仰木彬のニュース

プロ野球「師弟の絆」裏物語 第1回イチローと仰木彬の「唯一無二」(3)「200本安打」へのこだわり

アサ芸プラス / 2012年09月05日10時59分

【関連記事】 プロ野球「師弟の絆」裏物語 第1回イチローと仰木彬の「唯一無二」(1)「上司と部下」以上の信頼関係 プロ野球「師弟の絆」裏物語 第1回イチローと仰木彬の「唯一無二」(2)“自意識過剰”なルーキー時代 プロ野球「師弟の絆」裏物語 第1回イチローと仰木彬の「唯一無二」(4)酒席で学んだ「プロの真髄」 プロ野球「師弟の絆」裏物語 最終回 新垣渚と [全文を読む]

プロ野球「師弟の絆」裏物語 第1回イチローと仰木彬の「唯一無二」(2)“自意識過剰”なルーキー時代

アサ芸プラス / 2012年09月04日10時59分

【関連記事】 プロ野球「師弟の絆」裏物語 第1回イチローと仰木彬の「唯一無二」(1)「上司と部下」以上の信頼関係 プロ野球「師弟の絆」裏物語 第1回イチローと仰木彬の「唯一無二」(3)「200本安打」へのこだわり プロ野球「師弟の絆」裏物語 第1回イチローと仰木彬の「唯一無二」(4)酒席で学んだ「プロの真髄」 プロ野球「師弟の絆」裏物語 第3回 谷繁元信 [全文を読む]

金村義明のお宝 仰木彬から譲り受けた高倉健の時計

NEWSポストセブン / 2016年09月29日07時00分

野球道具ではないが、裏には「祝い」「仰木彬様 高倉健」とある。近鉄の監督だった故・仰木彬氏の腕時計を、なぜ譲り受けたのかについて金村氏が語った。 * * * 僕の恩人であり、尊敬する仰木彬さん。その仰木さんからいただいたのが、このブレゲの時計です。 1996年にオリックスが日本一になった時、仰木さんが俳優の高倉健さんからお祝いに贈られたもの。裏に「祝い」の [全文を読む]

『80年代パ・リーグ 今だから言えるホントの話』 金村義明/著 3月12日に発売!

PR TIMES / 2016年03月12日10時21分

金村は持ち前のキャラクターで名将・仰木彬など球界の名伯楽たちからは可愛がられ、面倒見のよさから後輩からは“アニキ”と親しまれてきた。結果、球界に幅広い人間関係を築くことに成功した著者だからこそ語れる珠玉の爆笑エピソード集が本書。特定の派閥に属さない金村だからからこそ語りつくせる秘話の数々にオールドファンは爆笑必至、若い野球ファンにとってはにわかに信じられな [全文を読む]

プロ野球「師弟の絆」裏物語 第1回イチローと仰木彬の「唯一無二」(4)酒席で学んだ「プロの真髄」

アサ芸プラス / 2012年09月06日10時59分

【関連記事】 プロ野球「師弟の絆」裏物語 第1回イチローと仰木彬の「唯一無二」(1)「上司と部下」以上の信頼関係 プロ野球「師弟の絆」裏物語 第1回イチローと仰木彬の「唯一無二」(2)“自意識過剰”なルーキー時代 プロ野球「師弟の絆」裏物語 第1回イチローと仰木彬の「唯一無二」(3)「200本安打」へのこだわり プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大 [全文を読む]

プロ野球「師弟の絆」裏物語 第1回イチローと仰木彬の「唯一無二」(1)「上司と部下」以上の信頼関係

アサ芸プラス / 2012年08月31日10時59分

スーパースターの地位をかなぐり捨て屈辱的な条件をのんだ裏には、その活躍を後押しした故・仰木彬氏のアドバイスが、今も心の奥深くに刻まれていた。 早いもので、仰木彬が他界してから7年の月日が流れようとしている。イチローと仰木の関係をひと言で言うなら「上司と部下」だ。だが、単なる「上司と部下」の関係ではない。 〈人は、最初に自分自身を育て上げてくれた人のことを永 [全文を読む]

いま目指したい、古きよき遊び人「仰木元監督」!

citrus / 2017年05月11日22時00分

今日は、2005年に享年70歳でお亡くなりになった仰木彬さんについて語ろう。 正直、旬なわけでも仰木さんにまつわるなにかの記念日なわけでもない。ゆえに今、あえて語る必然もまったくない。が、5月9日発売のデイリースポーツの中面あたりにあった「創刊70年プレ企画」として、元プロ野球担当者の平井隆司という(おそらく)記者さんが「あの人の思い出」を綴る企画で仰木さ [全文を読む]

金本監督に岡田彰布が「ダメ出し」本の強烈中身!(1)組織としてマズい状態にある

アサ芸プラス / 2017年04月08日09時56分

(中略)そもそも100通りも打順を変えて過去に優勝したのは、仰木彬監督のときのオリックスくらいのものだ〉 ふだんの「そらそうやろ」という温和な口調ではなく、冷徹な筆致でモノ申すのは、阪神の元監督・岡田彰布氏(59)だ。05年には就任2年目でチームをリーグ制覇に導いた知将として知られるが、昨年、金本知憲監督(49)が就任すると、一貫して厳しい指摘を重ねている [全文を読む]

イチロー×宮内義彦 ビッグ対談「ムダな時間の経験で、ようやく行きたいところに近づける」

プレジデントオンライン / 2017年03月17日08時45分

あなたが3年目のとき近鉄から招聘した仰木彬監督です。彼は僕と同い年で、亡くなるまでずっとおつきあいしたのだけど、非常に立派な人だった。昔の野球道というのかな。何か道を究めるのは山に登るようなもので、人間が鍛えられるのだということを仰木さんに教えてもらった。似たところを、イチロー君にも感じるんだな。 【イチロー】似ているかはさておき、僕も仰木監督からはたくさ [全文を読む]

【プロ野球】オリックスの佐藤さん!? 40歳でノーヒットノーランにパンチパーマ…。名字と球団の不思議な関係

デイリーニュースオンライン / 2017年03月02日16時05分

ただ、パンチ佐藤のタレント性を見抜いていた仰木彬監督は芸能界入りを助言。すると軽妙な語り口がウケて、スポーツバラエティー番組にひっぱりダコになるなど大成功。濃いキャラクターを生かして記憶に残った選手だった。 ■チーム不沈のカギをにぎる佐藤たち ■佐藤達也(2011年/オリックス3位) パンチ佐藤が話題を呼んだドラフトから12年後、新たな佐藤姓の有望株がオ [全文を読む]

【プロ野球】オリックス黄金期の立役者。レジェンド・イチローと福良淳一監督、田口壮2軍監督の関係をたどる!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月22日17時05分

猫の目打線と呼ばれ、毎試合のように打順が変わった仰木彬監督の采配にあって、この2人への仰木監督の信頼感がうかがえる。イチローも福良が2番に控えているオーダーはやりやすかったという。 福良はこの年、連続守備機会無失策836の日本記録を樹立。2度目のベストナインに輝く活躍を見せた。 イチローは、福良の野球に対する姿勢を見習っている。また福良もイチローに様々なア [全文を読む]

【プロ野球】神ってるだけじゃない?流行語大賞に選ばれた野球用語…トラキチ、イチローも

デイリーニュースオンライン / 2016年12月06日16時45分

(肩書きは受賞当時) 1985年流行語部門・銀賞 「トラキチ」受賞者:松林豊(阪神タイガース私設応援団長) 1986年流行語部門・金賞 「新人類」受賞者:清原和博、工藤公康、渡辺久信(西武) 1987年特別賞部門・特別賞 「鉄人」受賞者:衣笠祥雄(広島) 1991年表現部門・金賞 「川崎劇場」受賞者:金田正一(元ロッテ監督) 1993年新語部門・銅賞 「 [全文を読む]

【プロ野球】何年ぶり? 12球団の「日本一ごぶさたランキング」! そして42年間「○○していない」球団は?

デイリーニュースオンライン / 2016年11月15日16時05分

広島東洋カープ 32年間ごぶさた 1984年:古葉竹識監督/MVP:長嶋清幸 阪神タイガース 31年間ごぶさた 1985年:吉田義男監督/MVP:バース オリックス・バファローズ 20年間ごぶさた 1996年:仰木彬監督/MVP:ニール 横浜DeNAベイスターズ 18年間ごぶさた 1998年(横浜ベイスターズ):権藤博監督/MVP:鈴木尚典 東京ヤクルト [全文を読む]

【プロ野球】日本一に手が届かなかった伝説の球団・近鉄バファローズの日本シリーズを振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年11月01日16時05分

これに挑んだのが仰木彬監督の近鉄だった。 1988年、西武との激しい優勝争いの行方は10月19日の最終戦、ロッテとのダブルヘッダーまでもつれた。第1試合はものにするも、第2試合は奮闘むなしく延長10回時間切れ引き分け。あと一歩で優勝を逃した。 リベンジに燃える翌1989年はオリックス、西武との激しい三つ巴の攻防戦。近鉄は、ペナント終盤の大事な局面でブライア [全文を読む]

名将対決に舌禍事件。プロ野球・日本シリーズ伝説の瞬間「熱狂!平成編1」

週プレNEWS / 2016年10月27日06時00分

仰木彬(おおぎ・あきら)監督の采配もさえわたり、オリックスとなって初めてとなるリーグ優勝を果たし、被災地・神戸に勇気と希望を与えた。 しかし、ヤクルトとの日本シリーズでは、野村克也監督の「ID野球」の前に敗退。この年、首位打者と打点王の二冠を獲得したイチローも完全に封じられた。96年は、その雪辱を胸に再び上ってきた大舞台である。 一方の巨人は、今年の日本ハ [全文を読む]

井村雅代や仰木彬… 偉大なる名監督たちの格言

NEWSポストセブン / 2016年10月04日16時00分

(『シンクロの鬼と呼ばれて』より) 【仰木彬 プロ野球 1935~2005年】 「選手の“咲き時、咲かせ時”を判断して、立派な花を咲かせてやるのが監督の仕事です」 野茂英雄とイチロー。2人のパイオニアは揃って、仰木監督を生涯の師と仰ぐ。常識や他人の評価に囚われず自分の目で見て、いいと思えば使ってみる。そうやって選手の旬を見極め、人々の記憶に残る選手の才能を [全文を読む]

【プロ野球】投手・イチローに代打・野茂…誰もが驚いたオールスター珍事件

デイリーニュースオンライン / 2016年07月15日17時05分

ここでファンサービスを大事にするパ・リーグの仰木彬監督(オリックス)が、アッと驚く投手交代を告げる。何とライトを守るイチローを投手に指名したのだ。高校時代まで投手だったイチローは、投球練習で140キロを超えるストレートを放り、松井との対決に備える。 だがその時、イチローの投球練習を見つめる松井に、セ・リーグの野村克也監督が声をかける。松井はベンチへ戻り、 [全文を読む]

禁断の「密着&激白」清原を知りすぎた男・野村貴仁(7)オリックス移籍の裏話

アサ芸プラス / 2016年03月21日17時57分

せやけど、清原は『俺がオリックスのユニホーム着ても似合わへんやろ』と言うてた」 ところが、翌05年オフに仰木彬監督のラブコールを受け、清原容疑者はオリックスに移籍した。「あれだけこだわっていた巨人で引退せず、オリックスに行くんなら悲願の監督契約を入れるのが筋やろ。仰木さんも『花道作ったる』と言うてくれたんやから。こん時も『絶対受けてくれますよ』と言うたのに [全文を読む]

清原容疑者の栄光と転落…”記憶に残る男”の戦績を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年02月04日16時00分

失意の清原を救ったのは、当時オリックスのシニアアドバイザーを務めていた仰木彬氏だった。 「引退の花道を作るぞ」 その言葉に清原は涙を流した。その直後、仰木氏は肺がんで他界。清原は仰木に感謝を示すべく、オリックス入団を決めた。 移籍1年目の2006年は11本塁打を放った清原だったが、肉体は限界に達していた。翌2007年は左ヒザ手術で1軍出場なし。ついに200 [全文を読む]

清原和博容疑者、仕事現場で目が虚ろ&呂律回らず…知人らに逆ギレ電話

Business Journal / 2016年02月03日10時00分

「清原は2005年に巨人から戦力外通告を受け、同年にオリックスの仰木彬さん(当時シニアアドバイザー)に拾われるかたちで同球団に移籍したものの、目立った活躍はできず08年に引退しました。のちに清原自身が『野球をできないことが、こんなに辛いと思わなかった』などと語っているように相当精神的に苦しんだようで、メディア露出も激減。夜も寝られず、睡眠薬や精神安定剤な [全文を読む]

フォーカス