渡邉哲也のニュース

「余命半年の中国経済 これから中国はどうなるのか」がキンドル電子書籍『経済学・経済事情』カテゴリーで1位を獲得。年始から中国株は大暴落日本経済の行方は。今後の中国、日本経済を先読みしよう

DreamNews / 2016年01月13日18時00分

株式会社クリエイターズギルド(本社:東京都千代田区、代表取締役:熊切康知 http://www.cguild.com)が制作運営する、キンドルストア電子書籍『余命半年の中国経済 これから中国はどうなるのか』著者:渡邉哲也が1月13日に『経済学・経済事情』のカテゴリーに1位を獲得です。株式会社クリエイターズギルド(本社:東京都千代田区、代表取締役:熊切康知 [全文を読む]

キンドル電子書籍『余命半年の中国経済 これから中国はどうなるのか』著者:渡邉哲也リリース ――政治が経済を動かしているのは世界共通の認識。大国の内部のおもわく・戦略を紹介します。

DreamNews / 2015年12月25日18時00分

株式会社クリエイターズギルド(本社:東京都千代田区、代表取締役:熊切康知 http://www.cguild.com)が運営する電子書籍レーベル「キニナルブックス」にて、キンドルストア電子書籍『余命半年の中国経済 これから中国はどうなるのか』著者:渡邉哲也が12月15日にリリースいたしました。株式会社クリエイターズギルド(本社:東京都千代田区、代表取締役: [全文を読む]

「世界経済黒書2017」を大胆予測 『世界大地殻変動でどうなる日本経済―瀕死の欧州と米国、無理心中する中国と韓国』 国際情勢に精通した著者と経済評論家が日本生き残りの為の緊急提言

DreamNews / 2016年11月11日10時00分

◎本書の特徴・2017年のポイントは米新大統領及びFRBの利上げ、欧州連鎖離脱、独露同盟、南シナ海大乱・欧州、ロシア、中東、アメリカ、南米、中韓及びアセアン諸国、インドと国際情勢を徹底分析・日本の根本問題であるデフレと人口減少の解決策を提示米新大統領、欧州連鎖離脱、独露同盟、南シナ海大乱と動乱の2017年にむけ、世界各地を踏破し国際情勢に精通した宮崎正弘氏 [全文を読む]

人気チャイナウォッチャー2名の対談が実現! 『中国黙示録 未来のない国の憐れな終わり方』 台湾総統選からわかった「反中国」、これからの10年

DreamNews / 2016年04月14日10時00分

人気評論家で『余命半年の中国経済』など、中国経済関連で鋭い分析を見せる渡邉哲也。台湾出身で中国はもとより、台湾、中台関係を研究してきた評論家で拓殖大学日本文化研究所客員研究員の黄文雄。この人気チャイナウォッチャー2人による初めての対談をまとめたのが本書です。今回のテーマは「中国のメルトダウンと変貌する東アジア」です。まず渡邊氏は、2016年1月の上海株式市 [全文を読む]

今一番人気のベストセラー経済評論家2名による注目の対談!『これからヤバイ世界経済2016年を読み解く5つのポイント』人気評論家がガチンコ対談で2016年の世界経済を完全予測!!

DreamNews / 2015年12月09日18時00分

『余命半年の中国経済』が大ヒット中の渡邉哲也。『亡国の農協改革』がまたまたベストセラー[松矢1] となった三橋貴明。この人気経済評論家2人による1年半ぶりのガチンコ対談をまとめたのが本書です。今回のテーマはずばり2016年の世界経済。クリミア問題から始まり、AIIBと上海株式市場の暴落、また再燃したギリシャ危機と突如沸き起こった移民問題、中国の台頭に四苦 [全文を読む]

新聞、最大のタブー「残紙」訴訟本格化で業界存亡の危機か…弁護士らが反対運動を展開

Business Journal / 2017年04月27日06時00分

4月に『メディアの敗北 アメリカも日本も“フェイクニュース”だらけ』(ワック)を刊行した経済評論家の渡邉哲也氏に聞いた。●加速するメディアの「敗北」と「機能不全」――トランプ大統領の就任以降、メディアに関する問題がクローズアップされています。渡邉哲也氏(以下、渡邉) 2016年に顕著化した「メディアの敗北」の波が、今年はさらに加速すると思われます。昨年、イ [全文を読む]

中国、必ずトランプに叩き潰される…米中戦争状態へ、世界が一斉に中国へ制裁的措置

Business Journal / 2017年01月23日06時00分

1月26日発売の『米中開戦 躍進する日本 新秩序で変わる世界経済の行方』(徳間書店)の著者で経済評論家の渡邉哲也氏に聞いた。●トランプ大統領で米中「経済戦争」の幕が開く――トランプ大統領の就任で、今後、世界経済はどうなるのでしょうか。渡邉哲也氏(以下、渡邉) 一言でいえば、「トランプ大統領が中国を叩き潰す」ということになりそうです。私は、今年はアメリカと中 [全文を読む]

トランプ「28公約と100日計画」で見えた「ネオ黒船」の戦慄正体(1)キーマンは「米中もし戦わば」

アサ芸プラス / 2017年01月18日12時55分

経済評論家・渡邉哲也氏が緊急レポートした、「トランプ大統領」の真相。米中経済戦争元年にあって、日本は復活を遂げるのか──。 1月20日に就任するアメリカの新大統領、ドナルド・トランプ氏(70)に、興味を覚えている人は多いだろう。もっとも興味の大半は、多くのメディアが意図的に偏重して報じた、その奇異な発言や性格にある。 私はトランプ氏の当選を、「貧者の一票に [全文を読む]

緊急出版!トランプ大統領誕生を予言した著者が2017年の世界情勢を徹底分析『第45代アメリカ大統領誕生トランプ!―世界が変わる 日本が動く』グローバリスト、グローバル企業、中国への制裁が始まる!旋風

DreamNews / 2016年12月19日10時00分

◎本書の特徴・トランプ大統領当選後緊急出版!・リーマンショック、欧州危機、中国株式バブル崩壊、パナマ文書出現などを予言してきた著者が今回もトランプ大統領誕生を的中!・トランプ大統領誕生で見えてきた2017年の世界情勢を徹底分析・グローバリズム終焉後の国際秩序を予測・ブレグジット、トランプ大統領誕生でメディアの洗脳とリベラルの偽善に国民が完全に気づいた・大統 [全文を読む]

中国経済、進むも地獄・戻るも地獄の危機突入へ…世界秩序を無視し「中国排除」加速

Business Journal / 2016年08月30日06時00分

7月に『欧州壊滅 世界急変』(徳間書店)を上梓した著者の渡邉哲也氏に聞いた。●国民の不満とエゴイズムが噴出する欧米--まず、6月の国民投票では、大方の予想を裏切ってイギリスのEU離脱が決定しました。渡邉哲也氏(以下、渡邉) これは、EUはもちろん、戦後の枠組みと近年のグローバリズムの崩壊を意味する出来事です。近年、イギリスだけでなく、ヨーロッパ全体に移民に [全文を読む]

ベストセラー『中国崩壊』著者による、中国経済本の最新刊!『余命半年の中国経済 これから中国はどうなるのか』中国バブル経済崩壊で次に起こるのは「中国不動産マーケットの暴落」と予測

DreamNews / 2015年10月26日10時00分

本書の構成 序 章 習近平訪米で見えてきた中国の終焉 第1章 ついに訪れた中国バブル崩壊 第2章 バブル崩壊後、中国はどこに向かうのか 第3章 世界を揺るがす移民問題 第4章 大きく変化している韓国・台湾 第5章 そして日本はどうなる 第6章 なにもかもが張り子の虎だった中国 第7章 安倍首相の戦後70年談話に中国に対する答えがある 終 章 滅びゆく中国 [全文を読む]

中国、近く国家破綻か 経済&軍部崩壊状態、中韓連携による日米と全面対立で紛争リスクも

Business Journal / 2014年09月09日18時00分

今回は、同書の著者である経済評論家の渡邉哲也氏に、・中国が抱える問題点と今後・中国経済が破綻した場合に、日本や世界の経済に与える影響・中国の破綻に巻き込まれないためには、どうするべきかなどについて語ってもらった。●中国が抱える問題の数々--まず、本書を執筆されることになった経緯をお聞かせください。渡邉哲也氏(以下、渡邉) 今までに日本経済はもちろん、ヨー [全文を読む]

「韓国慰安婦証言」スクープ!私はこう思う!(2)“なぜ韓国は反日を煽るのか”-経済評論家・渡邉哲也

アサ芸プラス / 2013年11月05日09時58分

過激化する反日行動の背景には、現在の韓国を取り巻く状況があります。 アベノミクスで急激に円安ウォン高に進みました。それ以前の円高で、日本との競合業種が多い韓国は大きな恩恵を受けていました。輸出依存度が高いのでウォン高により輸出がダメになると、国内経済全般がダメになるのです。 朴槿惠大統領は政権誕生直後から支持率が低いところに加え、政権基盤が脆弱です。当初、 [全文を読む]

アベノミクス「流通に規制をかけなければメーカーは潰れる」

アサ芸プラス / 2013年05月29日09時58分

こう力説するのは「これからすごいことになる日本経済」(小社刊)の著者・渡邉哲也氏である。消費税還元セールとは、体力のある企業が増税後「セール」を行い、増税していない価格で販売することだ。 あのような会社がどんどん規模を拡大することによって、実は、中小零細の体力は削られて、結果、そこに対する雇用の機会も奪われてしまっているのです。優秀な中小企業こそが日本経 [全文を読む]

【韓国、反日政権誕生】慰安婦問題日韓合意を撤回か…在韓米軍撤退や中韓影響力拡大も

Business Journal / 2017年05月10日15時00分

文大統領の誕生について、経済評論家の渡邉哲也氏は以下のように語る。「文氏がTHAAD配備に反対してきた経緯を考えれば、アメリカと韓国の関係は悪化することはあっても改善される可能性は低い。文氏はTHAADの撤去を求める可能性も指摘されており、仮にそうなれば在韓米軍の撤退もあり得るだろう。また、北朝鮮と融和の姿勢を示していることは、アメリカにとっては軍事行動の [全文を読む]

米国、明日にも北朝鮮へ軍事攻撃開始か…ソウルが戦闘地域に、日本に大量の韓国人難民流入の恐れ

Business Journal / 2017年04月14日17時00分

経済評論家の渡邉哲也氏は、以下のような現状認識を示す。「アメリカのシンクタンクは、15日にも北朝鮮が核実験を行う可能性を指摘しており、衛星写真などから、すでにその準備が完了していると分析している。また、同日には原子力空母のカールビンソンが朝鮮半島近海に到着する予定であり、カールビンソンと海上自衛隊は共同訓練を行うことが発表されている。さらに、米海軍特殊部隊 [全文を読む]

トランプ米国、単独で北朝鮮と中国人工島への先制攻撃を示唆…全土を一斉攻撃

Business Journal / 2017年04月10日23時00分

経済評論家の渡邉哲也氏は、以下のように振り返る。「会談前の共同記者会見がなかった時点で、事務方などによる協議内容の事前合意がなされなかったことが確実視されていたが、会談後にも、共同声明が出されなかったどころか共同会見すら開かれなかった。これは、トップ同士の会談ではきわめて異例である。 会談で重要な決定がなされれば共同声明が出され、なんらかの合意があれば共同 [全文を読む]

日韓問題は永遠に解決しないと理解し幻想を破棄すべき

NEWSポストセブン / 2017年04月08日11時00分

近著に『世界同時 非常事態宣言』(渡邉哲也氏との共著・ビジネス社)、『中国不要論』(小学館新書)など、他著書多数。 ※SAPIO2017年5月号 [全文を読む]

大使一時帰国は戦争一歩手前、国交断絶も辞さない怒りの表明

NEWSポストセブン / 2017年04月05日16時00分

近著に『世界同時 非常事態宣言』(渡邉哲也氏との共著・ビジネス社)、『中国不要論』(小学館新書)など、他著書多数。 ※SAPIO2017年5月号 [全文を読む]

朴槿恵だけじゃない!韓国歴代大統領、血塗られた末路の異常国家…軒並み自殺、死刑判決、懲役刑

Business Journal / 2017年03月31日09時00分

これに伴い5月9日に大統領選挙が行われる韓国について、経済評論家の渡邉哲也氏は以下のように語る。「韓国の大統領は、国民に直接選ばれる国家元首と行政府の首班を兼ねている点が最大の特徴であり、実はアメリカの大統領や日本の首相よりも絶大な権力を持つ存在だ。しかし、韓国が悲惨なのは、辞める=絶大な権力を失った大統領は逮捕や自殺、死刑などの末路をたどることである。 [全文を読む]

フォーカス