渡辺俊介のニュース

社会人野球に復帰した元千葉ロッテ・渡辺俊介はなぜ今もマウンドに上がるのか?

週プレNEWS / 2016年08月07日11時00分

地上わずか3センチの低さから繰り出す個性的なアンダスローで「サブマリン」の異名をとった元千葉ロッテの渡辺俊介。2013年に千葉ロッテを退団した彼が最後に選んだのはプロのマウンドではなかった。 ●前編記事参照→「“世界一低いサブマリン”渡辺俊介が投手兼コーチとして社会人野球の舞台に帰ってきた理由」 ■アメリカで感じた日本野球の限界 千葉ロッテでは誰もが認める [全文を読む]

【書評】渡辺俊介を一億円選手にした「1センチ1000万円」思考法

まぐまぐニュース! / 2017年03月20日10時00分

しかしそんなネガティブな仕事も、千葉ロッテなどで活躍したミスターサブマリンこと渡辺俊介投手を1億円プレーヤーにしたある考え方を応用すれば、たちまち意味あるものに、そして達成感を得られるものに変えられてしまいます。無料メルマガ『ビジネス発想源』では著者の弘中勝さんが、渡辺投手の著書を取り上げつつその方法を紹介しています。 技術の金額換算 最近読んだ本の内容か [全文を読む]

“世界一低いサブマリン”渡辺俊介が投手兼コーチとして社会人野球の舞台に帰ってきた理由

週プレNEWS / 2016年08月06日06時00分

地上わずか3センチの低さから繰り出す個性的なアンダスローで「サブマリン」の異名をとった元千葉ロッテの渡辺俊介。 2013年に千葉ロッテを退団した彼が最後に選んだのはプロのマウンドではなかった。7月に行なわれた都市対抗野球では惜しくも1回戦で敗退したが、彼の想いは続いていく――。 * * * 新聞記者たちの囲み取材が一段落すると、渡辺俊介はいきなり通路の床に [全文を読む]

じゅんいちダビッドソン、渡辺俊介さんの球を受けるも…

ベースボールキング / 2017年03月12日16時30分

1周年記念セレモニーに登場したサッカー日本代表・本田圭佑のものまねでお馴染みのじゅんいちダビッドソンが、野球レッスンの講師として参加した元ロッテ渡辺俊介氏の球を受けた。 セレモニーは渡辺氏、じゅんいちダビッドソンのトークで盛り上がっていたが、MCのお笑い芸人・ヴェートーベンが「渡辺俊介さんの球を見てみたくないですか?」と、声をかけると会場のお客さんが拍手。 [全文を読む]

渡辺俊介さんが“キューバ式”の野球教室 アンダースロー講習も

ベースボールキング / 2017年03月13日18時00分

◆ キューバ式の野球教室 3月12日(日)、『ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA』の1周年記念イベントとして、元ロッテで現在新日鐵住金かずさマジックの選手兼任コーチを務める“ミスターサブマリン”こと渡辺俊介さんの野球のレッスンが開催された。 小学生から大人まで幅広く集まった野球レッスンは、大いに盛り上がった。渡辺さんは国内だけでなく、 [全文を読む]

渡辺俊介氏、侍Jが対戦するオランダを警戒「強い」

ベースボールキング / 2017年03月12日15時45分

3月12日(日)、『ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA』の1周年記念イベントに参加した元ロッテで現在は新日鐵住金かずさマジックの選手兼任コーチを務める“ミスターサブマリン”こと渡辺俊介氏が、熱戦が繰り広げられているワールド・ベースボール・クラシック(WBC)について語った。 渡辺氏は、WBCの第1回大会と第2回大会に出場し、いずれも世 [全文を読む]

メジャー挑戦の渡辺俊介“世界一低いアンダースロー”が、動画サイトで注目度急上昇中!

日刊サイゾー / 2013年11月19日11時00分

千葉ロッテで一時代を築き、来季大リーグに挑戦すると表明した渡辺俊介投手が、球団よりもアメリカの野球ファンから注目されている。世界一低いアンダースローといわれる投球映像が動画サイトで話題となり、30万アクセスを超えるものも出ているのだ。 アメリカの人気野球サイトでは、その超低空スローが話題となり「かつて見たことがないフォーム」「こんな投げ方でホームベースに届 [全文を読む]

【侍ジャパン】過去3大会の2番手投手といえば…

ベースボールキング / 2017年03月04日09時00分

その他、杉内俊哉、和田毅、渡辺俊介はロングリリーフをこなし、中継ぎを専門にする藤田宗一は第1ラウンドの韓国戦、試合序盤のピンチにワンポイントで登板している。【2006年】清水直行(2試合)2試 0勝0敗1S 4回1/3 責2 防4.19薮田安彦(2試合)2試 0勝0敗 2回 責0 防0.00杉内俊哉(1試合)1試 0勝1敗 1回1/3 責2 防13.84 [全文を読む]

【プロ野球】バレンティンはWBCからの60本塁打で「王さん超え」。WBCで日本と対戦した助っ人外国人選手たち

デイリーニュースオンライン / 2017年03月02日17時05分

先発の渡辺俊介(ロッテ)は韓国打線を序盤から封じ、試合を優位に進める。しかし5回表に失点し、リードは1点に。そして8回表、日本は4番手・石井弘寿(ヤクルト)がマウンドに上がる。 石井は1死から2番・李鍾範に安打を打たれ、打席には3番・李承燁。李承燁はカウント3-1から高めに浮いたスライダーを逃さずに振り抜くと、打球はそのままライトスタンドへ。この一打で2対 [全文を読む]

【プロ野球】伝説の「あかんねんでー」交流戦“やっちまった”事件簿

デイリーニュースオンライン / 2016年06月04日16時05分

渡辺俊介、完封したのに「喝」事件 2005年、交流戦初年度の5月8日ロッテ対横浜戦(横浜スタジアム)。この試合で一際輝いたのロッテの渡辺俊介だった。9回を投げきっての完封勝利。しかし、この試合、渡辺は不慣れなバッティングに四苦八苦。なんと1試合5打席連続三振のプロ野球ワーストタイ記録に並んでしまった。 普段、打席に入る機会がないとはいえ、あまりに情けな [全文を読む]

【プロ野球】ムエンゴ(無援護)投手たちの不条理なシーズン成績

デイリーニュースオンライン / 2016年05月01日15時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■憂き目に遭った幕張のサブマリン 渡辺俊介(2009年・ロッテ) 25試合 3勝13敗 防御率4.05 援護率2.59(リーグワースト) 近年の負け運投手を語る上で欠かせないのは、2009年の渡辺俊介。このシーズンの渡辺は、13回のクオリティ・スタート(QS)を成功させながら、そのうちの1 [全文を読む]

[プレミアリーグEAST]柏U-18がU-17代表FW中村2発などで王者・鹿島ユース撃破!青森山田、FC東京U-18も勝ち点3獲得!:第2節2日目

ゲキサカ / 2016年04月17日19時55分

昨年2位の青森山田高(青森)と同3位の大宮アルディージャユース(埼玉)との一戦は前半12分に大宮の1年生FW渡辺俊介が先制ゴール。対する青森山田は後半24分にDF小山新のゴールで追いつくと、30分にはDF三国スティビアエブスが決勝点を決めて2-1で逆転勝ちした。 流通経済大柏高(千葉)対FC東京U-18(東京)戦は前半4分にFW中村翼のPKで流経大柏が先 [全文を読む]

U-15日本代表候補練習試合、GK高田侑真、DF渡辺俊介、MF武眞大、MF若月輝(8枚)

ゲキサカ / 2015年03月02日08時50分

神奈川県内で合宿中のU-15日本代表候補は1日、2試合のトレーニングマッチを行い、湘南ベルマーレユースに0-1で敗れたが、厚木北高を1-0で下した。 [全文を読む]

WBC後に調子を落とした先発投手といえば…

ベースボールキング / 2017年04月19日11時15分

第1回大会に出場した渡辺俊介(当時ロッテ)がその一人。渡辺はWBC前年の05年に15勝を挙げる活躍をみせ、チームの31年ぶり日本一に貢献。WBCでは3試合に登板し、先発した第2ラウンドの韓国戦で6回を無失点に抑える好投を披露するなど、世界一の立役者となった。 シーズンが開幕してからは3月29日の日本ハム戦、8回1/3を2失点に抑え勝利を挙げるなど幸先の良 [全文を読む]

故障、不振…前年よりも成績を下げたWBC戦士は?

ベースボールキング / 2017年03月26日10時00分

【2006年】渡辺俊介05年:23試 15勝4敗 防2.1706年:23試 5勝11敗 防4.35☆日本一となった05年は15勝を挙げる活躍を見せ、WBC日本代表に選出。WBCでは3試合に登板し、先発した第2ラウンドの韓国戦では6回を無失点に抑えた。世界一に大きく貢献した渡辺だったが、シーズンでは5勝11敗と大きく負け越し、3年連続二桁勝利を逃した。杉内俊 [全文を読む]

【白球つれづれ】“絶滅危惧種”のサブマリンを考える

ベースボールキング / 2017年03月15日17時15分

◆ 国際舞台で輝く理由 思えば第1回・第2回大会では、渡辺俊介のサブマリンが威力を発揮した。そして前回、今回と牧田の出番となる。 では、なぜ国際大会でサブマリンが有効なのか?ひとつ目はこれまで経験したことのない『軌道』と『タイミング』だ。 [全文を読む]

本田がゴルフレッスンを体験?! ZOZOPARKが1周年記念イベントを開催

サッカーキング / 2017年03月12日20時07分

この日は、元千葉ロッテマリーンズの渡辺俊介氏による野球レッスンやNECグリーンロケッツの選手が講師を務めるラグビー体験教室も開かれ、大勢の家族連れや若者で賑わった。 セレモニー終了後は、じゅんいちさんもゴルフレッスンを体験。ゴルフの魅力にすっかりハマったようで、何度もスイングを繰り返しながら、「伸びしろしかないですねえ」と動作を体に覚えこませていた。 1周 [全文を読む]

WBCの悪影響 「第2のG.G.佐藤」が生まれる懸念も

NEWSポストセブン / 2017年03月07日16時00分

しかし、過去の日本代表戦を振り返ると、第2回WBCでMVPを獲った松坂大輔(36、ソフトバンク)や杉内俊哉(36、巨人)、渡辺俊介(40、現・新日鐵住金かずさマジック、当時ロッテ)など、力投するとその後のキャリアに深刻な影響を受ける投手が少なくない。 悪影響は投手に限らない。野手で過去に印象的だったのは、2008年8月の北京五輪で失点に絡む失策を連発したG [全文を読む]

WBCでの力投でキャリアに深刻な影響受ける投手少なくない

NEWSポストセブン / 2017年03月07日07時00分

この年は4勝6敗、防御率5.76と成績を下げ、それ以降満足のいく投球ができていないのは周知の通りです」 第1回でも、杉内俊哉(36、巨人)が前年の18勝4敗から7勝5敗へ、渡辺俊介(当時ロッテ)が同じく15勝4敗から5勝11敗へと、WBC開けのシーズンで明らかに数字を落とした。 「今回は、先発に中継ぎとフル回転での起用が予定される則本昂大(26、楽天)が心 [全文を読む]

中居正広が表紙の「デジタルTVガイド」2017WBC総力特集号が本日発売!

PR TIMES / 2017年02月24日10時00分

◆表紙・巻頭グラビア 中居正広 2017ワールドベースボールクラシック“侍ジャパン公認サポートキャプテン” 中居正広が侍ジャパンへの思い、そして野球への愛を激白! 少年のような表情を見せるグラビアも必見!! ◆“世界一奪還へ!”2017WBCテレビ観戦ガイド ◎“侍ジャパンの主砲”筒香嘉智スペシャルインタビュー ◎全28名日本代表選手名鑑&ライバル国戦力 [全文を読む]

フォーカス