島田陽子のニュース

島田陽子 「エロティシズム表現は様々、挑戦しがいがある」

NEWSポストセブン / 2017年03月22日07時00分

1980年の「将軍SHOGUN」でゴールデングローブ賞を受賞するなど、「国際女優」として数々のドラマや映画に出演する島田陽子。また、初ヘアヌードに挑戦した写真集『キールロワイヤル』が55万部の大ヒットを記録するなど多方面で活躍。そんな彼女が“ラスト写真集”と話す『quatre』(1994年・スコラ刊。撮影/渡辺達生)の撮影当時を振り返る。 * * * 映画 [全文を読む]

坂口杏里は2,000万円、島田陽子は5億円、梅宮アンナも……芸能界“借金で脱ぐ”女たち

日刊サイゾー / 2016年09月25日09時00分

坂口と同じくMUTEKIからAVデビューした島田陽子はおよそ5億円の借金を抱えていたといわれ、その前にも、ヘアヌードになっています。さらに、梅宮アンナは90年代初頭、当時交際していた羽賀研二の借金の肩代わりのため、2人そろって“ペアヌード”を披露しています。この時の羽賀の借金額は、およそ2億円といわれています」(芸能関係者) いずれも億単位の借金ばかりだが [全文を読む]

島田陽子の男湯乱入事件 風呂に入っていた一般人は呆然

NEWSポストセブン / 2016年04月24日16時00分

女優はそのくらいでなくっちゃ」 そんな渡辺氏でも驚いたのが、“国際女優”と呼ばれた島田陽子の「男湯乱入事件」だ。 「撮影が終わって僕とスタッフが男湯で体を洗っていたら、いきなりドアを開けて裸の彼女が入ってきて、僕たちの間に座ったんだよ! 風呂に入っていた一般のお爺さんは完全に固まっていた(笑い)。そりゃそうだよね。NHKの大河ドラマなどで見た女優さんが、自 [全文を読む]

女優・島田陽子さんも生前予約! 宇宙葬(スペースメモリアル)で死後は星になる!?

ヘルスプレス / 2015年12月15日20時15分

また、女優の島田陽子さんもスペースメモリアル(宇宙葬)を生前予約している一人である。 一方、エリジウムスペース社は、元NASAの技術者が退職後に創業。日本でも一昨年の秋から予約受付を開始した宇宙葬サービスは、発表当時、1.990ドル(約20万円)の格安さが大いに話題を呼んだ。日本では現在『Sorae(ソラエ)』の名称で株式会社みんれびが提供しているが、22 [全文を読む]

島田陽子 映画から離れた空白期間にあった「家庭の事情」語る

WEB女性自身 / 2015年10月25日06時00分

映画では、私は30代から80歳までの役を演じているんですが、ほとんどノーメークに近い状態での撮影でした」 そう話すのは、女優・島田陽子(62)。来年4月公開の映画『塀の中の神様』で5年ぶりにスクリーンに登場する。同作は、詐欺罪で懲役15年の刑に服した宗教団体『法の華三法行』元代表の福永法源氏の半生をドキュメンタリーで描いたものだ。 しばらく彼女が映画などか [全文を読む]

70年代シネマ女優たち・第2回 足元に穴を掘ってキスシーン

アサ芸プラス / 2012年02月25日10時54分

時代の退廃的なムードは「女優の気質」にも影響したが、唯一、こうした風潮に背を向けたのが島田陽子だ。あくまで背筋を伸ばした演技を第一とし、マドンナとして欠かせない存在だった。もっとも、ただの清純派ではない一面は、たびたび世間を騒がせた──。 わずか1秒にも満たないシーンだった。愛人である天才ピアニスト・和賀英良(加藤剛)との情事を終えたホステスの理恵子は、ベ [全文を読む]

芸能美女「お宝カット」“高騰・下落”最新調査!(3)人気上昇中の吉岡里帆が週刊誌グラビアを飾ると…

アサ芸プラス / 2017年02月19日09時57分

「樋口可南子(58)、島田陽子(63)、高岡早紀(44)など、90年代に大ヒットを連発した名作へアヌード写真集もありますが、ベストセラーとなり大量に出回ったため、今は定価より安く手に入ります。これに対し、70年代は品物があまり入ってこないので、総じて高値となります。加賀の写真集は保存状態がよければ1万4000円くらい。梶芽衣子(69)の写真集も品薄なので、 [全文を読む]

政界屈指のアイドル通・石破茂氏が語るアイドル論

NEWSポストセブン / 2016年10月17日07時00分

歌手以外で定期入れに入れていたのは島田陽子。昭和46年、中学2年生の秋でした。彼女が主演したNET(現テレビ朝日)のドラマ『続・氷点』が大ヒットして話題になりました。私の地元・鳥取ではNETの放送がなかったのだけれど、朝日新聞の『ひと』欄に写真が掲載されて、それが圧倒的に美しかった。もちろん、その記事は今でも持っています(笑い)」 ◆石破茂:1957年2 [全文を読む]

年々下がる成人動画女優出演のハードル 抵抗感減ってるか

NEWSポストセブン / 2016年10月13日16時00分

有名タレントを“脱がす”ことで知られ、吉野公佳(41才)や鈴木早智子(47才)、島田陽子(63才)など多くの女優をデビューさせてきた。 「ただ、有名人になるほど、“疑似”といって、モザイクの先では実際に行為をしていないソフトなプレーになることも多い。男性との絡みのないアダルトな『イメージビデオ』のケースもある。その点、杏里さんはしっかりと本番行為をこなして [全文を読む]

ベッキー“セミヌード”披露で集まる有名人の「意外な応援」

WEB女性自身 / 2016年10月05日06時00分

10月末に主演映画『塀の中の神様』の公開をひかえる島田陽子(63)だ。島田自身、かつて衝撃的なヘアヌード写真集に挑戦し、55万部を売っている。 「私たちショービジネスの世界で生きる人間は、常に世間の目にさらされています。精神的にもビジュアル的にも、ある意味裸になる仕事と言えます。ベッキーさんのヌードへの決断は、気持ちの切り替え、次へ行くためのきっかけとして [全文を読む]

フォーカス