中井大介のニュース

広澤克実氏 「巨人はまずコーチ陣を補強してはどうか」

NEWSポストセブン / 2017年06月09日16時00分

「なんとか出場機会を得ている中井大介(27)や石川慎吾(24)の能力は疑問です。現時点の彼らでは頑張って2割7分、本塁打はせいぜい1ケタでしょう。小林誠司(27)も打率1割台。補強ばかりでコーチ陣が若手の力を伸ばそうとしてこなかった責任は重い。補強は弱いところを補うものですから、巨人はまずコーチ陣を補強してはどうか」 ※週刊ポスト2017年6月16日号 [全文を読む]

巨人・高橋監督 「引退即監督」の弊害はどこまであるか?

NEWSポストセブン / 2017年06月07日16時00分

開幕からセカンドを任せた中井大介が結果を残していないにもかかわらず、5月中旬までスタメンで起用し続けた。外国人枠の問題があったとはいえ、同じくセカンドで、二軍で3割1厘、8本塁打と格の違いを見せつけていたルイス・クルーズはなかなか昇格できず、7連敗後にようやく今季初昇格させたものの、好調の時期は過ぎ去ってしまったのか、6月2日の初スタメンから3試合連続ノー [全文を読む]

日ハム・中島卓、巨人・クルーズが昇格 2日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年06月02日15時08分

<6月2日の公示情報> ※再登録=6月12日以降 ■ 北海道日本ハムファイターズ -登録- 9 中島卓也/内野手 =抹消= 36 中村 勝/投手 ■ 東北楽天ゴールデンイーグルス -登録- 60 古川侑利/投手 =抹消= 63 小山雄輝/投手 ■ オリックス・バファローズ -登録- 21 西勇輝/投手 =抹消= 49 沢田圭佑/投手 ■ 読売ジャイアンツ [全文を読む]

4位転落と波に乗れない巨人

ベースボールキング / 2017年05月31日11時15分

昨季まで所属するメンバーに目を向けても、長野久義がオープン戦から極度の打撃不振に陥り、小林誠司も打率リーグワーストの.164、立岡宗一郎、中井大介も開幕から積極的に起用されているがレギュラーを奪うまでの活躍を見せることができていない。投手陣も菅野、マイコラス、田口麗斗の3本柱に続く、先発陣が現れず苦しむ。 投打が噛み合っていない状況の中で、ニッポン放送シ [全文を読む]

二塁は若手に? 不振の中井は由伸監督の“恋人”になれるか

NEWSポストセブン / 2017年05月28日07時00分

その中で、目を引くのが開幕からセカンドに起用している中井大介だ。開幕戦でいきなり2安打を放つも、その後は不振に陥り、打率は2割台前半に。セカンドには片岡治大やルイス・クルーズなどが控えるにもかかわらず、高橋監督は我慢強く使い続けた。野球担当記者が話す。 「監督というものは、自分の色を出したがる生き物。前任者との違いをどうしても見せたくなる。高橋監督はFA [全文を読む]

安定感を欠く巨人の6番打者

ベースボールキング / 2017年05月19日11時15分

【6番でスタメン出場した選手の今季成績】 長野久義(20試合) 率.162 本0 点0 石川慎吾(11試合) 率.161 本0 点0 亀井善行(6試合) 率.050 本0 点0 中井大介(1試合) 率.000 本0 点0 6番でスタメン出場した選手で、本塁打、打点を記録している選手が誰もいない。特に長野はチーム最多の20試合で6番に座りながら、打点0と寂 [全文を読む]

石井一久氏がみた巨人のドラ1・吉川尚輝

ベースボールキング / 2017年05月18日10時00分

開幕から全試合スタメン出場していた中井大介に代わって、二塁のポジションでスタメン出場となった吉川尚だが、4打数0安打2三振。守備でも記録に残らないミスをするなど、ホロ苦いスタメンデビューとなった。 ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める石井一久氏は「もうひとつバットを強く振れないというか、力が抜けるようなスイング。プロのバットスイングではないと言 [全文を読む]

オールスターゲームのファン投票がスタート!【ノミネート選手一覧】

ベースボールキング / 2017年05月16日10時40分

◆ セ・リーグ【先発投手】九里亜蓮(広島)野村祐輔(広島)ジョンソン(広島)菅野智之(巨人)マイコラス(巨人)田口麗斗(巨人)石田健大(DeNA)井納翔一(DeNA)今永昇太(DeNA)能見篤史(阪神)藤浪晋太郎(阪神)メッセンジャー(阪神)石川雅規(ヤクルト)ブキャナン(ヤクルト)小川泰弘(ヤクルト)吉見一起(中日)大野雄大(中日)バルデス(中日)【中継 [全文を読む]

主力選手高齢化が深刻な巨人…生え抜きスターが育たない!

週プレNEWS / 2017年05月15日11時00分

「投手では昨年のドラフト4位の池田駿(しゅん・24歳)や篠原慎平(26歳)などを積極的に起用していますが、野手ではプロ10年目、27歳の中井大介が二塁に入っている程度。それも打率2割そこそこですから、使いたくても使える若手がいないのが現状です」(前出・記者) なぜ、こんなことになってしまったのか。球界関係者が言う。 「巨人は昨オフもFAで山口俊、陽岱鋼、 [全文を読む]

【巨人】巨人らしくない男・石川慎吾が、巨人を変える

文春オンライン / 2017年05月12日11時00分

由伸監督は開幕から中井大介を二塁でスタメン起用し続けているが、超不安定な守備面を考えると、相当我慢しながら使っているように見える。……っていやいやドラ1ルーキーを育てるみたいな雰囲気だけど、中井はプロ10年目の27歳だからね。ちなみに昨年25年ぶりのリーグ優勝に輝いた広島の田中広輔(89年7月生)、菊池涼介(90年3月生)、丸佳浩(89年4月生)たちと同学 [全文を読む]

フォーカス