阿部定のニュース

渡辺麻友が純愛を貫く“平成の阿部定”に!?

Smartザテレビジョン / 2017年03月04日05時00分

純愛を貫くが故に、“阿部定”のように男性の下腹部を切断してしまうという、センセーショナルなヒロイン・桐山さおりを演じる。 1936年(昭和11年)に世間を騒がせた“阿部定事件”。仲居の阿部定が交際相手を殺害し、その下腹部を切断した衝撃的な事件は、後に数々の小説や映画の題材になった。しかし、このドラマは“阿部定事件”を描くものではなく、渡辺演じるさおりが“純 [全文を読む]

浮気疑った妻が夫の性器を切断、翌日に縫合手術成功「ベトナムではよくある話」

東京ブレイキングニュース / 2014年03月28日12時00分

ペニス切断といえば、日本で有名なのは「阿部定」事件だろう。1905年に東京・神田で生を受けた阿部定は時には遊女として名古屋や兵庫県などを転々としたが、最終的に東京に戻り犯行に至った。不倫相手だった石田吉蔵を自分のものにしようと、殺害後にペニスを切断し、逃亡。その間、ずっと石田のペニスを懐中に忍ばせたままだったという。また、石田を殺害したのち、鮮血で吉蔵の [全文を読む]

テレ朝「きりたんぽ事件」を見て「抗議のスキル」を考えた

NEWSポストセブン / 2017年03月11日16時00分

ほどなくホームページも修正され、現在は「連続ドラマ タイトル未定」となっていて、説明文の中にあった「阿部定」の文字も削除されました。ちなみに、ドラマの企画・原作は秋元康氏。男性の局部を切断する(?)主人公を演じるのは「AKB48」の渡辺麻友さん。まゆゆこと渡辺さんも、当初は「私が平成の阿部定!? いままで演じたことのない役柄です! 私自身も大きな挑戦とな [全文を読む]

渡辺麻友ドラマが男性器を「きりたんぽ」と表現して問題に...“戦犯“は秋元康なのに、テレ朝に責任押し付け?

リテラ / 2017年03月09日21時50分

このドラマの宣伝に際しては、交際していた男性を殺害したうえ男性器を切り取って逃走した「阿部定事件」をモチーフにしたものだとアピールしており、渡辺自身も「お話をいただいた時は驚きました。あの衝撃的な事件、阿部定事件がドラマ化? 私が平成の阿部定!? 今まで演じた事のない役柄です! 私自身も大きな挑戦となります」と、コメントを寄せていた。 こういったセンセー [全文を読む]

テレ朝『サヨナラ、きりたんぽ』騒動、「テレビでも“ちんこ”はいいけど“ちんぽ”はNG」

日刊サイゾー / 2017年03月09日17時00分

さらに、「1936年、日本中を震撼させた女がいた…!愛するがゆえに、男の下腹部を切断した“阿部定”。その衝撃から、約80年。まゆゆが、第二の“阿部定”となる…!?」との告知文も(現在は削除)。女性が男性器を切断する理由は全く違えど、どうやら1936年に起きた“阿部定事件”がモチーフのようだ。 この内容から、タイトルの「きりたんぽ」が、秋田県の郷土料理であ [全文を読む]

渡辺麻友主演『サヨナラ、きりたんぽ』 「局部切断を連想する」とクレーム

しらべぇ / 2017年03月08日18時00分

■「きりたんぽ」が局部切断をイメージさせると批判同ドラマは昭和11年に起こった、交際中の男性を殺害し局部を切り取った阿部定事件をモチーフにしている。渡辺も意気込みいっぱいのようで、自身のツイッターに「なんと、平成の阿部定です!」と告知していた。しかし、阿部定ということもあり「きりたんぽ」が男性の局部切断を意味しているのではないか、というクレームが秋田県庁や [全文を読む]

宮下順子もコメンタリー参加 45周年を記念して日活ロマンポルノ・初のブルーレイ化!

ソーシャルトレンドニュース / 2015年12月18日00時00分

昭和の猟奇事件“阿部定事件”を田中登監督が映画化した『実録阿部定』(75)では、実在した阿部定を演じ話題に。岡本喜八監督『ダイナマイトどんどん』(78)と五社英雄監督『雲霧仁左衛門』(78)では、ブルーリボン賞助演女優賞を、中上健次原作、神代辰巳監督の『赫い髪の女』(79)で、報知映画賞の主演女優賞を受賞している。現在も女優として様々な映画に出演する。■関 [全文を読む]

性行為後にメスの交尾器を破壊! 他のオスと交わることを封じる“阿部定蜘蛛“発見!!

tocana / 2015年11月12日20時00分

中には、「アベサダグモ」と性交後に愛人の男性の男性を切り落とした阿部定を連想する人も。 また、「カマキリを思い浮かべた」「カマキリみたいに、メスに食われたくないもんな」「カマキリのメスは交尾の後、オスを食うから、その逆か」など、カマキリの名を出す人も多い。 「メスが交尾後にオスを食べることで知られるカマキリですが、決してすべてのメスがそうするわけではありま [全文を読む]

“平成の阿部定”事件 「覚醒剤反応が出た」と捜査関係者語る

NEWSポストセブン / 2012年01月24日07時00分

やれ“平成の阿部定”か、と世間を騒がせた怪死事件が意外な展開を迎えている。 東京・昭島市のアパートでタクシー運転手・矢口行さん(49)が、首、左胸、腹に複数の刺傷の上、陰部が切り取られた状態で発見された事件。第一発見者によると現場は血の海で、矢口さんは布団が敷かれていないパイプベッドの上に大の字で倒れていたという。 さらに陰部はベッド付近に落ちており、隣の [全文を読む]

まゆゆ『きりたんぽ』事件、複雑な裏事情…秋元康、批判殺到でトバッチリ

Business Journal / 2017年03月15日06時00分

番組HPでは、「まゆゆが“平成の阿部定”に!?」などと謳われ、渡辺が自分を裏切った男性の大切な部分を切断していくというセンセーショナルな設定が話題になっていたが、秋田県の名産物「きりたんぽ」のイメージダウンにつながるとして、同県が抗議を行っていた。 テレ朝は慌ててタイトル変更の決断をしたが、同時に批判の矢面に立たされたのが、同ドラマの企画・原作を手がけた秋 [全文を読む]

語呂が良すぎて早くも流行語大賞確定!? 「ゲス不倫」に次ぐ「アパ不倫」

ニコニコニュース / 2017年01月18日11時00分

この前、阿部定の「愛のコリーダ」(※)を見てたんだけどド不倫だし、あれで映画になるわけだから。映画イコール文化だしね。※1936年に起きた、性交中に愛人の男性を扼殺し、局部を切り取った「阿部定事件」を題材に作られた1976年公開の映画。監督は大島渚。吉田: 不倫したらチンコ切られるんだ......。って思いながら見ちゃったんですか?(笑)。久田: 怖い怖い [全文を読む]

男性器を持って逃走するタイ版「阿部定事件」が絶えない“本当の理由”とは? 現地在住ライターが語る

tocana / 2017年01月11日13時00分

というのは、タイでは「阿部定事件」のように女性が男性のイチモツをスパッと切ってしまう事件がよく起こるからだ。■現場にイチモツさえ残っていれば、形だけは元に戻せる! コンドームメーカーが毎年実施する貞操観念に関するアンケートではタイは常に奔放さにおいては上位に入っている。女性も男性もみな性行為が好きなようだ。浮気や不倫は日本よりも日常茶飯事。互いに知らないと [全文を読む]

瀬戸内寂聴原作『花芯』映画監督の安藤尋さんも登場 「第13回新開地映画祭」を10月28日・29日に開催

@Press / 2016年10月17日12時00分

開催日程:2016年10月28日(金)・29日(土)上映会場:神戸アートビレッジセンター B1Fシアター対象 :18歳以上の女性料金 :作品上映 1,000円、ゲスト招待作品 1,800円<上映作品>28日(金) 日活ロマンポルノナイト 19:00~「宇能鴻一郎の濡れて打つ」 20:10~「実録阿部定」29日(土) オンナの愛と生と性 12:30~「花芯」 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】玉袋筋太郎、NHK出演で改名しない“阿部サダヲ”に疑問「俺は玉ちゃんなのに…」

TechinsightJapan / 2016年05月14日16時53分

阿部について「昭和からあったNHKというイメージを崩した」と玉袋は言い、「だって阿部サダヲですから、阿部定が出てるわけですから」と指摘したのだ。 玉袋と言えば、その個性的すぎる名からNHK出演時は“玉ちゃん”として出演することで知られる。一方で阿部の場合、芸名は昭和のあの有名な事件“阿部定事件”に由来しているが、特に改名せずに出演を果たしている。玉袋は「玉 [全文を読む]

J:COM Presents 映画のまち調布 調布市制施行60周年記念『ニュー・シネマ・パラダイス デジタル・レストア・バージョン』Blu-ray BOX発売を記念した国内初の上映会を開催

PR TIMES / 2016年03月04日16時34分

『異人たちとの夏』(88年)で毎日映画コンクール監督賞、『北京的西瓜』(89年)で山路ふみ子監督賞、『ふたり』(91年)でアメリカ・ファンタスティックサターン賞、『青春デンデケデケデケ』(92年)で平成4年度文化庁優秀映画作品賞、『SADA~戯作・阿部定の生涯』(98年)でベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞、宮部みゆき原作『理由』(04年)で日本映画批評家 [全文を読む]

我欲の欲するままに男を殺し続けた「明治の毒婦」、高橋お伝の墓に参拝客が絶えない本当の理由

tocana / 2016年02月22日11時00分

俗に、日本の『新・三大毒婦』といえば、幕末から明治にかけて事件を引き起こしたこの高橋お伝、昭和11年に性交中の男性を殺害してその局部を切り取った元芸妓・阿部定。そして、和歌山毒物カレー事件の首謀者として逮捕された林真須美受刑囚と、明治・昭和・平成の三時代にその名を馳せた彼女たち3名の名が挙げられる。【その他の写真はコチラ→http://tocana.jp [全文を読む]

局部切断事件の原因は、男のコンプレックス? 専門ライターが分析する

ウートピ / 2015年12月01日17時00分

男性の局部を切り落としたことから“男・阿部定事件※”とも呼ばれるこの事件。真面目な良い人間と周囲から評判だったという容疑者を、ここまでの凶行に及ばせた原因は何なのか?長年、数多くの不倫経験者に取材を重ね、『妻たちのお菓子な恋: 平日午後3時、おやつの時間に手がのびる(主婦と生活社)』『不倫の恋で苦しむ男たち(新潮社)』等の著書を持つ亀山早苗さんは、この事件 [全文を読む]

“撮影NGの街“飛田新地にNHKのカメラが潜入!“本番行為は暗黙のルールで...“変わりゆく色街の裏事情とは

リテラ / 2015年10月26日13時00分

また、かの有名な阿部定も一時期飛田で働いていたことがあるという。 そんな飛田とはいったいどんな場所なのか。飛田で10年以上も親方(「マスター」と呼ばれることもある)として店を仕切った経験をもつ杉坂圭介氏による著書『飛田で生きる 遊郭経営10年、現在、スカウトマンの告白』(徳間書店)を読みながら、ご紹介していきたい。 まず、同書から飛田の歴史を簡単にさらって [全文を読む]

夫の局部を切り取って捨てる、タイ版「阿部定事件」が絶えない理由とは!?

tocana / 2015年01月25日07時00分

そして逆上した妻が、夫の局部を切り取ってしまうという、まさに「阿部定事件」(昭和11年、当時32歳の阿部定が愛人を絞殺し、一物を切り取って逃げた猟奇殺人事件)のようなケースが年に数回は新聞紙上を賑わす。タイ人女性と結婚した筆者が、妻の協力を仰いで探し出した事例とともに、このタイ版「阿部定事件」の実態について紹介したい。【その他の画像と動画はこちらから→ht [全文を読む]

ボクシングの兄弟Kに関わると不幸になる? 「危ない都市伝説」

ニコニコニュース / 2012年01月16日12時00分

◇関連サイト・[ニコニコ生放送] 「関わったらヤバい兄弟K」から視聴 - 会員登録が必要http://live.nicovideo.jp/watch/lv77288472?po=newsinfoseek&ref=news#0:16:16(尾前孝之)【関連ニュース】「記事を編集部に提出した日、自宅に不法侵入があった」「マグロ漁船に乗せる」は脅し文句!? "危 [全文を読む]

フォーカス