久保田智之のニュース

【侍ジャパン】過去3大会のリリーフ陣はどんなメンバーだった?

ベースボールキング / 2017年01月19日05時45分

顔触れはというと、31年ぶりに日本一に輝いたロッテのリリーフトリオ“YFK”からYの薮田安彦、Fの藤田宗一、セ・リーグを制した阪神から“JFK”の藤川球児、久保田智之、大会前年に61試合に登板して37セーブを挙げた石井弘寿、メジャーでセットアッパーを務めていた大塚晶則とかなり豪華なメンバーだ。石井は大会途中に離脱したが、代わって選出された馬原孝浩は当時ソフ [全文を読む]

【プロ野球】第1回WBCからはや10年…当時の代表メンバーはいま何してる?

デイリーニュースオンライン / 2016年01月24日16時00分

(★=メジャー現役、◎=NPB現役、△=独立リーグ・社会人野球などで現役、×=所属球団なしで現役志向) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! 【投手】 清水直行/藤田宗一/久保田智之/◎松坂大輔/★上原浩治/薮田安彦 /◎和田毅/◎藤川球児/△渡辺俊介/大塚晶文/久保田智之/小林宏之/◎杉内俊哉/石井弘寿 【捕手】 里崎智也/ [全文を読む]

【THE INSIDE】上武大が優勝した関甲新学生野球連盟は“新”があることにも意味がある…大学野球探訪(5)

サイクルスタイル / 2017年05月27日17時16分

リーグとしては、その前の年に久保田智之(滑川→常磐大)が阪神から5位指名、と小野寺力(鴻巣→常磐大)が西武から4位指名で相次いでプロ入りしたことでも注目されるようになっていた。連盟としても発足が遅かったということもあって、加盟校も比較的新しいところが多い。それだけに大学関係者などにも、東京六大学や東都リーグの伝統校などと全国の舞台で互角に戦っていくことで、 [全文を読む]

甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ

@Press / 2017年03月30日16時45分

【「~岡田監督2年目のV~2005年優勝特集」の概要】【 企 画 展 名 称 】「~岡田監督2年目のV~2005年優勝特集」【 主な展示内容 】◎タイガース2005年優勝の軌跡・タイガース2005年優勝の軌跡・2005年主力メンバー紹介・岡田監督特集・ファンが選ぶ、最も優勝に貢献したと思う選手アンケート募集・展示品 岡田彰布監督 ユニフォーム 金本知憲選 [全文を読む]

甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ 4月4日(火)から「~岡田監督2年目のV~2005年優勝特集」を開催 ~トリックアートを藤浪選手の剛速球バーションに変更します~

PR TIMES / 2017年03月30日16時34分

【「~岡田監督2年目のV~2005年優勝特集」の概要】【 企 画 展 名 称 】「~岡田監督2年目のV~2005年優勝特集」【 主な展示内容 】◎タイガース2005年優勝の軌跡・タイガース2005年優勝の軌跡・2005年主力メンバー紹介・岡田監督特集・ファンが選ぶ、最も優勝に貢献したと思う選手アンケート募集・展示品 岡田彰布監督 ユニフォーム 金本知憲選手 [全文を読む]

【阪神】タイガースとWBCの苦い歴史

文春オンライン / 2017年03月16日18時00分

2006年の第1回WBCには阪神から藤川球児と久保田智之が選ばれたが、その前年にリーグ優勝したことを考えると、この2名だけというのは少し寂しいものがあった。かたや前年のパ・リーグ覇者であるロッテからは、最多の8名も選ばれていたのだ。 だから、寂しいだけでなく悔しくもあった。この差はきっと前年の日本シリーズの影響だろう。阪神がロッテに4連敗を喫し、しかもトー [全文を読む]

【プロ野球】マニー・ラミレスは555本塁打! では444本塁打、888打点など「NPBゾロ目記録」保持者は?

デイリーニュースオンライン / 2017年03月04日16時05分

通算登板数では久保田智之(元阪神)とヤクルトのコーチも務めた河村保彦(元ヤクルト)が444試合。400試合以上でのゾロ目はこの2人だけだ。 ふと思い立ったときに、いろいろな角度から過去の記録を眺めてみるのも面白い。2000本安打、200勝、250セーブといった名球会入りの条件となる数字とは関連が薄くとも、「ゾロ目」のように「ある数字」に目を向けると意外な発 [全文を読む]

[1月30日 今日のバースデー]

ゲキサカ / 2017年01月30日06時00分

Others 吉村 由美(PUFFY:歌手、1975) 新井 貴浩(野球、1977) 梅津 弥英子(アナウンサー、1978) 板倉 俊之(インパルス:タレント、1978) 久保田 智之(野球、1981) 琴奨菊(相撲、1984) 森下 悠里(タレント、1985) 須藤 敬志(トレンディエンジェル:タレント、1986) 岩佐 美咲(元AKB48:タレント、 [全文を読む]

【侍ジャパン】タイトルを獲得も代表落ちしたケースは?

ベースボールキング / 2017年01月25日05時00分

【第2回大会】 本塁打王:中村剛也 最多安打:栗山巧 盗塁王:福地寿樹 最優秀防御率:石川雅規 最優秀中継ぎ:久保田智之、川崎雄介 最多セーブ:加藤大輔 最高勝率:館山昌平 ◆ 第3回大会は日ハムのリリーフが選出されず 前回大会の第3回は、前年本塁打王の中村、最多セーブの岩瀬は代表メンバーに入ることができなかった。 また、12年に日本ハムのリーグ優勝に大 [全文を読む]

【プロ野球】《元旦・初夢予想!?》2017年、阪神優勝!? そんな初夢を正夢にするシミュレーション!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月01日16時05分

7回からの藤川球児、ウィリアムス、久保田智之による「JFK」で勝利の方程式が確立されていた。 今季、守護神候補としてメンデスを獲得したものの、現段階では全くの未知数。昨季、抑えで起用されたマテオ、ドリス(現状では未契約)も投げてみないと、頼りになるかどうかはわからない状況だ。 岩崎優など期待されるセットアッパー候補はいるが、リリーフ陣の力は2005年には遠 [全文を読む]

フォーカス