宮本信子のニュース

「ゴン中山×宮本信子」意外な交友を持つ二人がメディア初共演トーク!!

PR TIMES / 2014年04月17日11時31分

『アメリカンホーム・ダイレクト MAEMUKISM』4月20日&27日(日)12:00~12:25全国ネットで放送! TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局で放送中の中山雅史のレギュラー番組『アメリカンホーム・ダイレクト MAEMUKISM』(毎週日曜12:00~放送)では、4月20日(日)、27日(日)の放送にて、女優の宮本信子を特別ゲストに迎え [全文を読む]

宮本信子さん感激。30年ぶりに映画「タンポポ」がNY上映へ

まぐまぐニュース! / 2017年02月07日20時00分

同作の主演女優で、伊丹監督夫人でもある女優の宮本信子さんが来米。1985年の公開当時、日本国外で高い評価を受け、米国にラーメンブームを起こすきかっけになったとも言われている同作について、お話を伺った。(聞き手・高橋克明) 映画「タンポポ」NYで30年ぶりにリバイバル上映 ー全米公開時から30年ぶりに映画「タンポポ」がニューヨークで上映されることになりました [全文を読む]

『タンポポ』凱旋上映に、宮本信子が「伊丹映画を忘れないで」

Smartザテレビジョン / 2017年01月16日17時53分

『タンポポ』は、さびれたラーメン店を訪れたトラック運転手(山崎努)が、店主の未亡人(宮本信子)にほれ込み、ともに店を立て直そうと奮闘するコメディ。“ラーメン・ウエスタン”と銘打たれた本作が、世界的なラーメン・ブームにひと役買ったとも言われている。1985年の日本公開の翌年にアメリカで公開されると、その年の外国映画の興行収入5位に入るヒットを記録。昨年、4 [全文を読む]

『ひよっこ』宮本信子の台詞に感動する人続出 井ノ原快彦も共感

しらべぇ / 2017年04月06日17時00分

すると、店主の牧野鈴子(宮本信子)が優しく受け入れてくれる。当時、洋食は東京では庶民的な食べ物だったが、実には未知の食べ物で、『ハヤシライス』を注文。料理が出て来るまでふたりは会話を交わすことになり、鈴子は仕事や出身地のことを尋ねる。実が「自慢にはなんねえけど」と、オリンピックが開催される国立競技場の現場にも携わっていたことを話すと、鈴子は「自慢していいん [全文を読む]

「ひよっこ」に宮本信子、佐々木蔵之介ら出演決定!

Smartザテレビジョン / 2017年01月30日19時00分

宮本信子、佐々木蔵之介、やついいちろう、佐藤仁美、磯村勇斗、竜星涼、和久井映見、松本穂香、藤野涼子、小島藤子、八木優希の出演が決定し、主演の有村と共に会見に登場した。有村演じるみね子が上京してから世話を焼き、大きな支えになる洋食屋「すずふり亭」の主人・牧野鈴子役の宮本は、有村とは「あまちゃん」('13年、NHK総合ほか)以来の共演となる。当時の撮影について [全文を読む]

「連続ドラマW 私という運命について」がギャラクシー賞2014年4月度月間賞を受賞

PR TIMES / 2014年05月20日15時59分

主演には永作博美を迎え、そのほか、江口洋介、宮本信子、池内博之、三浦貴大、太田莉菜、藤澤恵麻、塩見三省、森山良子など豪華キャストが集結いたしました。また、脚本は「ドラマW チキンレース」「連続テレビ小説『おひさま』」「最後から二番目の恋」の岡田惠和氏、監督は映画『脳男』『はやぶさ 遥かなる帰還』の瀧本智行氏が手掛けました。 WOWOWは、コーポレートメッセ [全文を読む]

じぇじぇじぇじぇ! 電子書籍「あまちゃん」が第2部・東京編に突入! 各巻スペシャルコメント出演者を公開

PR TIMES / 2013年12月06日09時37分

宮本信子、古田新太、薬師丸ひろ子など約30名の出演者と作者・宮藤官九郎がコメント話題の電子書籍『NHK連続テレビ小説 あまちゃん』の配信が、第2部・東京編に突入します。次第に明かされる過去の秘密。次々と繰り出される笑いと涙のエピソードに、誰もが虜になること必至です。NEWS RELEASE2013年12月6日株式会社ブックウォーカーじぇじぇじぇじぇ!電子書 [全文を読む]

宮本信子 寝たきり母の自宅介護と『あまちゃん』撮影を両立

NEWSポストセブン / 2013年11月21日07時00分

今年9月まで放送されていたNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』で、“夏ばっぱ”こと天野夏役を好演した宮本信子(68才)。10か月にもわたる撮影で、スケジュールや体調管理などが最も過酷だといわれる、この朝ドラの収録を、彼女は寝たきりの母の介護と両立させていた。 最愛の母が寝たきりに状態になったのは数年前のこと。 「ここ数年は散歩する姿もお見かけしなくなりま [全文を読む]

宮本信子 伊丹十三さん墓参りで“天野春子”に遭遇して驚く

NEWSポストセブン / 2013年09月07日16時00分

8月下旬、約10か月に及ぶ長い撮影を終えた宮本信子(68才)がひっそり訪れたのが、愛媛県伊予郡にある古刹だった。ここには1997年に亡くなった宮本の夫・伊丹十三さん(享年64)が眠っている。 「宮本さんは定期的に墓参りにいらして、伊丹さんを偲ばれていますよ。今年は忙しいから無理かなと思っていたんですが、撮影が終わって、報告しに来られたのかもしれませんね」 [全文を読む]

能年玲奈 宮本信子にイタリア料理店で「また一緒に仕事…」

NEWSポストセブン / 2013年08月22日07時00分

透き通るような白い肌に花柄のワンピース姿の能年玲奈(20才)が、リュックの肩紐を握って、はにかみながら宮本信子(68才)の後をついていく。それは、『あまちゃん』(NHK)のアキと、彼女の祖母・夏ばっぱそのものだった。 8月上旬のある夜、ふたりは都内の高級イタリアンにいた。著名人が顧客に名を連ねるそのレストランでは、芸能人も普通にオープンスペースで食事をする [全文を読む]

あまちゃん予測 津波にのまれる宮本信子をマグロ漁船救出?

NEWSポストセブン / 2013年07月10日16時00分

『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』(太田出版刊)の著者でライターの田幸和歌子氏は、かつて本誌で「震災で夏ばっぱ(宮本信子)が亡くなり、春子が海女になる」と予測した。 『潮騒のメモリー』に「三途の川のマーメイド」という歌詞があり、これが夏ばっぱを指しているというわけ。さらに、 「上京直前、家でアキと春子が話している最中に夏がフワッと立ち上がっていな [全文を読む]

あまちゃんの夏ばっぱ(宮本信子)の死をウォッチャーが予測

NEWSポストセブン / 2013年07月01日16時00分

「寂しいですが、夏ばっぱ(宮本信子)は亡くなってしまうでしょう。それがきっかけとなって、あれだけ海女稼業を嫌がっていた娘の春子(小泉今日子)が海女になる決意をするのでは」 被災という現実の前に、東京でGMT47のメンバーとしてアイドル活動をするアキはどうするのか。 「いったんアキは北三陸に戻るが、東京に戻ってアイドルを続けるか、地元に残るかに思い悩むはず [全文を読む]

中居正広が表紙の「デジタルTVガイド」2017WBC総力特集号が本日発売!

PR TIMES / 2017年02月24日10時00分

そのほか、キャストコメント付きで届ける春の新ドラマ速報、「A LIFE~愛しき人~」「嘘の戦争」ほか注目ドラマの最終回特集も必見! インタビューには東山紀之&中山美穂、ゴールデンボンバー、北野武、広瀬すず、衣笠祥雄、安齋肇、生田斗真、エレファントカシマシ、竹中直人、宮本信子、玉井詩織と多彩な面々が登場します。 「デジタルTVガイド」は、地上波TV、BSデ [全文を読む]

ABC創立65周年記念スペシャルドラマ「氷の轍」連動プロモーション 賞金65万が1名に当たる!! 360°VR・スマホでスカイダイビング体験!

DreamNews / 2016年11月04日10時30分

プレゼントキャンペーン応募期間 2016年10月11日(火)~2016年11月5日(土)21:00までプレゼントキャンペーン応募の流れ STEP(1) スカイダイビング360°VR映像の中に隠されたキーワードをスクリーンショット! STEP(2) Twitterアカウントにログインし、 スペシャルドラマ「氷の轍」公式アカウント(@koorinowadach [全文を読む]

「かなり見ごたえのあるドラマになりそう」柴咲コウ主演ドラマ『氷の轍』に期待の声続々 原作は直木賞作家・桜木紫乃

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月08日15時00分

母の顔を知らず、父と同じ刑事の道を歩む“孤独”と“屈託”を抱える主人公の大門真由役を柴咲コウが演じ、半人前の真由を導く頼れる先輩刑事に沢村一樹、釧路で有名な水産加工会社を経営する女社長には余貴美子が、真由と冬のスケートリンクで顔を合わせる独り身の女性には宮本信子が扮し、ドラマの屋台骨を築く。そのほかにも、余命宣告を受けた身で刑事としての魂を娘に託そうとする [全文を読む]

〈イベントレポート〉「未来の花咲くパーティー」withプリオール (東京) 豪華絢爛のイベント初日の内容を一挙公開

PR TIMES / 2016年09月15日19時16分

宮本亜門さんが50代以上の女性に熱い応援メッセージ!ステージには、小原流五世家元 小原宏貴さんの豪華いけばなオブジェが登場!女優宮本信子さん・原田美枝子さんが美の秘訣をトークセッションで大公開! 資生堂は、2016年9月14日(水)に東京国際フォーラム(東京都千代田区)で「未来の花咲くパーティー」withプリオールのキックオフとなる東京でのPRイベントを開 [全文を読む]

「未来の花咲くパーティー」withプリオール

美容最新ニュース / 2016年09月14日19時15分

続いて、生け花小原流五世家元・小原宏貴さん、プリオールのCMに出演している女優の宮本信子さん、原田美枝子さんも登場。今回のパーティーに文字通り「花」を添える小原家元による「花のオブジェ」のアンベールを行った。約1000本のバラをメインに使ったオブジェは未来に羽ばたくクジャクをイメージ、「未来に向かい、よりチャレンジして夢を抱いて生きたい」というコンセプトを [全文を読む]

渥美清主演の伝説のドラマ『泣いてたまるか』に「仁義なき戦い」の監督、深作欣二が手掛けた作品が登場!

PR TIMES / 2015年06月05日19時35分

このドラマには宮本信子や西田敏行等の今も活躍する俳優から西村晃や京塚昌子や名古屋章などの昭和の名優が毎回ゲストとして登場。また、山田洋次や深作欣二、橋田壽賀子などの著名な脚本家、映画監督などが多数参加した伝説のドラマです。今回、HDリマスター版でBS局での初放送となります。4月からは渥美清が生物の高校教師に扮する先生シリーズをまとめて放送しています。 2. [全文を読む]

半沢効果!?理想の男性高齢者第1位は「北大路欣也」 ! 65歳以上で働いている人は平均「74.5歳」まで働きたい!

PR TIMES / 2013年09月11日12時00分

1. 半沢効果!?理想の高齢者第1位男性は「北大路欣也」、女性は「八千草薫」に!女性4位にあまちゃん出演の「宮本信子」がランクイン!2. 60代では81.5%の人が自身を高齢者だとは思っていない!65-69歳で74%、70-74歳でも47%が自身を高齢者だと思っていないという結果に!3. 50-70代が高齢者だと思う平均年齢は「70.5歳」!一般的な高齢者 [全文を読む]

「夏ばっぱ津波で…」被災地舞台『あまちゃん』で震災死亡予想する週刊誌は不謹慎では?

Business Journal / 2013年08月11日15時00分

宮本信子演じる「夏ばっぱ」が東京編からナレーションを外れたことや、劇中に登場する歌『潮騒のメモリー』に「三途の川のマーメイド」という歌詞が出てくることから、「夏ばっぱは死んじゃうのでは?」というのだ。 この“死亡予測”、最初はネットが中心だったが、最近は週刊誌もこぞって取り上げ始めた。特に熱心なのが「週刊ポスト」(小学館)で、6月28日号を皮切りに毎週のよ [全文を読む]

フォーカス