斎藤隆のニュース

続々引退のプロ野球、大物ぞろいで次期監督に最も近いのは…

週プレNEWS / 2015年11月16日06時00分

中日・山本昌(50歳)、小笠原道大(みちひろ・42歳)、和田一浩(43歳)、巨人・井端弘和(40歳)、金城龍彦(39歳)、DeNA・高橋尚成(40歳)、西武・西口文也(43歳)、オリックス・谷佳知(よしとも・42歳)、楽天・斎藤隆(45歳)…。あらためて並べてみると、そうそうたるメンバーだ。 昨季から兼任監督だった中日・谷繁元信(44歳)、新たに巨人の監 [全文を読む]

【速報】ハマの番長・三浦大輔が引退会見!ファンは悲しみの声

しらべぇ / 2016年09月20日15時20分

98年も12勝をあげ野村弘樹、斎藤隆、川村丈夫らとともに先発ローテーションを守り、チームの日本一に貢献。佐々木主浩の活躍ばかりがクローズアップされがちだが、三浦の活躍がなければ優勝はできなかっただろう。会見でも、「98年の優勝が一番嬉しかった」瞬間だと話した。その後は低迷するチームのなかで孤軍奮闘。コンスタントな活躍をみせ、23年連続勝利のプロ野球タイ記録 [全文を読む]

【プロ野球】日米戦績「メジャーでの成績が上」の稀有な日本人投手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年01月20日08時00分

斎藤隆はなぜ奪三振率を倍増させることができたのか 35歳でメジャーに挑戦した際、誰もが「無謀だ」と言った斎藤隆(横浜・ドジャースなど)も、アメリカでの成績が上回った投手の1人だ。日本では16年間で91勝81敗55 S14Hだったが、メジャーでは7年間で21勝15敗84 S40H。通算防御率は3.75→2.34と格段に上昇。挑戦の初年度に107奪三振をリリ [全文を読む]

40歳まで球速が速くなる!マイナーから「メジャー屈指の守護神」へ 楽天を引退した斎藤隆を振り返る

AOLニュース / 2015年10月09日22時00分

楽天の斎藤隆が10月4日のソフトバンク戦での登板で24年間の選手生活を終えた。 45歳まで現役を続けた斎藤だが、日米通算112勝、139セーブその内訳は、日本でのは91勝、55セーブ、アメリカでの21勝84セーブ。アメリカの84セーブのうち81セーブは2006年から2008年ドジャースのクローザーとしての3年間に挙げたものだが、トライアウト経由でマイナー契 [全文を読む]

【漫画】東北が生んだレジェンド斎藤隆

デイリーニュースオンライン / 2015年10月06日16時00分

時事ネタや犯罪史に残る凶悪事件などを漫画で読めます! 楽天スーパーポイントがあたるラッキーくじ付き!公式サイト/無料アプリはこちらからダウンロード [全文を読む]

プロ野球 今季の引退選手で打線を組んでみたら結構凄かった

NEWSポストセブン / 2015年10月04日16時00分

◎阪神タイガース渡辺亮(33)投手、関本賢太郎(37)内野手◎広島カープ河内貴哉(33)投手◎中日ドラゴンズ山本昌(50)投手、朝倉健太(34)投手、谷繁元信(44)捕手、小笠原道大(41)内野手、和田一浩(43)外野手◎横浜DeNAベイスターズ高橋尚成(40)投手◎日本ハムファイターズ木佐貫洋(35)投手、中嶋聡(46)捕手◎埼玉西武ライオンズ西口文也( [全文を読む]

野茂・伊良部・斎藤隆・ダル・上原 MLBが震撼の興奮シーン

NEWSポストセブン / 2015年05月23日16時00分

斎藤隆「マイナー契約から胴上げ投手へ」 (2006年9月30日・ドジャース在籍のジャイアンツ戦=AT&Tパーク) マイナー契約で開幕はトリプルAスタート。しかしストッパー、エリック・ガニエの故障などでメジャー昇格、クローザーに抜擢される。ポストシーズン進出を決める161試合目もマウンドを託され、リードを守った。この年24セーブ。 ●ダルビッシュ有「完全 [全文を読む]

MLBの日本人最多登板 1位は長谷川滋利、2位斎藤隆、3位野茂

NEWSポストセブン / 2015年05月19日16時00分

■MLB日本人投手:通算登板数ランキング(左から順位、投手名、登板) 1位 長谷川滋利 517 2位 斎藤隆 338 3位 野茂英雄 323 4位 上原浩治 294 5位 岡島秀樹 266 ●協力/データスタジアム(2014年シーズン終了時のデータ) ※週刊ポスト2015年5月29日号 [全文を読む]

楽天の精神的支柱・斎藤隆は元メジャーなのに腰の低さも評判

NEWSポストセブン / 2013年10月24日16時00分

斎藤隆投手と二塁手の藤田一也選手だ。 斎藤(43歳)はメジャーのダイヤモンド・バックスから今季、8年ぶりに日本球界に復帰した。穏やかな人柄が選手たちの精神的柱になっている。 「斎藤は楽天に入団が決まったとき、職員ひとりひとりに『これからお世話になります、斎藤隆と申します』と挨拶して回ったそうです。メジャーまで経験してあんなに腰の低い人はいない」(担当記者 [全文を読む]

【DeNA】眠れない夜に聞きたくなる「ばあやの1998年の思い出」

文春オンライン / 2017年06月11日11時00分

石井、進藤、斎藤隆……ハマのコギャルたちによる若い選手への黄色い声援も日に日に大きくなっていました」 「ルーズソックスだね」 「ばあやが一番幸せだったのは1997年かもしれません。後の優勝監督になる権藤博がバッテリーコーチに就任して、結果2位。ベイスターズを応援してから2位はおろかAクラスに入ることもまぁほとんどなかったですからね」 「じゃあ1998年の優 [全文を読む]

快進撃の楽天、 早くも優勝を確信させる「4つの法則」とは

週プレNEWS / 2017年05月19日06時00分

同じく09年は小坂誠が巨人から、13年は斎藤隆がメジャーから復帰し、今年は岸がFA移籍。彼らはすべて宮城県出身の選手なんです」 さらに、昨季就任した梨田監督は近鉄、日本ハムとも就任2年目でチームを優勝に導いている。それも01年、09年と8年置き。ということは? 「次の8年目は今年なんですよ(笑)。この勝利への4つの法則のおかげで、選手もベンチも“その気”に [全文を読む]

WBC侍ジャパン 決勝T進出でも観客は知らない「ベンチ裏パニック」!(3)中田翔が好調の意外なワケ

アサ芸プラス / 2017年03月23日09時56分

メジャー公式球に近い球を使い、マウンドもメジャー仕様なので、通用するかどうかを正しい物差しで計れるからです」 スカウトの中には、日本ハムや楽天で活躍したカブスのセギノール氏(42)や、パドレスとフロント契約している斎藤隆氏(47)の顔まであった。「ズバリ、彼らが狙っているのは、投手では菅野、千賀滉大(24)、藤浪晋太郎(22)。野手では筒香嘉智(25)です [全文を読む]

【プロ野球】昨年は山崎康晃が370個! 今年のチョコレート王は誰だ!? バレンタインデーとプロ野球の甘い関係

デイリーニュースオンライン / 2017年02月13日17時05分

■バレンタインデーが誕生日な選手は? 2月14日に誕生日を迎えるのがメジャーリーグでも活躍した斎藤隆(元横浜ほか)。楽天時代にはキャンプ地の沖縄・久米島の地元女子高生から、バレンタインデーも兼ねてチョコレートケーキをプレゼントされるのが恒例行事だった。 現役選手で2月14日が誕生日なのは、大谷智久(ロッテ)、大嶋匠(日本ハム)、島本浩也(阪神)、茂木栄五 [全文を読む]

三浦大輔の思いが横浜を強くする「199勝で終わってもいい。自分はもう一度優勝したい」

週プレNEWS / 2016年10月12日06時00分

優勝メンバーは次々とチームを離れ、エースと呼ばれた野村弘樹、斎藤隆などもチームを去った。 手薄な投手陣を支えながら、三浦は2005年に12勝を挙げ、最優秀防御率と最多奪三振のタイトルを獲(と)り、誰もが“ベイスターズのエース”と認める存在となる。だが、本人は「僕はエースじゃない。15勝を続けて3年以上やれるのがエース」と、その称号を固辞。同時に、自らが理想 [全文を読む]

【プロ野球】《引退選手のドラフトをプレイバック》ファンに勇気を与え、ファンに支えられたハマの番長・三浦大輔

デイリーニュースオンライン / 2016年10月07日16時05分

同期入団には、イチロー(オリックス4位、愛工大名電高)、金本知憲(広島4位、東北福祉大)、石井一久(ヤクルト1位、東京学館浦安高)、斎藤隆(大洋1位、東北福祉大)らがいるが、今季の開幕時点では、三浦がすでに国内最年長選手だった。 現役25年間で、通算成績は535試合172勝184敗。チームの低迷期が長かっただけに、他のチームならとっくに200勝を突破して [全文を読む]

川上憲伸、井川慶、中村紀洋 現役続行目指す3人の現在地

NEWSポストセブン / 2016年03月25日07時00分

他球団でも斎藤隆(楽天)、西口文也(西武)、谷佳知(オリックス)などビッグネームが並ぶ。 指導者として請われて退いたり、自ら引き際を選べるのはまれで、一時代を築いた選手でも戦力外と見なされればたちまち職を失う。そんな厳しい世界で現役を続けるのは至難の業だ。 しかし、たとえ球団から引導を渡されたとしても、引退せず「現役続行」にこだわり続ける男たちがいる。 明 [全文を読む]

松井稼頭央 目標は「あと351本の日米通算3000安打」

NEWSポストセブン / 2016年03月08日07時00分

山本昌(50)、斎藤隆(46)、谷繁元信(45)、西口文也(43)、和田一浩(43)、小笠原道大(42)……。今季プロ23年目、すでに2000安打も達成した東北楽天ゴールデンイーグルスの松井稼頭央(40)も、野手ではロッテの井口資仁(41)に次ぐ2番目の年長選手となった。松井本人が語る。「みなさん一斉に辞められたので驚きました。そういう年齢の近い先輩方の引 [全文を読む]

【プロ野球】次なる”中年の星”は誰?マサに続く今年の40歳選手

デイリーニュースオンライン / 2016年02月06日16時00分

(年齢は昨年末時点) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■2015年度プロ野球選手年齢ランキング(降順) 1位:山本昌 50歳(投手/中日→引退) 2位:中嶋聡 46歳(捕手/日本ハム→引退) 3位:斎藤隆 45歳(投手/楽天→引退) 4位:谷繁元信 45歳(捕手/中日→引退) 5位:和田一浩 43歳(外野手/中日→引退) [全文を読む]

30本塁打でも引退!? 好成績の年にプロ野球界を去った男たち

デイリーニュースオンライン / 2015年11月19日15時00分

山本昌(50) 1試合/0勝0敗/防御率9.00 中嶋聡(46) 2試合/打率.000/0本/0打点 斎藤隆(45) 3試合/0勝0敗/防御率7.71 谷繁元信(44) 30試合/打率.277/1本/4打点 和田一浩(43) 79試合/打率.298/5本/26打点 西口文也(43) 2試合/0勝1敗/防御率9.00 谷佳知(42) 11試合/打率.185 [全文を読む]

コスパ悪い投手が多数引退 アウト単価571万円の内海も心配

NEWSポストセブン / 2015年11月17日07時00分

救援で頑張ったから年俸を上げるといっても、限度を決めたほうがよいのではないでしょうか」 投手ワーストの2位(アウト単価2800万円)・永井怜(楽天)、3位(2166.67万円)・木佐貫洋(日本ハム)、6位(1000万円)・山本昌(中日)、8位(857.14万円)・斎藤隆(楽天)はいずれも今年で引退。こう見ると費用対効果の悪くなった選手が多数引退しているのが [全文を読む]

フォーカス