紀平梨花のニュース

グランプリファイナル開幕!ジュニア女子は好調の坂本花織に優勝のチャンスが!

Walkerplus / 2016年12月08日20時13分

■ ジャンプに苦労した紀平梨花。氷の感触を掴めるかがカギ 一方、紀平梨花はジャンプの安定感を欠いた印象だ。元来彼女は氷のコンディションを気にするタイプで、柔らかい氷は苦手だという。マルセイユの仮設リンクの氷は非常に柔らかく、ジャンプの踏み切りの感触をまだつかめていないようだった。試合本番までに体得できるかがカギとなりそうだ。 また、本田真凜は朝の公式練習 [全文を読む]

フィギュアスケート・近畿ブロック大会レポート3 【ジュニア女子・前編】

Walkerplus / 2016年10月28日18時19分

紀平梨花JGPスロベニア大会でのトリプルアクセル成功、そして見事な優勝は記憶に新しい。その紀平梨花の帰国初戦ということで多数のメディアが詰めかけた。ただそのメディアの思惑はまた別のところにあった。紀平選手が3アクセル+3トウループへの挑戦の可能性を仄めかしていたため、それを期待しての取材が多かったようだ。演技後の取材でも、各社から3アクセル+3トウループに [全文を読む]

“ポスト浅田真央”紀平梨花 母は3時起床、仕事辞め自宅売却

WEB女性自身 / 2016年10月13日06時00分

(写真・AFLO)9月下旬の女子フィギュアジュニアグランプリシリーズ第5戦スロベニア大会で、女子史上7人目となるトリプルアクセル成功を成し遂げた紀平梨花(14)。 ポスト浅田真央 の呼び声も高い彼女、いったいどのように育ったのだろうか――。 「いつも子どもたちのことを第一に優先する。そんなご両親ですよ」と語るのは、紀平を幼少期から知る女性。中学1年生だった [全文を読む]

フィギュアスケート 今季期待のジュニア女子選手【後編】

Walkerplus / 2016年09月09日20時14分

■ 「トリプルアクセルの確率を上げたい」紀平梨花トリプルアクセルへの挑戦が報道され、一躍注目を集める存在となった紀平梨花。その期待がプレッシャーになっていないかと案ずるのだが、本人は「注目されることは特にプレッシャーではありません。自分にできる限りのことをやるだけです」と意に介さない様子だ。今季、トリプルアクセルはフリー演技の冒頭で挑戦する。「成功するかど [全文を読む]

浅田真央の代名詞「トリプルアクセル」を跳ぶ日本人女子選手がまた現れた!

アサ芸プラス / 2017年03月14日17時59分

昨年、日本の紀平梨花選手がジュニアグランプリシリーズのスロベニア大会で成功させて話題になったが、新たにトリプルアクセルを跳べる選手が、日本人のなかから現れたという。「その選手は、宮原知子選手と同じ濱田美栄・田村岳斗両コーチのもとで指導を受けている大学生、細田采花選手です。田村コーチが3月7日のブログで細田の跳ぶ映像に『トリプルアクセル跳べちゃいました』と披 [全文を読む]

本田真凜、大舞台でインフルエンザ棄権、全日本選手権でリベンジなるか!?

アサジョ / 2016年12月16日10時14分

本田真凜選手、坂本花織選手、紀平梨花選手の3人が日本から参加したのだが、本田選手が試合前にインフルエンザにかかり無念の棄権となった。「男子は残念ながら今大会は出場できませんでしたが、女子は3人がエントリー。誰もが表彰台のチャンスがあると注目が集まり、テレビ放映もされるなど盛り上がっていただけに、残念でしたね」(スポーツライター) 大会は坂本選手が3位を獲得 [全文を読む]

低迷する女子フィギュアを救う「新女帝」の熱血指導

WEB女性自身 / 2016年12月02日06時00分

「ジュニアGPファイナルに3人の日本勢が出場しますが、そのうち、本田真凜(15)、紀平梨花(14)のコーチを務めるのが濱田美栄氏(57)。宮原も師事しており、日本復活の切り札的存在といわれている」(フィギュア関係者) そんな、濱田コーチの指導法は? 「基礎を徹底して厳しく教える。ただ、『できるまでやらせる』のではなく、モチベーションを刺激するのがうまい。 [全文を読む]

フィギュアスケート・全日本ノービスで見つけた未来のスター候補達 【ノービスA女子】

Walkerplus / 2016年11月16日20時04分

今年、トリプルアクセルを成功させて一躍トップ選手の仲間入りを果たした紀平梨花も、わずか1年前にはこのノービスクラスで戦っていたのだ。今年の大会においても、数年先には必ず世界の舞台で戦うことになるだろう、才能溢れる選手を多数見出すことが出来た。■ この夏、最も急成長を見せたホープ 住吉りをんまずはノービスAクラス女子をご紹介したい。大会直前の展望記事でも伝え [全文を読む]

フィギュアスケート・近畿ブロック大会レポート1 【ノービスA男子、ノービスA女子】

Walkerplus / 2016年10月22日18時33分

ジュニアグランプリにおいてトリプルアクセルを成功させた紀平梨花の帰国後初戦であり、また本田真凜、坂本花織、岩元こころといった強豪が一堂に会する機会となり、ブロック大会にもかかわらず多数のメディアが取材に詰めかけたほどだ。シニアではグランプリシリーズ出場を控えた三原舞依が出場。その他、本田4兄妹が全員揃って出場したことなど話題に事欠かず、今季の6つのブロック [全文を読む]

フィギュアスケート・中部ブロック大会レポート2 【ジュニア女子】

Walkerplus / 2016年10月22日18時28分

紀平梨花選手も成功しました。これからトリプルアクセルを入れてくる選手も増えるはず。それに置いて行かれないように、との思いで挑戦しています」 ただ、2試合とも現地で観戦したが、彼女のトリプルアクセルは現段階では回転が足りない、完成度の低いものだった。加えてトリプルアクセルへの挑戦により、他のエレメンツにも影響が生じてしまい、全体の出来栄えが落ちてしまっている [全文を読む]

フィギュアスケート・東京ブロック大会レポート1 【シニア女子、シニア男子】

Walkerplus / 2016年10月19日16時55分

前日の深夜に紀平梨花のトリプルアクセル成功のニュースが飛び込んだこの日、当然、樋口新葉にもトリプルアクセル挑戦についての質問が飛んだが、「まずは自分の演技に集中したい。今季、特に難しい技に挑戦する予定はありません」と冷静な姿勢を崩さなかった。今季の一番の目標は世界選手権出場だという。性急な調整がたたり、順調さを欠いた昨シーズンを教訓に、慎重に戦略を立ててい [全文を読む]

「ポスト浅田真央」紀平梨花が成功させたトリプルアクセル以上の快挙とは?

アサジョ / 2016年10月06日17時59分

9月21日~24日にスロベニアで開かれたフィギュアスケートのジュニアGPシリーズ「リュブリャナ杯」で、トリプルアクセルを決めた紀平梨花選手。今後の日本フィギュア界を支える1人として、注目度が急上昇している。「公式の大会でトリプルアクセルを跳んだ女子は史上7人目。日本人でも伊藤みどり、中野友加里、浅田真央の3人しか跳んでいないため、現地では紀平の快挙がたびた [全文を読む]

ポスト浅田真央はこのコで決まり!?「トリプルアクセル5回成功」の超新星が出現

アサジョ / 2016年08月08日17時59分

14歳になったばかりの紀平梨花選手だ。「全日本ジュニアの強化合宿は毎年夏に中京大学で行われるのですが、紀平は公開練習でトリプルアクセルを5回も決めてみせたのです。浅田真央選手の得意技で知られるトリプルアクセルですが、女子では浅田を含めてこれまでに6人しか成し遂げた選手のいない大技です。それを軽々と5回も跳ぶだけでなく、トリプルアクセルに3回転トゥーループを [全文を読む]

全日本ジュニア展望、スター候補の若手スケーターが続々!

Walkerplus / 2015年11月22日13時16分

紀平梨花全日本ノービス最終滑走の見事な演技で優勝を飾った。練習ではトリプルアクセルに挑戦するなど、素質の高さは以前から定評のある選手だが、試合ではミスが目立った。それがこの日はノーミス。「エレメンツをすべて入れて、プログラムを通して練習することを繰り返しました。練習でのノーミスの確率が上がってきたことが、試合につながったんだと思います」。特にトリプルル [全文を読む]

フォーカス