大引啓次のニュース

【プロ野球】開幕スタメンは後半戦開幕に生き残れた? 開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較《セ・リーグ編》

デイリーニュースオンライン / 2016年08月02日17時05分

■ヤクルト ≪開幕オーダー≫ 1 中 上田剛史 2 三 川端慎吾 3 二 山田哲人 4 一 畠山和洋 5 右 雄平 6 左 坂口智隆 7 捕 中村悠平 8 遊 大引啓次 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 遊 大引啓次 ○ 2 中 坂口智隆 ○ 3 三 川端慎吾 ○ 4 二 山田哲人 ○ 5 右 雄平 ◎ 6 左 バレンティン 7 一 今浪隆博 8 捕 中村悠平 [全文を読む]

【プロ野球】セ球団のレギュラーが決まらないポジションを徹底解剖

デイリーニュースオンライン / 2016年04月18日16時04分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■ヤクルト ≪ファースト≫ 森岡良介 先発2 荒木貴裕 先発1 (畠山和洋 先発14) ≪ショート≫ 谷内亮太 先発6 西浦直亨 先発3 今浪隆博 先発3 (大引啓次 先発4) 開幕当初はバレンティンが出遅れ、レフト・坂口智隆、センター・上田剛史の布陣だったが、バレンティンの復帰でセンター [全文を読む]

野村氏、世界新を逃した楽天・則本に「リズムを崩し力みが出た」

ベースボールキング / 2017年06月15日21時15分

グリーンを三振に打ち取りこの日6つ目の三振を奪ったが、続く大引啓次のスクイズで同点に追いつかれた。 さらに6回は二死満塁から雄平に勝ち越しの2点タイムリーを浴びると、グリーンは暴投振り逃げで失点。この回3点を失った。8奪三振で迎えた7回も、坂口智隆にタイムリーを打たれるなど2失点。結局則本は、7回を投げ7安打8奪三振1四死球6失点で、今季2敗目を喫した。 [全文を読む]

圧倒的数字で“大エース”への進化を加速させる菊池雄星

ベースボールキング / 2017年06月09日14時00分

1点リードの3回、坂口智隆に同点タイムリーを喫し、続く4回には大引啓次に一時勝ち越しを許す痛恨のソロ本塁打を被弾。苦しい展開となったが、その後は5回、6回と三者凡退で切り抜けると、味方打線の逆転劇によって今季6勝目を挙げた。 花巻東高時代から全国的な注目を集めた逸材だけに、過去には期待値の高さから伸び悩みを指摘する声も聞かれたが、昨季は投球スタイルを一変し [全文を読む]

燕の1番大引&2番坂口が痛烈な恩返し打 金子に連打浴びせ二人で先制!

ベースボールキング / 2017年05月30日18時40分

◆ オリックス時代も1、2番コンビとして活躍 ヤクルトの大引啓次と坂口智隆が30日、かつての本拠地で痛烈な“恩返し連打”をマークした。 ヤクルトは初回、オリックス先発・金子に対し、1番大引が粘った末に二塁打を放ち先制機を演出。続く2番坂口は初球を叩くと、これが一、二塁間を破る先制適時打となった。 大引と坂口はオリックスでプロのキャリアをスタートさせ、それぞ [全文を読む]

谷繁氏がみた阪神・藤浪晋太郎

ベースボールキング / 2017年05月23日10時00分

藤浪は続く4回のマウンドにあがったが、大引啓次に四球を与えたところで降板。3回0/3を投げ、3安打4奪三振5四死球4失点という投球内容だった。 谷繁氏は「藤浪が抑えるときというのは、四死球を出した後、今日(20日)で言うと(3回の)雄平の場面。勝つときはここで抑えるんですよ。点を取られるときは、四死球の後にヒットがでるんですよ。単純なんです」と分析。さらに [全文を読む]

宮本和知氏、燕・中村の走塁を絶賛「スタートがよかった」

ベースボールキング / 2017年05月18日21時55分

0-0で迎えた3回、ヤクルトは先頭の7番・中村悠平が二塁打で出塁すると、続く大引啓次の右邪飛で二塁走者の中村が三塁へタッチアップ。一死三塁とすると、9番・石川雅規の三塁ゴロで、スタートを切っていた中村がホームへ生還した。 この走塁にニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める宮本和知氏は「中村選手のスタートがよかった。(石川の打球が)ちょっと三遊間より [全文を読む]

オールスターゲームのファン投票がスタート!【ノミネート選手一覧】

ベースボールキング / 2017年05月16日10時40分

◆ セ・リーグ【先発投手】九里亜蓮(広島)野村祐輔(広島)ジョンソン(広島)菅野智之(巨人)マイコラス(巨人)田口麗斗(巨人)石田健大(DeNA)井納翔一(DeNA)今永昇太(DeNA)能見篤史(阪神)藤浪晋太郎(阪神)メッセンジャー(阪神)石川雅規(ヤクルト)ブキャナン(ヤクルト)小川泰弘(ヤクルト)吉見一起(中日)大野雄大(中日)バルデス(中日)【中継 [全文を読む]

山本昌氏、広島・高橋樹に「私の2年目に比べたら何十倍もいい」

ベースボールキング / 2017年05月12日11時15分

高橋樹は1イニング目となった7回は、大引啓次、鵜久森淳志から三振を奪うなど無失点で切り抜けたが、2イニング目の8回に乱れた。この回先頭の坂口智隆にチェンジアップをライト前に運ばれる。 山本昌氏は、このチェンジアップに「もう少し速いと差し込まれるんですけど、チェンジアップとカーブのスピードが変わらないので、待たれると強いスイングをされてしまう。もうちょっと [全文を読む]

山本昌氏、6回の広島・福井に「ボールが抜け始めていた」

ベースボールキング / 2017年05月11日22時00分

先頭の大引啓次を中飛に打ち取るも、続く代打の榎本葵、1番の坂口智隆に連続四球。2番藤井亮太を三直に仕留めるも、三塁のペーニャが二塁へアウトを狙いに行った送球が悪送球となり一、三塁に。 ここで打席には、この打席の前まで3打数3安打の山田哲人を迎える。広島ベンチはこの場面、福井の続投を判断。この続投が結果的には裏目に出てしまう。山田にタイムリー、続く雄平に2点 [全文を読む]

【プロ野球】捕手の座は中村悠平ががっちりつかんだ、のだが、ヤクルト野手陣で予期せぬ争いが発生!?

デイリーニュースオンライン / 2017年04月22日16時05分

■起こらなかった遊撃手争い…… 昨シーズン後半、大引啓次に変わり、遊撃のポジションでのスタメン出場が多かった西浦直亨。2人は法政大の先輩・後輩の間柄でもあり、西浦は契約更改時に「若さで勝負したい」と笑顔でコメント。今シーズンは2人による遊撃のレギュラー争いが起き、「世代交代なるか」と注目されていた。 しかし、三塁の川端慎吾が椎間板ヘルニアで戦線離脱。西浦 [全文を読む]

【プロ野球】今季の真中采配はどうなる? 1番・山田哲人構想? ヤクルトの気になるところはここだ ~野手編~

デイリーニュースオンライン / 2017年01月14日16時05分

昨シーズンは大引啓次がスタメンで出場する機会が最も多かった。しかし、腰に爆弾を抱えており1年間のフル出場は難しい。昨シーズンも後半戦は西浦直亨にスタメンを譲っている。 今シーズンも正遊撃手の座は、法政大学の先輩後輩コンビでもある大引と西浦で争うことになるだろう。 しかし、大穴で廣岡大志に期待したい。昨シーズン、「永遠番長」こと三浦大輔の引退試合でデビュー戦 [全文を読む]

【プロ野球】「いじられ役」から「スベリ芸人」まで! ヤクルトが誇るユーティリティープレーヤーはこの選手だ!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月17日16時05分

谷内は大引啓次が離脱した4月上旬から遊撃を務め、ヒットを量産。打率5割を記録し、救世主となった。 しかし、4月下旬に死球を受け、左尺骨を骨折。わずか9試合のみのスタメン出場で無念の登録抹消に。全治3カ月の重症に、今季は絶望という噂も流れた。 故障が癒えた8月に1軍に復帰すると、畠山和洋不在の一塁に就く。その後は山田哲人が登録抹消されると二塁でスタメン出場。 [全文を読む]

【プロ野球】試合を締めるのは投手だけじゃない! “守備のクローザー” 飯山裕志(日本ハム)の安定感

デイリーニュースオンライン / 2016年09月24日16時05分

その結果、大引啓次(ヤクルト)や小谷野栄一(オリックス)など、試合の出場機会を求めてチームを去る選手も多くいる。 そんなチーム方針のもとで、飯山の存在は極めて稀有だ。どうしても目立たない役割ではあるが、「実は奇跡的な守備」を一度は確認してみてほしい。 文=サトウタカシ (さとう・たかし) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】「とりあえず生中!」の前に、ヤクルトの合言葉「とりあえず◯◯!」を3つ紹介!

デイリーニュースオンライン / 2016年09月03日16時05分

【FA加入した選手】 成瀬善久(横浜) 大引啓次(浪速) 【トレードで加入した選手】 近藤一樹(日大三) 今浪隆博(平安) 新垣渚(沖縄水産) 山中浩史(必由館) 田中雅彦(PL学園) 【戦力外/自由契約となり加入した選手】 鵜久森淳志(済美) 坂口智隆(神戸国際大付) 井野卓(前橋工) 森岡良介(明徳義塾) ここまでなら偶然だと思うかもしれない。プロ野 [全文を読む]

【プロ野球】意外な発見!? 甲子園経験者がセ・リーグの開幕オーダーにどれだけいたのか調べてみた

デイリーニュースオンライン / 2016年08月28日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■ヤクルト:9人 (中)◎上田剛史(関西) (三)◎川端慎吾(市和歌山) (二)◎山田哲人(履正社) (一)◎畠山和洋(専大北上) (右)◎雄平(東北) (左)◎坂口智隆(神戸国際大付) (捕)◎中村悠平(福井商) (遊)◎大引啓次(浪速) (投)◎小川泰弘(成章) (※◎は甲子園出場経験 [全文を読む]

【プロ野球】人生で大切なことはヤクルトの本拠地・神宮球場で教わった

デイリーニュースオンライン / 2016年08月13日22時30分

■仲間のピンチに手を差し伸べることの大切さ 大引啓次(ヤクルト)は常にマウンドにいるといっても過言ではない。 味方投手が四球を出したとき、連打を許したとき、率先して声を掛けに行くのは常に大引だ。大引は初回でも必要とあればマウンドに行く。1人でマウンドに行くことも珍しくない。 若い投手がベテラン打者に死球を与え睨まれているときにも、大引はマウンドに行き声を [全文を読む]

オールスターゲーム2016応援の人気レースでも大谷が圧勝!!

@Press / 2016年07月19日11時00分

プロ野球オールスターゲーム2016選手応援ランキング集計・文:非公認団体 日本プロ野球応援協会<第1戦 選手応援ランキング(セ・リーグ)>1位 菅野智之(巨人) 獲得応援ポイント 1,6172位 中埼翔太(広島) 獲得応援ポイント 1,4903位 藤浪晋太郎(阪神) 獲得応援ポイント 1,0594位 W.バレンティン(ヤクルト) 獲得応援ポイント 6095 [全文を読む]

【プロ野球】さすが育成のハム!日ハムから他球団に渡った選手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年05月20日16時04分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■日本ハムからドラフト指名を受け、後にトレードで移籍した主な現役選手 糸井嘉男(2003年:自由獲得枠) 2013年、木佐貫洋、大引啓次、赤田将吾とのトレードで、八木智哉とともにオリックスへ移籍。今季成績は38試合/打率.278/5本塁打/26打点。 今成亮太(2005年:高校生ドラフト4 [全文を読む]

【プロ野球】セ6球団の”ユーティリティープレーヤー”に注目!

デイリーニュースオンライン / 2016年05月10日16時04分

今季は大引啓次の離脱時はショート、畠山和洋離脱後はファーストの穴を埋めている。昨季は打率.317(123-39)をマーク。代打としても存在感を示す、ユーティリティーを体現した選手だ。 ■巨人 吉川大幾(内野手・23歳) 18試合/打率.091(11-3) 0本塁打/1打点/0盗塁 【今季守備位置】 セカンド:1試合 サード:11試合 ショート:5試合 選手 [全文を読む]

フォーカス