森田豊のニュース

【エンタがビタミン♪】熊切あさ美“健康美”と“天然”が魅力 森田先生も絶賛「心身共にとてもお元気」

TechinsightJapan / 2016年10月03日13時25分

彼女とよく共演する医師の森田豊さんも『森田豊 医師・ジャーナリスト(Doctor_Morita)ツイッター』で久々に会った印象を「以前に増して、さらにお美しく、心身共にとてもお元気で、まさしく“健康美女性”と感じました」とつぶやいている。 もともとアイドルグループ・チェキッ娘の初代メンバーとして本格的に芸能界で活動を始めた。その後はグラビアアイドルやタレン [全文を読む]

流行りのダイエットに飛びつくのは時間のムダ! 自分に合ったダイエットはオーダーメイドする時代!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年01月09日11時30分

そう断言するのは、医学博士であり医療ジャーナリストである森田豊氏。真に効果のあるダイエット法を医学者の観点からナビゲートする本、『ダイエットはオーダーメイドしなさい!』(森田豊/幻冬舎)を上梓した。関連情報を含む記事はこちら 考えてみよう。あなたがもし「自分は太り気味だ」と感じているなら、思いあたる原因は、決してひとつではないだろう。食生活はもちろん、それ [全文を読む]

風邪対策のご当地あるある、日本各地の“民間療法” を徹底調査 「首にネギを巻く」、「卵酒」、… その効果のウソ・ホント 漢方医が語る“民間療法”“発汗”“薬”の関係とは!?

PR TIMES / 2013年10月17日16時03分

[調査概要]調査名:風邪への対処方法に関する調査調査対象:全国15地域の男女 750名 (各地域、「20代~40代」、「50代以上」でそれぞれ25名ずつ、計50名) (1) 北海道地方:北海道 (2) 北東北地方:青森県、岩手県、秋田県 (3) 南東北地方:宮城県、山形県、福島県 (4) 北関東地方:茨城県、栃木県、群馬県 (5) 南関東地方:埼玉県、千葉 [全文を読む]

高級店より回転寿司が安全?専門家語るアニサキス自己防衛術

WEB女性自身 / 2017年05月18日16時00分

医師・医療ジャーナリストでもある森田豊氏は、3年前に身を以てアニサキスの痛みを経験したという。 「寿司店で旬のイワシを刺し身で食べたんです。そうしたら深夜3時ごろ胃が痛くなってきて、背中にも関連痛が。最初はギックリ腰かと思って、翌朝のラジオ番組の収録にも無理やり行ったんです。でも痛みが普通じゃないので『あっ、昨日、光り物を食べた。あれだ!』って。クリニック [全文を読む]

7億円集めた山辺節子容疑者 62歳のモテにあった肌見せ黄金比

WEB女性自身 / 2017年05月08日14時00分

医療ジャーナリストの森田豊医師も藤谷氏の見解に同調。森田医師によると、「最も魅力的な露出度は全身の40%」なのだという。肌の露出度が40%の女性は、全く露出をしていない女性に比べて約2倍モテるという研究結果があるらしい。そして、この 露出度の黄金比 が山辺容疑者にピッタリ当てはまる、というから驚きだ。 計算高いのは犯行の手口だけではないらしい――。 [全文を読む]

便は溜めないに越したことはない、アボカドや納豆に期待

NEWSポストセブン / 2017年04月07日07時00分

医師で医療ジャーナリストの森田豊さんが解説する。「日本内科学会では“3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態”と定義されています。ただこれはあくまで指標。週1回でも理想的なバナナ状のうんちで、本人が不快に感じていなければ便秘ではない」 とはいえ、女性が便秘になりやすいのは事実だ。「一般的に女性は腹筋が弱いため、排便のときに力むことが [全文を読む]

予防医療後進国・日本 「病気になってから治す」感覚強い

NEWSポストセブン / 2017年02月04日07時00分

しかし、自費でメンテナンスを受ける患者は少ないので、歯科医は歯を削る治療にばかり注力しています」 医師で医療ジャーナリストの森田豊氏は悪弊を改めるため、病気になって初めて保険適用される「疾病保険」の発想を転換する必要があると指摘する。 「ほとんどの予防医療が保険適用外なので、医者は悪意がなくてもどうしても『治す』ほうに流れてしまう。本来、ワクチンや検診はそ [全文を読む]

日本は予防後進国 背景に治療したい医療ムラの既得権

NEWSポストセブン / 2017年01月31日16時00分

医師で医療ジャーナリストの森田豊氏は保険制度に問題があると指摘する。 「現在の日本の医療制度のなかで保険点数になるのは、『治療』の項目ばかりです。一部のカウンセリングや栄養指導は保険適用ですが、基本的には医師は治療を行なって初めてお金になる。患者の健康を真に考える良心的な医師は予防医療に力を入れますが、利益を追求する医師は儲からない予防の話はしたがらない。 [全文を読む]

予防医療後進国・日本 がん検診受診率はOECD最低レベル

NEWSポストセブン / 2017年01月30日07時00分

日本の予防医療の現状に、国民はもっと危機感を抱くべきだと指摘するのは医師で医療ジャーナリストの森田豊氏だ。 「これからの時代、本当に重要なのは病気になってから治療する昔ながらの医療でなく、予防のための医療、具体的にはワクチン接種やがん検診、人間ドックなどです。それらの普及が、欧米に比べて大きく遅れている状況があります」 本誌・週刊ポスト前号では〈老化は『ワ [全文を読む]

致死率30%の人食いバクテリア 高熱やだるさ続くなら検査を

NEWSポストセブン / 2016年12月05日16時00分

◆人食いバクテリアって何? 人食いバクテリアの原因となる溶血性レンサ球菌は「どこにでもいる菌」というのは医師で医療ジャーナリストの森田豊さん。「通常は感染しても、のどの炎症や傷の化膿を引き起こす程度で大事には至りませんが、抵抗力が弱っている場合などに、傷口などから侵入した菌が、血管を巡って全身に回り、重篤な劇症型の感染症を引き起こすことがあります」(森田さ [全文を読む]

米倉涼子の魅力だけじゃない?テレ朝「ドクターX」失敗しない舞台裏を総直撃!(2)数字のための小細工一切なし

アサ芸プラス / 2016年11月19日09時57分

シリーズ開始前には、「大門未知子」のキャラクター確立のために、現役医師であり医療ジャーナリストの森田豊氏に相談した。その森田氏が語る。「『女性医師を主人公にしたドラマを作りたい』という内山さんらスタッフの皆さんに、医療の現場の実態についてお話しする機会がありました。そこで、午後5時できちんと帰る、働いたら働いた分だけ報酬を得るといった、私の考えていた『本来 [全文を読む]

奈津子×安蔵靖志の"最新家電"丸わかりニュース 2016年10月

&GP / 2016年11月04日21時00分

ダイソンの発表会では医学博士で医療ジャーナリストの森田豊氏(写真中央)、生活に関わる害虫や微生物の研究を長年続けているエフシージー総合研究所の川上裕司氏(写真右)を迎えたトークショーが行われた。写真左は司会を務めたフリーアナウンサーの政井マヤさん 安蔵:ダイソンは発表会の手法やマーケティングがなかなかうまいですよね。ブルーエアの方はシンプルな発表会だった [全文を読む]

ステージIVの胃がん、大腸がん、肺がん 受入数日本一の病院

NEWSポストセブン / 2016年10月07日07時00分

治療が難しくても、緩和ケアを行なったり、最期まで看取ってくれる可能性も高い」(医師で医療ジャーナリストの森田豊氏) ステージIVの胃がん患者の受け入れ数トップは、国立がん研究センター東病院だ。2010年に腹腔鏡下手術(※1)の名医・木下敬弘氏をヘッドハンティングし、胃がん治療を強化している。 【※1:腹腔鏡下手術/腹部に数か所穴を開け、内視鏡の一種である腹 [全文を読む]

インテリ俳優・佐々木蔵之介がインテリ頂上決戦に参戦

Smartザテレビジョン / 2016年09月17日08時00分

9月19日(月)夜7時から放送される「ネプリーグSP」(フジテレビ系)で、佐々木蔵之介、宅間孝行ら“インテリ俳優チーム”とおおたわ史絵、森田豊ら“医者・弁護士チーム”、林修、高田万由子ら“東大チーム”が3つどもえで対決する。 1stステージは「ハイパーファイブリーグ」。神戸大学出身の高学歴俳優・佐々木が江戸時代を舞台にした映画「超高速!参勤交代 リターンズ [全文を読む]

美人女医・川村優希の甘い誘惑に、アンガ田中が撃沈?

Smartザテレビジョン / 2016年05月30日06時30分

そんな姿を見た森田豊が「俺たちの仕事に失敗は許されないッ!」と喝を入れる。また、9年ぶりに出演の友利が、全世界が注目する自然素材を徹底解説。 2ndステージは、林修が厳選した漢字クイズに挑戦するゲームを行う。東大大学院修了の美人女医・川村優希は「落ち着いてやれば大丈夫!」と、林先生の難問クイズに余裕の表情で挑むも、初参戦のプレッシャーから大パニックに。そん [全文を読む]

医師のホンネ「人間ドックは必要ない」「余命わからない」

NEWSポストセブン / 2016年05月15日16時00分

何十万円もする検査ですが見逃しが山ほどある」 一方、同番組に出演した医師で医療ジャーナリストの森田豊氏は、番組で「人間ドックは意味がある」と回答していた。 「人間ドックで見つからないケースもありますが、多くのがんは検診で見つかります。罹患者が多いということで地方自治体が推奨している乳がん、子宮がん、肺がん、大腸がん、胃がん検診。これは絶対にやった方がいいで [全文を読む]

医師への「袖の下」で治療内容に差が出ることは皆無

NEWSポストセブン / 2016年05月13日07時00分

どの先生もあまりに普通に話していて、呆れてしまいましたが、自分や家族の命を守るためには、多少は渡したほうがいいのかなと思いました」 しかし、「渡す必要はないし、治療内容に差が出ることは決してない」と断言するのは同番組出演者の森田豊氏。医師で医療ジャーナリストの森田氏は、『ドクターX』シリーズの医療監修をするなど、医療現場を取りまくさまざまな問題を私たちにわ [全文を読む]

「痛みの王様」「最も辛そう」と表現 死ぬ時に辛い病気は何か

NEWSポストセブン / 2016年01月30日16時00分

ほんの少し体を動かしただけで、思わず声をあげてしまう方もいます」(医療ジャーナリストで医師の森田豊氏) あまりの苦痛に「いっそ殺してくれ」と懇願する患者も少なくないという。緩和ケアで処方されるモルヒネの量では末期がんの骨転移には効かない場合が多い。かといって痛みを抑えるため多量のモルヒネを処方すると、昏睡状態に陥ることもある。いずれにせよ苦しみ悶えているの [全文を読む]

くも膜下出血と急性心筋梗塞 死ぬ時はどのくらい苦しいか

NEWSポストセブン / 2016年01月29日07時00分

医療ジャーナリストで医師の森田豊氏は、「くも膜下出血を発症された方の3分の1近くが亡くなられている」という。 「元気だった人が突然、頭を押さえて表情を歪め、そのまま亡くなることも多い。ほとんどのケースで予兆がなく、いきなり症状がやってきます。この病気は脳内の狭いスペースで出血するから、痛みが圧縮されて激痛となる。じわじわした痛みではなく、唐突に生じる痛みで [全文を読む]

手術や投薬と違って検査は儲からぬと乳がん若手医師不足に

NEWSポストセブン / 2016年01月19日16時00分

だが、医師で医療ジャーナリストの森田豊さんは、驚くべき事実を指摘する。「セカンドオピニオンを受けたとしても、最初の病院で生検をしたら、その組織の標本や診断結果を別の病院に持って行くのが一般的です。別の病院で、生検の検査をし直すことは稀でしょう。ですから、取り違えられた細胞組織を持っていって診てもらっても、あまり意味はない」 本当は早期がんなのに、最初の病 [全文を読む]

フォーカス