北村薫のニュース

読書で癒やされてみませんか。北村薫×森の図書室「本で旅する八月の六日間」開催!

PR TIMES / 2014年08月20日18時42分

角川書店 ブランドカンパニー株式会社KADOKAWAは8月24日(日)より8月29日(金)まで東京都渋谷区に7月にオープンした、本の貸出も行っているブックカフェ、森の図書室にて、特別企画<北村薫×森の図書室「本で旅する八月の六日間」>を開催します。直木賞作家にして幅広い読書家でもある北村薫さんの最新小説『八月の六日間』(2014年5月株式会社KADOKAW [全文を読む]

明光義塾主催 第3回「私のおすすめブックコンテスト」表彰式を開催 ~ 計8,868の応募作品から大賞4作品、審査委員長賞1作品を表彰 ~

DreamNews / 2014年10月29日17時30分

今年は、過去最多の応募となる計8,868通の応募をいただき、審査委員長の北村薫氏などによる厳正な審査の上、大賞4作品と審査員長賞1作品を表彰しました。大賞受賞者と北村薫氏との記念撮影 (10月26日 京王プラザホテルにて) <受賞者>小学校低学年の部 大賞ペンネーム:ばんりさん(小学2年生)「読んでびっくり!」書籍名:オスメスずかん 小学校高学年の部 大 [全文を読む]

三大ミステリ読み切り掲載!!火村英生シリーズ最新長編「狩人の悪夢」はいよいよ火村&アリス登場!「文芸カドカワ」6月号5月10日配信。

PR TIMES / 2016年05月10日16時46分

今月の目玉は、三大ミステリ読み切り!! 1.北村薫がおくるキュート&スイートな“日常の謎” 2.歌野晶午・極彩色の乱歩トリビュート 3.麻耶雄嵩の大人気“ももあおコンビ”誕生秘話。 さらに、火村英生シリーズ最新長編「狩人の悪夢」はいよいよ火村&アリス登場!!どうぞご期待ください。 [画像1: http://prtimes.jp/i/7006/2358/re [全文を読む]

第3回 私のおすすめブックコンテスト ~感動を友達に伝えよう~ 応募総数8,868作品から大賞作品決定! 10月26日(日)、表彰式を京王プラザホテル(新宿)にて開催いたします。

DreamNews / 2014年10月03日18時00分

<審査委員長>北村薫(きたむらかおる)1949年埼玉県生まれ。早稲田大学ではミステリ・クラブに所属。89年「覆面作家」 として『空飛ぶ馬』でデビュー。91年『夜の蝉』で日本推理作家協会賞を受賞。09年『鷺と雪』で直木三十五賞を受賞。著書に『スキップ』『飲めば都』『北村薫の創作表現講義』などがある。 <協力出版社>学研教育出版 ・ KADOKAWA ・ 講 [全文を読む]

北村薫・深緑野分・藤井太洋・山本弘・池澤春菜ら豪華ゲスト陣が「ビブリオバトル」で激突! 「東京創元社 新刊ラインナップ説明会」レポート

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月23日06時30分

また、北村薫と深緑野分の東京創元社からデビューしたふたりが、ミステリや小説について対談を行った。 【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ そして今回は特別に、北村薫、深緑野分、藤井太洋、山本弘、池澤春菜といった豪華ゲスト陣による「ビブリオバトル」を開催。ビブリオバトルとは、発表者がそれぞれ推薦したい本を持って集まり、5分間で紹介しあうコミュニケーション [全文を読む]

没後50年の江戸川乱歩 北村薫、横尾忠則各氏が傑作小説を厳選

NEWSポストセブン / 2015年04月26日16時00分

「その点で乱歩はまさに一流の人」と語るのは直木賞作家の北村薫氏(65)。「我々の時代は、少年探偵団はポプラ社版ではなく、(昭和30年代の)光文社版でないと」(北村氏)という筋金入りの愛読者だ。 ロックミュージシャンの大槻ケンヂ氏(49)は「虫」のクライマックスに震えた。 「乱歩作品の主人公は人とうまく接することができず社会で生きづらい人たちが多い。そうし [全文を読む]

【北村薫インタビュー】 人生疲れ気味のあなたに読んでほしい 深呼吸したくなるような山小説

ダ・ヴィンチニュース / 2014年06月10日07時20分

北村薫さんの新刊『八月の六日間』の主人公は、今まさにそうした時期にさしかかろうとしている、とある文芸誌の女性副編集長だ。「人生の端緒についたばかりの世代でも、リタイア世代とも違う。最も正面を向きながら生きていかねばならない時期が40歳前後の時期だと思います。職場やプライベートを問わず、これまでの経験値だけでは解決がつかないことも出てくるけれども、逃げはで [全文を読む]

米澤穂信が選ぶ10冊「日本という異界」

文春オンライン / 2017年06月07日18時00分

米澤穂信さんが選んだ10冊 『神州纐纈城』 国枝史郎 河出文庫 『赤朽葉家の伝説』 桜庭一樹 創元推理文庫 『紫苑物語』 石川淳 講談社文芸文庫 『魔都』 久生十蘭 創元推理文庫 『東亰異聞』 小野不由美 新潮文庫 『ニッポン硬貨の謎』 北村薫 創元推理文庫 『絹』 アレッサンドロ・バリッコ 白水Uブックス 『百万のマルコ』 柳広司 創元推理文庫 『安徳 [全文を読む]

深川麻衣「新鮮な気持ちで、1ヶ月間稽古してきたことを信じて楽しめたら」 主演舞台『スキップ』が開幕

GirlsNews / 2017年04月26日13時04分

本作は、第114回直木賞候補にもなった北村薫氏の小説を、演劇集団キャラメルボックスの成井氏が、2004年の初演以来13年ぶりに舞台化。昭和40年代はじめ、17歳の高校生・一ノ瀬真理子はうたた寝をして目覚めた時に、見知らぬ家の中にいた。そこへ同い年くらいの女の子が帰ってきて、真理子のことを「お母さん」と呼んだ。うたた寝をしている間に25年の月日が流れてしま [全文を読む]

作家・小谷野敦氏 2015年ベスト小説第1位は飯田章『破垣』

NEWSポストセブン / 2016年01月07日16時00分

第4位は北村薫『太宰治の辞書』。ミステリー作家である著者は純文学作家にならなかったのが不思議なほどの元文学青年で、本作は古典的文学作品の謎を探るミステリー小説。著者の文学的造詣が深く文学好きにはたまらないし、ヒロインの人物造形が魅力的だ。 第5位は伊藤朱里『名前も呼べない』。若い女性が幼少期に父親から受けたトラウマ、性的マイノリティなどをテーマにした作品 [全文を読む]

【プレスリリース】「演劇集団キャラメルボックス」の作品が【観劇三昧】で配信決定!

PR TIMES / 2015年12月12日11時51分

近年は、北村薫氏、梶尾真治氏、恩田陸氏、東野圭吾氏など、現代を代表する人気作家の小説を次々と舞台化。「原作の世界をうまく表現しつつ、それでいてキャラメルボックスらしさもある」と非常に高い評価を得ている。(公式HPより抜粋) [全文を読む]

DMM.comで「演劇集団キャラメルボックス」の公演映像配信開始!

PR TIMES / 2015年11月19日11時43分

近年は北村薫氏、梶尾真治氏、恩田陸氏、東野圭吾氏など現代を代表する人気作家の小説も積極的に舞台化している。 ■初回配信公演(11月19日現在) ・TRUTH(1999年版) ・クローズ・ユア・アイズ ・エトランゼ ・ブリザード・ミュージック(2001年版) ・アンフォゲッタブル ・四月になれば彼女は(2002年版) ・賢治島探検記(2002年版) ・サンタ [全文を読む]

DMM.comで「演劇集団キャラメルボックス」の公演映像配信開始!

デイリーニュースオンライン / 2015年11月19日11時00分

近年は北村薫氏、梶尾真治氏、恩田陸氏、東野圭吾氏など現代を代表する人気作家の小説も積極的に舞台化している。■初回配信公演(11月19日現在)・TRUTH(1999年版)・クローズ・ユア・アイズ・エトランゼ・ブリザード・ミュージック(2001年版)・アンフォゲッタブル・四月になれば彼女は(2002年版)・賢治島探検記(2002年版)・サンタクロースが歌ってく [全文を読む]

長崎訓子が描く、奇妙でカワイイ名作文学『MARBLE RAMBLE 名作文学漫画集』刊行

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月20日17時30分

<収録作品一覧>・向田邦子「鮒」(向田邦子『男どき女どき』新潮文庫 所収)・夏目漱石「変な音」(夏目漱石『文鳥・夢十夜』新潮文庫 所収)・梅崎春生「猫の話」(北村薫編『謎のギャラリー 愛の部屋』新潮文庫 所収)・佐藤春夫「蝗の大旅行」(『日本文学全集 佐藤春夫』筑摩書房 所収)・横光利一「頭ならびに腹」(『定本横光利一全集第1巻』河出書房新社 所収)・モー [全文を読む]

長崎訓子が描く、奇妙でカワイイ名作文学『marble ramble 名作文学漫画集』刊行のお知らせ

PR TIMES / 2015年08月18日12時02分

収録作品一覧:・向田邦子「鮒」(向田邦子「男どき女どき」新潮文庫 所収)・夏目漱石「変な音」(夏目漱石「文鳥・夢十夜」新潮文庫 所収)・梅崎春生「猫の話」(北村薫編「謎のギャラリー 愛の部屋」新潮文庫 所収)・佐藤春夫「蝗の大旅行」(「日本文学全集 佐藤春夫」筑摩書房 所収)・横光利一「頭ならびに腹」(「定本横光利一全集第1巻」河出書房新社 所収)・モーパ [全文を読む]

又吉直樹特集『ダ・ヴィンチ』史上初のバックナンバー緊急増刷決定!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月27日11時30分

上記以外の又吉直樹特集 ・インタビュー(綾野剛/北村薫/九龍ジョー/小藪千豊/白石一文/豊﨑由美/ねじめ正一/東野幸治/樋口毅宏/穂村弘) ・又吉直樹全作品紹介(『カキフライがないから来なかった』『まさかジープで来るとは』など) ・又吉直樹をテーマにしたショートショートを書きおろし(『魂の園』/田丸雅智) ・『芸人と俳人』刊行記念対談(又吉直樹×堀本裕樹 [全文を読む]

ピース又吉『火花』は120万部超…推薦本もアマゾン上位独占に出版業界が騒然

デイリーニュースオンライン / 2015年07月25日12時30分

「又吉は7月22日放送の『NEWS ZERO』(日本テレビ系)に出演した際、『夏休みに読んでほしい本』として、北村薫著『月の砂漠をさばさばと』(新潮社)、西加奈子著『漁港の肉子ちゃん』(幻冬舎)、町田康著『告白』(中央公論新社)の3冊を紹介したんです。すると翌日、その3冊が見事にamazonの書籍ランキングの2位、3位、4位に急上昇しました。当然1位は『 [全文を読む]

少しずつ感じる秋の気配 散歩に誘う文庫を紹介

ダ・ヴィンチニュース / 2014年09月12日11時50分

北村薫と繰り広げる怪異についての特別対談もおもしろい! ■『東京文芸散歩』 坂崎重盛 角川文庫 552円(税別) 森鷗外、江戸川乱歩、谷崎潤一郎、芥川龍之介、内田百閒、太宰治らが、そぞろ歩いたり、小説の舞台にした東京の町を紹介する文学散歩である。町を軸にし、著者自らその町を歩き解説し、各作家がつむいだ小説を浮かび上がらせる。文芸好きには堪らない文庫。名所、 [全文を読む]

「小説 野性時代」、新創刊10 周年で全面リニューアル!

PR TIMES / 2013年12月12日09時22分

「小説 野性時代」 2014年 1月号(新創刊10 周年記念 リニューアル特大号 ) 2013 年12 月12 日(木)発売 【価格】800 円(本体762 円+税) 【頁数】本文424 頁、特別付録文庫240 頁 【体裁】A5 判 【HP】 http://www.kadokawa.co.jp/yasei/ 特集 「物語の10 年」がテーマの特別対談-- [全文を読む]

あの物語の舞台は実在した!? 宮部みゆきが自ら手がける公式読本、新人物文庫より8月8日(木)より発売!

PR TIMES / 2013年08月06日16時24分

『泣き童子』が話題の「三島屋変調百物語」シリーズをはじめ、 「霊験お初捕物控」シリーズや『本所深川ふしぎ草紙』など、 宮部みゆきの物語の舞台を歩きながらその魅力を探る異色の怪談散策! 後半では、怪異の世界を縦横に語りつくす北村薫氏との特別対談に加え、 “今だから読んでほしい”小説4編を厳選。 ファン必携! 著者責任編集「宮部怪談」公式読本。 【基本情報】 [全文を読む]

フォーカス