木戸孝允のニュース

「花燃ゆ」ゆかりの地巡りをどこよりも早く紹介!!

Walkerplus / 2015年01月04日20時00分

高杉晋作や伊藤博文が子供のころに学んだとされる「円政寺」、さらに2分ほど歩くと、東山紀之演じる桂小五郎(後の木戸孝允)の生家の「木戸孝允旧宅」がある。イケメンとしても知られる桂が二十歳まで過ごした屋敷跡は、幕末好きの歴女にはたまらない見どころの一つ。 木戸孝允旧宅から5分ほど歩くと、長州藩の御用商人菊屋家の屋敷「菊屋家住宅」など、白壁の土蔵が連なる風情あふ [全文を読む]

西郷どんは4日後に戦争突入。歴史上の人物は40歳頃ナニしてた?

まぐまぐニュース! / 2017年04月18日17時57分

◎桂小五郎=木戸孝允(1833年8月11日-1877年5月26日) 木戸孝允の40歳、1873年は、岩倉使節団の全権副使として欧米を回り帰国した年です。翌年、台湾出兵の決定に反対して参議を辞職しています。 ◎大久保利通(1830年9月26日-1878年5月14日) 1869年、参議に就任して版籍奉還や廃藩置県を実施。1870年に40歳となって、翌1871 [全文を読む]

日本の写真技術 誰が、いつ、どのように広めたのか

NEWSポストセブン / 2017年03月29日11時00分

坂本龍馬や木戸孝允を撮影したことで知られ、日本写真の祖とされる上野らの活動によって、写真の技術と意義が世の中に広まっていった。 「やがて単なる個人的な肖像の撮影から、公共事業の記録や観光名所の紹介といった社会的な意義も持つようになりました。今日的な記録媒体としての役割を担っていったのです」(東京都写真美術館・三井圭司学芸員) 長崎出身の内田九一は宮内省(現 [全文を読む]

2017年3月25日より、霊山歴史館にて『るるぶ 薄桜鬼 完全版』発行記念フェアを開催!

@Press / 2017年03月23日11時30分

坂本龍馬、中岡慎太郎、西郷隆盛、木戸孝允、高杉晋作など倒幕派志士の遺品や、新選組、徳川慶喜、松平容保など幕府側に関する資料も数多くあり、倒幕・佐幕両派がともに活躍した地で幕末維新史を双方の視点から見ることができます。土方歳三や近藤勇の所用刀、龍馬を切ったとされる刀など刀剣の展示も充実しています。 <場所> 京都市東山区清閑寺霊山町1 <電話番号> 075- [全文を読む]

陰謀論の研究、日本を牛耳る田布施システムとは

NEWSポストセブン / 2017年01月06日07時00分

「明治維新後、田布施近隣出身の伊藤博文、木戸孝允、松岡洋右らが政府の要人となり、日本を牛耳っているという説で、『田布施システム』と総称されます。 この説の基盤になっているのが『明治天皇替え玉説』で、明治天皇の即位の裏には、幕末に伊藤博文らによって孝明天皇が暗殺され、当時の周防国熊毛郡田布施村に住んでいた大室寅之祐という人物が替え玉になり明治天皇として即位 [全文を読む]

台湾人が提示する、中国が台湾を「日本の一部」と見なしていた証拠

まぐまぐニュース! / 2016年06月15日19時30分

木戸孝允、岩倉具視、伊藤博文、大久保利通、井上馨、渋沢栄一などの外遊帰国組は非戦論を説き、大隈重信、板垣退助、桐野利秋、副島種臣らは主戦論を説いて、征台論で朝野が騒然となった。 この件について明治天皇は副島種臣に全権を委ね、柳原前光を副使に任命すると決定を下し、清国政府との交渉にあたらせた。次ページ>>中国が台湾を「化外の地」と見ていた決定的証拠 台湾での [全文を読む]

伊藤博文暗殺の安重根、名前知らず、韓国で女性タレントに非難の嵐、歴史観で評価分かれる、韓国「義士」、日本「テロリスト」

Record China / 2016年05月28日07時50分

暗殺された伊藤博文は、少年期に吉田松陰の松下村塾で学び、明治維新の立役者だった木戸孝允(桂小五郎)、西郷隆盛、大久保利通らが相次いで世を去った後、頭角を現した。初代内閣総理大臣、初代貴族院議長なども務めたほか、明治憲法の制定にも中心的な役割を果たした。 近代日本の礎を築いた一人で、菅長官は昨年8月にも安重根を「犯罪者だ」と繰り返した。これに対しては、韓国 [全文を読む]

大人女子におすすめ カフェ&庭園巡りが楽しい 山口・萩の旅

Woman.excite / 2016年05月25日19時00分

カフェテリア異人館萩市呉服町2-61tel. 0838-25-6334キモノスタイルカフェ木戸孝允旧宅前にある古民家カフェ。オーダーしてからハンドドリップで一杯ずつ淹れてくれるオリジナルブレンドの「萩珈琲」で一服したい。「にゅうめん」など日替わりランチも用意されています。店内には萩焼やオリジナルの和小物が並び、萩名産の夏みかん柄のコースターや小風呂敷はいい [全文を読む]

シリーズ「中年が危機」その1 訃報を聞いて何、思う/増沢 隆太

INSIGHT NOW! / 2016年02月02日06時22分

維新の三傑、西郷隆盛は40歳、大久保利通は37歳、木戸孝允は35歳あたりで明治維新を迎えたとのこと。王位を継承したのではなく、貧しい身分から国を変える大事業を成し遂げた人たちがこんな年齢だと思うと、わが身を比較することが罰当たりな気がします。 今の草食化した若者と違い、私たちの世代であれば若い頃独身時代は恋人を追いかけ、結婚した後は子供を養いと、常に人間 [全文を読む]

日本の名女将「芸妓から女将に~その一」

クオリティ埼玉 / 2015年12月11日10時53分

後に明治の元勲となった桂は木戸孝允といった。その賢妻が幾松だった。 天皇まで泊まる名旅館の社長は四十代で離婚、なじみにしていた芸妓を正妻として迎えた。芸妓として旅館に来ていたときと女将として旅館を統括する仕事とは、天と地の差があった。しかし、彼女はもてなしの器量は抜群だった。徹しようと心を決めた。板前にも仲居にもフロントにも自分の至らなさを正直に伝え、死ぬ [全文を読む]

森喜朗元首相を“モリキロウ”と読むのは敬称だった

政治山 / 2015年11月05日14時00分

木戸孝允(たかよし)は「こういん」とも読まれるのに、西郷隆盛(たかもり)は「りゅうせい」とは読まない。その違いは何なのでしょう。明確な理由は分かりませんが、おそらく習慣に基づくものなので、影響力のある人物が使うか、声に出して読みたい語感かどうかにもよるのではないかと思われます。最後に政府に反旗を翻したかどうかも多少影響があるのかもしれません。個人的な意見で [全文を読む]

萩の乱に美和が苦悩!「花燃ゆ」第43回

Smartザテレビジョン / 2015年10月24日06時01分

さらに、前原は政府軍の指揮を執る木戸孝允(東山紀之)らにより反乱の首謀者として捕らえられ、斬首されることが決まった。楫取は木戸の元を訪ね、前原の思いを聞いてほしいと胸の内をぶつけるが…。 かつての松陰のように、志のために猛々しく死ぬことを熱望する久米次郎は、機を逸したと美和に当たる。美和は、そんな彼をどう諭すべきか苦悩。生涯をかけて教育に心血を注ぐ村塾の女 [全文を読む]

木村佳乃、ジャニーズタブー破った! 夫・東山紀之との私生活語り記者も「ビックリ」

サイゾーウーマン / 2015年10月10日12時45分

なかなか表に出てこない東山家の情報に、報道陣は驚きつつ喜んでいました」(同) 東山は目下、NHK大河ドラマ『花燃ゆ』で、明治新政府発足後、国内外に不安を抱えるニッポンのために奔走する木戸孝允を熱演しているが、その私生活は今後も木村がしっかりサポートしてくれそうだ。 ※画像はTOP COAT公式サイトより [全文を読む]

いよいよ新天地・群馬へ!「花燃ゆ」第41回

Smartザテレビジョン / 2015年10月10日07時00分

きっかけを作るのは、木戸孝允(東山紀之)らの明治新政府。彼らは、西欧諸国と肩を並べる国力をつけるべく、群馬に富岡製糸場を建設するなど製糸産業に力を入れていた。 こうして群馬を最も重要な県と位置づける新政府だが、そのリーダーの人選には頭を悩ませでいた。そこで白羽の矢が立ったのが、今は農業に従事している美和の義兄・楫取素彦(大沢たかお)だった。早速、木戸が楫取 [全文を読む]

愛人の子に向き合う美和!「花燃ゆ」第40回

Smartザテレビジョン / 2015年10月04日08時00分

そんな楫取に、人材を欲していた中央政府の木戸孝允(東山紀之)らかつての仲間は熱い視線を送っているのだが、楫取本人は素知らぬ顔。 そのころ、杉家では美和が根気強く向き合ったこともあり、秀次郎は少しずつ打ち解け、勉強にも真剣に取り組むようになっていた。しかし、美和の兄嫁・亀(久保田磨希)が、秀次郎の実母で芸子の辰路(鈴木杏)が自ら秀次郎を手放したことを、本人に [全文を読む]

遺体確認の決め手は肥大化した陰嚢!? 糖尿病にも苦しんだ西郷隆盛の最期

ヘルスプレス / 2015年09月24日21時02分

ケンカの重傷で武芸の道を断念!ひたすら勉学した少年時代 大久保利通、木戸孝允と並ぶ「維新の三傑」と評価される西郷だが、幕末から明治を跨ぐ天地動乱の荒波をもろに冠った51年の生涯だった。 1828(文政10)年、西郷吉之助隆盛は、鹿児島市加治屋町に下級藩士の長男として産声を上げる。11歳の時、ケンカの仲裁に入り右腕を刀で切られて骨折。その傷の後遺症で肘が曲が [全文を読む]

大沢たかお慟哭!「花燃ゆ」第38回

Smartザテレビジョン / 2015年09月19日05時00分

しかし、美和の思いも、楫取の必死の訴えも届かず、暴動が全国に飛び火することを恐れた中央政府の木戸孝允(東山紀之)は、長州に鎮圧軍を差し向ける。戦いの後で、楫取は慟哭(どうこく)しながら、かつての仲間たちを救えなかった悲痛な思いを美和に明かす。 [全文を読む]

「明治日本の産業革命遺産」山口県“萩の産業化初期の時代の遺産群”世界遺産登録決定!!

PR TIMES / 2015年07月16日17時02分

[画像1: http://prtimes.jp/i/14626/1/resize/d14626-1-814668-0.jpg ] ■恵美須ヶ鼻造船所跡(えびすがはなぞうせんじょあと/造船) 住所 : 萩市大字椿東5159-14 幕府の要請や木戸孝允(桂小五郎)の意見により、萩(長州)藩が設けた造船所の遺跡。藩は、伊豆の戸田村や長崎海軍伝習所に船大工ら技術 [全文を読む]

大河『花燃ゆ』 出演者華やかだが「史実と違い過ぎ」の声も

NEWSポストセブン / 2015年06月09日07時00分

松陰が血判状を突き返したから、木戸家(桂小五郎は維新後に木戸孝允に改名)に残ったのです」 血判状を運んだ桂小五郎は、薩摩の西郷隆盛、大久保利通と並んで維新三傑に数えられる長州の大物で、ドラマでは東山紀之というビッグネームがキャスティングされている。にもかかわらず、伊勢谷演じる松陰に血判状を手渡すシーンに東山は登場しない。 そもそも松陰と桂は親友とされ、松陰 [全文を読む]

NHK『花燃ゆ』 吉田松陰と桂小五郎が共演しない理由とは

NEWSポストセブン / 2015年06月08日16時00分

しかし、史実では血判状は桂小五郎(維新後に木戸孝允に改名)が江戸から萩に帰る際に、久坂、高杉から預かり、松陰に渡したとされている。ドラマでは桂小五郎の代わりに、文の再婚相手となる小田村伊之助(大沢たかお)にやらせているのだ。 そうした脚色がドラマを盛り上げるためとは考えにくい。維新三傑と称される桂の役割を、いくら物語後半の準主役とはいえ、目立った功績のな [全文を読む]

フォーカス