内田英治のニュース

金なし、甲斐性なし! 40歳の夢見る映画監督が新作映画の制作に挑む

NeoL / 2016年05月04日13時54分

『グレイトフルデッド』などで知られる内田英治監督が、渋川清彦を主演に迎えた最新作『下衆の愛』が公開中。 40歳を目前にしながらも、映画監督という夢を諦めきれないパラサイトニートのテツオ。映画祭での受賞経験を唯一の自慢にしながら、監督とは名ばかりで女優を自宅に連れ込む自堕落な毎日を送っていた。そんなある日、才能溢れる新人女優・ミナミと出会う。彼女との出会いに [全文を読む]

どこかズレた5つの家族を描いたオムニバス短編映画

NeoL / 2015年08月15日14時00分

映画『グレイトフルデッド』、『僕らの方程式』などの内田英治監督と、今作が初メガホンとなる『悪夢のエレベーター』、『サンブンノイチ』などで知られる小説家・木下半太がタッグを組んだ映画『家族ごっこ』が公開中。 今作は、5組の家族が描かれるオムニバス映画。 ある日突然集められた赤の他人の男女4人が、“鈴木家”という疑似家族を演じる『鈴木ごっこ』、死んだ父の指には [全文を読む]

映画「家族ごっこ」8月1日(土)より全国順次公開!斎藤工や、新木優子(ゼクシィCM)ら注目の新進俳優がこぞって出演

@Press / 2015年07月17日09時30分

監督は『グレイトフルデッド』が世界30以上の映画祭で上映され注目を集めた内田英治と、初メガホンとなる小説家・木下半太(「悪夢のエレベーター」「サンブンノイチ」)がタッグを組みます。本作はショートショートフィルムフェスティバル&アジア2015のオープニング招待作品として上映され、注目を集めました。エンディングテーマは、ニューウェーブアイドルグループ ゆるめる [全文を読む]

米ゾンビ映画祭でも絶賛! メタルゾンビとガールズバンドの青春ストーリーって?

週プレNEWS / 2014年03月13日06時01分

メガホンをとった内田英治監督は、生粋の“ロック中毒者”だといい、「究極の音楽映画を撮りたい!」という思いから、本作の企画がスタートしたという。 それだけあって、見どころのひとつはライブシーン。バンドのステージで、鎖につながれたゾンビ“鉄男”が“奇跡のデス声”で観客の心をつかみ、バンドが瞬く間に人気になっていく様子は痛快だ。 迫力のボーカルを披露するカンナ [全文を読む]

マンガ家・中村明日美子、BLは「懐の深いジャンル」『ダブルミンツ』実写化への思い

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2017年06月10日17時30分

映画化に至るまでに、約2年に渡り、同作でメガホンを取り脚本も手掛けた内田英治監督とやりとりをしたという中村。「やりとりに熱心だったから」ということが1番の理由だという中村は「こう言ってしまうと何ですが、こっちは映画にならなくても別に問題ないので、ダメ出しをいっぱいして、『これでは映画にできません』と言われたらそれでもいいという感じで直しましたね。そしたら [全文を読む]

須賀健太、本性はダーク?怖がる監督に「営業妨害」と抗議

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年06月03日14時39分

この日は、淵上泰史、田中俊介(BOYS AND MEN)、川籠石駿平、冨手麻妙、内田英治監督も出席した。 本作は、ボーイズラブ漫画「同級生」の作者として知られる中村明日美子による“ダークBL”と呼ばれる同名漫画の実写映画化。冷酷で高飛車な市川光央(田中)と、彼の下僕の壱河光夫(淵上)。犯罪と暴力の中で、同じ“イチカワミツオ”の名前を持つ二人の男の愛憎入り混 [全文を読む]

田中俊介、「ボイメンを一生やっていくために…」役者としての強い決意

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2017年06月02日06時20分

メガホンは、『下衆の愛』が世界中の映画祭で絶賛された内田英治監督だ。 同作でBLというジャンルに初めて触れたという田中は当初、「壁があった」と正直に明かす。だが「読み始めるとすごく面白くて、こんなに深い話なんだ」と感銘を受けたと言い「その感覚をみんなに届けたい」と思ったと話す。強い気持ちが芽生えた一方で、公開を迎える現在は「(みなさんに)どう映るのか、どう [全文を読む]

【インタビュー】BOYS AND MEN・田中俊介も惚れた “狂気があるのに美しい”ダークBL映画『ダブルミンツ』の魅力

おたぽる / 2017年05月28日20時00分

こうしたキャスティングに加えて、映画『下衆の愛』(15年)や『家族ごっこ』(15年)などの話題作を手掛けた内田英治監督が「原作に惚れ込んで映画化を直訴した」というエピソードも相まって、『ダブルミンツ』実写化への不安視は徐々に沈静化。そして5月11日に行われた完成披露試写後には、原作ファン・キャストファン双方から絶賛の声が多く上がったのだった。 今回本サイ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】東野幸治“女版憂歌団”に唸る T字路sのボーカルに「なんちゅう声や…」

TechinsightJapan / 2017年05月14日14時43分

内田英治監督、渋川清彦主演で話題となった映画『下衆の愛』のために書き下ろした作品で、MVには映画に出演した女優・内田慈(うちだ ちか)が登場して雰囲気を盛り上げる。 「憂歌団」は1975年10月にシングル『おそうじオバチャン』でデビューした大阪出身のブルースバンドで、木村充揮・内田勘太郎・花岡献治・島田和夫の4人でスタートした。1998年にバンドの冬眠を宣 [全文を読む]

公開まで残り1か月!ボイメン田中俊介が全身全霊で挑んだ「ダブルミンツ」の本質を語る!!

Walkerplus / 2017年05月03日10時00分

そんな「ダブルミンツ」の見どころを、主演の田中俊介にインタビューしてきたぞ!■ 衝撃の問題作と言われる「ダブルミンツ」の作品がもつ魅力とは!?――「ダブルミンツ」、一足早く拝見させていただきました!今回、この映画が田中さんの映画初主演作となりますが、今回の出演となったきっかけを教えてください?「『ダブルミンツ』を手がけた内田英治監督に、今回お話をもらいまし [全文を読む]

OKAMOTO’Sのアドレス帳 Vol.17 吉村界人 × オカモトレイジ

NeoL / 2017年04月20日12時00分

今後、『獣道』(内田英治監督/2017年7月15日公開)『お前はまだグンマを知らない』(水野格監督/2017年7月22日公開)『関ヶ原』(原田眞人監督/2017年8月26日公開)など、多数の話題作の公開を控える。 http://office-saku.com/artists/new_actors/kaito_yoshimura.html OKAMOTO'S [全文を読む]

アントニー、映画出演オファーに「確実にドッキリだと」

Smartザテレビジョン / 2017年01月24日08時00分

映画「獣道」は、閉塞感の中でもがく今時の青春を描いたブラックコメディーで、脚本・監督を務めるのは、昨年「下衆の愛」で話題となった内田英治。前作に引き続き、オリジナル脚本での監督作だ。 親の愛を知らずに育ち、自分の居場所を求め宗教施設や風俗の世界へ身を転じていく少女・愛衣を演じる伊藤。 次々に宗教団体を渡り歩いた母親によって、宗教施設に入れられ、そこで7年 [全文を読む]

【女性チャンネル♪LaLa TV】にて8/8(月)よりCS初放送!大人気グループBOYS AND MEN主演!メンバーが演じる理想のキスのカタチ(ハート)ドラマ「キスのカタチ」

PR TIMES / 2016年08月04日10時12分

照れながらも体当たりで演じ切る彼らの初々しい姿にも注目です!ぜひ、あなたのお気に入りのキスのカタチを見つけてください(ハート) [画像: http://prtimes.jp/i/7517/140/resize/d7517-140-567380-1.jpg ] ドラマ「キスのカタチ」 放送日時:8月8日(月)23:30<ドラ☆バラ11>/毎週月23:30~ [全文を読む]

中島裕翔主演!ごはんをめぐる恋愛小説『僕らのごはんは明日で待ってる』が映画化

ソーシャルトレンドニュース / 2016年02月01日05時00分

昨年には映画『家族ごっこ』(内田英治・木下半太監督)に出演、12月に公開された『風のたより』(向井宗敏監督)では映画初主演をつとめた。現在「いつかティファニーで朝食を」(15-16/NTV)に出演中。美少女タレントの登竜門として知られる「ゼクシィ」の8代目CMガールにも抜擢された。映画、ドラマ、CMと幅広く活躍する、今もっとも注目される若手女優である。■市 [全文を読む]

“大自然のなかの文化祭”『湖畔の映画祭』2015年8月1日(土)・2日(日)富士五湖・本栖湖にて開催!~ 太陽の下で音楽を聴き、星空とともに映画鑑賞を ~

@Press / 2015年06月24日10時30分

) <ゲスト> ・木下ほうか(「グレイトフルデッド」俳優・製作) ・武正晴(「百円の恋」監督) ・松本花奈(「真夏の夢」監督) and more! <上映作品> ・「百円の恋」(監督:武正晴、出演:安藤サクラ) ・「メイクルーム」(監督:森川圭、出演:森田亜紀) ・「真夏の夢」(監督:松本花奈) ・「グレイトフルデッド」(監督:内田英治、出演:笹野高史) [全文を読む]

フォーカス