江口克彦のニュース

[細川珠生]【「世界はG0(ゼロ)の時代に突入した」李登輝氏語る】~次世代の党江口克彦参議院議員に聞く~

Japan In-depth / 2015年08月11日07時00分

李登輝氏と古くから親交のある江口克彦参議院議員を迎え、話を聞いた。 2000年に台湾総統退任以来、7度目となった先月の来日。江口氏は「李登輝さんの影響力を中国が非常に恐れていたこともあって、日本の外務省や歴代政府も李登輝訪日について抵抗、反対が続いていた」と話す。来日するだけでもハードルが高かった時代があったことを考えると、隔世の感がある。 李登輝氏は、日 [全文を読む]

高雄の農業、フーデックスで注目集める 参議院議員も高く評価

JCN Newswire / 2015年03月16日18時07分

世界レベルでの将来的な食糧危機問題に対して、我々は農業技術の改良により、農産品の質と収穫量を向上させることで、高雄と台湾の食料自給率を引き上げるだけでなく、世界にも安心で良質な農産品を供給できると思っています」フーデックス・ジャパンでは、台湾と長年の親交がある江口克彦参議院議員が5日、高雄物産館を激励に訪れました。江口議員は、高雄市が進める若者のUターン就 [全文を読む]

予算不足だから増税なら政治家不要 自己都合で不要な仕事を増やし国民負担強いる政治

Business Journal / 2014年10月19日01時00分

そんな「仮定の話」を、松下氏の秘書を長年務め分身のように寄り添ってきた江口克彦参院議員に聞いた。――松下氏は生前、「無税国家論」を唱えられていました。ところがいまや日本の国家予算は100兆円を超えようとしており、消費税を大幅に上げなくては財政が破たんするとまでいわれています。もし松下氏が御存命でこの現状をご覧になったら、どのように思われるでしょうか。江口克 [全文を読む]

パナソニック、ホンダ、トヨタ 伝説の名経営者たちの格言

NEWSポストセブン / 2016年05月27日16時00分

外部のせいではない、理由は自分にあるんだということを、常に心しておく必要があるな〉 この言葉は参議院議員の江口克彦氏が若い頃、松下幸之助から送られた言葉だ。江口氏は松下が亡くなるまでの22年間、秘書として近くで仕えた松下イズムの継承者である。 「経営の神様、松下幸之助の言葉は新鮮な“気付き”に満ちている。彼は人間学の大家だった。『人間観の研究』という勉強会 [全文を読む]

「尖閣諸島が中国に狙われている」ばかりを連呼する極右政党、理解不能な行動連発

Business Journal / 2015年12月24日06時00分

江口克彦参院議員が12月17日、次世代の党に離党届を出した。次世代の党は21日に党名を「日本のこころを大切にする党」に変更したが、江口氏はこれに強く反対していた。理由は党名が長すぎること、さらにその内容がいかにも極右的であることだ。 江口氏は党名変更自体には反対していたわけではない。ただ次期参院選を7カ月後に控えた年末年始に党名を変更するのは、コストがかか [全文を読む]

渡辺喜美こそ類まれな優れたリーダーだった!リーダーはこう「ダメ」になっていく!

Business Journal / 2015年12月05日06時00分

パナソニックの創業者で「経営の神様」と呼ばれた松下幸之助氏に23年間仕え、現在は参議院議員を務める江口克彦氏が新書を上梓する。タイトルは『上司力20 部下に信頼される20の法則』。11月27日に東洋経済新報社から刊行された。 本書で上司の範とされているのは当然、松下氏だ。そしてもうひとり上司がいる。江口氏が政界入りしたきっかけになった元みんなの党代表の渡辺 [全文を読む]

民主党は解体するのか? 党本部で樽床幹事長代行に直撃したところ...

東京ブレイキングニュース / 2015年11月24日13時10分

ともに松下幸之助氏の薫陶を受けたはずだが、同氏の秘書を長年務め、松下政経塾を創始した江口克彦参院議員によると、「前原君は30点で、樽床君は18点」らしい。前原氏がリードしているということかな。ちょっと目くそ鼻くそぽいけど。 ところがいつもなら樽さん、「よっ!」という感じで満面に笑みをたたえて握手してくれるのに、この日に限っては愛想がない。とりあえずエレベー [全文を読む]

聞き上手・松下幸之助氏に学ぶ「社員のやる気を引き出す」方法

まぐまぐニュース! / 2015年10月19日10時00分

「猿は猿、魚は魚、人は人」講談社 前PHP研究所社長・江口克彦氏著 「そのことはすでに知っている」 「私も考えていた」 と言わず、また、 「忙しいから後にしてくれ」 「時間がないから、そのあたりで辞めてくれ」 とも言わないという松下幸之助さんの聞き上手ぶりはすばらしいものです。 私は人の話を聞くことが多いですが、つい、 「その話は知っています」 と言って [全文を読む]

“次世代の党”なのに旧世代… 国会議員の「女性は扱いにくい」発言に批判が集中

ウートピ / 2015年08月10日10時30分

8月6日、女性活躍推進法案を審議するために開かれた参院内閣委員会で、次世代の党の江口克彦参院議員の発言がメディアで報じられ、批判が集まっています。 女性社員は管理職になっても扱いにくい その発言は「女性は相手によってセクハラだとか、セクハラじゃないとか言ってくる」「女性社員は管理職になっても扱いにくいところがあると思う」などといったもの。 委員会終了後、江 [全文を読む]

みんなの党代表辞任の渡辺喜美氏について党最高顧問「あの説明では理解を得られない」

東京ブレイキングニュース / 2014年04月08日16時10分

急きょ大阪から上京したみんなの党の最高顧問である江口克彦氏に、渡辺氏の代表辞任についてどう思うか、およびみんなの党のこれからについて聞いてみた。 「代表を辞してけじめをつけられたのは、さすがだと思う。しかしこれで潔白が証明されたわけではない」 江口氏は結党時から、みんなの党に関わってきた。いわば生みの親のひとりである。その江口氏が3月31日に渡辺氏に党代表 [全文を読む]

渡辺喜美代表の“8億円事件”で広まる党内失望……みんなの党に解党危機

日刊サイゾー / 2014年04月06日12時00分

一方、渡辺代表に辞任要求した党の最高顧問、江口克彦参院議員は「もともとアンチ渡辺派。出て行った結いの党の連中とは親しくないが、以前から党の主導権を握りたがっていた人物」(同)とあって、この機に大きく動いたとみられている。 渡辺代表は借金について「純粋に個人として借りた」と、選挙費用や政治資金には充てていないとして辞任を拒んでいるが、いかんせん借りたタイミ [全文を読む]

飛び交う怒号...みんなの党、分裂騒動の原因となった極秘テープを入手

東京ブレイキングニュース / 2013年09月20日18時00分

◇ 【みんなの党両院議員総会 2013年8月7日午後3時から】 江口克彦 それでは時間が来たので両議院総会を開く。最初に代表から簡単にオープニングの言葉を戴きたい。 渡辺喜美 明日8月8日はみんなの党の結党記念日。4年前の8月8日に誕生し、今日までいろんなことがあったが、着実に議席を伸ばし、成長してきたのがみんなの党。なぜ着実に成長できたか。それはまさし [全文を読む]

フォーカス