森英恵のニュース

【エンタがビタミン♪】森泉、祖母の森英恵とランチ・ショット 90歳も変わらぬ美しさに「グランマの貫禄!」

TechinsightJapan / 2016年07月31日11時00分

モデル・タレントの森泉が、祖母でファッションデザイナーの森英恵氏とのツーショットを公開した。白のジャケット姿がよく似合う英恵氏は、気品と美しさは昔のままでとても若々しい。 7月30日の『森泉 izumi.mori Instagram』に投稿されたのは、彼女が“ママモリ”と呼ぶ森英恵氏とランチを共にした写真。英恵氏は2004年のパリ・コレクションを最後に第一 [全文を読む]

90歳森英恵「孫たちから着想を」森泉・星姉妹との関係語る

WEB女性自身 / 2017年01月06日12時00分

人生にも言えることだと思うのですが、今の人たちは、過去を振り返ることを大事にする というか、私にしてみれば振り返ってばかりいるような気がします」 こう語るのは、世界的なファッションデザイナーの森英恵さん(90)。彼女は、主婦だった21歳のときに洋裁学校に通い、39歳で米ニューヨークへ進出。自身のブランド「ハナエモリ」は大人気となり、レーガン大統領夫人やセレ [全文を読む]

黒い服コーデ 「和製ココ・シャネル」になる着こなし術

NEWSポストセブン / 2016年08月23日07時00分

何度かお見かけしたのは、ファッションデザイナーの森英恵先生。御年90才ですが、いつもとてもシックで素敵です。森英恵先生は、いかにもデザイナーといった出で立ちで、いつもほぼ全身真っ黒のパンツスタイル。モダンに黒をお召しになっています。 しかし、森英恵先生ほどのセンスがない素人さんには、「全身黒はやめたほうがいいですよ」と申していたのですが、つい先日、とても [全文を読む]

森英恵さんが明かす『とと姉ちゃん』モデル女性との友情秘話

WEB女性自身 / 2016年05月28日06時00分

まあ、話の内容は、最近面白い人に会ったとか、たわいもない世間話ばかり(笑)」 東京の六本木が一望できるオフィスビルの一室で、ファッションデザイナーの森英恵さん(90)が、 13年に93歳で亡くなった大橋鎭子さんとの思い出を語った。 家族のために と自ら会社を起こし、雑誌『暮しの手帖』を創刊した大橋さんの人生は、NHKの連続テレビ小説『とと姉ちゃん』のモチー [全文を読む]

「しゃべりもうまい」伊勢谷友介が尋常じゃなくモテ過ぎてしまうワケ

messy / 2016年04月26日20時00分

現在交際している森星は世界的ファッションデザイナーの森英恵の孫で、もし伊勢谷と結婚すれば山本寛斎と森英恵が親戚関係となり、格式高い芸能一家が誕生する。しかし伊勢谷に結婚願望がないことから実現の可能性は極めて低いだろう。父親が7度も結婚と離婚を繰り返す中で、伊勢谷は結婚に一般的な幸福家庭像を投影していないのかもしれないし、しなくても不都合はない。 [全文を読む]

芸能界を席巻?「姉妹芸能人」に大注目!

日刊大衆 / 2017年05月26日06時05分

祖母が世界的ファッションデザイナーの森英恵(91)という、セレブな家系に育った二人だが、姉の泉はご存じの通り、モデルだけでなくバラエティ番組などでも活躍。妹の星とも“美人姉妹”として、さまざまなテレビ番組で共演を果たしている。星のほうは、姉と同様、人気ファッション誌『CanCam』(小学館)の専属モデルとして活躍。昨年、慶應義塾大学を卒業し、今年からは幅広 [全文を読む]

森泉が独身・岡村隆史に薦めたペットとは!?

Smartザテレビジョン / 2017年05月20日06時00分

世界的なデザイナー・森英恵の孫娘として”セレブ”なイメージの強い森だが、高校時代はアメリカの”ド田舎”で過ごしたという意外なエピソードを語りだす。 また、動物好きとしても知られる森は、ナマケモノ、ブタ、中国犬…といった“ちょっと変わった”動物たちをペットとして飼っていることを明かす。そのラインアップに岡村からも思わず「なんかチョイスが変!」と本音がこぼれ [全文を読む]

加藤諒、あの“眉毛”のルーツに迫る!

Smartザテレビジョン / 2017年05月17日22時11分

祖母・森英恵が提供した映像からは、モデルデビューに秘められた祖母から孫への思いに迫る。 横澤はスタジオでまさかの大号泣。その理由とは…!? MCの加藤浩次は「貴重なホームビデオを皆さんに提供していただいて、どの年代の方にも、時代と共にご自身にオーバーラップしながら見ていただける内容になっていると思います。 僕がMCなので“トゲトゲした番組”だと思う方がいら [全文を読む]

JALのCA制服 ミニスカワンピースが廃止された背景

NEWSポストセブン / 2017年03月15日16時00分

そんななか「攻めたデザイン」だったのが、森英恵がデザインした4~6代目の制服だ。 特に大きな話題になったのが、ジャンボ機導入を機に採用された5代目。当時、世界的に流行していたミニを取り入れた、膝上8cmのワンピーススタイルだ。 1967年から約30年間JALで客室乗務員を務めた航空評論家の秀島一生氏によれば、採用にあたっては客室乗務員からの反響が大きく、 [全文を読む]

新芽のデザイナーたちの言葉を聞く。じっくり読みたいインタビューまとめ【ファッションの未来たち編】

FASHION HEADLINE / 2017年01月03日19時00分

今後の動向が楽しみなニューカマーリストとしても要チェック!■パリコレで魅せた“体から自由に作る”未来のオートクチュール--YUIMA NAKAZATO 中里唯馬17年秋冬オートクチュールコレクションのトップバッターでショーを開催し、日本人としては森英恵以来12年ぶりにオートクチュールコレクションに参加したYUIMA NAKAZATOのデザイナー・中里唯馬。 [全文を読む]

「ブルガリ」の煌めきで、輝く女性を目指して

Spark GINGER / 2016年12月12日12時00分

知性と美が共存した10人のInspiring Women 推薦者により選ばれた10人のInspiring Womenは、桃井かおりさん、柴咲コウさん、滝川クリステルさんといった芸能界の方々から、デザイナーの森英恵さん、キャスティングディレクターの奈良橋陽子さん、そして内閣総理大臣夫人の安倍昭恵さんが推薦されたカンボジアで教育支援活動を行うアナコット カン [全文を読む]

2017年1月パリ・オートクチュール・コレクションの場で発表するYUIMA NAKAZATOの作品でDMM.makeが協賛

PR TIMES / 2016年12月09日11時24分

最近では、レディー・ガガ、ファーギー、EXILE、三代目J Soul Brothers等の衣装デザインを手掛け、2016年7月にはパリ・オートクチュール・ファッション・ウィーク公式ゲストデザイナーの一人に選ばれ、日本人として史上2人目、森英恵氏以来12年ぶりの快挙を遂げた。 独自の素材開発から最新テクノロジーを用いた商品の提案、異業種とのコラボレーション [全文を読む]

2017年1月パリ・オートクチュール・コレクションの場で発表するYUIMA NAKAZATOの作品でDMM.makeが協賛

デイリーニュースオンライン / 2016年12月09日11時00分

最近では、レディー・ガガ、ファーギー、EXILE、三代目J Soul Brothers等の衣装デザインを手掛け、2016年7月にはパリ・オートクチュール・ファッション・ウィーク公式ゲストデザイナーの一人に選ばれ、日本人として史上2人目、森英恵氏以来12年ぶりの快挙を遂げた。独自の素材開発から最新テクノロジーを用いた商品の提案、異業種とのコラボレーション等、 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】柴咲コウ、しっとり和装で「ブルガリ」授賞式へ 桃井かおり、小雪、森星らと豪華「美」の競演

TechinsightJapan / 2016年11月30日09時01分

『「BVLGARI AVRORA AWARDS」授賞式/ゴールデンカーペット』が29日、東京ミッドタウンのキャノピースクエアで開催され、受賞者の桃井かおり、柴咲コウ、森英恵、滝川クリステルらが豪華ジュエリーをつけて登場した。寒空の下、あちらこちらに青白いイルミネーションが点灯する中をゴールデンカーペットを闊歩する“華やかな美の競演”となった。創造力と知性と [全文を読む]

【今週の対決】和とモード…秋のファッション展覧会対決

WEB女性自身 / 2016年10月24日06時00分

当時、世界を魅了したといわれる森英恵の『菊のパジャマ・ドレス』( 66年)は、日本の様式美が凝縮された必見の逸品だ。 【めた坊ジャッジ】日本と世界、それぞれのファッションの歴史が存分に学ぶことができた。その楽しさで今回は引き分けだ! [全文を読む]

早くも“ととロス”!? 『とと姉ちゃん』常子のモデル大橋鎭子、「不倫が一番面白い」瀬戸内寂聴…27人の女性先駆者たちの「名言」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月01日09時00分

ほかにも作家の田辺聖子さん、舞台美術家の朝倉摂さん、デザイナーの森英恵さん、岩波ホール支配人の高野悦子さんのほか、小唄や芸事の師匠、華道家、医師、シスターなどさまざまな方々が登場。すでに鬼籍に入られた方もいるものの、素晴らしい先輩方の言葉を同時代に生きる者としてリアルに受け取ることができるのは、実はとっても幸せなことかもしれない。 中でも異色なのは「10 [全文を読む]

YUIMA NAKAZATOがパリコレで披露した“ホログラム”と共に新宿伊勢丹でポップアップ

FASHION HEADLINE / 2016年08月18日17時00分

このパリ・オートクチュール・コレクションに正式ゲストデザイナーとして日本人が参加するのは、森英恵以来12年ぶり。 [全文を読む]

パリコレで魅せた“体から自由に作る”未来のオートクチュール--YUIMA NAKAZATO 中里唯馬 1/2【INTERVIEW】

FASHION HEADLINE / 2016年07月19日18時00分

近年の日本人デザイナーのパリでの活躍は目覚ましいが、正式ゲストデザイナーとしてオートクチュールコレクションに日本人が参加するのは、森英恵以来12年ぶりのこと。また、ブランドとして海外でショーを行うのは初めての経験だ。YUIMA NAKAZATOデザイナー・中里唯馬は2004年アントワープ王立アカデミーを卒業後、欧州の学生コンテストのインターナショナル・タレ [全文を読む]

ユイマナカザトがかけたテックの魔法。日本人として12年振りのパリ公式スケジュール参加【16-17AWクチュール】

FASHION HEADLINE / 2016年07月15日19時00分

クチュール組合より招待を受けての参加で、公式スケジュールに掲載される日本人クチュリエとしては森英恵以来12年ぶりとなる。 1985年生まれの中里唯馬は、アントワープの王立アカデミー出身。ディーゼル主催のコンクールに2年連続で出場するなど、注目を集めてきたクリエーターで、日本に帰国後は自身のブランドを設立し、ファーギー(Fergie)、レディ・ガガ(Lady [全文を読む]

「ドS同士は長続きしない……」伊勢谷友介と森星の“熱愛”に黄信号!?

日刊サイゾー / 2016年05月25日11時00分

先月、俳優の伊勢谷友介と、世界的デザイナー森英恵の孫でタレントやモデルとして活躍する森星の熱愛が写真週刊誌にスクープされた。 2人は昼下がりの東京・目黒区内の桜の名所を仲良く散歩。その後、伊勢谷のマンションに入っていった。すでに2人は、このマンションで半同棲生活を送っているという。 伊勢谷といえば、元交際相手からDV癖を暴露されるなど、以前からその「ドS」 [全文を読む]

フォーカス