井川慶のニュース

【プロ野球】球界きっての個性派・井川慶の変人すぎる伝説エピソード

5 / 2016年05月31日16時04分

昨オフ、オリックスを自由契約となり、自主トレに励みながら現役続行を目指す井川慶(36)が関西・ベースボールファーストリーグ(BFL)の兵庫ブルーサンダースに加入する方向であると報じられた。 井川といえば、日米で数々の“変人伝説”を残してきた男。四国アイランドリーグplusでもルートインBCリーグでもなく、第3勢力のBFL。彼をよく知るファンであれば、思わず [全文を読む]

井川慶 若手に「(メジャーのこと)何でも話し教えたい」

5 / 2012年04月09日16時00分

メジャー帰りの井川慶(32=オリックス)のイメチェンが話題になっている。調整を引き受ける新井宏昌・二軍監督が、 「今まで聞いていたのとはまったくイメージが違う」と目を丸くするほど、渡米前とはまるで“別人”になっているというのだ。 「とにかく饒舌で笑顔を絶やさない。木佐貫(洋)や小松(聖)らと談笑していたかと思えば、コーチたちにも積極的に話しかけ、集まった記 [全文を読む]

井川慶 食事終わると金本待たずにさっさと帰った伝説の真偽

4 / 2013年03月06日07時00分

ネット上には「井川慶伝説」が存在する。そんな中には、とにかくマイペースで有名な井川慶(オリックス)が先輩・金本知憲氏と食事した際、食べ終わったら一人でさっさと帰ったという伝説もあるが、これは果たして真実なのか。 当事者の金本氏に聞いた。 「井川とは4年間、阪神で一緒にプレーしましたが、1回も食事には行ったことがないんですよ。ただ、“ビールかけに来なかった” [全文を読む]

井川慶 ゲーム好き中日・平田との対戦に燃えているとの証言

4 / 2012年05月16日07時00分

※週刊ポスト2012年5月25日号 【関連ニュース】井川慶 若手に「(メジャーのこと)何でも話し教えたい」金本とマートン退団で阪神 松井秀喜獲得に資金面問題なし井川慶・肩を酷使せぬのが幸い 故障なく日本球界の評価高い中日・平田良介を開花させた落合前監督の“悪魔の背番号70”中日の選手は星野仙一氏の監督復帰を求めているのだろうか [全文を読む]

川上憲伸、井川慶、中村紀洋 現役続行目指す3人の現在地

3 / 2016年03月25日07時00分

昨年、オリックスを戦力外になった井川慶(36)も、現役続行先を探している。 2月26日の自身のブログでは〈今季の所属チームは決まっていません。それでも、現役続行の意思に変わりはありませんし、いつどの球団からテストしたいと連絡いただいても対応できるように、トレーニングを続けています〉と綴った。 2014年オフに横浜を自由契約になった中村紀洋(42)も、すで [全文を読む]

【阪神】自分史上、もっとも印象深い開幕戦は2002年だった

2 / 2017年03月25日11時00分

そんな中、野村監督からバトンを受け継ぐかたちで星野仙一監督が就任し、記念すべき1年目の開幕投手に高卒4年目の左腕・井川慶(当時22歳)を初抜擢。このころの井川は前年に先発ローテーションに定着すると、いきなり192イニングスも投げて9勝13敗、防御率2.67(リーグ2位)の好成績をおさめたことから、将来のエースとして大きな期待を寄せられていた。制球はアバウ [全文を読む]


【阪神】西岡剛から伊良部秀輝、村田兆治、たけし軍団まで? 阪神とロッテの妙な縁

1 / 2017年05月31日11時00分

当時、エースへの階段を上っていた若き日の井川慶は、伊良部の投球哲学に大きな影響を受けたという。影響を受けすぎて井川もメジャー志向となり、その後の悲しい顛末につながるのかもしれないが、それよりなにより一番悲しいのは、今はもう伊良部本人の口からどんな話も聞けなくなったことだ。 さらに古くは、阪神が日本一に輝いた1985年に陰のMVPと称される活躍をしたリリー [全文を読む]

女房サンチェスが原因指摘 不調のマー君に右肘不安再燃か

1 / 2017年05月27日09時26分

「イガワ」とは、5年20億円でヤンキースに入団しながら、わずか2勝に終わった井川慶(現・独立リーグ兵庫)のことだ。 2試合続けてKOされただけで「失格」の烙印を押される。田中は今後もシビアな環境で投げ続けることになる。 [全文を読む]

【楽天】田中マー君がいなくても、楽天には田中カー君がいる!

1 / 2017年05月24日11時00分

選抜チームの先発は元阪神のエース井川慶投手だったのだが、いきなり魅せてくれた。 右打席でドでかいホームランをバックスクリーンに放ったのだ。その後もツーベース2本とショート内野安打、挙げ句の果てに代わった右ピッチャーからは左打席でホームランを放ち、5打数5安打の大活躍だった。両打席でのホームランにもびっくりしたが、ショート内野安打は正直ボールを握り直した訳で [全文を読む]

フォーカス