内海光司のニュース

光GENJIデビュー30周年、再結成の鍵を握るのは諸星和己か

NEWSポストセブン / 2017年05月23日16時00分

現在も残っているのは、佐藤アツヒロと内海光司の2人だけである。 「本当に再結成があるなら、ジャニーズ事務所の許可は必須。以前、フォーリーブスが再結成したことがありましたが、全員事務所を離れていました。今もジャニーズの2人と独立組の5人が揃うことは現実的には難しいとは思いますが……。ただ、諸星は独立後も、ジャニーズ事務所を訪れ、メリー喜多川氏に会ったりしてい [全文を読む]

中居正広、半同棲でもにおわないワケ

NewsCafe / 2017年03月23日13時15分

「トドメになるのかならないのか、ここにきて急浮上したのが、元光GENJIの内海光司(49)と噂のある元宝塚の女優、北嶋マミ(46)。公式携帯サイトでの内海の連載と北嶋のブログで、共通したイチゴの写真が話題になっています。ただ、この2人、舞台での共演が多く、そろって40代なので、祝福ムードに転化しそうです」 最近では、元SMAPの中居正広(44)が、振付師 [全文を読む]

ジャニーズ・内海光司、熱愛“匂わせ”投稿!? 元宝塚女優と「いちご写真」が完全一致

サイゾーウーマン / 2017年03月17日08時00分

昨年は嵐・二宮和也の熱愛が、最近ではNEWS・小山慶一郎、Kis-My-Ft2・横尾渉の熱愛が話題になっているが、ベテランである元光GENJI・内海光司にも同様の“匂わせ”投稿が発覚したという。 2014年、関ジャニ∞・大倉忠義との交際が報じられたタレント・芹那が、スニーカーやパーカーなど大倉とお揃いとみられるアイテムをSNSでアピール。「ファンを挑発して [全文を読む]

SMAP解散を憂う大沢樹生の“重み”と、光GENJIがたどった転落人生の影

日刊サイゾー / 2017年01月23日11時00分

中心的メンバーで人気のあった諸星和己もソロデビュー後は鳴かず飛ばずで、一時期渡米をするも、帰国後も同じような状況です」(同) そのほかのメンバーである内海光司、佐藤寛之、佐藤敦啓(現・佐藤アツヒロ)も、舞台などで細々と芸能活動を続けているものの、世間的には完全には“あの人は今”状態である。それでも、光GENJIはかつて国民的アイドルであった。やがて、SMA [全文を読む]

諸星和己が光GENJIデビュー30周年再集結促すも「赤坂晃の公式有料サイトに入会した結果……」

日刊サイゾー / 2016年12月07日00時00分

とはいえ、内海光司と佐藤アツヒロの2人は、現在もジャニーズ事務所に在籍。ジャニーズのルールとして、諸星らとの共演は難しいだろう。 残る赤坂はというと、2009年に2度目となる覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕され、懲役1年6月の実刑判決を受け、服役。2012年に仮出所してからは、新宿・歌舞伎町のバー「昭和BAR」で店長を務めたほか、昨年8月に主演舞台『ニライ [全文を読む]

中居正広が「ジャニーズで一番」と絶賛するグループとは

日刊大衆 / 2016年11月21日12時00分

年長組の光は、内海光司と大沢樹生の二人。この二つのグループが合わさり光GENJIとなる。彼ら七人は、ローラースケートで滑りながら歌うスタイルで、文字どおり時代を疾走。88年には、オリコン年間シングルチャートの1~3位を独占し「日本レコード大賞」も受賞した。 中居正広は、光GENJIの解散ライブを見に行ったそうだ。最後に光GENJIのメンバーたちが、脱いだロ [全文を読む]

大看板なければ用済みか?SMAP解散後のメンバーに”悲惨な末路”

デイリーニュースオンライン / 2016年11月12日16時05分

「1人は当時リーダー的存在だった内海光司(48)です。そんな彼もいまやテレビドラマには10年以上出ておらず、2~3年に1度の舞台が中心。もう1人、事務所に残ったのが佐藤アツヒロ(43)。彼の仕事も舞台中心です。ジャニーズ事務所は忠誠を誓うタレントには厚遇でもてなすとされていますが、2人の現在を見る限りは、やはりグループという看板がないと事務所に居残っても [全文を読む]

サブカルタウンの中野が「ジャニーズの聖地」になっていた!?

アサジョ / 2016年09月22日09時58分

アラフィフの元男闘呼組・岡本健人、元光GENJI・内海光司も在学生だった。さらに、“ジャニーズの長兄”近藤真彦は、定時制卒業生。少年隊・錦織一清、東山紀之、植草克秀はそろって、定時制を中退している。「少年隊がそろっていた年の校内は、それは絢爛豪華だったと聞いています。パパイヤ鈴木、岸谷香、石川秀美。その石川と後に結婚した薬丸裕英もいました。同じシブがき隊の [全文を読む]

天下を取ったアイドルの「その後」事例......キムタク活躍は不可能!? 解散したアイドルグループが辿る「末路」の数々に驚愕

Business Journal / 2016年08月27日14時00分

現在、内海光司と佐藤アツヒロはジャニーズに籍を置いているが、現在は舞台が中心になっており、当時からのファンの支持はまだあるものの、テレビなどの大手メディアに登場することはまれだ。 また、当時一番人気といわれた諸星和己は、今なお俳優、歌手として活動しているが、テレビに出演する際は、当時の思い出や暴露ネタを話すことがほとんどで、現在の活動に注目されることはあま [全文を読む]

SMAPは大物になりすぎた!? “残酷”解散騒動で思い出す、ジャニーズの「黒歴史」とは?

日刊サイゾー / 2016年01月21日13時00分

一方、光GENJIの最年長は68年生まれの内海光司、最年少は73年生まれの佐藤敦啓、赤坂晃である。光GENJI(当初はGENJI名義)のデビューは87年と、SMAPとの芸歴は1年しか違わない。 「『ガラスの十代』などの代表曲で知られるように、光GENJIのメンバーはブレーク時、10代でした。対するSMAPは、デビュー直後は鳴かず飛ばず。その後、93年の『新 [全文を読む]

大沢樹生“実子騒動”後に北野武プロデュースで「光GENJI」再結成?

アサ芸プラス / 2015年12月11日09時59分

「リーダーだった内海光司と佐藤アツヒロは今でもジャニーズに所属。赤坂晃は2度の薬物所持で服役もしましたが、今年8月の舞台で芸能活動を再開しました。山本淳一も事務所に所属し活動しています。かつてのメンバーそれぞれと交流のある諸星和己が要となって再結成の動きもあるようです」 確かにこの喜多嶋と大沢の騒動のタイミングで再結成となれば、世間の注目を集めることは間違 [全文を読む]

元ジャニーズの深い闇――覚せい剤逮捕の元光GENJI・赤坂晃、BS番組で“シャブ語り”

サイゾーウーマン / 2015年09月30日09時00分

チケットは1ドリンク付きで4,000円と手頃なため、見捨てずに応援してきたファンが駆けつけるのでは」(同) 光GENJIで現在もジャニーズに籍をおく内海光司と佐藤アツヒロの2人は、舞台出演などで細々と活動を継続。9月30日放送の『ナカイの窓 ゴールデンSP』(日本テレビ系)には佐藤が出演し、SMAP・中居正広と20年ぶりに共演する。番組HPによれば「親友の [全文を読む]

諸星和己のマジ度は!?「光GENJI再結成」最大のネックは“あの二人”

アサ芸プラス / 2015年06月25日09時58分

いまだジャニーズに所属する内海光司と佐藤アツヒロは舞台を中心に活動中。佐藤寛之は歌手。覚醒剤逮捕で話題になった赤坂晃は水商売の世界へ。「赤坂以外のメンバーは、なんだかんだ芸能界で生き続けている。諸星は全員を集めたミュージカルをやりたいんです。再結成に前向きになったのは、大沢との長年の不仲が解消し、去年、共演が実現したのが大きい」(スポーツ紙記者) しかし、 [全文を読む]

元光GENJI諸星和己の交流から見えた、現役ジャニーズとの“それなりの関係性”

サイゾーウーマン / 2014年09月16日13時00分

かーくんのトークの中で「へえ」と思ったのが、MC・久本雅美の「会ったりするわけ? 光GENJIのメンバーと」という質問に、「最近ねえ、けっこう会いますよ」と答え、現在もジャニーズ事務所所属の佐藤アツヒロや内海光司とランチしたりすることもあると、あっさり言ったところ。なんとなく現役と元ジャニーズの交流はアンタッチャブルな領域かと勝手に思っているので、「あ、 [全文を読む]

少年隊・植草克秀、追っかけファンとデキちゃった再婚した「まるでヒモ」な生活

サイゾーウーマン / 2014年04月17日13時00分

植草と同じ40代ジャニーズには、元光GENJI・内海光司にSMAP・中居正広らがいますが、それぞれ仕事量に歴然の差があり、デビュー組ジャニーズの生活ぶりもいろいろです」(ジャニーズに詳しい記者) 植草の19歳の長男と16歳の長女は、前妻の元で暮らしているそうだが、長男・裕太といえば、07年4月にジャニーズ入りを果たし、当時は“二世ジャニーズ”として大きな話 [全文を読む]

ジャニー氏のオキニJr.・東新良和が退所!? ジャニーズ“飼い殺し”舞台班の現在

サイゾーウーマン / 2014年02月18日09時00分

そんな中で一部のファンが事務所のプロフィールからも『名前が消えた』とネットに書き込み、『退所で間違いないのでは』という話になっています」(30代のジャニーズファンの女性) 今回のオファーは、7~8月初旬に行われる小野寺の劇団『JOE Company』のものだとみられるが、ブログによると2人の代わりに元光GENJIで現在もジャニーズ所属の内海光司が出演するこ [全文を読む]

“最後のスーパースター”元・光GENJIの寂しい現状「なぜ彼らは栄光を失ったのか」

日刊サイゾー / 2013年12月28日11時00分

内海光司(45)と佐藤アツヒロ(40)は、今もジャニーズ事務所に所属し、舞台を中心に活動を続けているが、地上波に出演することはまれだ。大沢とともに光GENJIを脱退した佐藤寛之(43)は、ミュージシャンとして地道に活動を続けているが、やはり地上波に出演することはまれで、ライブでの活動が主になっている。 [全文を読む]

東山紀之が「会うたびに拝みたくなる、ホント神様」と語る、“平家派”某メンバー

サイゾーウーマン / 2013年12月02日16時00分

東山が言うには、トニセンはみんな付き人経験があるそうで、長野は少年隊・植草克秀と元光GENJI・内海光司の、井ノ原はSMAP・稲垣吾郎の付き人をしていたという。この付き人業務は、会社からではなくヒガシが個人的に坂本にお願いしていたそうだが(付き人としての給料を東山が自腹で払っていたらしい)、今でもSMAP・木村拓哉や滝沢秀明、KAT-TUN・亀梨和也なんか [全文を読む]

諸星和己と大沢樹生が不仲乗り越えツーショット実現...ジャニーズのグループ再結成事情

東京ブレイキングニュース / 2013年11月11日19時00分

例えば、光GENJIでは、山本淳一や佐藤寛之のライブに内海光司が遊びに来るといった光景があった。男闘呼組では、高橋和也と前田耕陽は揃ってライブを続けていた。もちろん当時のヒット曲を歌うこともあるからファンにはたまらない場所となっている。 また再結成ではなく合体ユニットは多くある。面白いところでは、THE GOOD-BYEと男闘呼組で男BYEや、THE G [全文を読む]

「40歳のジャニーズJr.」佐野瑞樹が存在する理由...を平本淳也が解説

東京ブレイキングニュース / 2013年09月30日19時00分

その点では元光GENJIの内海光司が最年長だろう。 そもそも「40歳ジュニア」といっても佐野は立派な俳優であり、後輩のバックで踊っているような立場ではない。というより、ジュニアのイメージで先行させると「40歳になってもアイドルを目指して後ろで踊っている!」ということの驚きもあるのだろう。だが、実際はそうではなく、歌手としてデビューはしていないが、ジャニーズ [全文を読む]

フォーカス