市川新之助のニュース

香取慎吾に疑惑浮上の「隠し子」、あの有名芸能人たちにも…舛添前都知事にも3人

Business Journal / 2017年04月07日17時00分

海老蔵は「市川新之助」だった03年、4歳上の元歌手の女性との間に隠し子が発覚、記者会見で「認知しております」「結婚はありません」と語った。その後、10年に小林麻央と結婚し、二児をもうけている。 愛之助は11年に「女性セブン」(小学館)に隠し子が報じられ、会見で相手の女性との結婚も認知もしないことを明らかにした。16年3月に藤原紀香と結婚したが、同年4月には [全文を読む]

ご存じですか? 3月3日は応仁の乱が始まった日です

文春オンライン / 2017年03月03日07時00分

また若き日の将軍夫妻を、團十郎の息子の市川新之助(現・海老蔵)と松たか子(いずれも当時16歳)が演じた。ほかにも山名宗全役の萬屋錦之介、細川勝元役の野村萬斎、一休宗純役の奥田瑛二らの演技も印象深い。平均視聴率は14.1%と当時の歴代最下位を記録した同作だが、『応仁の乱』のまえがきで著者が「ドラマとしては良くできていたので、何とも気の毒であった」と書いている [全文を読む]

六本木歌舞伎 第2弾 『座頭市』 市川海老蔵ビジュアル決定!!

PR TIMES / 2017年01月06日13時29分

本ビジュアルは、市川新之助の時から親交が深い写真家・操上和美が撮影。 本公演は、時代劇史上に残る名作『座頭市』。リリー・フランキーが新解釈で書き下ろす“座頭市”を演出の三池崇史が色付けする。出演は22年ぶりの舞台共演となる市川海老蔵と寺島しのぶ。強い個性がぶつかり合う究極のエンターテインメントがここに誕生する! *寺島しのぶのビジュアルも近日中に発表され [全文を読む]

「三谷幸喜がパクった」あの歌舞伎役者が大河ドラマ「真田丸」をブッタ斬り!?

アサ芸プラス / 2016年07月24日17時59分

「03年に放送された『武蔵MUSASHI』は、歌舞伎役者の市川新之助が主役を演じ話題になった作品ですが、放送1回目の襲撃シーンのロケセットが黒澤明監督の名作『七人の侍』と酷似しており、“盗作”だとして黒澤監督の長男・久雄氏がNHKや脚本家を相手に損害賠償やビデオ化の差し止めを求める訴訟を起こしています。また、10年に放送された『龍馬伝』では書道家の上坂祥元 [全文を読む]

比嘉愛未、市川海老蔵と“禁断の恋”「感銘を受けています」

モデルプレス / 2016年06月05日06時00分

市川が連続ドラマに主演するのは、市川新之助として2003年、NHK 大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」以来、2004年の“市川海老蔵”襲名後、初。また、テレビ東京にてゴールデンタイムで連続時代劇が復活するのは、2008年「月曜時代劇 主水之助 七番勝負」(主演:松平健)以来、8年ぶりとなる。歌舞伎「石川五右衛門」と同様、原作・脚本は、漫画『金田一少年の事 [全文を読む]

チュートリアル徳井“隠し子”報道はガセ…“ガチ”だった芸能人列伝

デイリーニュースオンライン / 2016年02月01日07時00分

なお、当時は市川新之助(七代目)として活動しており、2004年に十一代目 市川海老蔵を襲名した。歌舞伎界では海老蔵のはとこ、市川染五郎(43)も過去に隠し子が報じられ、認知済みである。 芸能人の隠し子といえばショッキングな報道ではあるが、少子化が進むこの現代で、経済的にゆとりのある彼らがある種の“一夫多妻”状態になるのも想像に難くない。当事者さえ納得してい [全文を読む]

市川海老蔵がテレ東時代劇で石川五右衛門役に決定!

Smartザテレビジョン / 2016年01月06日07時30分

海老蔵が連続ドラマに主演するのは、市川新之助として'03年の大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」(NHK総合ほか)以来で、'04年の“市川海老蔵”襲名後、初のこと。 さらに、テレビ東京で、ゴールデンタイムに連続時代劇が復活するのは、松平健主演の「月曜時代劇 主水之助 七番勝負」('08年)以来、8年ぶりとなる。 物語は樹林ら脚本家によって、華麗な手口で盗み [全文を読む]

踏ん張れなかったNHK大河ドラマ『花燃ゆ』、『平清盛』と仲良く並んで“歴代ワーストタイ”を徹底分析!

おたぽる / 2015年12月15日19時00分

☆NHK大河ドラマ 平均視聴率ワースト10 1位タイ 12.0% 2012年 『平清盛』 松山ケンイチ主演 1位タイ 12.0% 2015年 『花燃ゆ』 井上真央主演 3位 14.1% 1994年4~12月 『花の乱』 三田佳子主演 4位 14.5% 1968年 『竜馬がゆく』 北大路欣也主演 5位 14.6% 2013年 『八重の桜』 綾瀬はるか主演 [全文を読む]

2002年に誕生した海老蔵の娘の近況 母「今が一番いい関係」

NEWSポストセブン / 2015年11月18日16時00分

当時まだ「市川新之助」を名乗っていた海老蔵は、結婚はしなかったが娘を認知。A子さんの元にはマスコミが殺到したが、沈黙を守っていた。 関係者によると、海老蔵は、A子さんに対し、毎月十数万円の生活費を送り続けていたとのこと。A子さんは海老蔵との関係を娘に伝えており、海老蔵の妻である小林麻央(33才)が妊娠した際も、娘は喜んでいたという。また、最近でも交流は続い [全文を読む]

紀香・熊切と二股疑惑の片岡愛之助、海老蔵...歌舞伎役者はなぜモテる? 歌舞伎の発祥に理由が...歌舞伎とセックスの関係とは

リテラ / 2015年09月05日12時30分

ちなみに、彼は市川新之助時代の2003年に元歌手の女性との間で隠し子騒動も起こしている。そして、先日再婚した中村獅童は竹内結子との結婚・離婚に、篠原ともえ、岡本綾、高岡早紀、鈴木砂羽らとも浮名を流した。 モテモテなのは若手だけではない。葬儀で尾上菊五郎が「あなたは「姫路城が好きだ、彦根城が好きだ」と言っていたけど、ホステス嬢やキャバクラ嬢も好きでした」と、 [全文を読む]

フォーカス