島津斉彬のニュース

滋賀県春の風物詩 第47回『草津宿場まつり』を4月26日開催 絢爛豪華な“時代行列”に参加して街道を行脚する参加者を募集! ~ 2015年のテーマは“新たなる時の出逢い” ~

@Press / 2015年02月02日12時00分

※ 和宮・篤姫・幾島・島津斉彬・徳川家定役を希望される人は3月8日(日)の選考会にも参加する必要があります。<定員>・和宮役☆ : 1人(中学生以上の10代・女性)・篤姫役☆ : 1人(20代以上・女性)・幾島役☆ : 1人(30代以上・女性)・御小姓役 : 5人(中学生以上の10代・女性)・公家・腰元役 :20人(20代~30代・女性)・上臈・中臈役 : [全文を読む]

滋賀『第46回草津宿場まつり』が参加者を大募集(4月27日開催) 絢爛豪華な“江戸時代コスプレ”をして春の街道を行脚するチャンス!

@Press / 2014年01月29日13時00分

※和宮・篤姫・幾島・島津斉彬役を希望される人は3月9日(日)の選考会にも参加する必要があります。定員:・和宮役☆ 1人(中学生以上の10代 女性)・篤姫役☆ 1人(20代以上 女性)・幾島役☆ 1人(30代以上 女性)・御小姓役 5人(中学生以上の10代 女性)・公家・腰元役 20人(20代~30代 女性)・上臈・中臈役 25人(40代~ 女性)・島津斉彬 [全文を読む]

電子書籍『西郷隆盛』(1~8巻)がKindleストアにて配信開始!! 維新の巨星・西郷隆盛を歴史漫画の巨人・横山まさみちが描く! 西郷隆盛、坂本龍馬、大久保利通ら、明治維新を彩った英雄たちが鮮烈な筆致でよみがえる。

@Press / 2014年01月21日13時45分

<書籍概要1>■『西郷隆盛』(1巻)著者:横山まさみち価格:100円◆Kindleストアリンク: http://amzn.to/1msey6F<内容紹介>明治維新を描いた名作コミック! 薩摩藩の小役人として藩の窮乏を目の当たりにし、領民たちの苦悩を救うべく、星雲の志を抱いた西郷は藩の世継・島津斉彬の英明さに昏倒していく。しかし藩内には斉彬の弟・久光を擁立す [全文を読む]

第45回 草津宿場まつり 参加者大募集!~4月28日(日)は「宿場町・草津」でタイムスリップ体験~

@Press / 2013年02月05日10時30分

※和宮・篤姫・幾島・島津斉彬役を希望される人は、3月10日(日)の選考会にも参加できる人。■定員和宮役 (選考会対象) : 1人(中学生以上の10代 女性)篤姫役 (選考会対象) : 1人(20代以上 女性)幾島役 (選考会対象) : 1人(30代以上 女性)御小姓役 : 5人(中学生以上の10代 女性)公家・腰元役 :20人(20代~30代 女性)上臈・ [全文を読む]

シンプル&モダンすぎる! 幕末四賢侯の一人・松平春嶽を祀る福井神社が独特

ガジェット通信 / 2017年05月29日14時00分

第16代越前福井藩主で幕府の政事総裁職を務め、島津斉彬・山内豊信・伊達宗城と並び幕末四賢侯と称された松平春嶽公(1828-1890)。福井神社は春嶽公を祀るために1943年に別格官幣社として創建されました。しかし、1945年7月の戦災のためわずか2年で焼失してしまいました。 その後、1957年に再建。その際に福井大学工学部の設計が再建したのですが、コンク [全文を読む]

渡辺謙、大魚を逃した?

NewsCafe / 2017年05月27日15時24分

CMは放送打ち切りだし…」 デスク「来年のNHK大河『西郷(せご)どん』で、主要キャストである幕末の薩摩藩を支えた島津斉彬(なりあきら)役で出るって言われてたのに、それがパーになりかかってるっていうじゃないか」 記者「NHKはもちろん起用したいのですが、渡辺のほうがそのタイミングで再び不倫問題に火がつけられるのを嫌い、自ら降板を願い出ているとの報道も出てい [全文を読む]

不倫報道を釈明しない“ハリウッド俳優”渡辺謙、決まっていた「大仕事」を降板か!?

日刊サイゾー / 2017年05月25日11時00分

同作の原作者である林真理子さんがインタビュー記事で『島津斉彬は渡辺謙さんが理想』とラブコール。もともとこのドラマは、堤真一が主演を務めるはずだったが土壇場で鈴木に代わった経緯があり、もしかしたら渡辺も発表前に降板してしまうかも」(NHK関係者) 南との夫婦の絆をアピールしていた渡辺だけに、不倫報道のダメージはあまりにも大きすぎたようだ。 [全文を読む]

【ボクらの維新通信社 連載】東京都写真美術館で幕末から明治の貴重な写真展を開催中!

Walkerplus / 2017年04月26日19時52分

ペリー来航の現場となった浦賀の港、薩摩藩を維新の原動力に育てた名君・島津斉彬撮影と伝わる鶴丸城の藩主居館、横浜港に集結する英国艦隊など、CGじゃない“ホンモノの風景”から幕末の息吹を感じてほしい。 こうした貴重な写真には、専門書を開いたり各地の資料館に足を運ばないと出会えないし、大学や研究機関の所蔵品となると一般的に見る機会が少ない。それらが一堂に集まると [全文を読む]

「西郷どん」鈴木亮平が沢村一樹のプレッシャーにたじたじ!

Smartザテレビジョン / 2017年04月12日14時44分

「西郷どん」は、鈴木演じる西郷隆盛(吉之助)が、生涯の師・島津斉彬と出会い、波瀾万丈の生涯の中、比類なき革命家へと成長していく姿を描く。 大河ドラマ初出演の北川は、のちの篤姫、於一(おいち)を演じる。国の命運を懸けて、13代将軍・徳川家定の元に嫁ぐが、婚儀をまとめるべく動く西郷との間には、淡い恋も描かれるという。 NHKドラマに出演するのも初めてという北 [全文を読む]

「西郷どん」鈴木亮平 瑛太は“意識する同世代俳優” 大久保役を熱烈歓迎!

Smartザテレビジョン / 2017年03月27日14時13分

貧しい下級武士の家に育った西郷吉之助(のちに隆盛)は、生涯の師・島津斉彬に見いだされ、成長。3度の結婚や2度の島流しを経て、唯一無二の“革命家”へと覚醒していく。 会見では、吉之助の盟友でありライバルの大久保一蔵(のちに利通)を瑛太、同作のヒロインで吉之助の3人目の妻となる糸を黒木、吉之助の妹・琴を桜庭が演じることなどが発表された。 鈴木は、なかでも瑛太 [全文を読む]

鈴木亮平が'18年大河主演 西郷役で裸身も!?

Smartザテレビジョン / 2016年11月02日11時40分

貧しい下級武士の家に生まれながら、困った人を見ると放っておけない男は、薩摩藩主・島津斉彬に認められ、薩摩のキーパーソンへと成長。やがて、勝海舟や坂本竜馬といった盟友と出会い、“革命家”として覚醒していく。 登壇した鈴木は、「実在の人物を1年かけて演じる、俳優としてこれ以上ない仕事。中園さんが脚本を担当された連続テレビ小説『花子とアン』('14年、NHK総 [全文を読む]

2018年大河ドラマ「西郷どん!」に期待の声続々!「女2人の視点で描く西郷どんはどんな風になるんだろう!?」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月17日15時00分

そんな真っすぐで熱い西郷に、薩摩藩主の島津斉彬(しまづなりあきら)が目を留めた。西郷も「民の幸せこそが国を富ませ強くする」と主張する斉彬に魅了され、斉彬の指示に従い江戸や京を駆け回る――。 三度の結婚、二度の島流しなど、波乱万丈な生涯を送りながらも明治維新を成し遂げるという大仕事を達成した西郷の魅力を描いた同作。読者からは「これを読んで西郷隆盛のファンにな [全文を読む]

桜島を借景する薩摩の大庭園「仙巌園」で歴史を体感する

IGNITE / 2016年09月17日10時00分

ヨーロッパの文化をいち早く取り入れた28代藩主・島津斉彬によって、日本にはなかった「反射炉」や「機械工場」なども造られ、これらは昨年「明治日本の産業革命遺産」として世界文化遺産に指定された。 そんな他の庭園とは様相の違った仙巌園だが、関ヶ原の合戦で良く知られている島津義弘の孫、19代藩主の光久によって島津家の別邸として作られたのが始まりだ。 大きな石灯籠 [全文を読む]

'18年大河は「西郷どん」中園ミホが脚本

Smartザテレビジョン / 2016年09月08日18時35分

貧しい下級武士の家に生まれながら、困った人を見ると放っておけない男は、薩摩藩主・島津斉彬に認められ、薩摩のキーパーソンへと成長。やがて、勝海舟や坂本竜馬といった盟友と出会い、“革命家”として覚醒していく。 林は「以前、最後の将軍・徳川慶喜とその妻・美賀子を描いたときに、幕末の複雑さにつくづく苦労しました。しかし、それゆえに歴史の主役たちにすっかり魅了され [全文を読む]

今日は何の日 6月1日は「写真の日」/INSIGHT NOW! 編集部

INSIGHT NOW! / 2016年06月01日06時50分

もともと意図していた日本人がはじめて写真撮影をした日は、1857(安政4)年9月17日で、薩摩藩士の市来四郎、宇宿彦右衛門らが藩主島津斉彬を撮影したものだそうです。このことが判明してからも、日付を変更することなく6月1日のまま「写真の日」は続いています。(日本写真協会6月1日「写真の日」について)1857年に島津公を写したのはダゲレオタイプ、いわゆる「銀板 [全文を読む]

100年前に撮影された“手彩”カラー写真! 明治時代の鮮やかなNIPPONが美しすぎる!!

tocana / 2016年05月15日13時00分

■文化と伝統 日本初の写真は、1856年に撮影された島津斉彬の肖像だといわれている。当時はフラッシュやその前身であるマグネシム粉を使った閃光もなく、数分に渡って被写体が動かないように後ろから頭部を固定する装置などを用いることが多かった。かの有名な坂本龍馬のポートレイトにて隣に台があるのも、体が動かないようにする意味があったのだ。 今のように気軽にスナップ [全文を読む]

【川奈まり子の実話系怪談コラム】堀田坂今昔【第三十八夜】

しらべぇ / 2016年04月13日19時00分

開明派というのは幕末に現れた合理的・近代的な思想の持主のことで、代表的人物は島津斉彬、勝海舟。保守的な思考を嫌い、新時代を切り拓こうという人々なわけで、我もその一員なりと自負する正睦は、下屋敷が近隣で「猫屋敷」と呼ばれて恐れられているという事実を知って激怒した。開明派の老中首座の屋敷に、祟ると評判の古猫祠や妖しい猫の大群が棲んでいるのは、どうしたって看過で [全文を読む]

「こんにちは」と「お母さん」は同じ語源だった。意外な日本語のルーツ

まぐまぐニュース! / 2016年01月18日19時00分

幕末に日本船の船印を決める際、幕府の役人は源氏の旗印である中黒(白地に黒の横一文字)を押したが、薩摩藩主・島津斉彬は日の丸を提案した。斉彬は鹿児島湾の桜島に上がる朝日を見て、こう言ったそうだ。 あのさわやかな輝き出ずる大陽の光を以て、鎖国の夢を覚まさなければならぬ。日本の将来は古代から日本人がいのちの恩として愛してきたかがやく太陽のようでなければならぬ・ [全文を読む]

遺体確認の決め手は肥大化した陰嚢!? 糖尿病にも苦しんだ西郷隆盛の最期

ヘルスプレス / 2015年09月24日21時02分

16歳で年貢の徴収などに携わる郡方書役助(こうりかたかきやくたすけ)に着任すると、郡奉行の迫田利済(さこたとしなり)の「国の根本は農民」という信条に感銘を受け、薩摩藩主・島津斉彬に重用される。 斉彬が急死すると、殉死を覚悟するが、清水寺住職・月照(げっしょう)に説得され、斉彬の遺志を継ぐことを決意。安政の大獄で月照の身に危険が迫り、月照が追放を命じられる [全文を読む]

6月1日は、大切な人に「ありがとう」を伝える日。写真館で撮影した写真に、普段はなかなか伝えられない感謝の言葉を添えて送るイベントを写真館グループPGCがプロデュースします。

DreamNews / 2015年05月11日13時00分

幕末のころ、薩摩藩主の島津斉彬を撮影したのが、日本の写真の起源と言われています(諸説あり)。 この「写真の日」に合わせて、プロが撮影した写真に、普段はなかなか伝えらえない感謝の言葉を添えて送るイベントが4月15日から受付をスタートし、行われています。 この企画の中心となっているのが、若い写真館経営者を中心に組織されたPGC(ピージーシー・パイオニア・グリー [全文を読む]

フォーカス