佐藤寛之のニュース

“最後のスーパースター”元・光GENJIの寂しい現状「なぜ彼らは栄光を失ったのか」

日刊サイゾー / 2013年12月28日11時00分

94年、佐藤寛之と共にジャニーズ事務所を退社し、翌95年に個人事務所「サクセス」を設立した大沢だったが、メディアへの露出は激減。00年代前後からは、ヤクザもののVシネマに“撃たれ役”として出演することが多かった。外見の劣化もたびたび話題となり、メディアではいわば、笑いものとして扱われているのが現状だ。 不運な道をたどったのは、大沢だけではない。同じく元・光 [全文を読む]

光GENJIデビュー30周年、再結成の鍵を握るのは諸星和己か

NEWSポストセブン / 2017年05月23日16時00分

昨年11月放送の『クイズ☆スター名鑑』(TBS系)では、『光GENJIローラースケート対決』という企画で諸星和己、山本淳一、佐藤寛之、大沢樹生の4人が一緒に番組に出演。諸星はイベントなどで度々、再結成の話題を出している。芸能記者が話す。 「彼は本当にサービス精神が旺盛で、どうすればメディアに取り上げられるかを熟知している。記者会見では、必ず見出しになりそ [全文を読む]

忽然と消えた「脱退ジャニーズの今」を大追跡!(5)朝ドラ俳優・浅香航大も元Jr.

アサジョ / 2017年03月13日06時00分

「真田丸」で岡本健一と共演1994年 田原俊彦:「33歳でジャニーズを卒業したのは、自然の流れだった」と退所1994年 大沢樹生(光GENJI):後に喜多嶋舞とデキちゃった婚⇒離婚⇒親権騒動に発展1994年 佐藤寛之(光GENJI):2011年に諸星和己らと震災復興音楽イベントに参加1995年 諸星和己(光GENJI):グループ解散に伴い事務所独立。201 [全文を読む]

SMAP解散を憂う大沢樹生の“重み”と、光GENJIがたどった転落人生の影

日刊サイゾー / 2017年01月23日11時00分

中心的メンバーで人気のあった諸星和己もソロデビュー後は鳴かず飛ばずで、一時期渡米をするも、帰国後も同じような状況です」(同) そのほかのメンバーである内海光司、佐藤寛之、佐藤敦啓(現・佐藤アツヒロ)も、舞台などで細々と芸能活動を続けているものの、世間的には完全には“あの人は今”状態である。それでも、光GENJIはかつて国民的アイドルであった。やがて、SMA [全文を読む]

諸星和己が光GENJIデビュー30周年再集結促すも「赤坂晃の公式有料サイトに入会した結果……」

日刊サイゾー / 2016年12月07日00時00分

光GENJIといえば、11月27日放送の『クイズ☆スター名鑑』(TBS系)に、諸星、大沢、佐藤寛之、山本淳一が21年ぶりに集結。ローラースケートで100メートルトラックを5周するスピード対決を行った結果、山本が勝利。この懐かしの共演は大きな話題となり、ネット上では「7人で集まってほしい」と期待を寄せる声も目立った。 とはいえ、内海光司と佐藤アツヒロの2人 [全文を読む]

中居正広が「ジャニーズで一番」と絶賛するグループとは

日刊大衆 / 2016年11月21日12時00分

初期メンバーは、諸星、佐藤寛之、佐藤敦啓(現在はアツヒロ)、引退した田代秀高の四人だった。グループ結成後すぐ、視聴者参加の歌合戦番組『サブロー・シローの歌え!ヤング大放送』(TBS系)のレギュラーメンバーになり、オープニングで初のオリジナルソング『今、君と歌いたい』を毎回、歌って踊った。昭和ジャニーズを象徴するような歌詞で、手がけたのは、後に多くのアイド [全文を読む]

大看板なければ用済みか?SMAP解散後のメンバーに”悲惨な末路”

デイリーニュースオンライン / 2016年11月12日16時05分

その大沢の脱退意思を知り、佐藤寛之(46)も後を追うように退所しました。そして翌95年には一番人気だった諸星和己(46)も独立。山本淳一(44)は解散後も事務所でソロ活動をしていましたが、結局2002年に退所。また赤坂晃(43)は2007年、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕され、事務所を解雇されてしまいました。彼はこの2年後の2009年にも同じ [全文を読む]

X-JAPAN、光GENJI、SMAP…関わったグループが解散の工藤静香に「デスワイフ」の声

アサジョ / 2016年08月29日09時59分

諸星和己と工藤の交際が報じられたが、同グループは大沢樹生と佐藤寛之が脱退し、グループ名を「光GENJI SUPER 5」に変更。さらにその後、諸星と事務所が方向性を巡って対立し解散している。あれだけの人気を誇りながら、最後は空中分解という結果に。解散後、メンバーはクスリで逮捕されたり、ヒモ生活が報じられたりと哀れな人生を歩んでいる。 またX-JAPANのY [全文を読む]

天下を取ったアイドルの「その後」事例......キムタク活躍は不可能!? 解散したアイドルグループが辿る「末路」の数々に驚愕

Business Journal / 2016年08月27日14時00分

グループ在籍時は、地味なメンバーと言われた佐藤寛之は、地方ライブハウスやショッピングモールのイベントなどの営業仕事がメインで大手メディアからは遠ざかっている。また、赤坂晃に至っては、覚せい剤所持事件を起こし、芸能界から足を洗っている。 「SMAPと光GENJIは別モノですので、一概にSMAPメンバーたちも同様になるとは言えませんが、グループ解散以前の活躍を [全文を読む]

大沢樹生“実子騒動”後に北野武プロデュースで「光GENJI」再結成?

アサ芸プラス / 2015年12月11日09時59分

2011年には、諸星、山本、佐藤寛之の3人でTUBEの東日本大震災復興応援歌『RESTART』に参加しています。もしも諸星が真剣に再結成に向けて動けば、北野武の応援も考えられますよ。なにしろ北野にとって諸星は、バイク事故のときの第一発見者であり、命の恩人ですからね」(前出・芸能記者) 北野プロデュースで「ガラスの四十代」も夢ではないかもしれない。(李井杏子 [全文を読む]

諸星和己のマジ度は!?「光GENJI再結成」最大のネックは“あの二人”

アサ芸プラス / 2015年06月25日09時58分

佐藤寛之は歌手。覚醒剤逮捕で話題になった赤坂晃は水商売の世界へ。「赤坂以外のメンバーは、なんだかんだ芸能界で生き続けている。諸星は全員を集めたミュージカルをやりたいんです。再結成に前向きになったのは、大沢との長年の不仲が解消し、去年、共演が実現したのが大きい」(スポーツ紙記者) しかし、残念ながら再結成の可能性は限りなく0に等しいようだ。ベテランの芸能ライ [全文を読む]

ジャニーズタレントのなれの果て…元光GENJIの非道

NewsCafe / 2015年06月22日17時00分

ブログでは同じく元メンバーだった佐藤寛之(44)との交流など、能天気に日常をアピールしている。 「先輩のSMAP・木村拓哉(42)について『足短・整形』と偉そうに放言しているあたり、すでにアウト。さらなる外道ぶりが暴露されるはずです」(先のウォッチャー) そもそも山本は01年に女優の遠山景織子(40)との間に子供ができ、結婚かと思われたものの結局、未入籍の [全文を読む]

元光GENJI諸星和己の交流から見えた、現役ジャニーズとの“それなりの関係性”

サイゾーウーマン / 2014年09月16日13時00分

元メンバーは、「ライブとかにも呼んでもいないのに来たりします」とのことで、佐藤寛之や山本淳一が来て、飛び入りでマイクを握ったりすることもあるそうだ。なかなか豪華なステージの様子だが、それを「a-nation」になぞらえて「ka-nation(カーネーション)」と呼んでいるらしい。 そんなわけで、ある日のかーくんの密着VTRが流れた。代官山のカフェでブラン [全文を読む]

SMAPや嵐も他人事じゃない!? 売れなくなったジャニーズのその後

東京ブレイキングニュース / 2013年12月23日17時00分

赤坂晃は塀の中から出てきて謹慎中、佐藤寛之はもっぱらライブ活動が中心。諸星和己と大沢樹生はネームバリューも際立っているだけに、仲を戻してなにやら企て中かという話もある。 SMAPが出てくるまでのジャニーズ、つまり80年代デビュー組のその後はかなり過酷なケースが目立つ。芸能界に残ったとしても、ジャニーズの力を見せ付けられて、勝負すらさせてもらえない環境に追い [全文を読む]

諸星和己と大沢樹生が不仲乗り越えツーショット実現...ジャニーズのグループ再結成事情

東京ブレイキングニュース / 2013年11月11日19時00分

例えば、光GENJIでは、山本淳一や佐藤寛之のライブに内海光司が遊びに来るといった光景があった。男闘呼組では、高橋和也と前田耕陽は揃ってライブを続けていた。もちろん当時のヒット曲を歌うこともあるからファンにはたまらない場所となっている。 また再結成ではなく合体ユニットは多くある。面白いところでは、THE GOOD-BYEと男闘呼組で男BYEや、THE G [全文を読む]

なぜAKBは48人なのか? ファンも知らない、グループ名の“本当の”由来

ハピズム / 2013年10月11日17時30分

「S=佐藤アツヒロ、佐藤寛之、M=諸星和己、A=赤坂晃、P=山本淳一」。「P」の山本淳一は「Y」のはずなのだが、山本さんは当時、周りから「バンジー」の名で親しまれていた。しかし、ジャニーさんだけは「パンジー」と勘違いして呼んでいたため、頭文字の「P」をつけたのだという。真偽のほどは定かではないが、名前1つで楽しませてもらえる。 ほかにも、秋元康氏がプロデ [全文を読む]

【ウラ芸能】元光GENJI、転落人生のナゼ

NewsCafe / 2013年09月29日15時00分

ジャニーズ事務所を辞めた諸星和己(43)と佐藤寛之(42)はかろうじて芸能活動を続けていますが…」デスク「事務所に残って地味に舞台活動をしている佐藤アツヒロ(40)と内海光司(45)だけが勝ち組かな」記者「そうなりますね」デスク「気がつけば皆、アラフォー。今からでもやり直してほしいもんだな」 [全文を読む]

“再デビュー”元光GENJI山本淳一、現役ジャニーズとの知られざる交遊

サイゾーウーマン / 2012年05月14日12時00分

ちょうどその直後に行われた震災の復興支援ライブで、諸星さんと佐藤寛之さんとも共演したので、本当にオリジナルメンバーでの再結成もあるのかなって」 飲み会終了後、山本は「次は他のメンバーにも声掛けておくから!」と次回開催も宣言したそうだが、それはいまだに実現していないという。ちなみに支払いについては「普通のチェーン系居酒屋でしたが、割り勘でした(笑)」(同) [全文を読む]

フォーカス