井川慶のニュース

【プロ野球】球界きっての個性派・井川慶の変人すぎる伝説エピソード

デイリーニュースオンライン / 2016年05月31日16時04分

昨オフ、オリックスを自由契約となり、自主トレに励みながら現役続行を目指す井川慶(36)が関西・ベースボールファーストリーグ(BFL)の兵庫ブルーサンダースに加入する方向であると報じられた。 井川といえば、日米で数々の“変人伝説”を残してきた男。四国アイランドリーグplusでもルートインBCリーグでもなく、第3勢力のBFL。彼をよく知るファンであれば、思わず [全文を読む]

井川慶 若手に「(メジャーのこと)何でも話し教えたい」

NEWSポストセブン / 2012年04月09日16時00分

メジャー帰りの井川慶(32=オリックス)のイメチェンが話題になっている。調整を引き受ける新井宏昌・二軍監督が、 「今まで聞いていたのとはまったくイメージが違う」と目を丸くするほど、渡米前とはまるで“別人”になっているというのだ。 「とにかく饒舌で笑顔を絶やさない。木佐貫(洋)や小松(聖)らと談笑していたかと思えば、コーチたちにも積極的に話しかけ、集まった記 [全文を読む]

井川慶 食事終わると金本待たずにさっさと帰った伝説の真偽

NEWSポストセブン / 2013年03月06日07時00分

ネット上には「井川慶伝説」が存在する。そんな中には、とにかくマイペースで有名な井川慶(オリックス)が先輩・金本知憲氏と食事した際、食べ終わったら一人でさっさと帰ったという伝説もあるが、これは果たして真実なのか。 当事者の金本氏に聞いた。 「井川とは4年間、阪神で一緒にプレーしましたが、1回も食事には行ったことがないんですよ。ただ、“ビールかけに来なかった” [全文を読む]

井川慶 ゲーム好き中日・平田との対戦に燃えているとの証言

NEWSポストセブン / 2012年05月16日07時00分

※週刊ポスト2012年5月25日号 【関連ニュース】井川慶 若手に「(メジャーのこと)何でも話し教えたい」金本とマートン退団で阪神 松井秀喜獲得に資金面問題なし井川慶・肩を酷使せぬのが幸い 故障なく日本球界の評価高い中日・平田良介を開花させた落合前監督の“悪魔の背番号70”中日の選手は星野仙一氏の監督復帰を求めているのだろうか [全文を読む]

川上憲伸、井川慶、中村紀洋 現役続行目指す3人の現在地

NEWSポストセブン / 2016年03月25日07時00分

昨年、オリックスを戦力外になった井川慶(36)も、現役続行先を探している。 2月26日の自身のブログでは〈今季の所属チームは決まっていません。それでも、現役続行の意思に変わりはありませんし、いつどの球団からテストしたいと連絡いただいても対応できるように、トレーニングを続けています〉と綴った。 2014年オフに横浜を自由契約になった中村紀洋(42)も、すで [全文を読む]

【阪神】西岡剛から伊良部秀輝、村田兆治、たけし軍団まで? 阪神とロッテの妙な縁

文春オンライン / 2017年05月31日11時00分

当時、エースへの階段を上っていた若き日の井川慶は、伊良部の投球哲学に大きな影響を受けたという。影響を受けすぎて井川もメジャー志向となり、その後の悲しい顛末につながるのかもしれないが、それよりなにより一番悲しいのは、今はもう伊良部本人の口からどんな話も聞けなくなったことだ。 さらに古くは、阪神が日本一に輝いた1985年に陰のMVPと称される活躍をしたリリー [全文を読む]

松井裕樹、田口麗斗が躍動!歴代高卒4年目サウスポーの成績を振り返る

ベースボールキング / 2017年05月23日06時45分

今中慎二(中日88年1位)92年 11試 8勝2敗 防御率1.77☆骨折で離脱も翌93年17勝で最多勝獲得石井一久(ヤクルト91年1位)95年 26試 13勝4敗1S 防御率2.76☆自身初の二桁、153回で159奪三振を記録井川慶(阪神97年2位)01年 29試 9勝13敗 防御率2.67☆192回を投げ、翌02年から5年連続二桁勝利成瀬善久(ロッテ03 [全文を読む]

甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ

@Press / 2017年03月30日16時45分

【「~岡田監督2年目のV~2005年優勝特集」の概要】【 企 画 展 名 称 】「~岡田監督2年目のV~2005年優勝特集」【 主な展示内容 】◎タイガース2005年優勝の軌跡・タイガース2005年優勝の軌跡・2005年主力メンバー紹介・岡田監督特集・ファンが選ぶ、最も優勝に貢献したと思う選手アンケート募集・展示品 岡田彰布監督 ユニフォーム 金本知憲選 [全文を読む]

甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ 4月4日(火)から「~岡田監督2年目のV~2005年優勝特集」を開催 ~トリックアートを藤浪選手の剛速球バーションに変更します~

PR TIMES / 2017年03月30日16時34分

【「~岡田監督2年目のV~2005年優勝特集」の概要】【 企 画 展 名 称 】「~岡田監督2年目のV~2005年優勝特集」【 主な展示内容 】◎タイガース2005年優勝の軌跡・タイガース2005年優勝の軌跡・2005年主力メンバー紹介・岡田監督特集・ファンが選ぶ、最も優勝に貢献したと思う選手アンケート募集・展示品 岡田彰布監督 ユニフォーム 金本知憲選手 [全文を読む]

【プロ野球】《元旦・初夢予想!?》2017年、阪神優勝!? そんな初夢を正夢にするシミュレーション!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月01日16時05分

エース・井川慶が13勝で続くも、黒星も9つで貯金は4。安藤優也が11勝5敗で最高勝率をマーク。この3名で稼いだ貯金は22に上った。 これに対し2017年の今季、先発ローテーションを担うのは岩貞祐太、藤浪晋太郎、メッセンジャー、そして青柳晃洋と予想される。岩貞と藤浪がともに15勝5敗でいけば20個の貯金が生み出せる。2005年の主戦投手が作った貯金に近い数だ [全文を読む]

FA移籍しても活躍できない阪神。糸井が成功する条件は“まとも”でないこと?

週プレNEWS / 2016年12月18日06時00分

06年に阪神からヤンキースに移籍した井川慶は、ニューヨークで現地の巨大メディアについて問われ、「担当記者は阪神のほうが多い。甲子園球場では通路の角を曲がるたびに記者が立っていた」と、周囲を笑わせたことがある。 また、10年に楽天からFAで阪神入りした近鉄出身の藤井彰人(あきひと)は「阪神でヒットを1本打てば、近鉄で100本以上打つ選手よりはるかに有名にな [全文を読む]

【プロ野球】《ビールかけの翌日百景》二日酔い? プロ野球・歓喜の優勝“翌日”事件簿

デイリーニュースオンライン / 2016年09月14日17時05分

■ビールかけを欠席し、余裕の完投勝利 2003年9月16日、阪神が18年ぶりにリーグ優勝を決めた翌日、井川慶が快投を見せた。広島打線を相手にソロホームラン1本を許しただけの3安打完投。わずか2時間12分でサクサクと試合を終わらせたのだ。 それもそのはず、井川は下戸ということもあり、「翌日登板なので……」と前日のビールかけを欠席。登板に備えてコンディショニ [全文を読む]

まるで人身売買。アメリカにはない「日本の芸能界」が抱える深い闇

まぐまぐニュース! / 2016年08月24日04時45分

少し以前の話になりますが、阪神から鳴り物入りでヤンキースに移籍した井川慶投手の場合、残念ながらアメリカンリーグへの適応ができず、一軍ではほとんど活躍できずにマイナーで投げ続けることになりました。その場合にも、5年間で20ミリオン(20億円、但し代理人のフィーをそこから払う)という金額は満額払われています。契約社会とはそうしたものだと思います。 今回日本で [全文を読む]

【プロ野球】日米戦績「メジャーでの成績が上」の稀有な日本人投手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年01月20日08時00分

井川慶(阪神・ヤンキースなど)や中村紀洋(近鉄・ドジャースなど)のように、メジャーではサッパリだった選手も少なくない。 しかし個人個人の日米成績を比較すると、「日本よりもメジャーでもてる力を発揮した」選手が散見される。 たとえば岡島秀樹(巨人・レッドソックスなど)。日本では15年間で38勝40敗50S74H、メジャーでは7年で17勝8敗6S84H。1年ごと [全文を読む]

【プロ野球】日本シリーズ前後にネット上で散見したナゾの数字「334」とは?

デイリーニュースオンライン / 2015年11月12日11時00分

しかし、第1戦、シーズン終盤から精細を欠いていたエース・井川慶が打ち込まれ、1対10(千葉・7回濃霧コールド)で敗れると、2戦目もロッテのサブマリン・渡辺俊介を打てず、0対10の完敗。 甲子園に戻って再起を期したが、第3戦も福浦和也に満塁弾を食らうなど大量失点を重ね、1対10の惨敗。第4戦は接戦に持ち込んだものの、2対3で力尽き、ロッテに4タテを食らって [全文を読む]

甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ 「球団創設80周年特別展~タイガースのレジェンドたち~」

PR TIMES / 2015年03月19日18時10分

<展示品>井川慶投手(グローブ)、金本知憲選手(ユニフォーム)、藤川球児投手(グローブ)、ウィリアムス投手(ユニフォーム)、久保田智之投手(グローブ)など [全文を読む]

甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ 「球団創設80周年特別展~タイガースのレジェンドたち~」

@Press / 2015年03月19日17時45分

<展示品> 井川慶投手(グローブ)、金本知憲選手(ユニフォーム)、藤川球児投手(グローブ)、ウィリアムス投手(ユニフォーム)、久保田智之投手(グローブ)など ◎伝説の黄金バッテリー ・1969年から1975年まで6年間バッテリーを組んだ、江夏豊投手と田淵幸一選手の黄金バッテリーを紹介します。 <展示品> 田淵幸一選手(1969年オールスター出場記念メダル [全文を読む]

MLBに広がる噂「日本のタイガースはロクな選手よこさない」

NEWSポストセブン / 2014年11月21日16時00分

もっと遡れば、井川慶は「過去10年間のヤンキースで最も期待外れだった投手ワースト10」に選出されている。新庄剛志、藪恵壹はそれなりに活躍したが、藤川・井川のインパクトが強すぎたのだろう。先輩に邪魔されるとは気の毒なものである。 日米野球を見ても、日本人がMLBで通用することはもはや明白。多くの侍が活躍して評価と評判を上げてほしいものだ。 ※週刊ポスト20 [全文を読む]

MLB帰りの投手 中継ぎはうまくいくが先発希望の松坂は不安

NEWSポストセブン / 2014年11月14日07時00分

「石井一久、井川慶、川上憲伸など、先発陣は軒並みダメ。ただし、薮田安彦、岡島秀樹、五十嵐亮太といったセットアッパーは、メジャーでの限定的な起用法の中で打者を抑える方法を学んでいる。中継ぎ投手に限るならば、成功の可能性はあると思います」(野球データに詳しい広尾晃氏) その点、ソフトバンクが獲得に乗り出しているメッツの松坂大輔は、本人が先発にこだわって日本復 [全文を読む]

プロ野球“ストーブリーグ”突入で「お荷物&嫌われ者」は一挙大粛清か?(3)秋山VS松中の確執が表面化

アサ芸プラス / 2014年10月16日09時57分

ソフトバンクと「予想外の」優勝争いで混パを演出し、大躍進したオリックスはというと、 「井川慶(35)、東野峻(28)、さらに八木智哉(30)らの名前があがっています」(在阪スポーツ紙デスク) そのオリックスでは、ある仰天プランが浮上しているという。FA権を取得したエース・金子千尋(31)と守護神・平野佳寿(30)のW流出が噂されるが、 「2人分の年俸3億 [全文を読む]

フォーカス