今井寿のニュース

BUCK-TICK、ニコ生特番にてニューアルバムの全容を発表!

okmusic UP's / 2014年04月28日21時30分

今作のアルバムには全14曲が収録され、櫻井敦司が作詞を担当した楽曲が8曲、今井寿が作詞を担当した楽曲は6曲となっている。作曲は今井寿を中心としながらも、星野英彦も「宇宙サーカス」「SURVIVAL DANCE」「サタン」と3曲の作曲を担当している。5月14日に一足早くリリースされるニューシングル「形而上 流星」と今作のニューアルバム『或いはアナーキー』に [全文を読む]

BUCK-TICK、アルバム『アトム 未来派 No.9』ダイジェスト試聴トレイラー解禁

okmusic UP's / 2016年09月09日13時00分

2017年のデビュー30周年を前に、特大モンスターバンドの覚醒がスタートする!■アルバム『アトム 未来派 No.9』ダイジェスト試聴トレイラーhttps://youtu.be/Fe_k68Cew_8■アルバム『アトム 未来派 No.9』2016年9月28日(水)発売 【初回限定盤A】(SHM-CD+特典映像Blu-ray) VIZL-1041/¥5,980 [全文を読む]

『劇場版 BUCK-TICK ~バクチク現象~』主題歌に新曲の書き下ろしが決定

okmusic UP's / 2013年05月18日00時00分

映画のテーマソングとして今井寿(Gt)と星野英彦(Gt)が一曲ずつ書き、前篇「Ⅰ」そして後編にあたる「Ⅱ」の主題歌としてそれぞれ使われるとのこと。記念すべき25周年の映画化に、これ以上ない華を添えることとなるだろう。なお、現段階ではCDリリースに関しては未定とのこと。当面この主題歌は映画館でしか聴くことができない。 尚、BUCK-TICKはデビュー25周年 [全文を読む]

BUCK-TICKが『Six/Nine』で示した、ギターロックバンドのスタンス

okmusic UP's / 2016年01月20日18時00分

今井寿は藤井麻輝(minus(-)、ex.SOFT BALLET)とのユニット“SCHAFT”を約20年振りに本格始動させ、1月20日にアルバム『ULTRA』をリリースしたばかり、というソロ活動の話題の他、バンド本体も、自身のレーベル“Lingua Sounda”をビクターエンタテインメント内に移すことを報告し、早くも9月11日の横浜アリーナ公演を発表と、 [全文を読む]

映画『劇場版 BUCK-TICK ~バクチク現象~』先行上映会にメンバーサプライズ登場!

okmusic UP's / 2013年06月01日23時30分

『劇場版 BUCK-TICK 〜バクチク現象〜』出演:BUCK-TICK【櫻井敦司/今井寿/星野英彦/樋口豊/ヤガミ・トール】ほか 監督:岩木勇一郎 企画:バンカー/白組 プロデューサー:千葉隆広/岩木勇一郎/秋山裕司/南野修一 音楽:BUCK-TICK ●劇場版BUCK-TICK〜バクチク現象〜Ⅰテーマソング 「LOVE PARADE」 作詞:櫻井敦司 [全文を読む]

SCHAFT、最新リリースのジャケ&トレーラー公開

okmusic UP's / 2016年04月20日00時00分

【その他の画像】BUCK-TICK今井寿 (BUCK-TICK)と藤井麻輝(minus(-)、睡蓮)の主軸メンバーに加え、YOW-ROW(GARI)、上田剛士(AA=)、yukihiro(L'Arc~en~Ciel)が参加した21年ぶりのアルバム『ULTRA』が好調なセールスの中、レコーディングと同じメンバーで敢行されたライヴツアー『TOUR ULTRA [全文を読む]

SCHAFT、早くも5月に新作2タイトル同時リリース!

okmusic UP's / 2016年03月23日21時00分

どちらも今井寿の楽曲を藤井麻輝がアレンジしたもので、アルバム『ULTRA』のレコーディングやライヴにも参加したメンバーでレコーディングされている。加えてその2曲のライヴ音源と、“2016年のSCHAFT”によりツアーで披露された、20年前の1stアルバム『SWITCHBLADE』収録曲のライヴ音源を6曲収録した、全10トラック。DVDでは、「Deeper [全文を読む]

SCHAFT、21年ぶりの2ndツアー終了&アンコールでは未発表新曲も

okmusic UP's / 2016年02月09日15時30分

ドラムyukihiro、ベース上田剛士、ギター藤井麻輝、ギター今井寿、ボーカルYOW-ROWです」。 このYOW-ROWの何気ないメンバー紹介にも変化があった。先月行ったEX THEATER ROPPONGIでYOW-ROWは、yukihiro、上田剛士、YOW-ROW、藤井麻輝、今井寿の順に紹介をしていたのだ。YOW-ROWの意識も高まり、今井と藤井のユ [全文を読む]

”BUCK-TICKの頭脳” 今井寿が2万字インタビューで語ったこと

dwango.jp news / 2016年02月08日12時38分

ミュージシャンのパーソナルロングインタビュー集である『ROCK AND READ』最新号の表紙巻頭は、BUCK-TICKの頭脳と言える今井寿。別プロジェクトのSCHAFTを21年振りに動かし、1月にニューアルバムをリリリースしツアーも行なったが、今回はそのSCHAFTの総括と、結成31周年、メジャーデビュー29周年を迎えるBUCK-TICKの今後について [全文を読む]

今井寿(BUCK-TICK)と藤井麻輝(minus(-)、睡蓮)によるSCHAFTのニューアルバム収録曲が解禁

okmusic UP's / 2015年12月22日19時00分

BUCK-TICKの今井寿と現minus(-)、睡蓮の藤井麻輝(ex.SOFT BALLET)のインダストリアル・ユニット“SCHAFT”の2ndアルバム『ULTRA』の収録曲が発表された。【その他の画像】BUCK-TICKアルバムにはオリジナル曲全11曲が収録され、初回限定盤には「Vice」のMVが収録されるとのこと。レーベルサイトではトレイラーがアップ [全文を読む]

今井寿(BUCK-TICK)と藤井麻輝のユニット“SCHAFT” 限定BOX『ARCHIVES』ジャケット解禁!

dwango.jp news / 2015年12月09日19時00分

先日、21年ぶりに活動を再開を発表したSCHAFT[ BUCK-TICKのギタリスト今井寿と現minus(-)、睡蓮の藤井麻輝(当時SOFT BALLET)のインダストリアル・ユニット]のセカンド・アルバム『ULTRA』と過去の作品を最新リマスタリングで完全アーカイヴ化した完全限定生産BOX『ARCHIVES』のジャケットが公開された。 最新作『ULTRA [全文を読む]

BUCK-TICK 今井寿&minus(-) 藤井麻輝によるSCHAFTの最新作が1月20日に発売決定

okmusic UP's / 2015年11月03日12時00分

BUCK-TICKのギタリスト今井寿と現minus(-)、睡蓮の藤井麻輝(元SOFT BALLET)のインダストリアル・ユニットSCHAFTの2ndアルバム『ULTRA』が2016年1月20日にリリースされる。 【その他の画像】BUCK-TICKレコーディングにはYOW-ROW(GARI)、上田剛士(AA=)、yukihiro(L'Arc~en~Ciel) [全文を読む]

今井寿と藤井麻輝のユニット“SCHAFT"が94年以来の本格始動を発表

okmusic UP's / 2015年10月03日12時00分

BUCK-TICKのギタリスト・今井寿とminus(-)、睡蓮の藤井麻輝(当時 SOFT BALLET)が20年以上の時を経て、SCHAFTを本格始動させる事を発表した。【その他の画像】BUCK-TICKこのユニットの始まりは1991年。コンピレーションアルバム『DANCE 2 NOISE 001』に、今井と藤井がSCHAFT名義で楽曲を提供したことから始 [全文を読む]

BUCK-TICK全国ツアー終幕、次はスタンディングツアー

dwango.jp news / 2014年09月27日15時34分

今井寿と櫻井敦司の掛け合いのボーカルでインパクトのあるこの曲はシュルレアリスムを意識させ、今アルバムの代表的な一曲と言って過言ではない。そこからアップテンポの『SURVIVAL DANCE』『Devil’N Angel』とノリのいい曲を立て続けに披露し、観衆を一気に芸術世界に引き込んでいく。また、ステージ後方スクリーンの映像と相まって櫻井敦司の魅せるパフォ [全文を読む]

BUCK-TICKがNHKホールにて全国ツアーが終幕

okmusic UP's / 2014年09月27日12時30分

今井寿と櫻井敦司の掛け合いのボーカルでインパクトのあるこの曲は“シュルレアリスム"を意識させ、今アルバムの代表的な一曲と言って過言ではない。そこからアップテンポの「SURVIVAL DANCE」「Devil'N Angel」とノリのいい曲を立て続けに披露し、観衆を一気に芸術世界に引き込んでいく。また、ステージ後方スクリーンの映像と相まって櫻井敦司の魅せるパ [全文を読む]

BUCK-TICKが未公開だった『劇場版BUCK-TICK ~バクチク現象~III』の一部映像を公開

okmusic UP's / 2013年10月30日11時30分

作詞が櫻井敦司と今井寿、作曲は今井寿が担当した「STEPPERS –PARADE-」。2曲共にシングル用に新たにMIXし直した音源は、来年でデビュー27年目を迎えてもなお新たなBUCK-TICKの創造性と無限の世界観を感じさせる曲に仕上がっている。 [全文を読む]

BUCK-TICK、約1年4ヶ月振りの新曲&DVD発売

okmusic UP's / 2013年10月23日15時00分

「STEPPERS –PARADE-」の作詞は櫻井敦司と今井寿、作曲は今井寿が担当している。また、このシングル用に新たにMIXしなおした音源も収録される。 [全文を読む]

氣志團20周年アルバムに豪華作家陣、鬼龍院は一度断るも楽曲提供

dwango.jp news / 2017年04月27日12時18分

■『きかせて!アンコール』作詞・作曲:鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)<鬼龍院翔 コメント>最初にオファー頂いた時は一度断ってしまったんです、「氣志團さんをイメージした曲を書いて下さい」とのことだったので、依頼されて曲を書かせてもらうことはたまにあってもあくまで自由に書かせてもらっているので…でも、去年の氣志團万博での氣志團さんのステージを見ていた時にこの曲 [全文を読む]

氣志團がすごい結成20周年記念盤をリリース!

okmusic UP's / 2017年04月27日00時00分

全ての栄光なき独裁者にまで届くよう祈っています」----------------「きかせて!アンコール」作詞・作曲:鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)■鬼龍院翔 コメント「最初にオファー頂いた時は一度断ってしまったんです、「氣志團さんをイメージした曲を書いて下さい」とのことだったので、依頼されて曲を書かせてもらうことはたまにあってもあくまで自由に書かせてもらっ [全文を読む]

BUCK-TICK、ツアーファイナルの日本武道館公演にてデビュー30周年記念プランを一部発表

okmusic UP's / 2016年12月30日13時00分

星野英彦(Gt)が力強くかき鳴らすアコースティックギターと、今井寿(Gt)のエレキギターが描く鮮やかなコントラストに、リズム隊がずっしりと重なり「cum uh sol nu –フラスコの別種-」で幕が開けた。続く「PINOA ICCHIO –踊るアトム–」ではやる心に火を点け、同じビートトラックで繋いだ「美 NEO Universe」と「Baby, I w [全文を読む]

フォーカス