大島康徳のニュース

がん闘病の元日本ハム監督・大島康徳氏、18日の巨人戦ラジオ中継で解説復帰

スポーツ報知 / 2017年05月16日17時59分

プロ野球の日本ハム元監督でがん闘病中の大島康徳氏(66)が16日に自身のブログで、17日に仕事復帰、18日に解説者として球場に帰ってくることを報告した。 大島氏は17日に中日のファンクラブイベントに出演。そして18日にはNHKラジオ第1で巨人―ヤクルト(18時・東京ドーム)の解説を務めるという。 13日に更新していたブログでは「少しばかり長かったお休み期間 [全文を読む]

がん闘病の大島康徳氏、CTでの定期検査受診「体調は良好。早く仕事がしたい!」

スポニチアネックス / 2017年05月09日16時13分

元中日・日本ハムで活躍し、今年2月に「ステージ4」の大腸がんを告白した野球解説者の大島康徳氏(66)が9日、自身のブログでCTを使った定期検査を受診したことを報告した。 大島氏は今月5日のブログで発熱があり急きょ病院に通院、その後も鼻血が出るなど体調に不安があることを伝えていたが、7日には「大島、復活いたしました!」と体調回復を報告。この日には、今回の検査 [全文を読む]

元日ハム監督の大島康徳氏がステージ4の大腸ガン告白 「今まで通り、普段通り」

ベースボールキング / 2017年02月07日15時31分

元日本ハム監督で野球評論家の大島康徳氏が7日、自身のブログを更新し、ステージ4の大腸がんであることを公表した。 大島氏は「今まで通り、普段通り」というタイトルでブログを更新。 「実は大島、昨年10月下旬頃に 病気が発覚しました。 病名は大腸がん 肝臓に転移があり ステージは4です。 既に大腸の手術を終え 現在抗がん剤治療を行っております」 と自身の置かれて [全文を読む]

目が離せない!広島・新井貴浩の『通算安打数』

ベースボールキング / 2017年04月18日11時00分

【通算安打記録ランキング】 15位 2314本 榎本喜八 16位 2274本 高木守道 17位 2271本 山内一弘 18位 2228本 大杉勝男 19位 2204本 大島康徳 20位 2173本 若松 勉 21位 2167本 稲葉篤紀 22位 2157本 広瀬叔功 22位 2157本 秋山幸二 24位 2133本 宮本慎也 25位 2122本 清原和博 [全文を読む]

【書評】オレ流・落合を完全サポート。森繁和に学ぶ二番手の品格

まぐまぐニュース! / 2017年02月08日15時00分

1988年まで西武ライオンズの投手として活躍した森繁和氏は、翌年からライオンズ、その後大島康徳監督時代の日本ハム、森祇晶監督時代の横浜ベイスターズで15年間ずっと投手コーチを務めた。中日ドラゴンズの監督に就任する落合博満氏から直接オファーを受け、森繁和氏は2004年から中日ドラゴンズの投手コーチとなった。 落合監督が就任した当初、その采配に対して「オレ流 [全文を読む]

3人で四半世紀!? ホークスで繋がる「長期政権」のバトン

ベースボールキング / 2017年01月20日17時15分

▼ 2000年以降・各球団の監督の人数 <10人> オリックス(仰木彬、石毛宏典、レオン・リー、伊原春樹、仰木彬、中村勝広、テリー・コリンズ、大石大二郎、岡田彰布、森脇浩司、福良淳一) <8人> DeNA(権藤博、森祇晶、山下大輔、牛島和彦、大矢明彦、尾花高夫、中畑清、アレックス・ラミレス) <6人> 西武(東尾修、伊原春樹、伊東勤、渡辺久信、伊原春樹、 [全文を読む]

【プロ野球】DeNA・三浦大輔が”安打記録更新”でシーズン開幕

デイリーニュースオンライン / 2016年07月16日16時06分

三浦は大島康徳と並んで4位タイ。顔ぶれを見ればわかるとおり、投手としては2位の小山正明(21年連続)を引き離し、記録を更新した。 ■同日にパの最年長投手も登板! なお、この日は、パ・リーグの最年長投手のレイ(41歳・楽天)も西武ドームで先発。両リーグの最年長投手が、同時に先発するという、珍しい日となった。 じつは、レイと三浦が同じ日に投げたのは、この日が4 [全文を読む]

5千万円の驚愕の欠陥住宅!傾きで動悸、家中に水たまりカビだらけ、一晩中騒音

Business Journal / 2016年03月21日06時00分

地下の浴室でヒートショックを起こすほど寒い、人間が生活できるような家ではない」と言うのは、プロ野球解説者の大島康徳氏だ。 大島氏といえば、現役時代は中日ドラゴンズ、日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)で活躍し、現在はNHKのプロ野球解説を務めている。1983年にホームラン王のタイトルを獲得、現役通算2204安打を記録した、40~50代の元野 [全文を読む]

落合福嗣クンだけじゃない、名選手たちが輩出した“ドラ息子”たち

アサ芸プラス / 2015年06月27日17時59分

元日本ハム監督・大島康徳の息子、雅斗氏もかなりのツワモノ。25歳で芸人を目指しているという彼は現在、大阪にあるNSC(吉本興業の芸人養成学校)に在籍中。東京のNSCではなくあえて大阪に入学したのは「NMB48のメンバーと結婚するため」と真顔で語っているというのだから、名球会会員の父親があきれるのも無理はない。 一向に盛り上がらないプロ野球のオールスター戦 [全文を読む]

日本プロ野球名球会35周年記念誌 「球極~日本プロ野球の伝説を創った輝ける男たち~」発売

PR TIMES / 2014年07月29日17時22分

https://www.junkudo.co.jp/mj/store/event_detail.php?fair_id=6146【本誌概要】●タイトル日本プロ野球名球会35周年記念誌「球極 ~日本プロ野球の伝説を創った輝ける男たち~」●本誌内容・名プレイヤー列伝-63PLAYERS STORY-長嶋茂雄 野村克也 広瀬叔功 王 貞治張本 勳 高木守道 柴田 [全文を読む]

フォーカス