川口浩のニュース

川口浩もビックリ!世界の謎の珍獣たちベスト10【動画】

AOLニュース / 2015年03月26日18時00分

映画「ナイトミュージアム」のイベントが国立科学博物館で行われたタイミングで、珍獣オカピなどを含めた数多くの珍しい生き物の剥製の存在がTVなどで紹介され話題になっているが、海外でも世界の珍獣ベスト10という映像集が海外メディアの間でも話題となっている。 https://youtu.be/UOP0nsSSHsw <関連動画はこちら> まずは世界三大珍獣の一つオ [全文を読む]

コンサルティング会社が個人向けの英語プレゼン、 企画書の校正サービスを開始

PR TIMES / 2013年11月27日16時34分

限定で無料体験モニターを募集中株式会社カシス・コンサルタンツ(東京都港区、代表川口浩二)は、企業向けのコンサルティング業務で培った技術を活用し、個人のプレゼンテーションを支援するサービスを開始しました。グローバル化や就業形態の変化など、個人の提案機会が増加していることに対応したものです。値段は1万円からと、個人の方でもご利用しやすい設定としております。先着 [全文を読む]

【ドゥギャーン!】それでも僕らが「大人の穴掘り」に夢中になった理由。

秒刊SUNDAY / 2017年05月09日17時41分

じゃあこれ「ヤラセなの?」その件については「水曜スペシャル 川口浩探検」なども然り、埋蔵金番組最大の「タブー」。従って我々は、それでも「いつか見つかる」という僅かな希望と期待感をもって見るのである。しかし子供の頃見た『ギミア・ぶれいく』とは明らかに違うと感じる点が一つあった。それがこちらのセリフ・・・「これ以上掘り進めるのは危険です諦めましょう。」作業現場 [全文を読む]

君は「ノストラダムスの大予言」を信じていたか――時事芸人・プチ鹿島ロングインタビューその3

プレジデントオンライン / 2017年04月28日09時15分

僕はプロレスや「水曜スペシャル」の「川口浩探検隊シリーズ」を通じて、楽しみながら疑うことに親しんでいたので、もっと半信半疑を楽しめばよいのではないか? と思うんですよね。 たとえば今回の森友学園の問題は、国有地売却と思想教育という2つの問題がありますよね。そこで安倍政権を支持しない人たちは、思想のほうにこだわるから、より重大な土地の問題が埋もれてしまう可能 [全文を読む]

京マチ子と中村鴈治郎の雨中の罵り合いは必見!小津安二郎『浮草』【面白すぎる日本映画 第2回】

サライ.jp / 2017年04月24日17時00分

この村には駒十朗の息子である清(川口浩)とその母親であるお芳(杉村春子)が暮らしていた。駒十朗は久し振りに二人に会ってくつろいだ時間を過ごす。しかし二人のことはすみ子には内密にしていた。 すみ子がこの秘密を嗅ぎ付け、嫉妬するところから物語は動き出す。お芳の営む一膳飯屋にどなりこんで来たすみ子を、力づくで連れ出す駒十朗。このあと駒十朗とすみ子が罵り合いを始め [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「嘉門達夫」(3)年齢なりのリアルを歌い続けたい

アサ芸プラス / 2016年12月15日12時57分

で、83年に「ヤンキーの兄ちゃんのうた」で、その年の有線放送の新人賞とかいただいて、翌年が「ゆけ!ゆけ!川口浩!!」、25歳の時ですね。そこからずっと続けて、今に至るという。テリー もうデビューして33年なんでしょう。嘉門さんはどうして、そんなに長く続けられるんですか? というのはね、最近「歌ネタ」「リズムネタ」と呼ばれるお笑いがはやりますけど、みんな1曲 [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「嘉門達夫」(1)替え歌ネタは日々更新し続けてます

アサ芸プラス / 2016年12月13日12時57分

以降「ゆけ!ゆけ!川口浩!!」「小市民」「鼻から牛乳」などをリリース。91年、「替え唄メドレー」が82万枚の大ヒット。92年、「第43回NHK紅白歌合戦」に「替え唄メドレー~紅白バージョン」で出場。2008年、眼科医の女性と結婚。今月21日、ニューシングル「炎の麻婆豆腐」を含むニューアルバム「食のワンダーランド~食べることは生きること~其の壱」をリリース。 [全文を読む]

いつ掘るの?今でしょ!『徳川埋蔵金シリーズ』が林修先生で大復活

しらべぇ / 2016年12月06日17時30分

川口浩 探検シリーズ』などを担当した名ナレーター田中信夫が発見された竪穴などをみて、「こんなところに竪穴が!」と人々の興味を煽るのが番組名物。視聴者は「事前にニュースになってないのだからみつからないんだろ」とタカをくくってみているものの、けたたましい音楽と田中信夫の名調子で「じつは見つかったのかも?」と錯覚する。また、みつからないことを前提として、無理矢 [全文を読む]

<西暦と元号の整合性>忠臣蔵・赤穂浪士はいつ「討ち入り」したのか?

メディアゴン / 2014年12月13日00時11分

それから1958年の大作、大映のオールスター映画「忠臣蔵」(監督・渡辺邦男)、配役は大石内蔵助:長谷川一夫 浅野内匠頭:市川雷蔵 岡野金右衛門:鶴田浩二 赤垣源蔵:勝新太郎 大石主税:川口浩 堀部安兵衛:林成年 吉良上野介:滝沢修というすごいスターばかりなのですが、この中で大石内蔵助の長谷川一夫は「おのおの方、討ち入りでござる」という台詞は言いません。何度 [全文を読む]

早稲田大学体育各部への 「サシイレ」の包括的な導入について

PR TIMES / 2012年05月09日16時26分

株式会社大学スポーツチャンネル(渋谷区:加藤琢也代表取締役)と早稲田大学競技スポーツセンター (新宿区:川口浩所長)とは、早稲田大学体育各部支援のため、体育各部全44部を対象とした「サシイレ」導入について業務提携契約を締結し、4月23日よりサービスを開始いたしました。 【早稲田大学体育各部へのサシイレ導入について】 一大学の体育会部活全てを包括して「サシイ [全文を読む]

フォーカス