加藤保憲のニュース

京極版“妖怪大戦争”!京極夏彦最新作『虚実妖怪百物語』 序・破・急、10月22日(土)より3週連続刊行!

PR TIMES / 2016年10月11日12時00分

そして、魔人・加藤保憲(かとう・やすのり)らしき男も現れ・・・・・・。本作は、著者が映画『妖怪大戦争』(2005年公開)製作プロデュースに参加した際、自身が創作した未発表プロットをふくらませて書かれた作品。見えるはずのない妖怪が見えるようになってしまった現代を舞台に、日本滅亡を目論む魔人と対決する、いわば京極版“妖怪大戦争”ともいえる壮大な小説です。作中に [全文を読む]

水木しげる・荒俣宏ら実在の人物にとてもよく似た人が登場!? 京極夏彦最新作『虚実妖怪百物語』のストーリーに驚愕必至!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月21日18時00分

作中には、作家・荒俣宏による大作『帝都物語』のキャラクターで、映画「妖怪大戦争」にも登場した魔人・加藤保憲が登場。他にも、榎木津というどこかで聞いたことがある名字の青年や、漫画家・水木しげる、作家・荒俣宏、京極夏彦、編集者、妖怪専門誌『怪』関係者などが多数実名で登場する。著者史上最長計1,900枚の超大作を存分にご堪能しよう。 この物語はフィクションだと [全文を読む]

京極夏彦史上最長計1,900枚の超大作を一気読み!『虚実妖怪百物語 序・破・急』が電子合本版で配信決定

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月14日17時30分

そして、魔人・加藤保憲(かとうやすのり)らしき男も現れ…。 作中には、作家・荒俣宏による大作『帝都物語』のキャラクターで、映画「妖怪大戦争」にも登場した魔人・加藤保憲が登場。また、榎木津(えのきづ)というどこかで聞いたことがある名字の青年、さらに、漫画家・水木しげる、作家・荒俣宏、京極夏彦、編集者、妖怪専門誌『怪』関係者と“とても良く似た”キャラクターが多 [全文を読む]

京極夏彦史上最長計1,900枚になった理由とは…?“京極版妖怪大戦争”『虚実妖怪百物語』発売記念イベントで語られた裏話

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月18日18時00分

その日本兵は、かの魔人・加藤保憲に、よく似ているように見えた――。妖怪専門誌『怪』編集部のアルバイト・榎木津平太郎は編集長と水木プロダクションを訪れた。打ち合わせの途中、水木しげる氏は突如叫んだ。「妖怪や目に見えないモノが、ニッポンから消えている!」と。だがその言葉とは逆に、日本中に次々と妖怪が現れ始める。妖怪の出現により国内だけでなく日本周辺でも騒動が勃 [全文を読む]

欅坂46・平手友梨奈&長濱ねる、演技上達の鍵を握るのは嶋田久作? 『徳山大五郎』での成長を見る

リアルサウンド / 2016年09月17日06時55分

嶋田久作といえば、『帝都物語』で演じた加藤保憲の強烈すぎるインパクトが未だに消えない、日本を代表する個性派俳優だ。名バイプレーヤーとして、様々な映画やドラマで脇を固める彼が、この『徳山大五郎を誰が殺したか?』ではタイトルロールを演じている。そのタイトルの通り、第1話からずっと死んでいる状態で1クール駆け抜けるから、なかなか奇妙な役回りだ。 第7話で徳山大五 [全文を読む]

フォーカス