森鴎外のニュース

[再現!文学ごはん]森鴎外『牛鍋』の「牛鍋」はネギのザク必須!

9 / 2017年01月22日08時00分

というわけで、今回は森鴎外の『牛鍋』という小説を参考に牛鍋を作ってみました。そのままだぜ! ■こんな鴎外もあり。艶っぽい野生の王国『牛鍋』 さて。森鴎外ですが、やっぱり「国語資料集」的なイメージ。 学生時代、おひげがダンディなあの写真に落書きした思い出のある大人も多いことでしょう。 何せお家柄抜群で、お医者さんとしても超エライ人。明治の教養人の教養っぷり [全文を読む]

現代だけじゃなかった!森鴎外も子供に『キラキラネーム』をつけていたことが判明!

8 / 2014年10月12日10時30分

森鴎外の子供がキラキラネーム 日本の明治・大正期の小説家として有名な森鴎外の子供は「於菟(おと)」、「茉莉(まり)」、「杏奴(あんぬ)」、「不律(ふりつ)」、「類(るい)」とのこと。これは先ほど例に挙げた現代のキラキラネームと一緒に並べても馴染んでしまいそうです。 なぜ、森鴎外はこの時代にこのようなちょっと変わった名前をつけたのでしょうか? その理由は [全文を読む]

明治、大正の名作がズラリ! 「近代文学セット 夏目漱石『こゝろ』『三四郎』『それから』森鴎外『舞姫』芥川龍之介『羅生門』など」が、Kindleストアなど4電子書店で配信開始!!

6 / 2015年03月13日16時00分

ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2015年3月13日(金)より、Kindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、iBooks、ならびにニコニコ静画にて、電子書籍「近代文学セット 夏目漱石『こゝろ』『三四郎』『それから』森鴎外『舞姫』芥川龍之介『羅生門』など」の配信を開始したことを発表します。ゴマブックス株式会社(所在地 [全文を読む]

「人は誰しも曲りそうになる心を矯正しつつ生きていくもの」(森鴎外)【漱石と明治人のことば150】

4 / 2017年05月30日06時00分

それがえらい人のははたから見ればいつも真直(まっすぐ)に見える」 --森鴎外 明治の文豪としてしばしば夏目漱石と並び称される森鴎外が、大正10年(1921)11月15日付で、妻のしげ子あてに出した手紙の中の一節である。 人間というのは、いつもなんの迷いもなく、正しくあるべき姿を貫けるものではない。さまざまな欲望や損得勘定にとらわれたり、外からの誘惑もあった [全文を読む]

旬の江戸東京野菜を味わい豊かに 新メニュー 四季折々の「現代の名工懐石」3月1日より提供開始文豪 森鴎外ゆかりの水月ホテル鴎外荘にて

3 / 2017年01月26日13時00分

この機会に明治の文豪、森鴎外ゆかりの「鴎外旧邸」にて、日本の味と明治の雰囲気をお楽しみください。■「江戸東京野菜」とは江戸から昭和に東京近郊で栽培されていた伝統野菜で、いずれも固定種です。そろいが悪く、栽培する季節が限定される旬の野菜のため、戦後に生産が激減しましたが、近年個性的な食材として注目され、現在45品種が都内15地域で栽培されています。現在流通し [全文を読む]

“再現度”がすごい! 時代を越えた恋愛模様を描く、歌劇『明治東京恋伽』ゲネプロレポート

3 / 2016年06月03日22時00分

そこで出会ったのは、画家・菱田春草や小説家で軍医、官僚でもある森鴎外、役者の川上音二郎、戯曲家・泉鏡花、警察官・藤田五郎、東京帝國大学英文学講師・小泉八雲ら6人の偉人たち。今回はタイトルにある、「朧月」と「黒猫」をキーワードに、次第に惹かれあっていく芽衣と春草の時代を超えた恋愛模様を描いた、いわゆる“春草ルート”でストーリーが進んでいくのだ。 19時からの [全文を読む]

『青空文庫POD』3月刊行は109作品、327製品-夢野久作、与謝野晶子、森鴎外などの作品を中心に-累計で2,189作品、6,552製品に

3 / 2016年04月06日10時21分

3月の刊行は、夢野久作29点、与謝野晶子11点、森鴎外9点、室生犀星 9点などの作家の作品をセレクトいたしました。今までと同様に3サイズ、109点を「Amazon.co.jp」、「三省堂書店オンデマンド」(ポケット版は販売されません)、「ウェブの書斎オンデマンド本 楽天市場店」、「honto.jp」、「ジュンク堂書店池袋本店」に提供いたしました。2014年 [全文を読む]

いつの時代も童貞は……発禁処分となった“性欲的生活”――森鴎外『ヰタ・セクスアリス』| 連載第5回

3 / 2015年07月18日11時30分

「愛おしき変態本」第5回は、1909年(明治42年)に発表された、森鴎外の『ヰタ・セクスアリス』(新潮文庫)をお送りする。作家と軍医という二足のわらじを履き続けた鴎外のプロフィールはこちら。【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら●もり・おうがい 1862年(文久2年)石見国津和野(現在の島根県鹿足郡津和野町)出身。本名は森林太郎。津和野藩主亀井家の典医を [全文を読む]

石川遼の父 息子に森鴎外の小説『杯』をプレゼントした意味

3 / 2015年05月13日16時00分

森鴎外の小説『杯』だ。 その小説は、12歳前後の7人の日本人少女と14歳ほどの外国の少女が登場する短編作品。泉で7人の少女が美しい銀の杯で水を飲んでいたところに、外国人の少女が現われる。その少女も水を飲もうと杯をとり出すが、それは日本人少女たちと比べて粗雑で小さなものだった。 それを哀れんだ日本人少女たちは、杯を貸そうとするが、外国人少女は「私の杯は大きく [全文を読む]

文中の「5000兆円欲しい!」を例のフォントに変換する神拡張機能がChromeに登場 ああ今日も5000兆円欲しい!

2 / 2017年06月02日17時25分

なお現在はアップデートにより「欲しい!」と「森鴎外」もギラついた画像に変換してくれます。5000兆円が欲しくてたまらない人と、森鴎外が好きな人にオススメの拡張機能です。 [全文を読む]

フォーカス