村岡花子のニュース

御曹司との道ならぬ恋、息子との死別…、朝ドラ『アンと花子』の主人公・村岡花子ってどんな人?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年05月13日18時20分

そして、不思議なことに、その言葉ひとつひとつが、この作品の翻訳に携わった村岡花子の人生と重なりあっているのだ。2014年度前期の朝ドラ『花子とアン』で描かれている村岡花子とは一体どのような人生を送った人物なのだろうか。朝ドラの原案となった『アンのゆりかご―村岡花子の生涯』は、花子の孫にあたる村岡恵理氏によって書かれた評伝だという。「朝ドラの続きが気になる」 [全文を読む]

NHK連続テレビ小説「花子とアン」公認!モデルとなった村岡花子の朗読CD発売!

PR TIMES / 2014年04月17日19時05分

ユニバーサルミュージック合同会社(本社:東京都港区、社長兼最高経営責任者(CEO):藤倉尚 / 以下、ユニバーサル ミュージック)は現在NHKで放送されているNHK連続テレビ小説「花子とアン」のモデルとなった村岡花子本人による朗読を収録したCD『花子からおはなしのおくりもの 朗読:村岡花子』として4月16日に発売致しました。 村岡花子は、翻訳家や文筆家とし [全文を読む]

「花子ロス」患者必読! ドラマでは描かれなかった花子をめぐる人々の実際

ダ・ヴィンチニュース / 2014年10月05日05時00分

【画像あり】『村岡花子エッセイ集 想像の翼にのって』中面をチェック 村岡花子氏著『村岡花子エッセイ集 想像の翼にのって』(河出書房新社)は、朝ドラヒロインのモデルとなった村岡花子氏の言葉が詰め込まれた作品だ。単行本未収録、新発掘エッセイが多数というこのエッセイ集にはなんと美しい言葉が織り交ぜられているのだろう。この作品は、朝ドラでは描かれなかった彼女や彼 [全文を読む]

実は誤訳や省略がいっぱいだった村岡花子訳の「アン」

WEB女性自身 / 2014年08月03日16時00分

名訳といわれる村岡花子の『赤毛のアン』だが、『快読『赤毛のアン』』(彩流社刊)の著者で川村学園女子大学の菱田信彦教授は、誤訳や疑問点、不正確な点を指摘する。 第1章、マリラがリンド夫人に孤児を引き取る計画を話している場面。村岡訳はこうだ。《最初マシュウはくろんぼの子はどうかって言いだしたんだけれど、それにはわたしはきっぱり『いやだ』と言ったんですよ。何もそ [全文を読む]

一足先に春を満喫 都内最大級の雛まつりイベント 圧巻!約1,000点の貴重な雛人形を展示『百段雛まつり ~九州ひな紀行II~』目黒雅叙園にて2017年1月20日(金)~3月12日(日)好評開催中!

@Press / 2017年01月25日11時00分

■見どころ(2) 特別展示!柳原白蓮と村岡花子の愛したお雛様通常は非公開である柳原白蓮が愛した有職雛(ゆうそくびな)と、村岡花子ゆかりの雛人形と雛道具を特別公開しています。九州にゆかりのある柳原白蓮は大正時代を代表する歌人であり、明治、大正、昭和と激動の時代を生きた女性です。また、その腹心の友である村岡花子は「赤毛のアン」をはじめとする多くの海外文学を不朽 [全文を読む]

累計来場者数40万人以上!都内最大級の雛人形展第8弾 百段雛まつり九州ひな紀行IIを2017年1月20日~3月12日開催@目黒雅叙園 文化財「百段階段」にて

@Press / 2016年12月06日10時30分

◇見どころ(2) 【特別公開】柳原白蓮と村岡花子の愛したお雛さま柳原白蓮は大正時代を代表する歌人であり、明治、大正、昭和と激動の時代を生きた女性です。筑豊の炭鉱王、伊藤伝右衛門の元に嫁ぎながらも自らの愛を生き抜き、時代の扉を開けようと努めました。その腹心の友である村岡花子は「赤毛のアン」をはじめとする多くの海外文学を不朽の名訳で日本に紹介した翻訳者、児童文 [全文を読む]

花子と桃子 子どもの本棚を豊かにした2人

クオリティ埼玉 / 2014年07月31日14時50分

朝のNHK連続テレビ小説『花子とアン』はたいへんな人気で、児童文学者・村岡花子がにわかにクローズアップされている。その勢いは、村岡花子と共通点が多い石井桃子にも及んでいる。 村岡より14年後輩の石井は1907(明治40)年に浦和の中仙道沿いの家に生まれ、埼玉女子師範附属小学校から埼玉県立浦和高女(現・県立浦和第一女子高校)を経て、日本女子大の英文科に進んだ [全文を読む]

『花子とアン』人気の理由 正統派ながら冒険加えているから

NEWSポストセブン / 2014年07月14日11時00分

NHK連続テレビ小説で人気の『花子とアン』(脚本・中園ミホ)は、『赤毛のアン』の翻訳家、村岡花子の明治から昭和にかけた激動の半生を描いた、花子の孫の村岡恵理氏の著書『アンのゆりかご』(新潮文庫)が原案である。 7月5日には放送開始以来、最高視聴率となる25.9%を記録。週間視聴率は放送開始から14週連続で21%を超えている。 縁の地をめぐる“聖地巡り”も盛 [全文を読む]

「ごちそうさん」からバトンタッチ! 『赤毛のアン』の翻訳者がモデル 吉高由里子 主演「花子とアン」

PR TIMES / 2014年03月28日13時24分

“夢見る力”を持つヒロインが、「ときめき」届けます!「花子とアン」は、『赤毛のアン』の翻訳者・村岡花子の波乱万丈の半生記。つらいときも、悲しいときも、“夢見る力”を支えに乗り越えた花子(吉高由里子)が、明治・大正・昭和の激動期をしなやかに、たくましく生きた姿を描きます。【放送期間】 2014年3月31日(月)~ 2014年9月27日(土)全156回 (予定 [全文を読む]

吉高由里子、朝ドラヒロインはプレッシャー?「助けて…」

モデルプレス / 2014年03月03日15時06分

本作のヒロインである「赤毛のアン」の翻訳者・村岡花子(安東はな)役を演じる吉高は、中園氏の「吉高さん演じる村岡花子に惚れ込んで書いてる」という言葉を受け、「ただいまプレッシャーをかけられました吉高由里子です」と挨拶。出来上がった作品を観た感想を、「まだあんまり自分が出てないので、客観的に作品を観ることができました。安東家の家族がずっとそこにいたように自然 [全文を読む]

フォーカス