山岡士郎のニュース

Blu-ray&DVD BOX発売記念!!「GYAO!」が80年代アニメの最高峰『美味しんぼ【デジタルリマスター版】』人気45話を先行独占配信

PR TIMES / 2016年11月01日15時08分

「究極」vs「至高」、山岡士郎と海原雄山の親子対決がよみがえる 株式会社GYAOがヤフー株式会社と協力して運営する映像配信サービス「GYAO!」は、月額見放題プラン「プレミアムGYAO!」利用者向けに、80年代を代表する名作アニメ『美味しんぼ【デジタルリマスター版】』の人気作品をセレクトした45話を、11月1日(火)より先行独占配信いたします。 『美味しん [全文を読む]

美味しんぼ鼻血騒動、こんな展開なら問題にならなかった!? 『ほぼ日刊 吉田豪』連載141

東京ブレイキングニュース / 2014年05月12日10時53分

『美味しんぼ』で福島第一原発を訪れた山岡士郎が鼻血を出し、それが被曝のせいだと描写したことで巻き起こった騒動について、ちょっと一言。あれって、山岡士郎たちと一緒に被災地に行ったものの、放射能が怖いからやたらと完全防備だった富井副部長が鼻血を出したんだとしたら、ここまでの問題になってなかったんじゃないかと思います。「ギャー! 鼻血だ! 被曝だよ、被曝! 俺は [全文を読む]

ネットの反差別運動の歴史とその実態【1/4】

NEWSポストセブン / 2017年06月07日18時31分

ジャズバーでソウル・シンガー「サディ・フェイガン」が同曲を歌うが、客席の山岡士郎と栗田ゆう子はこうやり取りをする。〈栗田:これは…何と言う歌なの?山岡:「奇妙な果実」、白人に私刑(リンチ)を受けて、木に吊された黒人の死体のことだ………。白人に虐げられててきた黒人の悲しみが哀切極まりなく胸を打つ……〉 今回の「奇妙な果実」のトレンド1位入りが一体なぜ起こった [全文を読む]

ネットの反差別運動の歴史とその実態【前編】

NEWSポストセブン / 2017年06月07日16時01分

ジャズバーでソウル・シンガー「サディ・フェイガン」が同曲を歌うが、客席の山岡士郎と栗田ゆう子はこうやり取りをする。〈栗田:これは…何と言う歌なの?山岡:「奇妙な果実」、白人に私刑(リンチ)を受けて、木に吊された黒人の死体のことだ………。白人に虐げられててきた黒人の悲しみが哀切極まりなく胸を打つ……〉 今回の「奇妙な果実」のトレンド1位入りが一体なぜ起こった [全文を読む]

「普段の食事」の尊さ説く2人 異色の“食”対談、九州で実現

OVO [オーヴォ] / 2017年06月05日09時56分

新聞記者の息子・山岡士郎が進める「究極のメニュー」作りの前に立ちはだかる。実写版の映画では、この親子を三国連太郎、佐藤浩市という実の親子が演じ、2人の実人生の対立模様が役どころと重なり、大きな注目を集めた。 雄山、士郎と同様、有名な「料理界」の父子といえば、土井勝さん、土井善晴さんだ。父親の勝さん(故人)は、長らくテレビの料理番組を通じてお茶の間で親しまれ [全文を読む]

納豆のたれ、入れるのは混ぜる前か、後か 「孤独のグルメ」で激論再燃

J-CASTニュース / 2017年04月18日07時00分

なんだ、やっぱり「混ぜる前」が多数派なんじゃないか――と思いきや、あの「美味しんぼ」の主人公・山岡士郎は作中でこう熱弁している。 「納豆にいきなり醤油をかけてどうするんです! まずよくこねて、白い糸が全体をくるむようになって、初めて醤油を入れる。いきなり醤油をかけちゃったら、納豆のうまさなんか出ませんよ」 そんなに違うものだろうか。実際に試してみることにし [全文を読む]

第二回 恋愛初心者が絶対するべき3つのこと

恋学 / 2016年12月17日10時30分

「ガイドブックをうのみにしてありがたがるなっ! うまいかまずいか自分の舌で判断したらどうなんだ!!」と山岡士郎もブチ切れてましたが、どんなラーメンをうまい・まずいと感じるかは、自分の舌で味わってみないとわからない。他人がうまいと感じても、自分はまずいと感じるかもしれません。ラーメンを食べた経験が少ない人は「自分の味覚・好み」がハッキリしないため、判断がで [全文を読む]

美味しんぼ67巻に登場する居酒屋で味わう最高の北海道、札幌市北区「味百仙(あじひゃくせん)」

GOTRIP! / 2016年08月24日12時00分

「美味しんぼ」と言えば、東西新聞文化部社員、山岡士郎と栗田ゆう子を主人公に、食をテーマとして毎回様々なストーリーが展開されるグルメ漫画。 実は作中には様々な実在するお店も紹介されており、グルメファンとしては見逃せない漫画のひとつとなっている。 これまでもGOTRIP編集部では美味しんぼに関するグルメ記事をいくつか執筆しているのだが、今回はグルメな街、北海道 [全文を読む]

「集めて編むのが編集だ!」名言連発の熱すぎる編集者マンガ『編集王』

日刊サイゾー / 2016年07月27日15時00分

『美味しんぼ』の主人公、山岡士郎も、世界3大珍味のフォアグラをディスってアンキモのほうがうまいと言ってみたり、中華街で「ゴマソースの物もチリソースの物も同じ皿でとれって言うのかっ!!」ってよくわからないキレ方をしたりと、かなりの狂犬っぷりを発揮していましたが、それに匹敵するレベルといって過言ではありません。 [全文を読む]

佐藤浩市 三國連太郎とちゃんとお芝居したかった

NEWSポストセブン / 2016年07月11日16時00分

にもかかわらず、佐藤浩市が父・三國連太郎と本格的に共演したのは映画『美味しんぼ』(1996年)で主人公・山岡士郎を演じ、父でありライバルでもある海原雄山役の三國と向かい合ったときだけだった。映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』から、俳優として大先輩である父との共演の思い出を語った佐藤の言葉をお届けする。 * * [全文を読む]

フォーカス