会田誠のニュース

戦後70年、会田誠×椹木野衣が日本絵画史から抜け落ちた「戦争画」と向き合う【NADiffオススメBOOK】

FASHION HEADLINE / 2015年07月23日20時30分

■『戦争画とニッポン』会田誠 × 椹木野衣 美術批評家の椹木野衣が、「戦後70年の年に、日本の戦争画ともう一度、向き合いたかった」ことを理由に、90年代半ばに連作「戦争画RETURNS」を発表し、その後も社会や政治に痛烈な批判を投げかける作風で常に注目されている現代美術家の会田誠を迎え、日本絵画史から抜け落ちた「戦争画」について語り合う。 幼い頃に読んだ [全文を読む]

美術家 会田 誠さんに聞く「美とは何か――私の考え」4月22日(土)『神戸学校』開催

PR TIMES / 2017年04月01日11時10分

4月のゲストは、しばしばその作品で「取り扱い注意作家」と称される会田誠さんです。神戸学校では、そんな会田さんが感じる「美」や会田さんが愛を感じるものについて、作品を交えながらうかがいます。『神戸学校』ウェブサイト>>> http://www.felissimo.co.jp/s/pr170331/1/[画像1: https://prtimes.jp/i/12 [全文を読む]

草間彌生、村上隆、奈良美智、会田誠、山口晃…抽象的でむずかしい「現代アート」を見極める7つのポイントとは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月24日11時00分

芸術の秋。「美術館に絵を観に行こう」と言ったら、どんな作品を思い浮かべるだろう。ダリ、ゴッホ、ミュシャ……。いつか教科書で眺めた絵画とともに、名だたる芸術家の名前がパッと思い浮かぶだろうか。彼らとその作品は、評価されてきた、まぎれもない名作だ。【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 一方で、「現代アート」の作品や存命の作家を、同じように知っているだろう [全文を読む]

能年玲奈『この世界の片隅に』が公開 著名人から絶賛の嵐

しらべぇ / 2016年11月13日16時00分

漫画『モテキ』作者の久保ミツロウ氏は...「この世界の片隅に」観た帰りに余韻で泣きながらアニメイト寄ったら、入り口で大量のユーリ表紙PASHを手に取った女子が「私この人好きー!」とか言ってるし階段のユーリパネルのとこで「クリス好きー」とか言ってるし追い討ちをかけて泣いた...どっちもMAPPAさんありがとう...— 久保ミミツロウ (@kubo_3260) [全文を読む]

会田誠、小林よしのり、杉江松恋、どついたるねん、三砂ちづる。電子書籍レーベル“幻冬舎plus+”から夏の暑さを吹き飛ばす濃厚な5作品が発売。

PR TIMES / 2016年07月29日14時45分

株式会社幻冬舎(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:見城徹)は、オリジナル電子書籍レーベル“幻冬舎plus+”(げんとうしゃぷらすぷらす)より、新たに会田誠、小林よしのり、杉江松恋、どついたるねん、三砂ちづるによる5作品を2016年7月29日(金)に発売しました。■7月29日刊行作品 5点[画像1: http://prtimes.jp/i/7254/198 [全文を読む]

「みうらじゅん」「細野晴臣」「養老孟司」らが東京大学の教壇に!?(赤塚不二夫生誕80年企画「バカ田大学」絶賛開講中)

PR TIMES / 2016年02月17日17時52分

また、2月24日(水)には、新ジャポニズムの担い手、会田誠が「世界のバカート」について語り、そして養老孟司が、前回も大好評だった「バカと天才の壁」第二弾の講義を開講する。人気の文化人の講義を直接受けられる『バカ田大学』は回を重ねるごとに人気が沸騰中! さて、前回の講座では、東京大学名誉教授であり、解剖学者の養老孟司が「バカと天才の壁 Part1」の講義を、 [全文を読む]

藤沢数希ら28名が時代にモノ申す!電子限定書籍『時代の動かし方』発売

PR TIMES / 2016年01月29日14時08分

株式会社幻冬舎(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:見城徹)は、会田誠、沖田×華、開沼博、國分功一郎、清水ミチコ、辛酸なめ子、中村淳彦、橋本治、藤沢数希ら総勢28名の著者による電子オリジナル書籍『時代の動かし方 日本を読みなおす28の論点』を2016年1月29日に発売しました。[画像: http://prtimes.jp/i/7254/163/resize [全文を読む]

エヴァと会田誠のセカイ……「セカイ系」から「シャドー系」へ

まぐまぐニュース! / 2015年11月30日04時00分

現代美術家・会田誠氏の個展『まあ、Still Aliveってこーゆーこと』が、新潟県立近代美術館で開催された。エログロで知られる会田氏だが、本展では比較的控えめな印象だ。その代わりに引き立っていたキーワードは、「セカイ」だ。 日本のカルチャーと世界との関係を考えるとき、「セカイ系」という考え方は避けて通れない。なぜなら、エヴァンゲリオンに代表されるような「 [全文を読む]

エヴァンゲリオンと会田誠のセカイ 「セカイ系」から「シャドー系」へ

NewSphere / 2015年11月29日10時45分

現代美術家・会田誠氏の個展『まあ、Still Aliveってこーゆーこと』が、新潟県立近代美術館で開催された。エログロで知られる会田氏だが、本展では比較的控えめな印象だ。その代わりに引き立っていたキーワードは、「セカイ」だ。 日本のカルチャーと世界との関係を考えるとき、「セカイ系」という考え方は避けて通れない。なぜなら、エヴァンゲリオンに代表されるような「 [全文を読む]

蜷川実花が“春画”をテーマに壇蜜を撮り下ろし! “女子のための”春画特集『美術手帖』10月号

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月18日17時30分

ほかにも、現代の画家である会田誠・山本タカト・木村了子3作家による鼎談、春画展必見の名品セレクションや、原寸大豆判なども収録。「自分ならどんなふうに春画を楽しもう?」「どんな発見ができるだろう?」と、自分なりに春画の面白さを見つけたいという思いが、ふつふつと湧いてくるような特集となっている。 <特集内容> ・SPECIAL PHOTO SESSION 蜷 [全文を読む]

会田誠氏の安倍首相揶揄作品、欧米メディアも注目 海外で議論呼ぶのは政治より宗教?

NewSphere / 2015年07月30日19時24分

現代美術家の会田誠氏の作品に対し、東京都現代美術館が改変・撤去を要求している。問題視された作品は、教育のあり方について述べた「檄」と「国際会議で演説をする日本の総理大臣と名乗る男のビデオ」の2点。日本のメディアの多くは「檄」を取り上げているが、海外メディアは「国際会議で演説をする日本の総理大臣と名乗る男のビデオ」に注目している。◆「子どもにふさわしくない」 [全文を読む]

芸能界にファン多数の女流美術家「愛☆まどんな」って?

WEB女性自身 / 2014年10月20日15時00分

けど、現代美術家の会田誠さんが講師を務めていた『美学校』でアートを学んでいたころは、女のコの絵を人に見せるのが恥ずかしくて、今とは全然違う、ゆるキャラっぽいイラストを描いていました」 学生時代は積極的な学生だったと話す、愛☆まどんな。尊敬してやまない、現代美術家の会田誠氏との出会いが大きな転機となった。 「たまたま、自分が描いた女のコの絵を会田さんに見られ [全文を読む]

アーバンギャルド、会田誠や大槻ケンヂとコラボしたニューアルバム『鬱くしい国』詳細解禁

okmusic UP's / 2014年04月26日17時00分

【その他の画像】アーバンギャルドアートワークには、現代美術家の会田誠の作品「群娘図'97」の一部が使われている。メンバーの松永天馬がこの作品に惚れ込んでおり、今作の世界観にぴったりと合うということで今回ジャケットとして使用されることになった。 収録曲名だけでも想像が掻き立てられて楽しみなところだが、ゲストとして筋肉少女帯の大槻ケンヂが語りで参加しているこ [全文を読む]

児ポ法改正案の審議前に振り返る 2013年表現規制をめぐるさまざまな動きまとめ

おたぽる / 2014年01月02日20時00分

[2月]・森美術館・会田誠展問題 六本木の森美術館で開催中の現代美術家・会田誠氏の展覧会をめぐり、展示が女性差別だと主張するグループが抗議して注目を集める。[3月]・春の法政大学大運動会「児童ポルノ法が改定されて単純所持が禁止されたらオレを逮捕しろ」という教授もいる法政大学で、「法政大学解放総決起集会」を催した学生が大量逮捕。確かに左翼セクトのメンバーもい [全文を読む]

ラフォーレ新潟に次世代クリエーターが集結。愛☆まどんなや会田誠も登場

FASHION HEADLINE / 2013年11月13日19時00分

「ミキオサカベ」とのコラボでも話題になった「バンドじゃないもん!」や、新潟ご当地アイドル「RYUTist」のパフォーマンス、新潟県出身の現代芸術家・会田誠を迎えてのトークライブなども予定されている。 その他の参加クリエーター、ブランドは新潟出身の「ユートピア(Utopia)」「スメイド(Smade)」「エイチミルドブルウド(H.mildblud)」「NIT [全文を読む]

【視聴熱】「ドラえもん」「うる星やつら」…不朽の名作コミックを改めて堪能すべし!

ザテレビジョン / 2017年06月06日06時00分

前回に続いて蜷川実花、村上隆らのほか、会田誠、梅佳代、しりあがり寿といった個性あふれるアーティストたちの参加が決定している。2017年11月1日(水)~2018年1月8日(月)、東京・森アーツセンターギャラリーにて。 ■ 「うる星やつら」のラムちゃんが、よしもと女芸人と夢のコラボ! “うる星やつら×よしもと女芸人”という異色コラボによるLINEスタンプがこ [全文を読む]

恋の始めに本のワクチン――犬山紙子「モテ読書」

文春オンライン / 2017年05月07日17時00分

「前付き合ってた人とは最初に会田誠さんの展示に行ってミュータント花子を彼の前で絶賛して。その前の人には谷崎潤一郎の春琴抄を貸すってな具合で。別に私がそういう性癖があるわけじゃないんだけど、最初にドン! とすごいのを渡しておくとその後耐性がついてくれるからね」う~む、私も自分の恋愛を思い出すと同じことを逆に男性からされていました。 あれはもう10年以上前か [全文を読む]

村上隆ら15組の現代アーティストが描くドラえもんとは。「THE ドラえもん展」が六本木で開催決定

FASHION HEADLINE / 2017年05月02日09時00分

今回参加するアーティストは2002年の「THE ドラえもん展」にも出展した蜷川実花、福田美蘭、村上隆、森村泰昌(コイケジュンコと共同)の他、会田誠、梅佳代、小谷元彦、鴻池朋子、佐藤雅晴、しりあがり寿、西尾康之、町田久美、Mr.、山口晃、渡邉希ら15名に加え、更なるアーティストも参加を予定している。 なお、明治学院大学教授で美術史家の山下裕二が同展の監修を [全文を読む]

女優、のんが表紙を飾る『美術手帖』アウトサイダー・アート特集

PR TIMES / 2017年01月16日19時20分

[画像3: https://prtimes.jp/i/10983/41/resize/d10983-41-271859-2.jpg ][画像4: https://prtimes.jp/i/10983/41/resize/d10983-41-729618-6.jpg ]さらに、会田誠や高嶺格らアーティストたちが、自分にとっての「アウトサイダー・アート」を自由 [全文を読む]

映画「この世界の片隅に」主演・のんの演技に「本当に素晴らしかった。溢れるものが止まらない」と心を打たれる人が続出中

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月26日15時00分

同作は著名人からの評価も高く、美術家の会田誠は「昨日見た『この世界の片隅に』。能年玲奈さんの声が良かったのは言うまでもなく。死や悲惨の、あくまでも日常ベースにした描き方がものすごく注意深い。そしてあの時代の生活のディテール描写がすごい」とコメント。他にも、漫画『モテキ』の作者・久保ミツロウや、『機動警察パトレイバー』で知られる漫画家・ゆうきまさみ、書評家 [全文を読む]

フォーカス