冨樫義博のニュース

【HUNTER×HUNTER】漫画家・冨樫義博作品の知られざる極秘情報12選【幽☆遊☆白書】

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年12月28日06時00分

冨樫義博さんといえば、「HUNTER×HUNTER」(ハンターハンター)や「幽☆遊☆白書」などの代表作で知られる人気漫画家です。細かく作り込まれたストーリーや設定は他の漫画家の作品とは一線を画していて、幅広い世代から人気を集めている漫画家だといえるでしょう。 冨樫義博作品の秘密を大公開! 今回はそんな冨樫義博さんによる漫画作品や、冨樫義博さんにまつわる知ら [全文を読む]

冨樫義博『HUNTER×HUNTER』復活! ストーリーと“休載歴”をおさらいしておこう!

おたぽる / 2017年05月31日21時00分

マンガ家なのに、マンガを連載するだけでニュースとなってしまい、油断しているとYahoo!トップニュースにまで取り上げられてしまうことでお馴染みの冨樫義博が、人気マンガ『HUNTER×HUNTER』の連載を6月26日発売の「週刊少年ジャンプ」30号より再開すること、あわせて最新34巻が同日に発売されることを「少年ジャンプ+」の特設ページにて告知! 1998年 [全文を読む]

『HUNTER×HUNTER』冨樫義博が『鬼滅の刃』の帯に登場で大きな話題に!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月12日17時30分

2016年12月2日(金)に最新巻が発売されたあるジャンプ漫画に、冨樫義博が帯にコメントを寄せて話題となっている。 【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 冨樫がコメントを寄せたのは、吾峠呼世晴による『鬼滅の刃』4巻。「『幽☆遊☆白書』『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博氏絶賛!!!」と書かれ、「(希望:絶望)≒(憎悪:愛情) 私が好きになる作品の [全文を読む]

「ついに冨樫キターーー!!」「クラピカの執筆風景とかアツい!」『ジャンプ流』に冨樫義博登場でファン大興奮!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月02日06時30分

これまで様々な漫画家を取り上げてきたが、2016年11月2日(水)に発売された『ジャンプ流』vol.21は、ついに『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博を特集した「まるごと冨樫義博」。これには「ジャンプ流に冨樫キターーー!!」「わ、次のジャンプ流楽しみにしてた冨樫先生の! 絶対ほしい~」とファンから興奮の声が上がっている。 『ジャンプ流』は作家陣の魂と技 [全文を読む]

「お前ががんばれよ!」『H×H』がまったく再開されない冨樫義博、ハンター激似作品を応援で物議が…

おたぽる / 2015年11月08日20時00分

腰痛を理由に休む作者・冨樫義博氏が、もはや何をしているのかすらわからない状態の中、ちょっとだけうれしい情報が舞い込んだ。それにより、ファンのオーラが滾ることに……。 今年6月より、本格マンガ誌アプリ「少年ジャンプ+」で連載が開始した第年秒氏の『群青のマグメル』。「見たこともないもないような自然 常識をはるかに超えた新種の生き物たち 世界を変えることすら可能 [全文を読む]

冨樫義博、「週刊のスタイルには合わなくなっている」と実感!? 『H×H』は連載開始しても10話分しか連載しない説…

おたぽる / 2016年11月03日21時00分

現在休載中の『HUNTER×HUNTER』で知られるマンガ家・冨樫義博の制作の裏側に迫った「DVD付分冊マンガ講座 ジャンプ流! vol.21」が、11月2日に発売された。冨樫といえば、休載の多さからたびたび「冨樫仕事しろ」という声が上がるが、今回の「ジャンプ流!」では冨樫が“仕事をしている”様子を見ることができる。 これまでに、鳥山明や尾田栄一郎といった [全文を読む]

腰は大丈夫なのか!? 『こち亀』40周年記念パーティーで笑顔を見せる冨樫義博に「冨樫仕事しろ」の声がやっぱり上がる

おたぽる / 2016年10月25日21時00分

過去の前科もあって、今や“休載”でおなじみの『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博に対し、ふたたび「冨樫仕事しろ」の声が上がっている……。 先月連載が終了した『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の40周年記念パーティーが開かれたことを、『東大一直線』の小林よしのりをはじめ、『ピューと吹く!ジャガー』のうすた京介や『アイシールド21』の村田雄介、『斉木楠雄のΨ [全文を読む]

「読者をナメている」!? 『HUNTER×HUNTER』休載中の冨樫義博“次回作”言及に猛反発!

日刊サイゾー / 2016年09月06日18時00分

人気コミック『HUNTER×HUNTER』の作者・冨樫義博の発言が、反響を呼んでいる。8月20日発売のコミック誌「ジャンプGIGA VOL.2」(集英社)誌上で行われた『NARUTO -ナルト-』の作者・岸本斉史との対談でのことだが、司会者から次回作の構想について問われると、冨樫は「僕めちゃくちゃあるんですよね。描きたいやつ」と返答。 冨樫といえば、「週刊 [全文を読む]

ケンコバがジャンプ編集者に“冨樫義博のネーム掲載”ネタをぶっこみ!! 「もうちょっと荒めのやつ見た記憶ありますけど」

おたぽる / 2016年07月09日13時00分

『週刊少年ジャンプ』で大々的に連載再開を発表したくせに、わずか11週で再び連載休止となってしまった冨樫義博の『HUNTER×HUNTER』。同作についてお笑い芸人のケンドーコバヤシがジャンプ編集者にある“ぶっこみ”をしたと密かな話題になっている。 『HUNTER×HUNTER』は、かつてネーム(と思われる)状態で掲載されたこともあったのだが、このネタはネッ [全文を読む]

またもや『HUNTER×HUNTER』長期休載! 冨樫義博の“闘病記”も休載となった「ジャンプ」

おたぽる / 2016年07月04日20時00分

今回は「ヒソカVSクロロ」という夢の対決が描かれるなど、アツい局面が多かった同作だが、作者・冨樫義博が異様な情熱(!?)をかけていたのが、目次コメント。以前から腰痛持ちと知られる冨樫だが、今回、『HUNTER×HUNTER』の“は”の字も出さず、“闘病記”とも取れるコメントを綴り続けた。 20号「便座や椅子に座れる幸せ。体も偉いもんで寝たきりの時はウ○コも [全文を読む]

冨樫義博に続き許斐剛も腰痛に…… 尾田栄一郎も「足こねた」!? なぜか作家陣の体調不良が目立つ「ジャンプ」

おたぽる / 2016年05月23日18時00分

今号注目したいのは、『HUNTER×HUNTER』連載再開時から続く冨樫義博の“腰痛コメント”がおなじみとなった目次の作者コメント。5週目に突入した今号は、「診察の結果、手術は回避。重症の人の辛さを察してあり余る。」と、ちょっと安心できる内容。マンガ家の腰痛といえば、『ハイスクール!奇面組』の新沢基栄も長年腰痛に悩まされ、結果「ジャンプ」での『奇面組』は [全文を読む]

『ドラゴンボール』のすべてが1冊に! 尾田栄一郎・小畑健・冨樫義博ら30名以上のマンガ家の寄稿も

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月22日17時30分

<寄稿作家一覧> 秋本治/浅田弘幸/麻生周一/荒木飛呂彦/池沢春人/井上雄彦/うすた京介/オオイシナホ/尾田栄一郎/小畑健/KAITO/川田/桂正和/岸本斉史/久保帯人/古味直志/佐伯俊/島袋光年/空知英秋/高橋和希/田畠裕基/附田祐斗/冨樫義博/とよたろう/仲間りょう/沼駿/原哲夫/古舘春一/北条司/堀越耕平/松井優征/村田雄介/森田まさのり/矢吹健太 [全文を読む]

『ONE PIECE』尾田栄一郎先生のブラックな仕事ぶり…一方、冨樫義博先生は?

デイリーニュースオンライン / 2015年10月09日07時00分

一方、尾田と同じく週刊少年ジャンプで『HUNTER×HUNTER』を休載中の冨樫義博には、ファンから冷たい言葉が飛ぶ。少年ゴン=フリークスを中心とした冒険を描く同作は、1998年に連載をスタートして以来、『ONE PIECE』とともに同誌の看板作品となった。しかし徐々に休載が相次ぎ、現在も「重度の腰痛(他病気を煩っている可能性も噂されている)」を理由に、 [全文を読む]

SF中のSF作品! 冨樫義博の才能を再確認させられる『レベルE』を見よ

おたぽる / 2015年03月09日18時21分

冨樫義博の作品としては、大ヒット作品となった『幽☆遊☆白書』に次ぐ人気作品である。「週刊少年ジャンプ」なのに月1掲載という、非常に珍しい形で連載された作品だった。 これは個人的な見解なのだが、『幽☆遊☆白書』は回を重ねるうちにドンドン面白くなる作品で、『仙水編』『魔界編』にいたった頃には、猛烈に面白くなった。『幽☆遊☆白書』は人気がなくなって終わったワケ [全文を読む]

「ジャンプ」の月例新人賞が10年ぶりにリニューアル! デジタル原稿であればWEBで投稿できるように

おたぽる / 2017年04月03日19時30分

尾田栄一郎もかつて冨樫義博が審査員を務めた月例新人賞で入選した経歴を持つ。冨樫義博、尾田栄一郎と続くジャンプのDNAを受け継ぐ作家が現れるのか、注目したい。 (雑誌やマンガ作品に関して、言及のない限り、版元は集英社。文中、敬称略) [全文を読む]

アクセルゲームスタジオ、KLab株式会社と「幽☆遊☆白書」の新作ゲームを共同開発中

PR TIMES / 2017年03月26日10時27分

◆アニメ「幽☆遊☆白書」とは アニメ「幽☆遊☆白書」は、冨樫義博氏の同名コミックスを原作としたアニメーション作品。1992年から1995年までフジテレビ系列にて放映され、瞬く間に大ヒットとなりました。その後、北米や欧州にて放映され、海外でも高い評価を受けています。90年代の日本を代表する作品として、アニメ放送開始から25年経った今もなお人気を誇っている作 [全文を読む]

人気テレビアニメ「幽☆遊☆白書」と「モンスターストライク」のコラボレーション決定~モンストで「暗黒武術会」開催! “あの”キャラクターたちが登場 ~

PR TIMES / 2016年11月09日15時29分

[画像1: http://prtimes.jp/i/16514/46/resize/d16514-46-480537-1.jpg ] テレビアニメ「幽☆遊☆白書」(原作:冨樫義博)は、1992年10月から1995年1月まで放送されていた日本屈指のアニメ作品です。その人気は日本のみならず、海外アニメファンからも多くの支持を集めています。今回のコラボは、シリー [全文を読む]

「うわ~まじか…いや、予想はしていたけど」『HUNTER×HUNTER』再び休載にファンの反応は?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月08日06時30分

主人公のゴン=フリークスが、まだ見ぬ父親を探すためプロハンターとなるために冒険の旅に出る物語を描いた、言わずと知れた冨樫義博の大人気マンガ『HUNTER×HUNTER』。1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載を開始し、並外れた人気を誇りながらもこれまで幾度も休載を繰り返しており、2014年9月からは再開の雰囲気すら見られなかった。ネット上では「冨樫仕事 [全文を読む]

『HUNTER×HUNTER』約1年8カ月ぶり連載再開決定にファンの反応は?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月28日06時30分

著者の冨樫義博は腰痛やストレスなどを理由に度々休載をし、2015年は掲載0回と全く連載しなかった年もあるほど。休載が報告されると「冨樫先生いま何のゲームにハマってるんだろうか」「よし! 次は1年後の再開を楽しみに待ちますかな」とファンはもはや慣れている様子。 今回の連載再開時期については、本編に登場する暗黒大陸への出港日が8月8日だったため、「2016年の [全文を読む]

日本エンタープライズ、~電子書籍サービス「BOOKSMART」~「週刊少年ジャンプ」などで人気の集英社コミック【約1700作品・8800冊】 配信開始!

DreamNews / 2015年04月17日15時30分

<無料会員(従量課金)> 【アクセス方法】 「BOOKSMART」サイトhttp://booksmart.jp 【書籍内容】 コミック : 青年コミック、少年・少女コミックや人気のアニメ作品まで充実の品揃え! 小説 : ドラマ・映画で話題の作品やミステリー小説など充実の品揃え! ビジネス書 : 自己啓発本やカリスマから学ぶ仕事術まで様々なニーズをカバー! [全文を読む]

フォーカス