ」「監督さんけっこう美人でびっくりww」「山田尚子監督、おばちゃん的な容姿だと勝手に想像してた。美しい女性で驚きました。そして若い!」と大絶賛。さらに一部メディアでは“かわいすぎる天才”とも取り上げられていた。 そして4位には、初登場の実写映画『闇金ウシジマ [全文を読む]

全世代から共感と感動を呼んだマンガ『聲の形』遂に映画公開迫る! 豪華サイン入りポスタープレゼントキャンペーンも実施中

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月12日11時00分

監督はTVアニメ「けいおん!」で初監督を務め、「たまこラブストーリー」(14年)で文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞を獲得した、京都アニメーションに所属する山田尚子。主題歌はaikoの新曲「恋をしたのは」に決定し、声優には、多数の作品で活躍する人気声優の入野自由と早見沙織らが集結している。 オーディションを受ける際に原作を読ませていただきました [全文を読む]

松岡茉優『聲の形』で熱演!声優・早見沙織とのケンカシーン「大好き」と意気投合

Movie Walker / 2016年08月24日20時07分

大今良時のベストセラーコミックを京都アニメーションが映画化した『映画 聲の形』(9月17日公開)の完成披露上映舞台挨拶が8月24日に丸の内ピカデリーで開催され、早見沙織、松岡茉優、山田尚子監督が登壇。主人公の少年期役として声優に挑戦した松岡が、早見演じるヒロインとのケンカシーンについて、秘話を明かした。 本作は、ガキ大将の少年・将也と、耳の不自由な少女・硝 [全文を読む]

アニメ映画「聲の形」のaikoの歌声が切ない予告映像が解禁

dwango.jp news / 2016年07月08日13時13分

監督はTVアニメ「けいおん!」で初監督を務め、『たまこラブストーリー』(14年)にて文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門新人賞を獲得した、京都アニメーションに所属する山田尚子。 声優には、多数の作品で活躍する人気声優の入野自由と早見沙織らが集結。 追加キャストとして、悠木碧、小野賢章、金子有希、石川由依、豊永利行、松岡茉優の6名の起用も発表となり、メイ [全文を読む]

『聲の形』劇場アニメ公開日決定にファンから歓喜の声「やっときたかあああああ!」「これ以上ない朗報!」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月17日15時00分

監督を務める山田尚子は「他人について知りたいと思うこと、知ろうとすること。その思いの伝え方は人それぞれで、たくさんのかたちがあるように思います。あしたにつづく希望の兆しをこの作品で将也たちと一緒に探っていきたいと思っています」と制作への想いを寄せている。 人を愛するということ、生きる意味、自身の存在価値、それらすべてが詰まった『聲の形』。苦しくて生きるのが [全文を読む]

『コウノドリ』ドラマ化で話題。楽しみすぎてつらい『聲の形』コミック・コンテンツ偏差値ランキング

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月22日17時30分

すでに劇場アニメ化が発表されていたが、10月14日には、制作会社が『けいおん!』などで有名な京都アニメーション、監督は同様に有名な山田尚子監督であることが新たに発表された。その発表を受け、まさにファンの期待の声が形となった。 かくいう記者も『聲の形』読み切り掲載時からのファンの一人で、かつ山田尚子監督が手がけた『たまこマーケット』のファンでもあり、とにかく [全文を読む]

『ヤマノススメ』OVA制作・劇場上映&TVシリーズ3期制作決定!【ざっくりアニメニュース】

おたぽる / 2017年06月05日21時00分

18年公開の2作品は「みぞれと希美の物語」を山田尚子が、「2年生になった久美子たち」を石原立也が、それぞれ監督を務める。期待の新作劇場作を任せることができる監督が社内に2人もいることに改めて京アニの底力を感じるが、それぞれの作風の違いを確認してみるのも楽しそうだ。 [全文を読む]

韓国で日本アニメが続々公開、「君の名は。」のヒットで注目度アップ=韓国ネット「日本のアニメにハズレはない」「プライドはないの?」

Record China / 2017年05月11日18時10分

また、9日には山田尚子監督の映画「聲(こえ)の形」が公開される。聴覚障害を持つ少女と同級生だった少年の孤独や絶望、愛などを描いた作品で、17年の東京アニメアワードで「アニメ オブ ザ イヤー」部門のグランプリを受賞した。 その他にも、11日にはSF漫画が原作の「GANTZ:O」が公開される予定。先月27日に公開された「劇場版 黒子のバスケ」も観客動員数が [全文を読む]

『この世界の片隅に』がアヌシーとザグレブにノミネート! アヌシーのノミネートには『聲の形』『夜明け告げるルーのうた』も

おたぽる / 2017年05月05日22時00分

さらにアヌシーでは『聲の形』(監督:山田尚子)、『夜明け告げるルーのうた』(監督:湯浅政明監督)もノミネート。昨年は長編部門に日本の作品のノミネートがなく寂しい状況だったが、比較すると今年は華やかな状況となった。 またアヌシーにおけるノミネート作以外の長編の公式上映では『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』(監督:神山健治)、『ルドルフとイッパイアッテナ [全文を読む]

第40回日本アカデミー賞最優秀アニメ作品賞は『この世界の片隅に』。片渕監督は「諦めなくてよかった」

Movie Walker / 2017年03月03日22時40分

』、山田尚子監督の『映画 聲の形』、湯山邦彦監督とサカキバラ・モトノリ監督の『ルドルフとイッパイアッテナ』、宮元宏彰監督の『ONE PIECE FILM GOLD』が受賞。“アニメ大豊作”の1年を感じさせる、話題を呼んだ作品群が並んだ。【取材・文/成田おり枝】 [全文を読む]

アニメ映画隆盛 新海誠の次に「来る」気鋭の監督たちを紹介

NEWSポストセブン / 2017年01月03日16時00分

』(新海誠監督)、『聲の形』(山田尚子監督)、『この世界の片隅に』(片渕須直監督)と、それぞれの作家性が色濃い作品の大ヒットによって、様子が変わりつつある。 監督の名前で作品選びする際にオススメの監督、これから楽しみな監督について、アニメ評論家の藤津亮太さんにきいた。「細田守監督については、もう別格だと思っています。まだ発表されていませんが、いつものペース [全文を読む]

2016年アニメ大ヒット現象はなぜ起こった? 豊かなシーンを育んだ“日常系”のリアリティ

リアルサウンド / 2016年12月27日08時07分

』の新海誠監督、『聲の形』の山田尚子監督、『この世界の片隅に』の片渕須直監督)にしても、いずれも既に代表作をものにしている中堅以上の監督たちだ。今年に傑作映画が出揃ったのは、極論すれば、めぐり合わせ以上のものはないのだ。今のアニメ・シーンの豊かさからすれば、こうした作品がどこかのタイミングで生まれるのは十分ありうることだ。 そもそも、日本のアニメは、「キャ [全文を読む]

細田守、新海誠、片渕須直。アニメ作家の時代始まる「アニメ映画が面白い!」第3回

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月16日17時30分

『映画けいおん!』で一躍注目された山田尚子監督は、障がい者といじめという難しいテーマに挑んだ『聲の形』で高い評価と22億円を超える興収を実現した。そして、片渕須直監督。構想から8年、クラウドファンディングも交えた話題づくりで制作を実現したのが『この世界の片隅に』である。アニメだけでなく、実写映画の関係者からも絶賛を浴び、圧倒的な口コミで、公開後は4週間連続 [全文を読む]

『君の名は。』『聲の形』『怒り』と話題の日本映画が上位を独占!

Movie Walker / 2016年09月21日15時12分

『けいおん!』コンビである山田尚子監督、吉田玲子(脚本)という最強の布陣はもちろんだが、声優として初起用された松岡茉優や、原作ファンだったというaikoの主題歌起用などが、幅広い世代の動員に繋がった模様。土日2日間で動員20万人、興収2億8300万円をあげた。 また、僅差で3位にランクインとなったのが、李相日監督の最新作『怒り』だ。上位2作品に負けず劣ら [全文を読む]

松岡茉優、声優初挑戦の不安を吐露!「私、ここにいていいですか?」

Movie Walker / 2016年09月17日20時03分

声優の入野自由、早見沙織、金子有希、石川由依、潘めぐみ、豊永利行、松岡茉優、山田尚子監督が舞台挨拶に登壇した。声優に初挑戦した松岡は「おかしいんです。名だたる声優さんに囲まれて」と恐縮していた。 高校生時代の石田将也役の声優を務めた入野は「山田監督から『いじめや聴覚障害とかがテーマになっていますが、描きたい核となる部分は人とのつながり、つながりたいけどなか [全文を読む]

聴覚障害を扱った名作『聲の形』がついに公開 京アニに期待の声

しらべぇ / 2016年09月17日18時00分

監督は『映画けいおん!』などを手がけた山田尚子、脚本は同作などで組んだことのある吉田玲子。声優陣も豪華に揃えており、期待度が高い。なお、一部映画館では9月24日(土)~30日(金)の間、日本語字幕付上映が決定している。それ以降の字幕上映に関しては、公式サイトで順次アナウンスされる予定。一つのムービーとして、また、主人公たちの姿を自分の過去・そして未来に向け [全文を読む]

aiko、映画『聲の形』予告映像にて主題歌「恋をしたのは」解禁

okmusic UP's / 2016年07月08日20時00分

監督はTVアニメ「けいおん!」で初監督を務め、『たまこラブストーリー』(14年)にて文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門新人賞を獲得した、京都アニメーションに所属する山田尚子。 声優には、多数の作品で活躍する人気声優の入野自由と早見沙織らが集結。追加キャストとして、悠木碧、小野賢章、金子有希、石川由依、豊永利行、松岡茉優の6名の起用も発表となり、メイン [全文を読む]

aiko、話題の映画『聲の形』主題歌タイトルが「恋をしたのは」に決定

okmusic UP's / 2016年07月08日13時00分

監督はTVアニメ「けいおん!」で初監督を務め、『たまこラブストーリー』(14年)にて文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門新人賞を獲得した、京都アニメーションに所属する山田尚子。 声優には、多数の作品で活躍する人気声優の入野自由と早見沙織らが集結。ここにaikoの新曲「恋をしたのは」が、彩りを加える。 楽曲のリリース日などの詳細は未定となるが、7月8日( [全文を読む]

フォーカス