天久聖一のニュース

『1万円アート -歪んだ大人展-』 参加キャスト決定!

PR TIMES / 2014年04月03日12時02分

トータス松本、バカリズム、片桐仁、天久聖一など、総勢19名が作品を展示 株式会社パルコ(本店所在地:東京都豊島区)と株式会社Think and Echoes(所在地:東京都港区)が企画・制作する新しいアートプロジェクト「1万円アート -歪んだ大人展-」に、トータス松本、バカリズム、片桐仁、天久聖一など、各界の著名人、総勢19名の参加が決定しました。 「1万 [全文を読む]

文字を誤解釈したポップな新作ロゴに注目! 天久聖一×よシまるシン「ロゴゴ展」開催中

NeoL / 2016年08月23日18時44分

© Masakazu Amahisa, YOSHIMARUSHIN 天久聖一とよシまるシンによる展覧会『ロゴゴ展』が、神田・TETOKAで開催中。 電気グルーヴのミュージックビデオや、舞台作演出を手掛ける漫画家、天久聖一と、『バクマン。』のエンドロールコミックデザインをはじめデザイン、イラスト、映像などの分野で活躍するよシまるシン。 20年来の付き合いであ [全文を読む]

失敗と偶然が生み出す、神がかりショット写真集再び!『味写道』

日刊サイゾー / 2015年01月01日22時00分

サブカル界のバイブル『バカドリル』シリーズ(アスペクト)の生みの親、天久聖一氏の著書『味写道』(同)が発表された。これは、2010年発売の『味写入門』(記事参照)に続く第2弾で、『ほぼ日刊イトイ新聞』の人気連載「天久聖一の味写道」をまとめた、前作からのファンも多い1冊。 タイトルにもなっている“味写”とは、「こんなつもりじゃなかったのに」「どうしてこんなも [全文を読む]

電気グルーヴが前代未聞「真面目なカットが1つもない」MV公開

dwango.jp news / 2017年03月09日18時00分

このMUSIC VIDEOは、漫画家・天久聖一が企画・演出を、竹林亮がディレクターを務めている。天久は、過去に電気グルーヴの『Café de 鬼』『モノノケダンス』『弾けないギターを弾くんだぜ』のMUSIC VIDEOを手掛けた。 【天久聖一コメント】 「初見で嫌悪感、二度目で苦笑、三度目で失笑、四度目で爆笑、五度目で中毒。電気のPV中もっとも安酒の合う [全文を読む]

『アメトーーク』読書芸人オススメ書籍に注文殺到!めちゃ売れ本4選

しらべぇ / 2016年11月12日08時00分

— かなぺ (@punk_iguana) November 10, 2016また、編者のマンガ家・天久聖一氏もツイッターで反応。昨夜の『アメトーーク!』読書芸人の回で光浦靖子さんが『挫折を経て、猫は丸くなった。』を紹介してくれました。うれしい! Amazon早速売り切れになってますが、この本は『書き出し小説』の第二弾で一冊目はこちらです。https://t [全文を読む]

続きは読み手のイマジネーション次第―一瞬で読める「書き出し」だけの小説集とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月09日17時30分

: 書き出し小説名作集』(天久聖一/新潮社)は、ポータルサイト「デイリーポータルZ」で募集された「書き出し小説」の中から416本の秀作を選出したもの。 「書き出し小説」とは、その名のとおり「書き出しだけで成立した極めて短い文芸スタイル」のこと。書き出しだけなので、その続きは読者の想像力にゆだねられている。読者の数だけ物語があり、結末があるというわけだ。 毎 [全文を読む]

このあとどうなるの!? 続きが気になる“書き出しだけ”の小説「第3回書き出し小説大賞授賞式&表彰式」

デイリーニュースオンライン / 2015年10月23日11時00分

芥川賞作家も参戦! 審査員は豪華メンバー 書き出し小説大賞の審査員は、書き出し小説大賞の創案者である『デイリーポータルZ』ライターの天久聖一さん、『デイリーポータルZ』編集の林雄司さん、芥川賞作家の長嶋有さん、漫画家のしまおまほさんと豪華メンバー。 長嶋さんは第一回書き出し小説大賞で、凡コパ夫名義の“大きくひしゃげた眼鏡を、だが男はいつものように持ち上げ [全文を読む]

瑛太、笑福亭鶴瓶、ヨンス、リリー・フランキー…、33人が自らの“二十歳のとき”を率直に語る。これを読めば、勇気がわいてくるかもしれない。

@Press / 2017年02月10日11時30分

■特集で「二十歳のとき」を話してくれたのは、この33人 立花隆、宇多丸、加賀美健、瑛太、平野紗季子、天久聖一、笑福亭鶴瓶、山縣良和、森山直太朗、細野晴臣、玉袋筋太郎、井上陽水、朝井リョウ、長谷川穂積、菊地成孔、佐々木マキ、葛西薫、安藤サクラ、秋山竜次、満島真之介、ヨンス、山下敦弘、黒田征太郎、藤井健太郎、蛭子能収、大悟、エリイ、平野太呂、ピエール瀧、羽田圭 [全文を読む]

乃木坂46西野七瀬「TV Bros.新春特大号」でマンガ愛を語る

dwango.jp news / 2016年12月27日17時25分

そのほか、Perfume、天久聖一などの連載拡大版も。もちろんTV雑誌としての実用面も充実。番組表は12月31日(土)から新年の1月13日(金)までの2週間にかけて、より鮮度の高い番組情報をご紹介するなど、パワーアップして掲載している。通常号に比べて、増ページでお届けする「TV Bros.新春特大号」は特別定価350円。全国の書店、ネット書店、TOKYO [全文を読む]

TV Bros.新春特大号、西野七瀬(乃木坂46)/きゃりーぱみゅぱみゅ&岡村靖幸の豪華W表紙で発売中!!

PR TIMES / 2016年12月27日16時55分

2016年を振り返りつつ展開される、おふたりの独特な対談も楽しみに! そのほか、Perfume、天久聖一などの連載拡大版もお届けします!! もちろんTV雑誌としての実用面も充実。番組表は12月31日(土)から新年の1月13日(金)までの2週間にかけて、より鮮度の高い番組情報をご紹介するなど、パワーアップして掲載しております。 通常号に比べて、増ページでお届 [全文を読む]

「大人計画」がお茶の間に! 松尾スズキが挑む芸人ゼロのコントショー

anan NEWS / 2016年03月25日12時00分

松尾さんといえば、社会のタブーに切り込むブラックな笑いが持ち味ですが…まさか、そのテイストがお茶の間に!? 松尾さんと共にこれまで多くの作品を手掛けてきて、今作でも構成を務めた天久聖一さんにお話を伺うと、「たしかに『大人計画』といえばブラックな笑いを想像する人もいると思いますが、今回は安心してください。穿いてますよ(笑)。むしろ、それこそアンアンを読んで [全文を読む]

電気グルーヴ25周年記念ツアーが映像作品化

dwango.jp news / 2016年02月01日18時56分

CMJK、砂原良徳といったかつての電気グルーヴメンバーをはじめ、スチャダラパー、DJ TASAKA、天久聖一といった盟友を交えて繰り広げられた半ば伝説ともなっている熱狂の祭典が遂に映像商品として登場する。一部映像は2015年2月にリリースされていたシングル『Fallin’ Down』に収録されていたものの、完全なパッケージ化が望まれていただけにまさに待望の [全文を読む]

電気グルーヴ、ドキュメンタリー映画と伝説ライヴがついに商品化!

okmusic UP's / 2016年02月01日18時00分

CMJK、砂原良徳といったかつての電気グルーヴメンバーをはじめ、スチャダラパー、DJ TASAKA、天久聖一といった盟友を交えて繰り広げられた、半ば伝説ともなっている熱狂の祭典が映像商品として登場する。一部の映像は2015年2月リリースのシングル「Fallin' Down」に収録されていたものの、完全なパッケージ化が望まれていただけにまさに待望の商品化だ。 [全文を読む]

「SPACE SHOWER MOVIE CURATION」トークショー出演者を追加発表!大根仁監督 & 天久聖一、佐渡岳利監督 & 掟ポルシェ、松永大司監督 & 杉咲花の出演が決定!

PR TIMES / 2016年01月29日19時40分

◆「DENKI GROOVE THE MOVIE? ー石野卓球とピエール瀧ー」上映日時:2/8(月) OPEN 18:00 / START 18:30[画像3: http://prtimes.jp/i/2929/629/resize/d2929-629-237364-3.jpg ]トークショー出演: 大根仁監督 / 天久聖一 (NEW!) [全文を読む]

石野卓球、シモネタと放送禁止用語連発にピエール瀧も失笑

Movie Walker / 2015年12月26日15時48分

12月29日(月)には、天久聖一と渋谷直角によるトークイベントも開催予定だ。【取材・文/山崎伸子】 [全文を読む]

都心の大人のスパ施設 池袋 タイムズ スパ・レスタでは新しいサウナイベント『サウンドロウリュ』を開催します。

DreamNews / 2015年11月24日14時00分

著書には「オッス!トン子ちゃん」、天久聖一との共著「バカドリル」など。カプセルトイ「コップのフチ子」、週刊モーニングで「マンガ サ道」月イチ連載中。■開催概要 開催日:2015年11月28日(土) 時間:16時~、20時~ 1日2回限定場所:男性フィンランドサウナ【タイムズ スパ・レスタ】 http://www.timesspa-resta.jpタイムズ [全文を読む]

松尾スズキが舞台共演の二階堂ふみを絶賛「恐ろしい」

Smartザテレビジョン / 2015年10月29日00時05分

松尾の一人芝居「生きちゃってどうすんだ」('12年上演)以来演劇2作目となる天久聖一とのタッグも見どころの一つ。 放送を前に、共同で作・演出を手掛けた松尾と天久がインタビューに応じた。 本作は、欲望の街・ネイキッドシティで探偵事務所を構える罪十郎(松尾)が、依頼された浮気調査の対象者が殺されたことから、その事件の真相を探るために動き出すストーリー。 罪十郎 [全文を読む]

日本総合悲劇協会、11年ぶりの新作。松尾と天久が3年ぶりにタッグを組んだ話題作をWOWOWで放送。

PR TIMES / 2015年10月27日09時50分

2004年の『ドライブイン カリフォルニア』再演以来、11年ぶり5回目となる今回の公演は、『バカドリル』『バカはサイレンで泣く』をはじめとする漫画や、小説、プロモーションビデオ、映画、WEBコンテンツ制作など、多方面で活躍する天久聖一を共同脚本・演出に招いた。これまでラジオ『うっとりラジオショー』(NHK-FM)、『美しい男性』(BSジャパン)などで、独自 [全文を読む]

「コップのフチ子」が800万個売れた理由とは?【今日のインサイト】

Woman Insight / 2015年10月07日06時00分

1985年にマンガ家デビューし、著書には『オッス!トン子ちゃん』や『バカドリル』(天久聖一さんとの共著)などがあり、マンガ家以外にも、映像作家、水中園芸家、サウナ大使といった肩書きも。 実は、Woman Insightでは、タナカカツキさんの作品を過去に何度もご紹介してきました。 それは、2012年7月、カプセルトイ業界に突如として現れた“フチ子さん”こと [全文を読む]

電気グルーヴ、初の伝記的ドキュメンタリー映画が12月26日より2週間限定年越しロードショー

Entame Plex / 2015年09月17日23時40分

電気グルーヴの他、天久聖一、スチャダラパー、砂原良徳、小山田圭吾、山口一郎(サカナクション)らも出演している。 なお、特典付き全国共通前売観賞券は、10月23日(金)より上映劇場及びプレイガイドにて発売される。 © 2015 DENKI GROOVE THE MOVIE? PROJECT [全文を読む]

フォーカス