林羅山のニュース

平時武士道としての朱子学/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2016年07月08日06時00分

家康が二千石で取り立てようとしたが、1605年、弟子の林羅山(1583~1657、22歳)を推挙し、自分は京都の北、市原の庵に引っ込んでしまった。 どこぞの浪人の息子、林羅山。行きがかり上、引き取るには引き取ったが、家康としては始末に困った。学識はあっても愛想は無く、こんなやつ、いまさら小姓にしても、というところ。おまけに、イエズス会の修道士が伝えた最新の [全文を読む]

白鷺伝説が残る岐阜県・下呂の温泉街で、ノスタルジックな街歩きを楽しもう

GOTRIP! / 2017年06月08日11時30分

白鷺橋の上に立っているのが、江戸時代に徳川家に仕えた儒学者、林羅山。 彼が、下呂温泉を「天下の三名泉」と紹介したことで、下呂温泉はさらにその名を広く知られることになったのです。 そして、林羅山の像のほど近くに立っているのが、喜劇王チャップリンの等身大像。 観光客が映画について語らいながら散策できるような「映画通り」を目指す事業の一環として設置されたもので、 [全文を読む]

日本はなぜいち早く近代国家の仲間入りができたのか?「神話」の秘密は江戸時代にあった!―中国メディア

Record China / 2016年09月17日13時40分

記事は、「家康は抜群の見識の高さと学問への崇拝心を持っていた」とし、家康に大きな影響を与えた京都の儒学者・藤原惺窩が林羅山など傑出した学者を輩出、その林羅山が江戸幕府の文教事業において重要な役割を担ったと指摘した。 江戸時代には、幕府の指導の下、全国で藩士の子弟を教育するための「藩校」が設立され、明治維新前にはその数は800カ所を超えた。学習内容や規模はま [全文を読む]

カギは硫黄泉と含鉄泉…李家幽竹さん厳選「金運アップの温泉5」

WEB女性自身 / 2016年11月09日17時00分

【有馬温泉】兵庫県神戸市北区・含鉄泉日本三古湯の1つで、林羅山や『枕草子』で日本三名泉にも数えられる屈指の温泉。天下統一した豊臣秀吉が愛した温泉としても知られ、現在も300メートルまでの浅い場所から採湯をしている。9つある泉質主成分のうち、含鉄泉をはじめ7つの成分が含まれている湯は世界的にも珍しい。 ※ご紹介した温泉には「硫黄泉」「含鉄泉」が含まれていま [全文を読む]

京都の魔窟:朱子学から古学へ/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2016年07月22日06時00分

1644年、博覧強記で知られる朱子学者、林羅山は『官営諸家系図伝』を作り、その洗い直しを幕府に報告。だが、これには、肝心の大物、日本の中心の一族の系図が欠けていた。家光は、羅山に日本通史の編纂を命じる。羅山は体調不良ながら神武から宇多まで紀伝体でどうにかまとめるも、51年の家光の死没で中断。おまけに57年正月の明暦大火で林家資料も消失、羅山も意気消沈し数日 [全文を読む]

惟政と徳川家康の会談が舞台に!演劇「二人の英雄」2月19日に韓国で開演

スポーツソウルメディアジャパン / 2016年01月26日15時52分

日本で朱子学を起こした朝鮮の姜沆と、その弟子である藤原惺窩(1561~1619)、林羅山(1583~1657)の面貌も知らされる(第9章)。帰国する途中に、富士山、琵琶湖、大阪城、博多、熊本城、名護屋城、廣澤寺、厳原に寄り、釜山に戻る。熊本城で加藤清正と再会し、彼の案内で戦争の出陣地だった佐賀県名護屋城の内部を視察する(第12章、第13章)。廣澤寺では、僧 [全文を読む]

“今年も下呂温泉に日本一の朝ご飯の称号を持ち帰ります!”下呂温泉宿「小川屋」『朝ごはんフェスティバル(R)2014』頂上決戦に進出

@Press / 2014年07月23日09時30分

■参考URL 楽天トラベル『朝ごはんフェスティバル2014』特設ページ http://travel.rakuten.co.jp/special/asafesta/index.html 【「小川屋」について】 林羅山が「日本3名泉」と評しました「下呂温泉」の中心に佇む、1949年創業の旅館です。客室全96室、総宿泊人員478名、大規模宴会場を始め会議室やラ [全文を読む]

2連覇を目指し、和のおもてなしと医食同源を用いた新メニューで『朝ごはんフェスティバル(R)2014』に挑戦!

@Press / 2014年05月13日09時30分

http://www.atpress.ne.jp/releases/46248/att_46248_1.pdf http://www.atpress.ne.jp/releases/46248/att_46248_2.pdf 【「小川屋」について】 林羅山が「日本3名泉」と評しました「下呂温泉」の中心に佇む、1949年創業の旅館です。客室全96室、総宿泊人 [全文を読む]

楽天トラベル主催『朝ごはんフェスティバル(R)2013』にて全国800以上の施設の中で1位獲得!

@Press / 2013年09月18日11時00分

・『朝ごはんフェスティバル(R)2013』概要: http://www.atpress.ne.jp/releases/38824/B_6.pdf ・「小川屋」概要 http://www.atpress.ne.jp/releases/38824/C_7.pdf ■「小川屋」について 林羅山が「日本3名泉」と評しました「下呂温泉」の中心に佇む、1949年創業 [全文を読む]

江戸の「ガーデニング」は世界一! 時代小説から見る、花のお江戸の百花繚乱

ダ・ヴィンチニュース / 2013年07月31日11時30分

これを徳川家康のブレーンであった儒学者の林羅山が、自著『多識篇』中で一部を訳したことなどから本草学研究が盛んとなったようだ。また江戸時代には植木鉢も普及し、庶民が庭先で草花を育てる文化も発達。庭がなくてもOKというのは、画期的なことであったのだ。 そんな江戸・向島で種苗屋「なずな屋」を営む、花師の新次とおりんの若夫婦が主人公の時代小説『花競べ 向嶋なずな屋 [全文を読む]

下呂温泉宿「小川屋」、赤ちゃん連れ旅行をサポートする新プラン『赤ちゃん温泉デビュー パパママ応援手ぶら旅行』販売開始!

@Press / 2013年07月09日11時00分

■「小川屋」について 林羅山が「日本3名泉」と評しました「下呂温泉」の中心に佇む、1949年創業の旅館です。客室全96室、総宿泊人員478名、大規模宴会場を始め会議室やラウンジなどを備え、下呂温泉を代表する旅館のひとつと言われております。 ■施設概要 施設名 : 『和みの畳風呂物語の宿 小川屋』 所在地 : 岐阜県下呂市湯之島570番地 客室数 : 96 [全文を読む]

フォーカス