一色紗英のニュース

一色紗英さんの健康法は「一日一個」食べるりんごにあり?

アサジョ / 2017年01月13日10時14分

健康にいいものはたくさんある中で、女優の一色紗英さんは、あのフルーツを絶賛しています。 あるとき、娘さんが体調の悪いという一色ママに対して「アップルクランブル」を手作りしたのだとか。一日一個、リンゴを食べているという一色さん。そもそもリンゴにはどんな効果があるのでしょうか? リンゴには「リンゴポリフェノール」が含まれていることはよく知られています。ポリフェ [全文を読む]

レアものから手作りまで!千秋のおやつ事情

アサジョ / 2016年07月11日09時59分

一色紗英オリジナルの手作りグラノーラ一色紗英さんからもらったという手作りの「グラノーラ」。千秋さんは、朝ごはんだけでなく、おやつ代わりにも食べているそうです。 千秋さんのおやつは、なかなかバラエティに富んだものですね。 [全文を読む]

CPCMにて人気のブランド "ARCHI(アーキ)"のPOP-UPを開催致します!

PR TIMES / 2017年04月19日17時26分

ディレクターの一色紗英、デザイナーの大畑由香によって表現されるARCHIの世界観。それは、世界各地を旅して出会った素材や文化にインスピレーションを得て創られています。 今回は、期間中に限り、通常お取り扱いのないアイテムまで、新作コレクションが幅広くラインナップ致します。 是非、この機会にショップにてARCHIのものづくりの奥深さに触れてみてください。 [ [全文を読む]

「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(1)「鬼龍院花子の生涯」脚本家・高田宏治インタビュー

アサ芸プラス / 2016年09月11日09時57分

それから「藏」(95年、東映)も、烈という少女の役が宮沢りえから一色紗英に代わった。──すでにキャストの発表もあっただけに、宮沢りえの降板は騒動になりました。高田 本来は2番手だった義理の母役の浅野ゆう子が、トップじゃないとイヤだと言い出した。そうなると宮沢サイドが「話が違う」と怒るのはしゃあないな。──会見で浅野は「順列はあいうえお順かと思った」ととぼけ [全文を読む]

俺たちを焦がした「夏のいいオンナ」!(7)<後藤理沙・ポカリスエット>キャッチフレーズの「ポスト広末」に猛反発

アサ芸プラス / 2016年08月19日09時57分

後藤 森高千里さんが初代で、それから宮沢りえさん、一色紗英さん、中山エミリさんときて、私が5代目ですね。── どのシリーズも海外ロケが多かった記憶がある。後藤 はい、私は3年近くやりましたけど、最初がユタ州のロッキー山脈。これが初めての海外で、パスポートも初めて作りました。ただ、ユタはですねえ‥‥とにかく乾燥がひどかった。ちょっと鼻をかむと鼻血が出ちゃうく [全文を読む]

愛しあい支えあい時には争いも!?日本ドラマの魅力的な兄弟姉妹たち!

日本タレント名鑑 / 2016年07月27日14時55分

明るく綺麗で頭の良い妹思いの姉(1990年版・中嶋朋子さん/1997年版・一色紗英さん)。要領が良く何でも出来ますが、少々無理をしています。その姉が事故で亡くなり、姉と比較されダメ扱いされているマイペースな妹(1990年版・石田ひかりさん/1997年版・奥菜恵さん)の成長を、3年間を通して描いています。 2005年の『危険なアネキ』。伊東美咲さん演じる姉は [全文を読む]

窪塚洋介はオワコン?参院選で三宅洋平を応援するも不評だったワケ

デイリーニュースオンライン / 2016年07月14日12時05分

そんな三宅の演説に心動かされ、X JAPANのSUGIZO(47)や女優の一色紗英(39)、格闘家の山本KID徳郁(39)など賛同の意を示した著名人は少なくなかった。そのうちの一人である窪塚は9日、三宅を援護するべく、品川で行われた選挙フェスで「一票一揆」と書いた白Tシャツを着て壇上に登場。「こんな政(まつりごと)良い」と選挙フェスの雰囲気について満足気な [全文を読む]

写真家・野村誠一氏 スタイルでNo.1は和久井映見

NEWSポストセブン / 2016年05月14日07時00分

過酷なロケでしたが、亜希子ちゃんは嫌な顔ひとつせず、とても素直な子でしたね」 浮世離れしていた当時、一色紗英の撮影では赤道直下の島々を巡り渡るというプランまで浮上した。 「皆で本気で考えて、世界地図を広げて赤道上の島を調べたんですが、意外に少なくてやめちゃいました。それでも、ニューヨークやイギリスで撮影。今じゃ考えられない贅沢だよね」 ※週刊ポスト2016 [全文を読む]

ポカリ新CMの美少女・八木莉可子に「可愛すぎる」と絶賛の声...先輩・水原希子を超える逸材?

メンズサイゾー / 2016年04月16日12時00分

「ポカリスエット」のCMは1986年の「第1回ポカリスエット・イメージガール・コンテスト」をきっかけに飛躍が期待される若手女性タレントが起用されることが多くなり、宮沢りえ(43)や一色紗英(38)、中山エミリ(37)、鈴木杏(28)、綾瀬はるか(31)らのブレイクを決定づけたことで知られる。 そのスター発掘率の高さから「ブレイク女優の登竜門」と呼ばれ、昨 [全文を読む]

ゼクシィ、リハウス、きれいなおねえさん!CMでブレイクした女優・俳優たち!

日本タレント名鑑 / 2016年03月22日13時55分

坂井真紀さん、一色紗英さん、池脇千鶴さん、蒼井優さん、夏帆さんなど、そうそうたるメンツが出演されています。さらには前述の『JR SKISKI』にも起用されている川口春奈さん、山本舞香さんも。お嬢様的な「正統派美少女」のイメージです。 一方、元気美少女のイメージが強いクレアラシルのCM。広末涼子さんのフレッシュな可愛さがこのCMで話題となりました。実は広末さ [全文を読む]

「親から躾をされなかったから、子供には厳しく」をモットーに、hitomiのPTA参加宣言

messy / 2015年12月13日11時00分

ただ、プロフィールにともさかが生まれ年を記載しているのに対し、千秋とhitomi、それにモデルの米田有希(37)と一色紗英(38)は記載しておらず年齢を明かしていないという謎仕様が気になる。全員書いてもいいじゃないか……。 気を取り直し、まずはともさかのインタビューを見てみよう。2004年、25歳の頃に前夫との間に息子をもうけ、以来、仕事と子育てを両立して [全文を読む]

元リハウスガール・山本舞香、『南くんの恋人』ヒロイン役で大ブレイクの予感

AOLニュース / 2015年11月23日12時00分

リハウスガールといえば初代の宮沢りえを始め、一色紗英、池脇千鶴、蒼井優、夏帆らを輩出してきたブレイクの登龍門。前任の第13代も川口春奈だった。山本もデビュー前から『鳥取美少女図鑑』に載って注目された素朴ながら抜群の美少女で、ブレイクは確実視されていた。しかし4年経ち、出演作は重ねているものの、予想されたほどには至ってない。要因のひとつは、不況もあってか『三 [全文を読む]

90年代トップアイドル内田有紀 40歳目前に確立したポジションで第2次ブーム到来か

AOLニュース / 2015年10月18日12時00分

ちなみに、23年前のドラマデビュー作『その時、ハートは盗まれた』(フジテレビ系)から、一色紗英が演じた主人公のファーストキスを奪う役で鮮烈な印象を残している。ショートカット美少女で百合感が似つかわしかった。 内田はこのドラマをきっかけに90年代中盤のスーパーアイドルとなった。歌手デビューシングル「TENCAを取ろう!-内田の野望-」では、グループ出身でない [全文を読む]

「天使のように可愛い」モデルの中条あやみ、ポカリ新CMで髪を振り乱す全力疾走!

メンズサイゾー / 2015年04月19日12時00分

これまで、宮沢りえ(42)、一色紗英(37)、中山エミリ(36)など数々の美女たちを起用してきたポカリのCM。1980年代から続くシリーズは視聴者の認知度も高く、それゆえ最新作が放映されるたびに注目を集める。新CMも中条の抜擢が発表されるとネットニュースで取り上げられるなど大きな話題に。テレビオンエアの前から同社の公式サイトでは映像が公開されており、多く [全文を読む]

鈴木杏、広末涼子の代役で大河初出演もネット上からは辛辣なコメントも...

メンズサイゾー / 2015年03月17日10時00分

宮沢りえさん(41)、一色紗英さん(37)、中山エミリさん(36)といった歴代出演者に劣らない美少女っぷりをアピールした彼女はこのCMで一躍知名度を上げました。 その後鈴木さんは日本演劇界の巨匠・蜷川幸雄さん(79)の舞台に出演するなど、女優として順調にキャリアを積んでいます。しかし可憐な美少女時代から彼女のことを知っている視聴者の中には、徐々に大人の女性 [全文を読む]

宮沢りえが見せる、人気者ゆえの悩みを抱える“後輩”への気遣い

アサ芸プラス / 2014年11月11日09時59分

『リハウスガール』は、坂井真紀、一色紗英、蒼井優など、多くの人気女優を輩出しています。宮沢は、昨年、13代目の川口春奈が主演したドラマ『夫のカノジョ』(TBS系)が平均視聴率3.8%で打ち切りなった時に、彼女が落ち込んでいると聞いて、手紙を送ったそうです。大先輩である宮沢の手紙に川口は感激し、『頑張ろう』と立ち直った」(前出・芸能関係者) 「若い女優は写真 [全文を読む]

石原さとみ、佐々木希ら有名女優が次々にキャスティングされる“キャバドラ“の魅力とは?

メンズサイゾー / 2014年09月29日10時00分

財前直見(48)を主演に据え、原沙知絵(36)、一色紗英(37)といったメンツがキャバ嬢を演じた『お水の花道』(フジテレビ系)は、1999年からシリーズ化されるほどのヒットとなっている。また、伊東美咲(37)、釈由美子(36)による『危険なアネキ』(フジテレビ系)や、原幹恵(27)や木口亜矢(28)のほか、蒼井そら(30)などのセクシー女優が名を連ねた『嬢 [全文を読む]

顔の劣化は自力で食い止める! 話題の“顔ダンス”とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年09月03日11時40分

特に話題にあがるのが、一色紗英や鈴木亜美、酒井若菜や吉川ひなのなど、10代の頃に大ブレイクして人気の絶頂を迎えたが、現在はメディア露出が激減している女性たち。若い頃からテレビで活躍していた芸能人が、当時の姿と比べられ「劣化した」と言われるのは少々可哀想な気もするが、その共通点は、顔のシワやたるみが目立つなど、老いによるものだ。それは芸能人に限らず、女性なら [全文を読む]

丁寧ママの強すぎる自己顕示欲に圧される…ママ雑誌『nina’s』ウォッチ

messy / 2014年05月02日11時00分

特集『私のこだわり、私のルール』パート1、“有名人ママの暮らしと子育て見せてください”には、昨年離婚しシングルマザーとなった鈴木紗理奈、東日本大震災後にカリフォルニアへ移住した一色紗英が登場。 鈴木は“ママ業をこなしていれば他は何をしてもいい”と、離婚後に行き着いた考えを明かしている。「どんな時も母親であることを意識していたら、仕事など他のことを何もかも [全文を読む]

ポカリCM後藤理沙 MUTEKI出演決定も盛り上がり欠ける理由

NEWSポストセブン / 2013年11月10日16時00分

後藤理沙は、1997年に14歳でデビューし、森高千里や宮沢りえ、一色紗英らが出演したポカリスエットのCMで一躍注目を浴びる存在に。20歳の時に一旦引退を発表したが、2年後に芸能界に復帰し、その後は女優として活動を続けていた。 彼女がデビューするMUTEKIは、「芸能人しかキャスティングしません」をキャッチフレーズに、これまで吉野公佳、濱田のり子(元・セイ [全文を読む]

フォーカス