谷口雅春のニュース

元参議院のドンが暴露する、日本会議の実体! 安倍政権に多大な影響を与える“霊的な力”とは

週プレNEWS / 2017年01月10日06時00分

政治家を志した時、宗教団体の支援があったほうがいいということで、目をつけたのが谷口雅春先生の生長の家だったんですね」 当初は「選挙の道具」として宗教を利用するつもりだったとアッケラカンに語る村上氏。ところがその後、村上氏は急速に創始者・谷口雅春の魅力に惹き込まれていったのだという。 「まず日本人なら、自分の両親に感謝しなくちゃいけない、そして天皇陛下の歴史 [全文を読む]

森友学園問題の本質は「カルト」。高城剛氏が指摘する「偶然の浮上」

まぐまぐニュース! / 2017年05月21日13時21分

出口王仁三郎の書生であった谷口雅春は、驚異的な信者の増員を快く思わない「日本式システム」の頂点だった軍部から弾圧(第一次大本事件)にあい、その際、軍人の信者をとりまとめていた浅野和三郎(東京帝国大学から横須賀海軍機関学校教官)とともに独立します。 それが「生長の家」であり、大本教軍人信者を中心とした新興宗教立ち上げとなりました。 そのような謂れから、軍部 [全文を読む]

話題の「日本会議」はどんな団体なのか? 会長を直撃

NEWSポストセブン / 2016年05月23日16時00分

日本会議の創生期には確かに生長の家の創始者である谷口雅春氏らの主張と日本会議の主張が響きあう部分も多く、椛島君や学生運動をやっていた世代の人々が参加しました。 しかし、日本会議が生長の家に牛耳られているとか、生長の家の陰謀だとか、まったくの的外れです。日本会議には神道政治連盟や国民文化研究会など多岐にわたる宗教団体が参加していて、どこかに“黒幕”がいるとい [全文を読む]

700万人の憲法改正署名集めた日本会議 正体掴めぬ組織

NEWSポストセブン / 2016年05月17日16時00分

「古くから日本会議にかかわっているメンバーたちが原点としているのは宗教法人生長の家(※注)を設立した谷口雅春先生の教えです。谷口先生は現行憲法を占領基本法だと批判していて、憲法改正というならばまず明治憲法の復効を宣言し、その後に改正すべきだと主張していた。諸悪の根源は現憲法ですよ。 【※注/谷口雅春氏が1940年に創設した宗教団体。1964年から憲法改正 [全文を読む]

安倍内閣を牛耳る「日本会議」とは? 閣僚の約8割が名を連ね憲法改正を画策!

週プレNEWS / 2015年07月09日06時00分

こうした運動手法は今の日本会議にも共通しています」(菅野氏) 「生長の家」とは戦前、谷口雅春によって創始された新興宗教。谷口は敗戦後も「大東亜戦争(太平洋戦争)に敗れたのは『偽の日本』であって、本当の『天皇國日本』は敗れたのではない」、「日本国憲法はGHQが日本を弱体化させるために日本に押しつけた無効の憲法であるので、日本国憲法を即時に破棄して大日本帝国憲 [全文を読む]

世界的プログラマーが持論、日本の長時間労働と国家主義の深い関係

まぐまぐニュース! / 2017年03月21日16時05分

稲田防衛大臣が、「私の考え方のベースになっている」と言ってはばからない、谷口雅春氏の書いた「生命の実相」は、戦前の国家主義、そして戦後の日本会議を中心とした保守運動のバイブルなのです。 安倍首相が、彼自身の「ライフワーク」と捉えている憲法改正を強く後ろから押しているのも日本会議であり、自民党の改憲案から「個人」という言葉が消え、「国益や国家の秩序」が人権 [全文を読む]

かつて反共保守だった生長の家が反安倍政権になった経緯

NEWSポストセブン / 2017年02月20日16時00分

初代総裁は谷口雅春。神道、仏教、キリスト教など諸宗教の教えに加え、近代哲学や心理学を融合させた教えが特長。戦後は「反左翼」運動を推進し政治色を強めたが、1983年に政治活動を停止。近年は宗教的理念に基づくエコロジー活動に注力する。教団が公表する信徒数は国内約52万人、国外約99万人。布教施設は国内外に440か所。(いずれも2014年12月末現在) ※SAP [全文を読む]

「戦争は最高の宗教的行事」と発言?稲田氏が防衛相へ―中国メディア

Record China / 2016年08月03日10時10分

ちなみに日本メディアでは、前者は「『男子も女子も自衛隊に体験入学するべきだ』と述べた」とされ、後者は「そのように説いた谷口雅春氏を『ずっと自分の生き方の根本にしてきた』と述べた」とされている。(翻訳・編集/北田) [全文を読む]

なぜ、松下幸之助は「運が悪い」と答えた人間を不採用にしたのか

まぐまぐニュース! / 2016年06月21日19時30分

京セラの稲盛さんが「自己効用感」を持ったのは、13歳で「おじ」と同じ肺浸潤で病床にふせっていた時で、たまたま隣家の女性に勧められて谷口雅春の『生命の実相』を読むことがありました。そこ書かれていたのは「心のあり方」が現象として現れるという考え方で、このことに衝撃を受けるとともにいつしか病も癒えてゆきました。 TSUTAYA社長の増田宗昭さんにも興味深いエピ [全文を読む]

宗教法人・生長の家が反安倍宣言 民進党は票取り込みに懸命

NEWSポストセブン / 2016年06月20日16時00分

生長の家といえば「明治憲法復元論」を唱えた初代総裁・谷口雅春氏が生長の家政治連合を立ちあげ、自民党右派の一翼を担ってきたことで知られる。現在も、憲法改正や靖国神社参拝など安倍首相の政治路線を強く支持する保守系民間団体「日本会議」の創立メンバーには生長の家出身者が多く、同会議の中核組織と見られていた。 それだけに、参院選真っ最中の自民党内には動揺が隠せない [全文を読む]

宗教学者・島薗進×憲法学者・小林節 「靖国参拝を“日本人なら当然の常識”と考える『日本会議』には歴史の反省がない」

週プレNEWS / 2016年06月18日06時00分

日本会議との強いつながりが指摘される「生長(せいちょう)の家」の教祖であった谷口雅春(まさはる)の思想も、そうした国家神道の影響を色濃く反映していて、そのため彼は戦時中も宗教弾圧の対象にはなりませんでした。 現在、日本会議を支える新宗教の多くがこの時期に生まれていることは注目に値します。彼らが戦前の体制に対して強い抵抗感を持たないのも、戦時中にそうした宗 [全文を読む]

日本会議産みの親「生長の家」が安倍政権と日本会議の右翼路線を徹底批判!「日本会議の元信者たちは原理主義」

リテラ / 2016年06月10日20時30分

生長の家は1930年に故・谷口雅春氏によって設立された宗教団体で、49年に法人化。当時は皇国史観や国粋主義的思想のもと「明治憲法復元」や反共を掲げ、政治家と結びついて積極的に政治活動を行っていた。 また、現在、安倍政権と一体化して、改憲を推し進めている極右団体「日本会議」も元生長の家の信者が中心になっている。その生長の家が、この声明文では、安倍首相の政治 [全文を読む]

フォーカス