山岡士郎のニュース

Blu-ray&DVD BOX発売記念!!「GYAO!」が80年代アニメの最高峰『美味しんぼ【デジタルリマスター版】』人気45話を先行独占配信

PR TIMES / 2016年11月01日15時08分

「究極」vs「至高」、山岡士郎と海原雄山の親子対決がよみがえる 株式会社GYAOがヤフー株式会社と協力して運営する映像配信サービス「GYAO!」は、月額見放題プラン「プレミアムGYAO!」利用者向けに、80年代を代表する名作アニメ『美味しんぼ【デジタルリマスター版】』の人気作品をセレクトした45話を、11月1日(火)より先行独占配信いたします。 『美味しん [全文を読む]

美味しんぼ鼻血騒動、こんな展開なら問題にならなかった!? 『ほぼ日刊 吉田豪』連載141

東京ブレイキングニュース / 2014年05月12日10時53分

『美味しんぼ』で福島第一原発を訪れた山岡士郎が鼻血を出し、それが被曝のせいだと描写したことで巻き起こった騒動について、ちょっと一言。あれって、山岡士郎たちと一緒に被災地に行ったものの、放射能が怖いからやたらと完全防備だった富井副部長が鼻血を出したんだとしたら、ここまでの問題になってなかったんじゃないかと思います。「ギャー! 鼻血だ! 被曝だよ、被曝! 俺は [全文を読む]

ネットの反差別運動の歴史とその実態【1/4】

NEWSポストセブン / 2017年06月07日18時31分

ジャズバーでソウル・シンガー「サディ・フェイガン」が同曲を歌うが、客席の山岡士郎と栗田ゆう子はこうやり取りをする。〈栗田:これは…何と言う歌なの?山岡:「奇妙な果実」、白人に私刑(リンチ)を受けて、木に吊された黒人の死体のことだ………。白人に虐げられててきた黒人の悲しみが哀切極まりなく胸を打つ……〉 今回の「奇妙な果実」のトレンド1位入りが一体なぜ起こった [全文を読む]

ネットの反差別運動の歴史とその実態【前編】

NEWSポストセブン / 2017年06月07日16時01分

ジャズバーでソウル・シンガー「サディ・フェイガン」が同曲を歌うが、客席の山岡士郎と栗田ゆう子はこうやり取りをする。〈栗田:これは…何と言う歌なの?山岡:「奇妙な果実」、白人に私刑(リンチ)を受けて、木に吊された黒人の死体のことだ………。白人に虐げられててきた黒人の悲しみが哀切極まりなく胸を打つ……〉 今回の「奇妙な果実」のトレンド1位入りが一体なぜ起こった [全文を読む]

「普段の食事」の尊さ説く2人 異色の“食”対談、九州で実現

OVO [オーヴォ] / 2017年06月05日09時56分

新聞記者の息子・山岡士郎が進める「究極のメニュー」作りの前に立ちはだかる。実写版の映画では、この親子を三国連太郎、佐藤浩市という実の親子が演じ、2人の実人生の対立模様が役どころと重なり、大きな注目を集めた。 雄山、士郎と同様、有名な「料理界」の父子といえば、土井勝さん、土井善晴さんだ。父親の勝さん(故人)は、長らくテレビの料理番組を通じてお茶の間で親しまれ [全文を読む]

第二回 恋愛初心者が絶対するべき3つのこと

恋学 / 2016年12月17日10時30分

「ガイドブックをうのみにしてありがたがるなっ! うまいかまずいか自分の舌で判断したらどうなんだ!!」と山岡士郎もブチ切れてましたが、どんなラーメンをうまい・まずいと感じるかは、自分の舌で味わってみないとわからない。他人がうまいと感じても、自分はまずいと感じるかもしれません。ラーメンを食べた経験が少ない人は「自分の味覚・好み」がハッキリしないため、判断がで [全文を読む]

美味しんぼ67巻に登場する居酒屋で味わう最高の北海道、札幌市北区「味百仙(あじひゃくせん)」

GOTRIP! / 2016年08月24日12時00分

「美味しんぼ」と言えば、東西新聞文化部社員、山岡士郎と栗田ゆう子を主人公に、食をテーマとして毎回様々なストーリーが展開されるグルメ漫画。 実は作中には様々な実在するお店も紹介されており、グルメファンとしては見逃せない漫画のひとつとなっている。 これまでもGOTRIP編集部では美味しんぼに関するグルメ記事をいくつか執筆しているのだが、今回はグルメな街、北海道 [全文を読む]

「集めて編むのが編集だ!」名言連発の熱すぎる編集者マンガ『編集王』

日刊サイゾー / 2016年07月27日15時00分

『美味しんぼ』の主人公、山岡士郎も、世界3大珍味のフォアグラをディスってアンキモのほうがうまいと言ってみたり、中華街で「ゴマソースの物もチリソースの物も同じ皿でとれって言うのかっ!!」ってよくわからないキレ方をしたりと、かなりの狂犬っぷりを発揮していましたが、それに匹敵するレベルといって過言ではありません。 [全文を読む]

佐藤浩市 三國連太郎とちゃんとお芝居したかった

NEWSポストセブン / 2016年07月11日16時00分

にもかかわらず、佐藤浩市が父・三國連太郎と本格的に共演したのは映画『美味しんぼ』(1996年)で主人公・山岡士郎を演じ、父でありライバルでもある海原雄山役の三國と向かい合ったときだけだった。映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』から、俳優として大先輩である父との共演の思い出を語った佐藤の言葉をお届けする。 * * [全文を読む]

完結宣言(仮)で話題の『美味しんぼ』――ネットで意外と知られていない“あんな話題”8選

おたぽる / 2016年04月03日14時00分

主人公の山岡士郎が取り組む「究極のメニュー」と、海原雄山が創りあげる「至高のメニュー」対決は父子の深い因縁も絡んだ、『美味しんぼ』の柱ともいえる要素だ。しかしどう終わったのか、そもそも決着はついているのか、ご存知であろうか? 結論を言えば、山岡vs雄山の究極・至高対決は、第102巻で区切りがついた。完成と呼べる域に達した双方のメニューを、対決という形で読 [全文を読む]

「やりすぎ横暴演出」が愛しい『美味しんぼ』連載終了!? 一方「終われない」人気作の惨状は……

日刊サイゾー / 2016年03月23日17時00分

「トンカツ慕情」を筆頭に初期の人情話や市井の人々にスポットを当てた「神回」はもちろん、主人公である山岡士郎と父・海原雄山との「究極・至高の料理対決」、山岡とヒロインである栗田ゆう子の結婚までのエピソードなど、単純にマンガ作品としても評価が高かった同作。しかし、往年のファンからすればイチイチ大げさで「やりすぎ」な演出ネタこそが、このマンガの真骨頂という認識 [全文を読む]

あの人気作品にも“NG回”が!「ニッポンの発禁本・発禁マンガ」(2)マンガ編

アサ芸プラス / 2016年02月04日09時58分

「主人公である山岡士郎が取材で震災後の福島を訪れたら鼻血が止まらなくなった、という描写があるのです。掲載後、テレビや新聞を巻き込む大きな騒動となり、連載は一時休止となりましたが、これは『当初の予定通り』としています」(マンガ誌編集者) 今年3月に2部作の第1部が実写映画化される「ちはやふる」の人気漫画家・末次由紀にも消せない過去がある。「05年に全12巻発 [全文を読む]

キミは小寺さんの“イイ女っぷり“を理解できるか? 『のぼる小寺さん』

おたぽる / 2015年07月23日23時00分

この基本プロットは、ある意味スゴイ! ドラえもんはひみつ道具で、山岡士郎は料理で、レイプマンはレイプで問題を解決して、人の心をも揺り動かす。ところが、この作品では小寺さんはボルダリングをするだけなのに、周囲の登場人物が勝手に発憤しちゃうのである。 嫌々入った卓球部で漫然と部活に参加するだけの近藤くんは、小寺さんの姿を見て部活に精を出そうと心を入れ替える。 [全文を読む]

【今どきグルメの法則】安いものを高く食え! 明治屋の食材で「すた丼」作ってみた

しらべぇ / 2015年02月28日12時00分

『美味しんぼ』という漫画の登場人物で、主人公・山岡士郎の親だ。美食家だ。 そう、今日の話題はグルメである。生きることとは、食べることである。いかに美味しいものを食べるか。そのために挑むのが人間である。人類は麺類であり、何者かと問われると丼もの、揚げ物なのである。 グルメ理論「安いものを高く食え」 今日はここで私のオススメグルメ理論のごく一部をご紹介しよう。 [全文を読む]

鼻血騒動の『美味しんぼ』福島編が単行本に! 抗議で訂正説も実際は...

リテラ / 2014年12月24日13時00分

まずは問題の主人公・山岡士郎が鼻血を出し、医師に診察を受けるシーン。山岡の台詞は「スピリッツ」連載時では「それから数日、鼻血が収まらなくて」だったのが、今回の単行本では「福島の取材後、鼻血が出て......」となっている。 また、医師の台詞も「福島の放射線とこの鼻血とは関連づける医学的知見がありません」から「お話の様子からでは原発見学で鼻血が出るほどの線 [全文を読む]

炎上した“鼻血シーン“はどう変わった? 修正された『美味しんぼ』最新単行本を読む

おたぽる / 2014年12月23日20時00分

作中では福島第一原発の事故から7カ月たった2011年10月~2013年4月にかけ、主人公の山岡士郎、その父親である海原雄山たちが福島県へ"真実"を探りに行く。山岡たちは当然架空のキャラクターだが、取材先で出会う人々は実在の人物が多く混在している。 さて、実際に大きな批判を受けた描写が、「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)連載時と単行本収録時でどう変化した [全文を読む]

美味しんぼ第3巻に登場する土鍋の力を感じよう!京都・二条の「大市(だいいち)」

GOTRIP! / 2014年11月23日11時53分

「美味しんぼ」と言えば、東西新聞文化部社員、山岡士郎と栗田ゆう子を主人公に、食をテーマとして毎回様々なストーリーが展開されるグルメ漫画。 実は作中には様々な実在するお店も紹介されており、グルメファンとしては見逃せない漫画のひとつとなっている。 今回はその美味しんぼの第3巻に実際に登場する、まさに「土鍋の力」を強烈に感じられるお店をご紹介したい。そのお店の名 [全文を読む]

美味しんぼ80巻に登場する親父さんのウナギを食べに行こう!東京・中野区の「味治(みはる)」

GOTRIP! / 2014年11月19日06時56分

「美味しんぼ」と言えば、東西新聞文化部社員、山岡士郎と栗田ゆう子を主人公に、食をテーマとして毎回様々なストーリーが展開されるグルメ漫画。 実は作中には様々な実在するお店も紹介されており、グルメファンとしては見逃せない漫画のひとつとなっている。 今回はその美味しんぼの80巻に、実際に登場する親父さんが腕を振るうウナギの銘店をご紹介したい。お店の名前は「味治( [全文を読む]

【コラム】鼻血騒動から半年、『美味しんぼ』を読み返す…「唯食論」に感動

しらべぇ / 2014年10月10日17時00分

かなり前の初期の話も、最近の海原雄山と山岡士郎の親子が和解した後も、それぞれ面白い。いや、「面白い」というよりも、「面白がっている」という言い方の方がフィットする。漫画でありフィクションなのだが(もちろん、論拠はあるが)、シュールすぎるのだ。 この料理に異常に熱い親子、そして新聞社の社員たち、どうよ。いかにも朝日新聞風の「究極のメニュー」の東西新聞社、いか [全文を読む]

福島差別映画「A2-B-C」が国際的な“福島差別”を助長する

アサ芸プラス / 2014年06月11日09時56分

しかも、全身に発疹が出ました」 漫画の主人公、山岡士郎が訴えた症状とウリ二つである。これは「美味しんぼ」の原作者、雁谷哲氏(72)自身の体験に基づいた表現だったとされている。漫画では、実在の学者が登場して、放射能を帯びた微粒子が細胞に作用して、鼻血につながったとする説を論じている。 もちろん、この放射能微粒子説は学術界において異論どころか間違いとさえ指摘す [全文を読む]

フォーカス